SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

アンドレス・イニエスタ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/28(日) 22:09:57.44 ID:CAP_USER9
ヴィッセル神戸のFW大迫勇也(32)と主将MFアンドレス・イニエスタ(38)が、当面の公式戦を欠場する見通しになった。

神戸は28日、神戸市内での練習をファンクラブ会員180人に公開。取材に応じた吉田孝行監督(45)は、大黒柱2人について「(早期復帰は)難しいかもしれないし、実際は分からない」と、メドが立っていないことを明かした。

18日に横浜Fマリノスと対戦したアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦に、大迫は先発して60分間プレーし、ベンチスタートのイニエスタは出場機会がなかった。
全北現代と対戦した22日の準々決勝では2人ともベンチ外となり、神戸は敗退していた。

 吉田監督は「ACL期間中にいろんなアクシデントがあり、けが人が非常に多い状態。(2人が)ベンチに入れなかったのは、そういうこと」とし、楽観できない状況を示唆した。

ここまでのリーグ戦で20試合4得点の大迫は、今春以降はけがに悩まされ、出場時間を制限しながら体調を戻している最中だった。22試合2得点のイニエスタは、8月6日を最後に公式戦には出ていない。

 2人はこの日、完全別メニューで調整。大迫は軽いランニングやボールタッチの練習を行った程度で、イニエスタは室内調整の時間が多かった。

神戸はJ1リーグ戦で自動降格圏の17位に低迷し、次節は9月3日京都サンガ戦(サンガS)、同7日は天皇杯準々決勝鹿島アントラーズ戦(ノエスタ)と、9月は公式戦が5試合控えている。
同下旬にはW杯本番を想定した日本代表の欧州遠征もあり、けがが長引く大迫にとっては苦難の調整が続く。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c5be789fba3dec0b0f47b708c49142f2e42223d9

【ヴィッセル神戸・大迫勇也とイニエスタが当面の公式戦欠場へ 吉田監督「実際は分からない」メド立たず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/05(金) 18:28:15.75 ID:CAP_USER9
ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが日本に来て4年が経った。

イニエスタは2018年にバルセロナから神戸へと加入。Jリーグでも華麗なプレーを見せ続け、来日4シーズン目を迎えている。

7月には家族の事情でスペインへ帰国していたが、再び来日。3日に行われたルヴァンカップのアビスパ福岡戦で復帰していた。

そのイニエスタは4日にインスタグラムを更新。初めての来日から4年が経過したことを明かした。

「日本に来てから4年が経ちました。初日からたくさんの愛とリスペクトをありがとうございます!この素晴らしい経験を生きる事ができて幸せです」

イニエスタは、妻のアンナ・オルティスさんや子供たちとの家族写真を2枚投稿。現在と来日当時と思われる写真をそれぞれアップしており、
ファンからは「ちょっと若い!」、「雰囲気変わりましたね」、「もう4年か―」、「できる限り長くいてほしいです」といった声が寄せられている。

https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=423952&page=1

【「日本に来て4年が経ちました」神戸イニエスタが日本生活に喜び「幸せです」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/14(月) 17:17:42.33 ID:CAP_USER9
ヴィッセル神戸は15日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ(PO)で、メルボルン・ビクトリーと本戦進出を懸けて一発勝負で戦う。その大一番へ、神戸は主将MFアンドレス・イニエスタ(37)を中心に、13日に自主的に選手だけのミーティングを開いていたことが分かった。

POは本拠地ノエスタ(神戸市御崎公園球技場)に、ACL過去8度出場のオーストラリアの強豪を迎え入れる。勝てば4月開幕の1次リーグに進めるが、負ければ最大の目標が消える。14日はDF小林友希(21)が公式会見に臨んだ。

イニエスタの音頭で選手だけのミーティングを行ったのは13日。神戸は今季J1リーグで開幕6戦未勝利(3分け3敗)とクラブワーストを更新中。どん底の中で迎えた国際大会へ、選手だけで意思統一をしたという。

小林は「結果が出ていない状況で、チームとして一致団結して勝つためにまとまっていこうと。もちろんアンドレス(イニエスタ)だけじゃなく、(ミーティングで)何人かしゃべった選手がいて、いろんな話はあったが、最後にみんなでまとまっていこうとなった」と説明した。

選手だけのミーティング実施を公表した三浦淳寛監督(47)も「自分の経験でも苦しい時に、いかに選手間で意見を言い合い、次に向けて準備するか。それをきっかけに、いい方向に進むことは当然ある」と、自発的な行動を喜んだ。

右脚裂傷で直近2戦連続ベンチ外のFW大迫勇也(31)については、指揮官は「まだコンディションを上げていく段階であるのは間違いない」と、出場の可否を明言しなかった。

2年前にACL初出場でベスト4に進んだ神戸は、19年からクラブスローガン「the No.1 Club in Asia~一致団結~」を継続しており、メルボルンV戦の当日は、サポーターズシートの来場者先着2000人に「一致団結ハチマキ」がプレゼントされる。

日刊スポーツ 3/14(月) 13:09
https://news.yahoo.co.jp/articles/b21f68e2d96bb7c895794657dc636a961580153c

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220314-33140384-nksports-000-8-view.jpg?pri=l&w=426&h=640&exp=10800

【ヴィッセル神戸・イニエスタが音頭!6戦未勝利どん底...ACLプレーオフへ選手だけのミーティング!負ければ最大の目標が消える】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/09(水) 12:03:57.40 ID:CAP_USER9
この出会いは必然だったのか。サッカーの元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手(37)が名門バルセロナからヴィッセル神戸に加入し、5季目を迎えた。「月日が長くなればなるほど感じているのは、『神戸に来て正解だった』ということ」。初めて来日後の経験をつづった著書「イニエスタ・ジャパン!」(ぴあ)の出版に合わせ、神戸での暮らしぶりや日本への愛について聞いた。(聞き手・山本哲志)

■経験を共有したい

 バルセロナやスペイン代表で数々の栄冠を手にしてきたスーパースターが、初めての移籍先に選んだのは遠く離れた日本だった。最初は「何のイメージも湧かなかった」という日本からのオファーだったが、幼い頃の思い出がよみがえってきたという。

 「キャプテン翼(スペインでは『オリベルとベンジ』というタイトル)が一番好きなアニメだったんです。そのアニメが作られた国に来られたなんて。(作者の)高橋陽一先生にもお会いできて感謝しかないです」

 主人公オリベル(大空翼)はバルセロナに移籍し、イニエスタ選手は日本でプレーしている。

 「運命という言葉もありますが、本当に面白いですよね。ずっとバルセロナで暮らしてきたので自分にとって大きな転機でした。本を出版したのも、そういった経験を共有したかったからです」

 2021年5月にヴィッセル神戸との契約を2年延長した際、「第2の故郷になった」と語った。著書でも「一時そこにいるだけの旅人ではなく、地元の人たちと同じように暮らしたい」とつづる。

■理想の暮らし求め

 「もちろん文化の違いはありますが、できるだけ溶け込んで交流したいと思っています。安心安全の国ですし、子どもたちの成長にとっても素晴らしい体験です。この街は僕や僕の家族をすごく歓迎してくれました」

 人工島の六甲アイランド、一軒家、そして神戸の中心部へ。理想の暮らしを求め、引っ越しも経験した。

 「六甲アイランドもすごくいいところだったんですが、中心部に住むと便利だし、街の心を身近に感じられます。海沿いを歩いたり、山を登ったり、商店街を散歩したり。子どもと一緒に(六甲山系の麓にある)再度公園でも遊びます。街を楽しむことが大好きです。(マンションの)テラスに人工芝があるので、そこで練習もしていますよ」

■もっと長くいたい

 イニエスタ選手の加入後、ヴィッセル神戸はクラブ初タイトルとなる天皇杯全日本選手権優勝やアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)ベスト4と次々に新たな歴史を刻み、昨季はJ1リーグでクラブ史上最高の3位に入った。

 「ヴィッセル神戸の大きなプロジェクトのため、楽しみに日本に来ましたが、具体的にいつまでいるかは考えていませんでした。今はすごく満足していますし、クラブも私に対して喜んでくれていると思います。だからもっと長くいたいです。初めて来た街ですが、神戸の日々が長くなればなるほど『神戸に来ることが正解だった』と感じています」

 現役引退後は指導者としてのキャリアに関心があるという。著書「イニエスタ・ジャパン!」の名のように、いつかは監督として日本を率いる日が来るのだろうか。

 「将来は誰にも分かりません。これからいい思い出を残すためにも、今はヴィッセル神戸を成長させるために全力を尽くし続けたいです。『日本代表監督になってほしい』と望んでくれるのはうれしいですが、まずは(コーチの)ライセンスを取らなくてはいけませんね。一つ確実に言えることは、私がこの街でとても幸せで、素晴らしい経験をしているということです」

神戸新聞 3/9(水) 7:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/33bf56485324f8c0225259af60760a64d3b05cfd

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220309-00000000-kobenext-000-10-view.jpg?pri=l&w=640&h=429&exp=10800

【ヴィッセル神戸MFイニエスタ「神戸に来て正解だった」】の続きを読む

このページのトップヘ