SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ウィンブルドン

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/17(月) 07:28:56.14 ID:Qw707wV19
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は16日に男子シングルス決勝が行われ、第1シードのC・アルカラス(スペイン)が第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を1-6, 7-6 (8-6), 6-1, 3-6, 6-4のフルセットの死闘で破り、大会初優勝を果たし四大大会2勝目を飾るとともに、2002年のL・ヒューイット(オーストラリア)以来21年ぶりに男子テニス界を長く牽引してきた"BIG4"以外の大会優勝者となる快挙を成し遂げた。

20歳で世界ランク1位のアルカラスはウィンブルドンでの初優勝を狙い今大会に臨むと、順調に勝ち進み、準決勝では第3シードのD・メドベージェフをストレートで下し決勝に駒を進めた。

決勝戦の第1セット、アンフォースドエラーをわずか2本に抑えたジョコビッチに対し、アルカラスは2度のブレークを許すと34分でこのセットを奪われる。

第2セットに入るとアルカラスも安定したプレーをみせ始め、試合はここからハイレベルなプレーの応酬となる。

このセット、第2ゲームでアルカラスはこの試合初のブレークを果たすも、直後の第3ゲームでジョコビッチにブレークバックを許す。その後は両者キープを続け、このセットはタイブレークに突入する。タイブレークでは1度ずつミニブレークを奪い合う拮抗した展開が続くも、最後はアルカラスがリターンエースを決め1セットオールに追いつく。

第3セット、勢いに乗るアルカラスは第1ゲームでブレークに成功する。さらに第5ゲーム、13度に及ぶデュースの末25分を超えるゲームをアルカラスがブレークしリードを広げる。最後は第7ゲームで2度目のセットポイントをものにしたアルカラスがセットカウント2-1と逆転し優勝に王手をかける。

第4セット、競ったゲームが続く中、アルカラスは第5ゲームをデュースの末ブレークされリードを奪われる。さらに第9ゲームでセットポイントとなるブレークポイントを握られたアルカラスはダブルフォルトを犯しこのセットを奪われると試合はファイナルセットに突入する。

ファイナルセット、アルカラスは第2ゲームでブレークポイントを握られるも凄まじい守備力をみせこれをしのぐと、直後の第3ゲームで訪れたブレークポイントでバックハンドのパッシングショットを決め先にブレークを果たす。最後はサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった第10ゲームをアルカラスがキープし、4時間42分に及ぶ死闘の末、大会初優勝を飾るとともに、四大大会では昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に続く2勝目を挙げた。

なお、男子テニス界を長らく牽引してきたR・フェデラー(スイス)、R・ナダル(スペイン)、ジョコビッチ、A・マレー(イギリス)の"BIG4"以外の選手がウィンブルドンで優勝するのは2002年のヒューイット以来21年ぶりの快挙となった。

一方敗れたジョコビッチは、男女を通じて歴代最多タイとなる24度目の四大大会制覇を狙っていたが、今大会は準優勝となり、ウィンブルドンでのマッチ連勝記録も34でストップした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1c401eb5f55b3897b4f21e51bc169bb24af271b1

【20歳アルカラスがジョコビッチとの死闘制しウィンブルドン初V、BIG4以外の優勝は21年ぶり快挙】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/16(日) 21:13:09.42 ID:F+6GmVHc9
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は15日に男子車いすテニスのシングルス決勝が行われ、第1シードの小田凱人が第2シードのA・ヒューエット(イギリス)を6-4, 6-2のストレートで破り、大会初優勝を飾り四大大会を2大会連続で制覇した。

17歳にして世界ランク1位の座につき、先月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で四大大会初優勝を飾った小田は今大会に第1シードで出場。1回戦と準決勝をともにストレートで勝利し決勝に進んだ。

決勝の相手は世界ランク2位のヒューエット。今年のグランドスラム決勝では3大会連続の顔合わせとなる頂上決戦となった。

決勝戦の第1セット、小田は第4ゲームで先にブレークを許す。それでも第7ゲームで得意のバックハンドでウィナーを奪うなどした小田はブレークバックを果たす。流れに乗った小田は一気に5ゲームを連取し、このセットを獲得する。

続く第2セット、小田はこのセットもヒューエットに第2ゲームで先にブレークを奪われたが、直後の第3ゲームですぐさまブレークバックに成功。第5ゲームで小田は再びブレークポイントを握ると、最後はヒューエットがダブルフォルトを犯しリードを奪う。小田はその後もポイントを重ねリードを守り切り、ウィンブルドン初優勝を果たした。

小田はこれで先月の全仏オープンに続く優勝となり、四大大会2勝目を挙げた。

tennis365.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/40fd3aad87713fc16a252408282a79ca541d8efe

【小田凱人がウィンブルドン初優勝!全仏に続き四大大会2勝目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/16(日) 17:39:43.78 ID:OFrknPhG9
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/f/810wm/img_8fbb2cfac15fb593c304a215c129d9fd238544.jpg
テニス、ウィンブルドン選手権、女子シングルス決勝。トロフィーにキスするマルケタ・ボンドロウソバ(2023年7月15日撮影)。(c)SEBASTIEN BOZON / AFP

【7月16日 AFP】(更新)テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2023)は15日、女子シングルス決勝が行われ、マルケタ・ボンドロウソバ(Marketa Vondrousova、チェコ)が6-4、6-4で大会第6シードのオンス・ジャバー(Ons Jabeur、チュニジア)を破り、オープン化後ではウィンブルドン史上初となるノーシードでの同種目制覇を果たした。

ノーシードでの決勝進出も60年ぶりのことで、圧倒的不利とみられていたが、下馬評を覆して四大大会(グランドスラム)初優勝を飾った。2019年の全仏オープン(French Open 2019)でも決勝に進出したが、そのときはアシュリー・バーティ(Ashleigh Barty、オーストラリア)に敗れていた。

ノーシードでのグランドスラム女子シングルス優勝は、ボンドロウソバが9人目。チェコの女子選手としては、ヤナ・ノボトナ(Jana Novotna)とペトラ・クビトバ(Petra Kvitova)に続き3人目のウィンブルドン制覇となった。

2021年の東京五輪では銀メダルを獲得したが、昨年は手首の手術を受けた影響で6か月離脱し、ウィンブルドンも欠場していた中で、「今こうしてこのトロフィーを抱えていることが信じられない」と話した。


※以下省略。記事全文はソース元にて

2023年7月16日 0:50
https://www.afpbb.com/articles/-/3471705?act=all

【チェコのボンドロウソバがウィンブルドン女子シングルス制覇 ノーシードで史上初の快挙】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/12(水) 17:22:47.51 ID:xCrZtxXc9
先週開幕したテニスのウィンブルドン選手権では今年、服装規定に「カラフルな変化」が訪れた。

これまで「白のみ」とされていた服装規定が今年、2014年以来の改訂が行われ、女子選手が濃い色の下着を着用できるようになった。これは生理中の女子選手に白一色の下着着用を強いることへの懸念を受けたもので、規定変更の方針は昨年秋に発表されていた。

3日に始まった本戦では、アリーナ・サバレンカを皮切りに、エレーナ・リバキナ、ビクトリア・アザレンカといったトップ選手が黒や濃い色の下着を着用した。

昨年の新規定発表の際、ウィンブルドンを主催するオールイングランド・クラブのサリー・ボルトン最高責任者は、「選手をサポートし、どうすれば最高のパフォーマンスを発揮できるかという選手のフィードバックに耳を傾けることを約束する」と表明。「このルール調整によって、潜在的な不安の種を取り除くことで、選手が純粋に自分のパフォーマンスに集中できるようになることが私たちの望みだ」と述べた。

この変更に先立ち、米国のココ・ガウフや英国のヘザー・ワトソンら、さまざまな選手が、白い下着着用を強いられる不安や、生理中の試合への懸念について語っていた。一方、オンス・ジャバーとカロリーナ・プリスコバは、黒い下着を着用しない意向を示している。その理由として、プリスコバは白のみの服装規定は気にならないと説明。ジャバーは、黒い下着を着けることで生理中だと思われたくないという考えを語りつつも、コート上での選手の快適さを向上させるための変更は良いことだと話している。

変更されたのは、10項目からなるウィンブルドンの服装規定の第9条だ。新規定では、プレー中に見える下着について、「1センチ以内の幅の色の縁取りを除き、完全に白でなければならない。ただし、女子選手は、ショーツまたはスカートより長くないことを条件に、無地の中間色または濃い色のアンダーショーツを着用することができる」と書かれている。

白い服装へのこだわりは、テニスの世界では長年にわたり存在してきた。ウィンブルドンは1963年、選手の服装を「白基調」と規定。これまで各選手・企業がこのルール迂回を試みてきたが、ウィンブルドンはこの規定を固持。同大会の歴史に詳しいロバート・マクニコルによれば、ウィンブルドンは1995年、服装規定をさらに厳格化し、「ほぼ白一色」とした。2014年には、アクセサリー類が初めて規定に追加された。

一部のトップ選手が新しい服装規定に沿った下着を着始めたことから、今後より多くの選手がこれに続き、ウィンブルドンで色付きの下着が主流になるのも時間の問題かもしれない。

Tim Newcomb
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f52c19b6f8fed3ce1deb8a8a9c284592e1a678e

【ウィンブルドンで女子選手が初の「色付き下着」着用 今年から服装規定改訂 今後は色付き下着が主流に?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/11(火) 18:10:57.34 ID:y4Ulc+NV9
 テニスの4大大会ウィンブルドン選手権女子シングルス4回戦で、天才少女と名高い16歳のミラ・アンドレーワ(ロシア)に対するジャッジが物議を醸している。

 予選から勝ち上がった世界ランク102位のアンドレーワは快進撃で4回戦に出場。同18位のマディソン・キーズ(米国)と対戦したが、6―3、6―7(4―7)、2―6で逆転負けした。第3セット第8ゲームで、アンドレーワがボールを追った際に滑ってバランスを崩し、腕が背中側から頭上に上がり、ぐるりと回転するように前にラケットを落とした。これを主審はラケット投げと判定。第2セットでラケットを投げてペナルティーを受けていたため2度目となり、相手にペナルティーポイントが入ってしまった。

 アンドレーワは主審に詰め寄り「私は滑ったんです。滑って転んでしまったんです。それは間違った決断です。自分が何をしているのか理解していますか? ラケットを投げたのではなく、滑ったのです」と故意ではなかったと主張した。

 しかし聞き入れられず、このポイントはマッチポイントに。アンドレーワは敗れた。

 注目の戦いでのペナルティーに、ネット上では議論に。オーストラリア「ニュース・ドットコム」は「世界を二分した」と報道。元男子で世界1位のアンディ・ロディック氏が「滑らなければ、彼女はやらないと思う。反動だったのでは。これは行き過ぎのように思えます」と〝やりすぎ〟とツイートでクレーム。他にもテニスファンから「アンドリーワがあの試合で負けるなんて、なんてひどい。マッチポイントでの減点ペナルティー。厳しい」「あんな形で試合を終わらせるなんて恥ずべきこと」と、主審を批判する声を伝えた。

 一方で「公平だ」と主張する声も。またアンドレーワが試合後、主審との握手をしなかったことで「10代の天才少年女が、敬意を示さずに主審を無視して突っ走るだけではファンは得られない」という声も上がったという。

 4大大会ではジャッジにも世界中の人が注目しているようだ。

東スポWEB
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8bc6eb85a2cb8a35d5cca9ee3cbcad522eec672

【ウィンブルドン 16歳の天才少女ミラ・アンドレーワ〝ラケット投げ〟ペナルティーで物議 主審に「行き過ぎ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/11(火) 14:07:10.40 ID:d437weRx9
テニスの4大大会の一つのウィンブルドン選手権が、ロンドン郊外のオール・イングランド・クラブで開かれている。9日の女子4回戦では、ベラルーシのヴィクトリア・アザレンカ選手(33)が、ウクライナのエリナ・スヴィトリナ選手(28)と対戦。接戦の末に敗れたアザレンカ選手は試合後、観客らからブーイングを浴びた。同選手は「フェアではなかった」と話した。

ウクライナで戦争が始まって以来、スヴィトリナ選手は、ロシアやその同盟国ベラルーシの選手と試合後の握手を拒んでいる。

これまで何度もそうした対応を繰り返しており、この日も試合の決着がついたあと、ネットに近寄ってアザレンカ選手と健闘をたたえ合うことはしなかった。

だが、1番コートを去るとき、ブーイングを浴びたのはアザレンカ選手のほうだった。

「私はどうすればよかったのか? じっと待つべきだったのか?」。アザレンカ選手は試合後、記者らに尋ねた。

「彼女はロシアやベラルーシの人とは握手したがらない。その決心を尊重した」

手を振られたが無反応
ワイルドカード(主催者推薦)で出場しているスヴィトリナ選手はこの日、観客の大声援を受けながらプレー。素晴らしい試合を2-6、6-4、7-6 (11-9)で勝利し、準々決勝に進んだ。

最初のマッチポイントでスヴィトリナ選手がエースを決めて勝負がついたあと、アザレンカ選手は敬意を表してスヴィトリナ選手に手を振ったが、同選手はそれに反応を示さなかった。

コートを去る際にブーイングを浴びたアザレンカ選手は、どうしてなのかと尋ねるかのように一瞬、立ち止まった。そして、観客にジェスチャーをして姿を消した。

イギリスの観客らがアザレンカ選手に敵対的な態度を示したことについて、驚いたかと問われたスヴィトリナ選手は、「何とも答えられない」と話した。

先月の全仏オープンでは、スヴィトリナ選手は準々決勝でベラルーシのアリナ・サバレンカ選手に敗れた。試合後、スヴィトリナ選手が握手を交わさずにコートを後にすると、観客席からブーイングが沸き起こった。

https://www.bbc.com/japanese/66150963

【ウィンブルドン選手権 ベラルーシ選手に試合後ブーイング 握手拒んだウクライナ選手ではなく】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/07(金) 23:10:35.25 ID:OR0gvYW+9
 ◇テニス・ウィンブルドン選手権(2023年7月7日 英ロンドン・オールイングランド・クラブ)

 女子ダブルス1回戦で第13シードの加藤未唯(28=ザイマックス)、アルディラ・スーチャディ(28=インドネシア)組が、ビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)ルチア・ブロンツェッティ(イタリア)と対戦。6ー4、6ー4のストレートで初戦を突破した。

 加藤にとって全仏オープン3回戦で相手コート側に打った球がボールガールを直撃し、危険な行為として失格になって以来の女子ダブルス。その時と同じ、気心の知れたスーチャディとの息の合ったコンビネーションで第1セットを6ー4で奪取。第2セットも主導権を渡さずに芝で躍動し、6ー4で連取し無事に初戦を突破した。

 加藤ペアと全仏オープンで失格した時の“因縁の相手”であるマリエ・ブズコバ(チェコ)サラ・ソリベストルモ(スペイン)組は順当に勝ち上がれば準決勝で対戦することになる。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/19bd4eadda1514620a277e6fd4297ac4c526981a

【ウィンブルドン選手権 加藤未唯、失格した全仏と同じペアで初戦突破!準決勝で“因縁対決”の可能性】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/05(水) 14:25:06.45 ID:sGdgFus09
 最新の気象・防災情報などを伝える動画番組「ウェザーニュース」の人気キャスター・檜山沙耶さん(29)が、テニスのウィンブルドン国際大会の試合中継に映り込んでいるとSNSで話題を呼んでいる。

 檜山さんが映り込んだと話題になったのは、第24シードで出場した西岡良仁選手(27)の試合でのことだ。

■「やっぱりコレ『さやっち』だよね?! 」

 檜山さんは、最新の気象情報などを伝えるYouTube配信番組の「ウェザーニュースLiVE」でキャスターをつとめている。「おさや」「さやっち」などの愛称で親しまれ、ツイッターのフォロワーは41万を超えている。

 話題になったのは、2023年7月4日に行われたウィンブルドン選手権の男子シングルス1回戦。西岡選手が出場した試合を、檜山さんが観戦していたのではないか――そんな声がSNSに相次いでいるのだ。

 それらの投稿によると、檜山さんとみられる女性が、観客席に座って試合を見つめる姿や、試合前の西岡選手と会場の入り口で会話をしているような様子が、ウィンブルドン公式が公開しているYouTube動画や、NHKの中継に映っていたという。

 ツイッターには、檜山さんのファンから驚く声が相次いでいる。

「ガッツリ映ってますね 熱視線を送るおさやさん」
  「やっぱりコレ『さやっち』だよね?! 」
  「ウインブルドンの地に馴染んでますね、」
  「座席を移動されたようで... ん?その位置は西岡陣営席...?」

 なお、ウェザーニュースのプロフィールページに掲載された情報では、檜山さんの趣味・特技はテニスだという。

 西岡選手は世界ランキング85位のダニエル・ガラン選手と対戦したが、ストレート負けを喫し、一回戦で姿を消した。

JCASTニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/ae8c960f4e2064008e944c8dceaef461fab80c07

【「ガッツリ映ってる」人気キャスター檜山沙耶さん、まさかの映り込み 西岡選手出場のウィンブルドン中継にSNS騒然】の続きを読む

このページのトップヘ