SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ウクライナ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/02(土) 15:00:48.26 ID:CAP_USER9
4/2(土) 14:26
日刊スポーツ

那須川天心、ウクライナ国旗色に染めた頭髪をSNSに投稿 RISE最終戦を前に平和への願いか

2日の立ち技格闘技RISE代々木大会(東京・代々木第一体育館)で、同団体からの卒業を予定している45戦45勝の神童、那須川天心(23)が、自身のファイトでウクライナにエールを送る。

この日の大会前に、ツイッターを更新。自身の頭髪にフォーカスした動画とともに、ウクライナの国旗にハート、握手の絵文字をつけて投稿している。

前日1日の会見では、髪形について「変えてみたかっただけ」と深く言及しなかったが、那須川の右半分は黄色、左半分は緑色の奇抜な髪色は、上から見ればウクライナの国旗模様になる。右側頭部にはハートのそりこみを入れており、世界平和を願っての試みか。

那須川は以前から、ツイッターや公開練習などを通じ、ロシアのウクライナ侵攻を巡る世界情勢に対して自身の見解を示してきた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cd9e2daa456dca915f4d2c8ed6666d41d1b5578e
https://pbs.twimg.com/media/FPT4oHqaQAAtF9M.jpg
動画
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1510114739443355650/pu/vid/720x1280/lak78DQvYcospVB7.mp4

【“神童”那須川天心、ウクライナ国旗色に染めた頭髪をSNSに投稿 RISE最終戦を前に平和への願いか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 12:27:14.07 ID:CAP_USER9
3/24(木) 11:52配信
東スポWeb

 ウクライナ・フィギュアスケート連盟はホームページで、同国の青年スポーツ省が北京五輪女子代表のアナスタシア・シャボトワを代表チームから追放したと発表した。

 理由について同連盟は「シャボトワが、ウクライナを侵攻するプーチン支持者であるロシアのエフゲニー・プルシェンコのインスタグラム投稿にいいねしたから」と説明している。

 ウクライナ「スポーツ・ユニアン」によると、シャボトワはロシア生まれで、2019年に国籍をウクライナに変更した。ウクライナ侵攻について、プルシェンコがインスタグラムで「確かに、私は自分の国、民族、ロシア人を誇りに思っている。ロシア人であることを誇りに思う。いずれにせよ、ウクライナで起きていることには不満があるが、これは必然的な特殊作戦である。みんなに平和を、ありがとう」と語ったが、これにシャボトワはいいねを押し大問題になったという。

 両国スポーツ界はなんとも複雑だ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220324-04081934-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ca296a2f90d2aa991242e484faac7d87e9e40e3

【ウクライナ女子フィギュア選手 プルシェンコのSNSに「いいね」押して代表から追放される】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/09(水) 10:32:46.63 ID:CAP_USER9
3/9(水) 10:20
スポーツ報知

ウクライナの東京五輪銅・女子水泳選手ら、イタリアへ脱出成功!バスで3000キロの道のり
イタリア水泳連盟のインスタグラム(@federnuoto)より
 ロシア侵攻が続くウクライナ在住で、東京五輪のアーティスティックスイミング銅メダリストのマリナ・アレクシワ(ウクライナ)が8日、インスタグラムを更新。イタリアへ脱出したことを報告した。

 アレクシワらウクライナのアーティスティックスイミング選手らは、バスで3000キロを移動。イタリア水泳連盟が選手らを受け入れたことをインスタグラムで発表し「バスで3000キロ、戦争から逃れても、夢からは逃げない。オスティアのフレッチャロッサ・アクアティック・センターのゲートを通過するウクライナ代表のシンクロナイズドスイミングチームの少女たち。12時15分頃、自ら全力を尽くしてきた」と伝えた。水連の会長、スポーツ担当の閣僚会議次官、シンクロのナショナルチームディレクターらがバスから降りてきたウクライナ選手らを出迎え、サポートした写真を掲載した。アレクシワは8日、水連同様にインスタグラムにてイタリアへ避難したことを報告。「自分自身のため、国のため、そして世界中の女性のために戦う勇気ある女性アスリートやコーチとともに祝う、特別な3月8日」と記した。

 イタリア水連は7日にも「ウクライナ代表シンクロナイズドスイミングチームのオスティア連邦センターへの移動が始まりました。チームはリヴィウを出発し、ムカチェボ経由でベレグスラーニの国境を通過し、ブダペストに到着、イタリア水泳連盟の提供する手段でローマに出発することになっています」と経由地などを記していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/72408a3288a7a45616b38f7a37b484cd38fb4be7

【写真複数】バスで3000キロ、ウクライナから脱出した選手らと出迎えたイタリア水泳連盟
https://hochi.news/images/2022/03/09/20220309-OHT1I51041-L.jpg
https://hochi.news/images/2022/03/09/20220309-OHT1I51042-L.jpg
https://hochi.news/images/2022/03/09/20220309-OHT1I51043-L.jpg

【ウクライナの東京五輪銅・女子水泳選手ら、イタリアへ脱出成功!バスで3000キロの道のり】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 16:13:54.17 ID:CAP_USER9
3/16(水) 14:37
スポニチアネックス

ウクライナ初の大相撲力士・獅司2連勝 この日も館内から大きな拍手
ウクライナ初の大相撲力士・獅司
 ◇大相撲春場所4日目(2022年3月16日 エディオンアリーナ大阪)

 ウクライナ初の大相撲力士で西幕下17枚目の獅司(25)=本名・ソコロスキー・セルギイ、入間川部屋=が今場所2番目の取組に臨み、海乃島(藤島)を送り倒しで破り、2戦2勝とした。この日も館内放送で「ウクライナ出身」と紹介されると、館内からどよめきに近い拍手。ウクライナ国旗を掲げる観客の姿もあった。

 出身地はザポリージャ州メリトポリ市。相撲は15歳から始めアマチュアの世界大会で活躍し2018年に来日。20年春場所で初土俵を踏み、番付にしこ名が載った夏場所から7場所連続で勝ち越して幕下上位に駆け上がった。自己最高位の東幕下8枚目だった昨年秋場所で途中休場し初の負け越しを経験。その後2場所連続で勝ち越して番付を戻している。14日に行われた最初の相撲は豊翔を上手投げで下している。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220316-00000187-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ad5e94f5a3d997548592252eb083081a825224d

【大相撲春場所・4日目 ウクライナ初の大相撲力士・獅司2連勝 この日も館内から大きな拍手】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/14(月) 15:22:36.30 ID:CAP_USER9
3/14(月) 15:10配信
デイリースポーツ

豊翔(右)を上手投げで破る獅司(撮影・高部洋祐)

 「大相撲春場所・2日目」(14日、エディオンアリーナ大阪)

 唯一のウクライナ出身力士、幕下獅司(入間川)が豊翔を上手投げで破り、白星発進した。

 気合が入りすぎたのか2度、つっかける場面も。立ち合いで踏み込んで相手を受け止めた後、いなされて右を深く差されたが、長いリーチでつかんだ左上手で逆転の投げを決めた。

 仕切り前に出身地のアナウンスが流れると、場内からは大きな歓声が。勝った瞬間には、またも大きな拍手が起こった。

 25歳の獅司は、ウクライナ南部のザポリジャ州メリトポリ市出身。15歳でレスリングから相撲に転向すると、17年の欧州選手権で優勝し、18年11月に来日。20年春場所で初土俵を踏み、着実に番付を挙げてきた。故郷は今、軍事侵攻したロシア軍に占拠されている。

 白星にも表情を変えなかった獅司は、リモート取材には対応しなかった。祖国が戦火に包まれる中、悲しみをこらえて土俵に上がる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220314-00000083-dal-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ff40c1b7aaf05d8b6fd6d279a1dd980aa64b917

【大相撲春場所・2日目 ウクライナ出身力士の獅司、白星発進に観客も大拍手 悲しみこらえての土俵】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/14(月) 23:26:34.22 ID:CAP_USER9
>>2022/3/14 22:43

 大相撲の幕内栃ノ心(34)の故郷ジョージアは、ロシアと国境を接し、ウクライナと同じく黒海を望む。大阪で開催されている春場所2日目のオンライン取材で、栃ノ心はウクライナの戦禍について思いを語った。

 ロシアの軍事侵攻により犠牲者が増え続けている状況を報道で見聞きし、「ウクライナはぼっろぼろにされた。子どもたちも死んでるし、本当に悲しいですよね。戦争って本当に最悪なんです」と言った。

 母国のジョージアも2008年、ロシアとの間で紛争が起きている。

 「僕の国も何回も戦争している国なんで。戦争はやっぱり、良いことないんですよね。早く終わればいいと思いますけどね。平和が一番良いんですよ」

 その言葉には、実感がこもっていた。

 栃ノ心には、ウクライナ、ロシアの双方に友人がいるという。「普通の人はやっぱり戦争はしたくないんですよね、どっちも」とやりきれなさがにじんだ。

続きは↓
朝日新聞デジタル: 栃ノ心「戦争は最悪」 隣国の侵攻に心境吐露 母国は過去に紛争経験.
https://www.asahi.com/articles/ASQ3G6GWGQ3GUTQP01J.html

【栃ノ心「戦争は最悪」 隣国の侵攻に心境吐露 母国は過去に紛争経験】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/10(木) 10:49:37.88 ID:CAP_USER9
3/10(木) 10:41
東スポWeb

〝中傷騒動〟シャラポアさんがインスタで胸中を吐露 ウクライナへ支援を表明
反戦を訴えたシャラポワさん(東スポWeb)
 ロシアのウクライナ侵攻を受けて女子テニスの元世界ランキング1位、ロシア出身のマリア・シャラポアさん(34)が自身のインスタグラムを更新し、悲痛な心境を告白した。

 4大大会を5度制したシャラポアさんは2020年2月に現役引退を表明。同12月に英国人実業家との婚約を発表した。

 シャラポワさんをめぐっては、ロシアのウクライナ侵攻に沈黙を続けたことで、インスタのコメント欄に誹謗中傷が殺到していた。そんななか、シャラポワさんは9日夜にインスタを更新し、ウクライナ情勢に初言及。

 ぬいぐるみを手に持つ子どもの写真を掲載し「ウクライナのエスカレートする危機に見舞われた家族や子供たちの映像や記事で毎日ますます心を痛め、心の底から深く悲しんでいます」と投稿。

 その上で「私は食料、水、援助キットを提供するため精力的に活動している団体Seve the Children,s Crisisis Relief Fundに寄付しています」と、すでに支援に乗り出していることを明かした。

 シャラポワさんは「私と一緒に寄付をお願いします。平和を祈り、被災された全ての人に愛と支援を送ります」と、ウクライナへのさらなるサポートを訴えている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220310-04052174-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/61069838116f4ec78e9abcf0e64eedf5fbfd78d5

【〝中傷騒動〟ロシア出身シャラポアさんがインスタで悲痛な心境を告白 ウクライナへ支援を表明】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/01(火) 10:19:44.12 ID:CAP_USER9
3/1(火) 9:59配信
ロイター

 女子テニスの世界ランク15位で東京五輪の銅メダリスト、エリナ・スビトリナ(ウクライナ)は28日、予定されているロシア選手との試合を拒否する意向を明かした。メルボルンで1月撮影(2022年 ロイター)

[28日 ロイター] - 女子テニスの世界ランク15位で東京五輪の銅メダリスト、エリナ・スビトリナ(27、ウクライナ)は28日、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、予定されているロシア選手との試合を拒否する意向を明かした。

スビトリナはメキシコで開催中のモンテレイ・オープンに第1シードとして出場しており、シングルス1回戦でアナスタシア・ポタポワ(ロシア)と対戦する予定。

スビトリナは「私たちウクライナの選手は(男子ツアーを統括する)ATP、女子テニス協会(WTA)、国際テニス連盟(ITF)に対し、国際オリンピック委員会(IOC)からの要請に従い、ロシアとベラルーシの選手の出場を中立選手としてのみ認めるよう求めた」とコメント。

さらに「私は各組織が必要な判断を下すまで、明日の試合だけでなく、ロシアとベラルーシの選手との今後の試合を拒否する」と発表した。

スビトリナは今後、ツアーで得た賞金をロシア軍の侵攻を受けている母国ウクライナの軍隊や人道的支援のために寄付する意向も表明。「私の家族や多くの友人がウクライナに残っている。彼らは自分たちの命を守るために戦っている。国のために戦っている人もいる」と現状を説明した。

また、「彼らのために何かしたい」との思いから、賞金を寄付することを決意したとし、「こうすれば国を助けることができる。今はこれが正しい行動だと思う」と話した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220301-00000059-reut-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/8a667c75a81c3e661b585d4a60c75b66a1432e84

【モンテレイ・オープン 東京五輪銅のスビトリナ、ロシア選手との対戦拒否】の続きを読む

このページのトップヘ