SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ウズベキスタン

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/04(土) 02:38:29.31 ID:q9VL+ANe9
<U-23アジア杯カタール大会:日本-ウズベキスタン>◇3日◇決勝◇ドーハ

 日本がウズベキスタンを破り、8年ぶりの優勝を飾った。後半アディショナルタイムにMF山田楓喜(22=東京ヴェルディ)が持ち味とする「悪魔の左足」でミドルシュートをたたき込み、1-0と競り勝った。今夏のパリ・オリンピック(五輪、7月24日開幕)はアジア1位としてグループDでパラグアイ、マリ、イスラエルと対戦することになった。

 準決勝で8大会連続のパリ五輪出場を決め、この日は本大会の組み合わせを懸けての決勝。4-2-3-1布陣の先発メンバーは、GK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)、DFラインは左から大畑歩夢(浦和レッズ)高井幸大(川崎フロンターレ)木村誠二(サガン鳥栖)関根大輝(柏レイソル)、中盤はボランチが藤田譲瑠チマ(シントトロイデン)と山本理仁(シントトロイデン)、2列目は左から佐藤恵允(ブレーメン)松木玖生(FC東京)藤尾翔太(FC町田ゼルビア)、1トップに細谷真大(柏レイソル)という並びになった。

 ここまで5試合で14得点無失点と無類の強さを見せるウズベキスタンの前に、序盤から主導権を握られた。思うようにボールが持てず激しい守備があだとなり、藤尾、細谷が早い時間帯にイエローカードを提示された。

 前半唯一のシュートシーンは28分。敵陣ゴール前からボールを追い込み、相手の無理なパスをカットした佐藤が中央からシュートを放つが、力んでミートせずゴール左へと外れた。

 押し込まれる展開が続いたが、かじ取り役の藤田、山本を中心に組織的でまとまった攻守で対抗。ゴール前にクロスボールを入れられても落ち着いてはね返し、決定的な場面を与えず0-0で折り返した。

 前半と打って変わり、後半開始から日本がボールを握る場面が増えた。7分には藤田が華麗なタッチで2選手をかわすとボールを持ちだし、右へ展開。そのままゴール方向へ走り、折り返しのボールを右足で直接狙った。チームの心臓がいい形をまず作った。

 均衡を破るべく後半17分、松木から荒木遼太郎(FC東京)へ、藤尾から平河悠(FC町田ゼルビア)へと交代。機動力と俊敏性のある2人のアタッカーを入れることで縦へのスピードアップを図った。

 後半20分、右サイドから相手が送った鋭いクロスがゴールへ向かう。ここは小久保が外へはじき出した。さらにCKから押し込まれ、強烈なシュートを打たれたが小久保がセーブした。続けざまに22分、ゴール前へ鋭いクロスボールを送られるが、ここは木村が外へクリア。3本のCKが続くなど再びゴール前に押し込まれる時間が増えたが、ここも耐えた。

 後半27分、佐藤に代えてMF山田楓喜(東京ヴェルディ)、山本に代えてMF川崎颯太(京都サンガFC)をピッチに送った。残るカードは1枚。1点勝負の中、決定力のあるフレッシュな選手にバトンを託すと、すぐチャンスが訪れる。後半29分には左サイドで平河、川崎とつなぎゴール前へクロスボール。ファーサイドから山田が頭で狙ったが、ボールが浮いてゴール枠外へと飛んだ。

 後半32分、ロングボールに走り込んだ荒木がエリアから勢い良く飛び出してきたGKネマトフと空中で激突。ピッチに顔面をたたきつける危険な事態となったが、大事に至らずプレーを続行した。ネマトフにはイエローカードが出た。これで得たFK。山田がゴール前へ鋭いボールを入れたが、これはクリアされた。

 1点を争い終盤に入った。ともに譲らぬ消耗戦となった。後半42分、左CKから荒木がボールを入れると高井らがゴールに迫ったが、ここもクリアされた。

 アディショナルタイムは11分。後半47分、中盤のボールカットから藤田、荒木とつなぎゴール前で山田がボールを持つ。ためらうことなくエリア外から左足を強振。「悪魔の左足」と呼ばれる男のキックが、鮮やかにゴール右隅に突き刺さった。

 すかさず日本は大畑に代えて最終5枚目の交代枠でDF内野貴史を入れて守備を固める。しかし、ウズベキスタンも粘る。クロスボールからヘディングシュートを打たれた際、関根の手に当たりPKを献上。しかしこのPKを小久保がファインセーブ。絶体絶命のピンチをしのぎ、大岩ジャパンがアジア王者に輝いた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/228810e61eee76bd9a5951ce5bf1740684dc4e8c

【U-23アジアカップ・決勝 U23日本代表 ウズベキスタン下し8年ぶり優勝!山田楓喜劇的ゴールに小久保がPKセーブ!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/04(土) 00:26:30.59 ID:wixzC2+p9
3日、AFC U23アジアカップの決勝のU-23日本代表vsU-23ウズベキスタン代表が行われる。

パリ・オリンピックのアジア最終予選も兼ねていた今大会はこれが最後の試合に。すでに日本、ウズベキスタン、そして3位決定戦を制したイラクがパリ五輪出場決定。敗れたインドネシアは、アフリカ4位のギニアを最後の出場枠を争うこととなる。

アジア制覇を目指す日本にとっては最後の大事な試合。この試合の勝敗で、パリ五輪本大会の組み合わせも変わり、準優勝であればスペインとグループステージで同居することとなる。

勝てばアジア王者となる日本vsウズベキスタンは3日の24時30分キックオフ。NHKとDAZNで生中継される。


◆日本代表スターティングメンバー
GK

1.小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/ポルトガル)

DF
4.関根大輝(柏レイソル)
5.木村誠二(サガン鳥栖)
21.大畑歩夢(浦和レッズ)
22.高井幸大(川崎フロンターレ)

MF
7.山本理仁(シント=トロイデン/ベルギー)
8.藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン/ベルギー)
17.松木玖生(FC東京)

FW
9.藤尾翔太(FC町田ゼルビア)
10.佐藤恵允(ブレーメン/ドイツ)
19.細谷真大(柏レイソル)

◆サブ
GK
12.野澤大志ブランドン(FC東京)
23.山田大樹(鹿島アントラーズ)

DF
2.半田陸(ガンバ大阪)
3.西尾隆矢(セレッソ大阪)
15.鈴木海音(ジュビロ磐田)
16.内野貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)

MF
6.川崎颯太(京都サンガF.C.)
13.荒木遼太郎(FC東京)
14.田中聡(湘南ベルマーレ)

FW
11.山田楓喜(東京ヴェルディ)
18.内野航太郎(筑波大学)
20.平河悠(FC町田ゼルビア)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0069e70bdb62b0fc0a7f6acf835e84ef22852e1e

【U-23アジアカップ決勝戦「日本 vs ウズベキスタン」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/01(水) 16:50:01.57 ID:ceOhxTf09
カタールで開催されているU-23アジアカップ(パリ五輪アジア最終予選を兼ねる)の決勝で、日本と対戦するウズベキスタンから主力2人が離脱したようだ。現地メディア『Qalampir.uz』が報じている。

記事によれば、代表チームを離れるのはDFアブドゥコディル・クサノフ(ランス)とMFホジマット・エルキノフ(アル・ヴァハダ)。ここまで前者は3試合、後者は4試合に出場。2人とも、同国史上初の五輪出場を決めたインドネシアとの準決勝に先発していた。

離脱の理由は、両選手の今大会における代表での活動は五輪出場が決まるまでと、それぞれの所属クラブとウズベキスタンサッカー協会(UFA)との間で取り決められていたという。同メディアは「『UFAは、この歴史的な出来事を祝うために、代表チームに支援してくれたランスとアル・ヴァハダに感謝の意を表したい』と関係者は述べた」と伝えている。

ウズベキスタンはマレーシア(2-0)、クウェート(5-0)、ベトナム(3-0)と同居したグループDを3連勝で首位通過。準々決勝でサウジアラビアを2-0でくだし、準決勝でインドネシアに2-0で勝利し、パリへの切符を手にした。

日本とのファイナルは現地5月3日の18時30分(日本時間で4日の0時30分)にキックオフ予定だ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b64d46e3d7e60d4d231560361a8e3e982005cb1
https://i.imgur.com/27tHDhi.jpeg

【大岩ジャパンに追い風? 決勝の相手ウズベクから主力2人が離脱。代表活動は五輪出場が決まるまで【U-23アジア杯】】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/30(火) 01:19:27.55 ID:T+vElYVa9
[4.30 U23アジア杯準決勝 インドネシア 0-2 ウズベキスタン]

 AFC U23アジアカップは30日、準決勝を行い、ウズベキスタンがインドネシアを2-0で破った。前回準優勝のウズベキスタンは2大会連続の決勝進出で、史上初の五輪出場が決定。一方、C大阪所属のDFジャスティン・ハブナーら所属のインドネシアはパリ五輪出場権をかけ、3位決定戦に臨む形となった。

試合は序盤からウズベキスタンが一方的にボールを握り、FWアリシエル・オディロフ、FWウルグベク・コシモフ、MFアブドゥラウフ・ボリイェフが積極的にシュートを放つことで、ゴールをこじ開けることはできなかったものの優勢に試合を進めた。

 一方のインドネシアは前半26分、FWウィタン・スレイマンがドリブル突破を仕掛けると、DFアブドゥコビル・クサノフのファウルでエリア外で転倒し、PKの可能性があるとしてVARが介入。ところが主審がオンフィールドレビューを行った結果、反対にノーファウルだったとされてチャンス自体がなくなった。

 そうして0-0のまま迎えた後半16分、インドネシアはDFアルハンのロングスローで敵陣ゴール前に攻め込むと、こぼれ球を拾ったFWマルセリーノ・フェルディナンがつなぎ、再びアルハンがクロスを供給。これに競り合ったDFムハンマド・フェラーリがエリア内にこぼれ球をもたらし、DFリッキー・リドとのパス交換からフェラーリが押し込んだ。

 ところがここでまたしてもVARが介入。主審がオンフィールドレビューを行った結果、相手のプレーに影響を与えていたフェラーリがアルハンのクロスの時点でオフサイドポジションにいたとして、ゴールは認められなかった。

 すると後半24分、ウズベキスタンが先に試合を動かした。ショートパスをつないだビルドアップで攻め込み、DFムハンマドコディル・ハムラリエフが右サイドを駆け上がると、クロスボールにFWフサイン・ノルチャエフが反応。左足ボレーシュートでネットに叩き込み、ついに先制点を奪った。

 反撃に出たいインドネシアだったが後半36分、リッキー・リドがクリアボールを蹴った後に足裏でFWジャスルベク・ジャロリディノフの膝を蹴ってしまい、VAR介入の末に一発退場。10人での戦いを強いられ、さらに守備の要が決勝、あるいは3位決定戦の出場停止が決まった。

 するとウズベキスタンは同41分、さらにゴールを重ねた。MFウマラリ・ラフモナリエフの直接FKがGKを強襲すると、弾いたボールに詰めたクサノフのヘディングシュートはポストを叩いたが、カバーに入ったアルハンがGKと交錯し、ボールが誤ってゴールイン。オウンゴールで2-0とした。

 そのまま試合はタイムアップ。ウズベキスタンがアジアからのパリ五輪出場一番乗りを果たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f1bd6f2b3b85b7159de18dd51c076642e8bb375

【ウズベキスタンが史上初の五輪出場決定!! C大阪DF擁するインドネシアはU23アジア杯3位決定戦へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/27(土) 06:23:17.26 ID:8pO/Y0AG9
ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/news/world/detail/?406066-406066-fl
[4.26 AFC U23アジア杯準々決勝 ウズベキスタン 2-0 サウジアラビア ドーハ]

 AFC U23アジアカップ2024は26日に準々決勝を行った。U-23ウズベキスタン代表とU-23サウジアラビア代表の対戦は、ウズベキスタンが2-0で勝利。29日の準決勝では、韓国を破ったインドネシアと対戦する。

 前回大会の決勝カードが準々決勝で再現された。前回大会の開催国で、前回準優勝のウズベキスタンはグループリーグ3連勝で首位通過。初のオリンピック出場に向けて、準決勝進出を目指す。前回王者のサウジアラビアは2勝1敗の2位で決勝トーナメントへ。多くのA代表選手を抱える両チームは、2年前のU23アジア杯の経験者も多く、今回のU-23日本代表の選手と戦った選手も多く参戦している。

 ウズベキスタンは4-3-3の布陣。GKはアブドゥバヒド・ネマトフ、4バックは左からDFイブラヒムカハイル・ユルダシェフ、DFアリベク・ダブロノフ、DFアブドゥコディル・クサノフ、DFムハンマドコディル・ハムラリエフ。アンカーはMFアブドゥラウフ・ブリエフ、インサイドハーフは左がMFディヨル・ホルマトフ、右がMFジャスルベク・ジャロリディノフ。前線3人は左からMFアボスベク・ファイズラエフ、FWフサイン・ノルチャエフ、FWルスランベク・ジヤノフが並んだ。

 サウジアラビアは4-4-2の布陣。GKはモハンメド・アルアブシ、4バックは左からDFザカリア・ハウサウィ、DFライアン・ハメド、DFメシャル・シブヤニ、DFモハンメド・アブアルシャマット。2ボランチはMFファイサル・アルガムディとMFエイド・アルムワラド。左サイドにMFアハメド・アルガムディ、右サイドにFWハイタム・アシリ。2トップはFWアブドゥラー・ラディフとMFアイマン・ヤハヤが入った。

 ウズベキスタンは2年前に日本撃破の2得点を挙げたジャロリディノフとノルチャエフが中心となって攻め立てる。前半45分間は両者激しく削り合い、拮抗状態のまま試合は進んだ。

 均衡が崩れたのは前半アディショナルタイム2分過ぎ。ジャロリディノフが左サイドに展開すると、ファイズラエフがダイレクトで折り返す。スルーパスに反応したノルチャエフがPA内でGKモハンメド・アルアブシをかわし、無人のゴールに流し込んだ。

 前半はウズベキスタンが1-0のリードで折り返す。後半も激しい削り合いが続くと、サウジアラビアは後半25分にヤハヤが2回目の警告で退場処分となった。

 後半39分、ウズベキスタンが試合を決める。サイドからボールを運び、PA手前に戻すと、ブリエフが右足ミドル。GKアブアルシャマットのはじいたこぼれ球を途中出場MFウマラリ・ラクモナリエフが頭で押し込んだ。

 ファウル連発で試合が止まり続けたため、後半のアディショナルタイムは16分。2-0のリードを守ったウズベキスタンが試合を締め切り、4大会連続のベスト4。初の五輪出場に王手をかけた。

【ウズベキスタンが初五輪に王手!2年前U-21日本を撃破した世代が中心…サウジ撃破で準決勝インドネシア戦へ/ウズベ2-0サウジ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/23(火) 22:40:10.69 ID:Y2eW1gV89
アジアの代表チームナンバーワンを決めるアジアカップは1月23日にグループリーグのB組最終戦が行われ、オーストラリアとウズベキスタンが1-1で引き分けて両者の突破が決まった。

2連勝の優勝候補オーストラリアと1勝1分のウズベキスタンの対戦となり、オーストラリアは決勝トーナメント進出が決まった状態でのスタートになった。試合は日本人レフェリーの荒木友輔氏以下、主審と副審が日本陣のセットになった。

 試合は前半40分、オーストラリアが左サイドから攻撃したところでスライディングを仕掛けたウズベキスタンのMFオディロン・ハムロベコフの腕にボールが当たったとしてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入。オンフィールドレビューの末に荒木レフェリーはPKと判定し、これをオーストラリアのFWマーティン・ボイルが蹴り込んでの先制点が決まった。

 一方のウズベキスタンは後半33分、左サイドを切り崩して上がったクロスをゴール正面からFWアジズベック・トルガンバエフが打点の高いヘディングで叩いて同点ゴール。これで引き分ければ両者が突破に対して完全な安全圏に入ったことで試合のペースは落ちて、このまま1-1の引き分けで終了した。

 この結果、オーストラリアが勝ち点7で首位、ウズベキスタンが2位でこのグループを突破。オーストラリアの決勝トーナメント初戦は3位通過の4チームのいずれか、ウズベキスタンはサウジアラビア、タイ、オマーンのいずれかになるF組の2位通過チームと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2cb34d719d59c2d0e74c56597a923f2c80af23c6

【アジア杯・グループB最終節 豪州がグループ首位突破 ウズベクと1-1ドロー、日本3位抜けなら16強で激突の可能性も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/03(金) 12:04:57.28 ID:9yE6o3mf9
女子サッカーのパリ五輪アジア最終予選進出を決めたなでしこジャパンが2日、2次予選が行われていたウズベキスタンから帰国、池田太監督(53)が取材に応じた。
2点を奪った後の約75分間をシュートなしのパス回しだけで終え、「無気力試合だ」「組み合わせを考えた戦略だ」とSNSや国内外のメディアで物議を醸した10月29日のウズベキスタンとの第2節の舞台裏を明かした。

日本のSNS上で賛否両論を巻き起こし、中国メディアからは激しいバッシングを浴びた、90分間の大半をパス回しで終えたウズベキスタン戦の舞台裏が明らかになった。
 パリ五輪出場をかけたアジア2次予選のグループCの試合が行われていた、ウズベキスタンの首都タシケントからソウル経由で2日夕方に帰国したなでしこの池田監督が、成田市内のホテルで取材対応。物議を醸した戦い方をあえて選択した経緯を説明した。
 池田監督によれば、決断したのはウズベキスタン戦の当日だったという。
「最終的に決めたのはウズベキスタンとの試合前に、オーストラリアとフィリピンの試合の点差を見たときですね。そこでそれ(ボールを保持し続ける戦い方)をやる価値というか、それをやることによってプラスがもたらされるかどうかを判断しました」

(中略)

そして、試合会場のブニョドコル・スタジアムへ到着した直後のロッカールーム。ウズベキスタン戦は勝ち点3を手にすることだけが最大にして唯一の目的で、複数のリードを奪ってからはボール保持に徹する、という指示が選手に伝えられた。
「最終的に伝えたのはウォーミングアップ前に、ロッカールームでミーティングを行ったときです。今回の予選はいろいろなケースを考えて戦う、というのは事前に選手たちにも伝えていましたし、もちろん選手たちもレギュレーションや最終予選の組み合わせ方法なども知っていたので、反応としては『じゃあ、それでいきます』といった感じでした」
 試合は前半15分までになでしこが2ゴールを奪い、以降は無目的なパス回しに終始。放ったシュートもゼロというなでしこの戦い方にウズベキスタンも呼応し、自陣にブロックを敷いたまま、ボールを奪おうとしない奇妙な光景が続いた末にタイムアップを迎えた。なでしこのボールポゼッション率は、通常ではありえない93%に達していた。

 試合中から日本のSNS上では「無気力試合」、「こんなにつまらないサッカーは初めて見た」、「くだらねぇ八百長見せてくれて有難う」といった批判や、「批判覚悟での苦渋の戦略」、「レギュレーションの仕組みをふまえての戦術」と擁護する賛否のコメントが飛び交った。

 それらのすべてを、池田監督も把握していた。
「サッカーのとらえ方はいろいろあるし、私自身もやはり心苦しい。そのなかで勝ち上がるために取った部分でもあるので、そうした意見があるのは当然だと思います」

全文はソースで
11/3(金) 6:48配信 RONSPO
https://news.yahoo.co.jp/articles/159c6913a8e08cefd76593bbbcc9bcbc950ae0d6

【なでしこジャパン・池田監督が明かすパリ五輪予選「75分間のボール回し」で賛否を呼んだ戦術選択の舞台裏とは?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/01(水) 23:08:09.07 ID:iIBiEC3P9
思うところがあったのかもしれない。

 なでしこジャパンは10月29日に開催されたパリ五輪アジア2次予選グループCの第2戦で、ウズベキスタンと対戦。2-0で快勝を収めた。

10分にDF南萌華のゴールで先制した日本は、15分にFW千葉玲海菜のシュートで加点。7-0でインドを下した初戦に続くゴールラッシュかと思われたが、その後は圧倒的にボールを支配するものの、パスを回すだけでシュートを打たず。そのまま2-0で試合を終えた。

 予選のレギュレーション上、ウズベキスタンが2位通過すれば、日本は最終予選でオーストラリアの勝ち上がりが濃厚なグループA1位との対戦を避けられる。今夏の女子ワールドカップでベスト4に入った難敵との激突を回避するために、ウズベキスタンを“アシスト”したのか。

 元なでしこジャパンの10番で、先日引退を発表した岩渕真奈さんは、ちょうど試合終盤を迎えたタイミングで自身のX(旧ツイッター)を更新。「んーーーーー」と投稿した。

 何に言及したものかは触れていないものの、フォロワーからは次のようなコメントが寄せられた。

「んーーーって言いたくなりますね」
「試合に勝ってサポーターを減らす」
「気持ちはわかるけど先のことを考えたら仕方ないかなぁと...」
「確かに、途中から居眠りしてしまった」
「両チームともこのままで良いという判断の上ですよね?」
「分かります。でも勝ち残らなければ何も意味は無いし...」
「好きなサッカーを観て嫌な気分になった。『オーストラリアでもどこでもやってやろうじゃないか!』それが見たかった」

 ファンも複雑な思いで試合を見守っていたようだ。

10/30(月) 0:04配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/72402cd0d452c16664040dae0c1c18238315262a

【なでしこジャパン、異例のパス回しのみでシュートゼロ…ファンも複雑な思い「途中から居眠りしてしまった」「サッカーを観て嫌な気分になった」】の続きを読む

このページのトップヘ