SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ウマ娘

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/06(日) 21:55:44.80 ID:p4nYQJIk9
11/6(日) 20:24配信
オリコン

『ウマ娘』新作配信アニメ、来春に公式YouTubeで公開 特報映像&ビジュアル解禁 TVアニメ第3期も制作決定

 人気コンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』の新作アニメ『ウマ娘 プリティーダ―ビー Road to the Top』が、ウマ娘の公式YouTubeチャンネル「ぱかチューブっ!」にて2023年春に配信されることが決定した。あわせて特報映像&ビジュアルが公開された。

【画像】ナリタトップロードら集結!『ウマ娘』新作アニメのビジュアル

 テレビアニメとは異なる新シリーズの配信アニメとして、クラシックの頂点を目指して「ナリタトップロード」「テイエムオペラオー」「アドマイヤベガ」などのウマ娘たちがぶつかり合う内容となる。

 また、この日は、テレビアニメ第3期が制作されることが決定し、アニメーション制作は第2期に引き続き、スタジオKAIが担当することが発表された。

 『ウマ娘』は、スペシャルウィークやサイレンススズカ、トウカイテイオーなど実在する競走馬をモチーフにキャラクター化し、ゲーム、漫画、アニメなど幅広い展開で人気を博すクロスメディアコンテンツ。テレビアニメ第1期が2018年4月~6月、第2期が2021年1月~3月に放送され、週刊ヤングジャンプではオグリキャップを主人公にした漫画「ウマ娘 シンデレラグレイ」が連載中。CV担当の声優は音楽番組にも出演し、「社会現象化」と紹介されている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221106-00000388-oric-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/38433739a23522514427bf69327315dab34267d0

【アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」第3期制作決定!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/01(土) 08:22:48.84 ID:CAP_USER9
2022年09月30日 18時28分 公開

ウマ娘公式が引退名馬の見学について注意喚起 「運営の妨げになるので各牧場への直接の連絡は控えて」
まずは「競走馬のふるさと案内所」を確認しましょう。
[十津川あきら,ねとらぼ]

 ウマ娘プロジェクト公式は9月30日、Twitter上で引退名馬の見学について注意喚起を行いました。見学をする際に、各牧場への直接の連絡は控えるように呼びかけています。

 引退名馬の見学を希望する場合、各牧場への直接の連絡は牧場運営の妨げとなるため、まずは「競走馬のふるさと案内所」から牧場見学について確認してほしいとしています。

 また、全ての牧場は無断立入禁止であり、見学の際のケガや馬の事故などについては、見学者の責任になる場合があるとして、行動に十分な注意を払ってほしいと告知。


https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/2209/30/l_220930_umamusume_announce01.jpg
牧場見学の9箇条(画像は公式Twitterアカウントより引用)


 さらに「牧場見学の9箇条」として、見学の際の注意事項を記したイラストを掲載。「大きな音や声を出さないでください」「馬には絶対に食べ物を与えないでください」といった具体的な注意点を挙げています。

 この投稿についてネット上では「公式が積極的に発信してくれるのはありがたい」「こういうのあるのか、知らなかったから助かる」「ゲームの中でも定期的に見られるようにしたらいい思う」との声も。

 10月11日から北海道日高地域でウマ娘の等身大パネルイベントが行われることから、プレイヤーからは「たぶん来月の北海道日高地域とのコラボ関連で大事なことだからあらためて注意換気してるのだと思う」と関連を推測する声も寄せられています。


https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/2209/30/l_220930_umamusume_announce02.jpg
10月11日から北海道でイベント開催(画像は公式Twitterアカウントより引用)

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2209/30/news212.html

【ウマ娘公式が引退名馬の見学について注意喚起 「運営の妨げになるので各牧場への直接の連絡は控えて」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/09(土) 16:17:45.22 ID:CAP_USER9
中山競馬11R・ニュージーランドT(3歳・G2、芝1600メートル)は、人気ゲーム「ウマ娘」で知られるサイバーエージェント社長の藤田晋オーナーが所有する(外)ジャングロ(牡=森、父モアザンレディ)が3連勝で重賞初V。藤田オーナーにとっても、これが記念すべき重賞初制覇となった。

勝ったジャングロは父モアザンレディ、母グッバイストレンジャー(母の父ブロードブラッシュ)の血統。通算8戦4勝。

 前々走の中京2歳S(中京・芝1200メートル)で2勝目を挙げると、前走・マーガレットS(阪神・芝1200メートル)も制し2連勝。勢いそのままJRA重賞初挑戦ながら好スタートから逃げ切って3連勝。最後は迫る1番人気マテンロウオリオンとの叩き合いを制し重賞初制覇。NHKマイルC(G1、東京・芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。

昨年に馬主デビューした藤田オーナーにとっても嬉しい重賞初制覇。NHKマイルCでは、いよいよG1制覇への期待がかかる。なお、初年度の所有馬は5頭全て勝ち上がっており、他にはデビュー2連勝でG1朝日杯FS(阪神・芝1600メートル)に挑戦し7着に終わったドーブネ(牡3)などがいる。

ソース/スポニチアネックス
https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2022/04/09/kiji/20220409s00004048455000c.html

【ニュージーランドトロフィー(GⅡ) ジャングロ 逃げ切って3連勝!「ウマ娘」で話題の藤田オーナーが重賞初制覇】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/13(水) 21:26:29.49 ID:CAP_USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa3c5aac7af0f425a7194723c02075ce29be4dcc

 昨今、輸出ニーズの高まりを見せる日本酒。格式高かった日本酒も、より飲みやすさを追求したものや、酒蔵のストーリーからブランディングされたもの、女性向けに特化したものなど小さなブームが起きつつある。そんな輸出トレンドと同じく、新たなチャンスとなりつつあるのが「ゲーム」「アニメ」などのサブカルチャーと呼ばれるジャンルとコラボした日本酒だ。あまり親和性がなさそうな2つだが、酒好きの間では知られつつある。そのヒットの内訳を調べると作品を追い風にしたグッズ的なヒットだけが理由ではないようだ。

【関連画像】簸上清酒「七冠馬」、「シンボリルドルフ」コラボ(画像提供:簸上清酒)

 2022年3月13日「七冠馬 純米大吟醸 ウマ娘 シンボリルドルフ 限定醸造」を発売した簸上(ひかみ)清酒、田村浩一郎氏のインタビューによってそのヒットの起点を見いだしていく。

 日本酒を販売する酒蔵や問屋が抱える慢性的な課題だが、日本酒の国内消費量は大きく落ち込み続けている。2021年9月の農林水産省「日本酒をめぐる状況」によると、1973年に170万キロリットルを超えていた国内出荷量は、42万キロリットルにまで減少。長期的には、ビールやワインなどその他のアルコール飲料に押され、直近では飲食店の時短営業などによる消費量の減少が原因として挙げられるだろう。そうした状況において、各企業は酒蔵ツアーや日本酒のサブスクリプションサービスなど工夫はしているものの、直近では消費量の下げ止まりには至っていない。そんな中、異分野ともいえるサブカル領域でのマーケットを切り開きつつある。

 今回紹介する「七冠馬 純米大吟醸 ウマ娘 シンボリルドルフ 限定醸造」は、島根県の酒造メーカー、簸上清酒がサイゲームスの『ウマ娘 プリティーダービー(以下ウマ娘)』とコラボレーションして生まれた商品だ。ちなみに、ウマ娘は競馬をモチーフにしたスマートフォンゲームで、たびたびソーシャルメディアのトレンドに入る人気作だ。

 ヒットした今だからこそ、最適なコラボに感じられるが、簸上清酒の田村浩一郎氏(以下田村氏)は「1年前に企画がスタートしてから発表まで、様々な要素を検討して入念に準備を進めてきた」と言う

●ヒットにつながった理由

 そもそも、簸上清酒の主力商品「七冠馬」は一朝一夕で生まれた日本酒ではない。今回のコラボの中心である「シンボリルドルフ」という競走馬との長い歴史から紹介しよう。

 1986年2月に簸上清酒の現社長の妹が、シンボリルドルフを輩出した「シンボリ牧場」に嫁いだ。シンボリ牧場の牧場主がもともと島根県出身というご縁もあったという。このシンボリルドルフという馬は勝負強い馬で、GⅠという競馬の最高峰のレースにおいて7度の優勝を飾ったことから、「七冠馬」とも呼ばれている。ルドルフが偉業を達成し、「七冠馬」となったのが1985年12月の有馬記念、結婚の2カ月前のことだった。

 その後、その偉業にちなみ、1996年に「七冠馬」という日本酒を販売開始した。

 この日本酒には40年近く前からのそうした歴史が存在し、今回のコラボレーションが単なるゲーム人気にあやかったものではないことがうかがえる。結果、多くの日本酒好きや競馬好きの注目を集め、即日売り切れとなってしまった。

 そんな今回のコラボにおいてこだわったのは、今までの日本酒の七冠馬のファン、ウマ娘のゲームやアニメのファン、競走馬シンボリルドルフのファンすべてに配慮し、独りよがりにならないコラボにすることだ。

 「今回、5500円という価格設定にした。だが、コラボでもうけを優先してしまっては、新たに七冠馬を楽しみたいと思うお客様や、いつも七冠馬を飲んでくれているお客様が手を出しにくい商品になってしまう。今回のコラボは七冠馬を応援してくれるお客様、ウマ娘のファンの方、シンボリ牧場やルドルフのファンの方など、たくさんの方々の思いが重なる商品。そのため、ことさらにこの商品でもうけようということは考えなかった」と田村氏は熱弁する。

以下略

【なぜ『ウマ娘』コラボ日本酒は即日で7777本も売れたのか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/13(水) 13:38:20.88 ID:CAP_USER9
https://www.j-cast.com/2022/04/12435122.html

ニシノフラワーやセイウンスカイなどの競走馬を輩出した西山牧場のオーナー・西山茂行さんは2022年4月12日、人気ゲーム「ウマ娘」に言及したツイートへの反響に驚き、ブログを更新した。「何事か」と思うほど、「いいね」が寄せられたという。

https://www.j-cast.com/assets_c/2022/04/news_20220412122320-thumb-autox380-223036.jpg
西山牧場のオーナー・西山茂行さん(写真:山根英一/アフロ)
https://www.j-cast.com/assets_c/2022/04/news_20220412122340-thumb-autox380-223037.jpg
西山さんの娘の「ウマ娘」専用アカウント


「お父さん、ウマ娘ニシノフラワーいよいよ実装だよ」
Cygames(東京都渋谷区)が手がけるスマートフォン向けゲームアプリ「ウマ娘 プリティダービーで11日、ニシノフラワーをモチーフとした同名のキャラクターを育てることができるようになった。

ブログによれば同日、西山さんの元に長女から次のようなメッセージが寄せられた。

「お父さん、ウマ娘ニシノフラワーいよいよ実装だよ。お父さんの誕生日(4/15)に合わせたのかな」
ゲームに疎い西山さんは「実装の意味がわからん」と返事をしたという。

長女は「ウマ娘」専用のツイッターアカウント「たろう(@pyoittotaro)」を開設したとして、西山さんに宣伝を頼んだ。西山さんは長女からのメッセージをスクリーンショットに収め、ツイッターで「うちの娘より。ウマ娘の件」と紹介した。

このツイートは12日正午時点で大きな反響があった。

「わからん、このウマ娘人気は?」
西山さんはブログで「何事かと思うほど、一気にイイねが2万、3万と増えていく」ことに驚いたという。

ニシノフラワーは30年前の桜花賞馬であり、先にゲームに実装され人気を博しているセイウンスカイも24年前の皐月賞馬である。

「普通なら忘れられている、想い出の名馬程度の世界。
三冠馬でもないし、海外で大レースを勝った馬でもない。
子孫などもたいした活躍馬はなく、G IIIをいくつか勝ったくらいなのに。
わからん、このウマ娘人気は?」
西山さんは、Cygamesの親会社であるサイバーエージェントの代表取締役であり馬主でもある藤田晋さんに対し、「凄い仕事をしていますなあ」と感嘆を記している。藤田さんとは面識があり、LINEでやりとりする間柄だそうだ。過去にはブログで「ウマ娘社長」と紹介している。

【「ウマ娘ニシノフラワーいよいよ実装だよ」→西山オーナーのSNSバズる 「それほど凄いゲームなのか」人気ぶりに驚き】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/14(木) 12:38:09.69 ID:CAP_USER9
「ウマ娘 シンデレラグレイ」全話無料公開!オグリvsタマモクロスの“ライバル対決まで”をイッキ読み
https://s.inside-games.jp/article/2022/04/14/137726.html
https://pbs.twimg.com/media/FQO409kVgAUfOdr.jpg
https://s.inside-games.jp/imgs/p/6KrKB_I-GbaTEBWLec5LLcMLiAcGBQQDAgEA/1111394.jpg
https://s.inside-games.jp/imgs/p/6KrKB_I-GbaTEBWLec5LLcMLiAcGBQQDAgEA/1111396.jpg

『ウマ娘 プリティーダービー』のスピンオフ漫画「ウマ娘 シンデレラグレイ」にて、最新76話までの“全話無料公開”が実施中です。

芦毛の怪物「オグリキャップ」を主人公に、地方カサマツでのスタートから中央で「伝説」と呼ばれるまでに至る、熱く激しいシンデレラストーリーが描かれる本作。今回の無料公開は、4月28日より本編第三章「永世三強篇」が開幕するのを記念したもの。「この機会にイッキ読みしてみんなで新章を迎えよう!」としています。

これまでの公開話では、地方での活躍を描く「序章カサマツ篇」、史実でも騒動になったクラシック登録制度を描く「第一章 中央編入篇」、そして最大のライバル・タマモクロスとの激闘を描く「第二章 白い稲妻篇」を収録。こられをイッキ読みするチャンスとなります。

無料公開は「週刊ヤングジャンプ」の公式マンガアプリ「ヤンジャン!」で実施中。5月8日までですのでお見逃しなく。



以下からブラウザでそのまま読める
[第1話] ウマ娘 シンデレラグレイ
https://tonarinoyj.jp/episode/13933686331661025359



関連
「ウマ娘 シンデレラグレイ」が「次にくるマンガ大賞 2021」で2位に輝く!
https://s.inside-games.jp/article/2021/08/25/133968.html

【『ウマ娘 シンデレラグレイ』全話無料公開! 主人公オグリキャップvsタマモクロスの“ライバル対決まで”無料解放】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/15(火) 07:06:34.32 ID:CAP_USER9
2022年3月15日 5:00

取材に応じる藤田晋・サイバーエージェント社長
インターネットテレビ「ABEMA(アベマ)」は15日、11月に開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会の全64試合を無料生中継すると発表した。W杯はNHKと民放各社が一括で放送権を獲得してきたが、放送権料の高騰を背景に交渉が難航。NHK、テレビ朝日、フジテレビジョンの3社にアベマが加わることでまとまった。

アベマの総合プロデューサーを務めるサイバーエージェントの藤田晋社長は日本経済新聞の取材に応じ「去年の暮れくらいに、テレビ朝日から一緒にやらないかと声をかけてもらった」と経緯を明かした。放送権の取得額は「守秘義務があって言えない」が、アベマとして過去最大の投資になる。「(W杯)単体での黒字化は無理だと思っている。アベマの格や視聴数のベースを上げるのが一番の目的。社会貢献にもなる」(藤田社長)と、参画の背景を説明する。

決断の背景にはスマートフォン向けゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」のヒットもあったと語る。「ゲームが当たったことで業績的に余裕があった。やるなら今」。2016年4月のアベマ開局から約6年がたち、新たな挑戦をする「タイミング的にはちょうどいい」とみる。「始めた頃から、大きなコンテンツ一発で普及させるという考えはよくないと思ってきた。地力をつけて、やれるタイミングを見計らっていた。技術的にも自信がついた」


テレビやスマートフォン、パソコンなど様々な機器でW杯を視聴できる
今回、ライブ配信では最高峰の画質レベル(フルHDの解像度)を達成し、BS放送とほぼ並ぶという。「サッカー中継の場合、早い動きに対応しつつ、大画面できれいに見られないとしょうがない。アベマのクオリティーが高いとアピールする機会にしたい」

W杯の実績を生かし、今後もスポーツ中継には力を入れていく考え。「大きさでいうとW杯は世界一(のスポーツイベント)。W杯をやったアベマということで、交渉の幅が広がる」と期待する。中でもゴルフなどプレー時間の長いスポーツは、時間枠をあまり気にする必要のないインターネット配信と相性がいいと分析する。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD1402T0U2A310C2000000/

【“やるなら今”サイバーエージェント藤田社長、ABEMAサッカーW杯無料中継は「ウマ娘マネーで決断」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/09(水) 08:41:05.04 ID:CAP_USER9
3/9(水) 8:25
スポーツ報知

中国人コスプレイヤー芝麻TOKA、「ウマ娘」サトノダイヤモンドのコスプレを披露「クオリティ高っ」
芝麻TOKAのインスタグラム(@toka_030)より
 中国人コスプレイヤーの芝麻TOKAが8日に自身のインスタグラムを更新し、競馬を擬人化した人気ゲーム「ウマ娘」のサトノダイヤモンドのコスプレ姿を公開した。

 TOKAは「ダイヤモンドの輝きで、どんな壁も打ち砕いてみせます!」と力強くコメントし、「一番好きなダイヤちゃん実装おめでとう!!!」と実装したばかりのサトノダイヤモンドコスプレ写真を複数掲載した。

 フォロワーからは「かわいい 瞳が素敵」「クオリティ高っ」「キタサンも見たい」などのコメントが届けられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5cb81d1def09c5041e826616716458a665c2184e

https://hochi.news/images/2022/03/09/20220309-OHT1I51019-L.jpg
https://hochi.news/images/2022/03/09/20220309-OHT1I51020-L.jpg
https://hochi.news/images/2022/03/09/20220309-OHT1I51021-L.jpg

【中国人コスプレイヤー芝麻TOKA、『ウマ娘』サトノダイヤモンドのコスプレを披露「ダイヤモンドの輝きで、どんな壁も打ち砕いてみせます!」】の続きを読む

このページのトップヘ