SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ウルグアイ代表

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/11(木) 12:04:23.17 ID:vpYWFnNA9
 南米選手権(コパ・アメリカ)は現地時間7月10日に米ノースカロライナ州シャーロットでコロンビアとウルグアイによる準決勝が行われ、コロンビアが退場者を出しながら1-0で勝利してアルゼンチンとの決勝戦に駒を進めた。白熱した一戦を終え、イングランド1部リバプールに所属するFWダルウィン・ヌニェスは試合後にコロンビアサポーターと殴り合いの喧嘩に発展。衝撃の騒動を海外メディアが報じている。

【動画】ウルグアイFWがスタンドへ乗り込み→ファンと“殴り合い”の瞬間
https://twitter.com/the_bonnfire/status/1811219812472791090

 ブラジルを破って準決勝に進出したウルグアイ。試合序盤から激しくもレベルの高い試合を展開した両者だが、先に試合を動かしたのはコロンビアだった。前半39分、MFハメス・ロドリゲスの正確なコーナーキックにMFヘフェルソン・レルマが頭で合わせて先制に成功した。しかし、前半終了間際にコロンビアは両チームの選手が集まって小競り合いになったところでDFダニエル・ムニョスが相手選手にヒジ打ちをしてしまい、この日2枚目のイエローカードで退場処分に。1点リードで前半を終えたものの10人になった。

 後半は数的優位のウルグアイが攻め続ける形になった。だが、なかなかゴールを割ることが出来ず。ウルグアイを率いるマルセロ・ビエルサ監督はベテランストライカーのFWルイス・スアレスを送り込んで同点を狙いにいった。

 ウルグアイは後半26分にゴール正面でスアレスがフリーでシュートを放つ大チャンスを迎えるも、右足シュートはゴールポストを直撃。5バックで逃げ切りを図るコロンビアをウルグアイは崩しきれず、このまま試合は終了した。

 試合後は両軍、互いを称えっていたが、衝撃の展開へ発展した。英紙「ミラー」は「リバプールのスター選手ダルウィン・ヌニェスがコパ・アメリカで観客を殴りスタンドで大乱闘」と報道。同紙では「ウルグアイのFWヌニェスがチームメイトとともにスタンドに乗り込んだ後、ファンが彼を殴り始め、リバプールのスター選手は報復した」と伝えた。

 ヌニェスや数人の選手は観客席へと上がり、コロンビアファンと激突。「選手とサポーターの間で大規模な乱闘が勃発した」といい、先にヌニェスがファンから殴り掛かられた。激高したヌニェスは複数のサポーターや警備員に取り押さえられながらも感情は昂り、反撃しようとしていた。DFロナルド・アラウホも巻き込まれている。

 同紙は、きっかけは「不明」としているが、激闘のあとあまりにも後味の悪い敗退となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ae72cec4904d0a5d99f193ff7dab90caeb206b4d

【コパ・アメリカで衝撃事件 ウルグアイFW、スタンド乗り込み→ファンと“殴り合い”に海外騒然「大規模な乱闘」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/08(月) 22:01:56.74 ID:NeOVOVYZ9
ウルグアイ代表を率いるマルセロ・ビエルサ監督はフットボールの魅力が損なわれていることを認めた。『ESPN』などが伝えている。

ビエルサはこれまでアルゼンチン代表やチリ、リーズ・ユナイテッドなどを指揮。“エル・ロコ(狂人)”の愛称を持つ指揮官は戦術マニアとして知られ、名将ジョゼップ・グアルディオラ監督からも度々称賛を受けるなど、その独自のプレースタイルは世界中にファンを持つ。

昨年からはウルグアイ代表を指揮し、コパ・アメリカ2024ではブラジル代表を破ってベスト4進出に導いた。そんな中、昨今のフットボールについてビエルサは「観客はどんどん増えているが、魅力はどんどん減っている」と話す。

「当時、サッカーが世界最高のゲームであった理由は、現在では優先されていない。人々が見るものが心地よいものであることを保証しなければ、それはビジネスに利益をもたらすだけだ。ビジネスが気にするのは、どれだけの人が観るかだけなのだから」

ビエルサはさらに、サッカーがオンラインクリップやハイライトで簡単にアクセスできるようになるにつれて、その真のアイデンティティが失われつつある、と悩みを説明した。

「サッカーは5分間のハイライトだけではない。サッカーはそれ以上のもので、文化的な表現であり、アイデンティティのあり方なんだ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/baf22ddc4ebf993a9546d1b66daef4a2496d06ba
GOAL

【ウルグアイ代表ビエルサ監督「サッカーの観客は増えているが、魅力はどんどん減っている」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/24(金) 21:28:39.76 ID:qjGDONbm9
3/24(金) 21:27配信
SOCCER DIGEST Web
伊東のPKは取り消しに

日本代表、ウルグアイと1-1ドロー決着。先制を許す展開も、途中出場の西村拓真が値千金の同点弾!
同点弾の西村。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)
 日本代表は3月24日、キリンチャレンジカップでウルグアイ代表と対戦。第二次森保ジャパンの初陣は、1-1で引き分けた。

【PHOTO】ウルグアイ・コロンビアとの親善試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

 日本のスターティングメンバーは以下のとおり。GKはシュミット・ダニエル、4バックは右から菅原由勢、板倉滉、瀬古歩夢、伊藤洋輝、ダブルボランチは遠藤航と守田英正、2列目は右から堂安律、鎌田大地、三笘薫、1トップは浅野拓磨というラインナップに。

 前半は日本がボールを握る時間帯もあり、いくつかの惜しい場面も作ったが、ウルグアイの堅牢な守備の前にゴールをこじ開けられず。38分には一瞬の隙を突かれて、ウルグアイ期待の24歳、バルベルデに被弾。0-1で折り返す。

 迎えた後半、53分、三笘が中央から持ち運んで浅野に縦パスを入れる。受けた浅野はフィニッシュの体勢に入るが、相手に厳しく寄せられて思うようなシュートを打てない。
 
 日本は61分、上田綺世と伊東純也を同時投入。4分後にこの2人が見せ場を作る。上田の落としに走り込んだ伊東が倒されてPKの判定。だが、VARチェックを経て、オンフィールドレビューの末、ノーファールに。

 絶好機を逃したが、75分、日本は試合を振り出しに戻す。右サイドを突破した伊東のクロスに途中出場の西村拓真が反応。確実に左足で合わせてネットを揺らした。

 その後は両者ともスコアボードを動かせず。1-1のドロー決着となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa57480b11974d5cbca4a04e1571da6000b59873

【日本代表、ウルグアイと1-1ドロー決着。先制を許す展開も、途中出場の西村拓真が値千金の同点弾!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/22(水) 02:08:26.61 ID:c728P/2m9
キリンチャレンジカップ2023 日本×ウルグアイ
2023年3月24日(金)18:50~21:35(19:00~19:04は「私の幸福時間」を放送)

【番組内容】新生・森保ジャパン初陣!カタールW杯で日本中に感動を届けた三笘薫、久保建英、堂安律、浅野拓磨、伊東純也、遠藤航らサッカー日本代表選手たちが再び集結!
対戦相手は、W杯2度の優勝経験を誇る南米の強豪・ウルグアイ(FIFAランク16位)。MF・バルベルデ(レアル・マドリード)ら世界のビッグクラブで活躍する選手たちと激突!
決戦の舞台は国立競技場。大観衆の元、新生・森保ジャパン(FIFAランク20位)の2026年W杯に向けた第一歩が始まる!

【GK】シュミット・ダニエル(シントトロイデン/ベルギー)、大迫敬介(サンフレッチェ広島)、谷晃生(ガンバ大阪)

【DF】板倉滉(ボルシアMG/ドイツ)、町田浩樹(サンジロワーズ/ベルギー)、伊藤洋輝(シュツットガルト/ドイツ)、
橋岡大樹(シントトロイデン/ベルギー)、瀬古歩夢(グラスホッパー/スイス)、菅原由勢(AZ/オランダ)、
藤井陽也(名古屋グランパス)、バングーナガンデ佳史扶(FC東京)、半田陸(ガンバ大阪)

【MF/FW】遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)、伊東純也(スタッド・ランス/フランス)、浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)、
守田英正(スポルティング/ポルトガル)、鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)、西村拓真(横浜F・マリノス)、三笘薫(ブライトン/イングランド)、
前田大然(セルティック/スコットランド)、堂安律(フライブルク/ドイツ)、上田綺世(サークル・ブルージュ/ベルギー)、
田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)、町野修斗(湘南ベルマーレ)、中村敬斗(LASK/オーストリア)、久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)
(※参考:日本は欧州5大リーグの選手が10人)

☆国立競技場スタジオ
【ナビゲーター】川平慈英、【解説】松木安太郎、中田浩二、内田篤人、
【ゲスト】影山優佳(日向坂46)、【進行】林美沙希(テレビ朝日アナウンサー)

☆放送席
【解説】松木安太郎、内田篤人、【ピッチ解説】中田浩二、【ゲスト】影山優佳(日向坂46)、
【実況】寺川俊平(テレビ朝日アナウンサー)、【リポーター】山崎弘喜(テレビ朝日アナウンサー)

【会場】国立競技場(東京都)(※参考:6万8000人収容)

テレビ朝日
https://www.tv-asahi.co.jp/pr/contents/20230324_14371.html
https://www.tv-asahi.co.jp/soccer/kirinchallengecup20230324/

【サッカー】ウルグアイ代表の来日メンバーが正式決定! アラウホ、バルベルデら23名が日本代表戦へ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1679004624/
【GK】セルヒオ・ロシェ(ナシオナル)、サンティアゴ・メレ(クルブ・アトレティコ・ウニオン/アルゼンチン)、ガストン・オルベイラ(オリンピア・アスンシオン/パラグアイ)

【DF】セバスティアン・コアテス(スポルティング/ポルトガル)、サンティアゴ・ブエノ(ジローナ/スペイン)、ロナルド・アラウホ(バルセロナ/スペイン)、
マティアス・ビーニャ(ボーンマス/イングランド)、ホセ・ルイス・ロドリゲス(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル)、ジョバンニ・ゴンサレス(マジョルカ/スペイン)、
マティアス・オリベラ(ナポリ/イタリア)、ホアキン・ピケレス(パルメイラス/ブラジル)

【MF】マヌエル・ウガルテ(スポルティング/ポルトガル)、マティアス・ベシーノ(ラツィオ/イタリア)、
フェリペ・カルヴァーリョ(グレミオ/ブラジル)、フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード/スペイン)、
ファクンド・ペリストリ(マンチェスター・U/イングランド)、アグスティン・カノッビオ(アトレチコ・パラナエンセ/ブラジル)

【FW】ディエゴ・ロッシ(フェネルバフチェ/トルコ)、ファクンド・トーレス(オーランド・シティ/アメリカ)、ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル)
ダルウィン・ヌニェス(リヴァプール/イングランド)、マキシ・ゴメス(トラブゾンスポル/トルコ)、マティアス・アレソ(ペニャロール)
(※参考:ウルグアイは欧州5大リーグの選手が9人)

tv asahi|テレビ朝日
https://www.tv-asahi.co.jp/pr/contents/20230324_14371.html

※ウルグアイ戦の4日後には格上コロンビア戦もあります
【3月28日(火)よる7時 生中継】W杯メンバーが日本に集結!森保ジャパン いま、新たな夢が、動き出す 日本×コロンビア|日本テレビ×サッカー
https://www.ntv.co.jp/soccer/articles/48x56fppfkpn5b67mb.html
https://tv.yahoo.co.jp/program/110760308
> 2026年W杯へ、森保ジャパンのリスタートは格上コロンビア(FIFAランク17位)との1戦!

【3/24金18:50 三笘擁す日本vsウルグアイ(W杯8強以上7回)を放送!欧州5大リーグ選手計19人!#初陣#6.8万人スタ#影山優佳】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/03(金) 14:21:21.49 ID:NTgB9l2I9
ウルグアイサッカー連盟(AUF)は2日、国際親善試合に臨むウルグアイ代表メンバーを発表した。

カタール・ワールドカップ(W杯)に出場したウルグアイだったが、グループステージで敗退。2006年から2021年まで長期間指揮してきたオスカル・タバレス監督の後を継いだディエゴ・アロンソ監督が指揮を執ったが、早期敗退を受けて退任していた。

新監督が決まらず、U-20ウルグアイ代表を指揮するマルセロ・ブロリ監督(45)が暫定的にチームを指揮することが決定していた。

そのウルグアイは、カタールW杯のガーナ代表戦での問題行動により、DFホセ・マリア・ヒメネス、GKフェルナンド・ムスレラ、FWエディンソン・カバーニ、DFディエゴ・ゴディンの4名が国際サッカー連盟(FIFA)から出場停止処分を受けており、日本戦には出場できない状況となっている。

今回のメンバーには、レアル・マドリーのMFフェデリコ・バルベルデやバルセロナのDFロナルド・アラウホ、リバプールのFWダルウィン・ヌニェスらが招集を受けている。

ウルグアイは24日に日本代表と、28日に韓国代表と対戦する。今回発表されたウルグアイ代表メンバーは以下の通り。

◆ウルグアイ代表メンバー
GK
セルヒオ・ロチェ(ナシオナル)
サンティアゴ・メレ(クルブ・アトレティコ・ウニオン/アルゼンチン)
ガストン・オルベイラ(クルブ・オリンピア/パラグアイ)
ギジェルモ・デ・アモレス(スポルティング・ヒホン/スペイン)

DF
セバスティアン・コアテス(スポルティングCP/ポルトガル)
セバスティアン・カセレス(クラブ・アメリカ/メキシコ)
アグスティン・ロヘル(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
サンティアゴ・ブエノ(ジローナ/スペイン)
フェデリコ・ペレイラ(リベルプール)
ロナルド・アラウホ(バルセロナ/スペイン)
ギジェルモ・バレラ(フラメンゴ/ブラジル)
ホセ・ルイス・ロドリゲス(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル)
ジョバンニ・ゴンサレス(マジョルカ/スペイン)
マティアス・オリベラ(ナポリ/イタリア)
マティアス・ビーニャ(ボーンマス/イングランド)
ホアキン・ピケレス(パウメイラス/ブラジル)

MF
ルーカス・トレイラ(ガラタサライ/トルコ)
マヌエル・ウガルテ(スポルティングCP/ポルトガル)
マティアス・ベシーノ(ラツィオ/イタリア)
フェリペ・カルバージョ(グレミオ/ブラジル)
フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/スペイン)
ファクンド・ペリストリ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
アグスティン・カノッビオ(アトレチコ・パラナエンセ/ブラジル)

FW
ブリアン・ロドリゲス(クラブ・アメリカ/メキシコ)
ディエゴ・ロッシ(フェネルバフチェ/トルコ)
ブリアン・オカンポ(カディス/スペイン)
ファクンド・トーレス(オーランド・シティ/アメリカ)
ニコラス・デ・ラ・クルス(リーベル・プレート/アルゼンチン)
ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル)
ダルウィン・ヌニェス(リバプール/イングランド)
マキシ・ゴメス(トラブゾンスポル/トルコ)
ジョナタン・ロドリゲス(クラブ・アメリカ/メキシコ)
チアゴ・ボルバス(レッドブル・ブラガンチーノ/ブラジル)
マティアス・アレソ(ペニャロール)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7730ca34d9239ea9e0a41ece1d06db778addd155

【【サッカー】バルベルデやヌニェスら招集、日本代表と対戦するウルグアイ代表メンバーが発表! [久太郎★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/20(月) 02:46:20.93 ID:4aPhyI2H9
https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202302190000712.html
森保ジャパンの人気沸騰-。サッカー日本代表は3月24日、22年ワールドカップ(W杯)カタール大会後の初戦となる国際親善試合キリンチャレンジ杯(国立)ウルグアイ戦に臨む。

森保一監督(54)の続投が決定しており、26年W杯米国・カナダ・メキシコ大会に向けた第1歩となる。

19日午前10時に同試合のチケット販売がスタート。日本サッカー協会(JFA)がオンラインで先着形式で販売した。開始直後からサイトへのアクセスが集中したもようで、購入画面に入れない状況が断続的に続いた。

実際に購入しようと試みたところ、開始から4時間が経過した午後2時になっても購入手続きをすることはできなかった。

カタール大会での躍進もあり、注目が集まる日本代表の節目の一戦はチケット争奪戦となった。SNSでは「全然つながらなくて完売かどうかさえもわからない」「なんとか取れた」などさまざまな反応があった。

今回のチケット販売は、日本代表戦としては初めて、需要と供給に応じてAIが価格を調整する「ダイナミックプライシング(価格変動制)」が導入されている(障害者向けの座席などを除く)。不正な転売を防ぐ目的もあり、店頭や電話での販売を廃止してJFAによる公式サイトの販売に集約した。

【<サッカー日本代表>3・24ウルグアイ戦のチケット販売開始、サイトにアクセス集中】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/13(月) 15:54:44.14 ID:42lZrd2f9
日本サッカー協会(JFA)は13日、キリンチャレンジカップ2023で日本代表とウルグアイ代表が対戦することを発表した。

昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)をベスト16で終え、森保一監督の続投も決定した日本。リスタート後の最初の活動では、3月にキリンチャレンジカップ2023の2試合を戦う。

そして、3月24日に行われる初戦の相手がウルグアイに決定した。カタールW杯ではグループ敗退を喫したが、FIFAランキングでは日本の20位に対し、16位に位置する格上。過去の対戦成績は日本の2勝2分け4敗で、直近では2019年のコパ・アメリカで対戦して2-2で引き分けている。

試合は19:30に国立競技場でキックオフ。試合の模様はテレビ朝日系列にて全国生中継される。なお、日本はウルグアイ戦後、28日にヨドコウ桜スタジアムでコロンビア代表とも対戦予定だ。

ウルグアイ戦の詳細は以下の通り。

■キリンチャレンジカップ2023
対戦カード 日本代表 vs ウルグアイ代表
日程 3月24日(金)
キックオフ時刻 19:30
会場 国立競技場(東京都)
テレビ放送 テレビ朝日系列にて全国生中継

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c749bde76d4d102ddce5e452585da44a8c35220

【日本代表、第2期森保一監督体制の初陣はウルグアイ代表! 3月24日に国立競技場で激突】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/10(金) 06:56:36.75 ID:I/5bWnEq9
 3月24日に国立競技場で開催される第2次森保政権の初陣の相手がウルグアイに決まったことが9日までに分かった。優先的に交渉してきた韓国戦は、韓国側の書類手続きの遅れで消滅。
最終的にウルグアイに決まったという。同28日には大阪・ヨドコウ桜スタジアムでコロンビアと対戦することが発表されており、26年W杯に向けた第一歩は南米の実力国との連戦でスタートする。

 FIFAランク16位のウルグアイは2度のW杯制覇を誇る強豪。同国の国際Aマッチ最多得点68を誇るFWスアレス(グレミオ)ら、多くのスター選手を輩出してきた。昨年のW杯は1次リーグ敗退に終わったが、マンチェスターUのFWペリストリ(21)や、クラブW杯準決勝で鮮やかなゴールを決めたRマドリードのMFバルベルデ(24)ら、ビッグクラブで活躍する若手も台頭している。

 迎え撃つ日本は、公式戦で3戦連発を記録するなど、欧州を席巻しているブライトンのMF三笘薫(25)に注目が集まる。欧州視察中の森保監督は8日、「先発でプレーできるだけの力はある」とジョーカーから“昇格”させるプランも示唆。新しい顔触れの招集も含め、見どころ満載の2連戦となりそうだ。

 ▽日本VSウルグアイ 日本の通算2勝2分け4敗。森保ジャパンは1勝1分け。18年10月、第1次森保ジャパンの3戦目となった親善試合(埼玉)では南野が2発に大迫、堂安も得点し、4―3で勝利。19年6月の南米選手権(ブラジル)では三好が2得点を挙げ2―2で引き分けている。

 ≪収容上限100% 全席声出し応援可≫日本協会は3月24日のキリンチャレンジ杯のキックオフ時間を、午後7時半にすると発表した。また、収容上限は100%とし、
マスク着用した上で全席で声出し応援可能とした。政府が1月27日に改定した新型コロナ感染予防に関する指針に沿った。宮本恒靖専務理事は「段階的にマスクをとって応援することができれば良いと思っている」と話した。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2023/02/10/kiji/20230209s00002014740000c.html?amp=1

【3.24第2次森保ジャパン初陣の相手はウルグアイに決定!南米の強豪と国立で対決】の続きを読む

このページのトップヘ