SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

エスコンフィールドHOKKAIDO

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/26(月) 12:06:27.52 ID:njnh9Edz9
日本ハムファイターズ。
来季、2023年は本拠地を札幌ドームから、北海道北広島市の新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」に移す。
そんな新球場の移転による経済効果(建設費と観客消費額の合計)が、初年度までに約1634億6174万円、雇用創出効果は約1万5334人にのぼると、関西大学の宮本勝浩名誉教授が試算した。
2022年12月14日の発表。今後の10年間でみると、約6788億1740万円にのぼるという。
開閉式の屋根、天然芝のグラウンド、温泉に、
サウナ施設も! 2023年から北海道日本ハムファイターズの本拠地となる新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」は、最新鋭かつ、ユニークな施設、設備で注目を集めている。
たとえば、球場は開閉式の屋根と天然芝のグラウンドだ。
球場内に目を向けると、温泉・サウナ施設、宿泊施設、クラフトビール醸造所があるレストランまである。
また、球場の周辺には、分譲マンション、駐車場、認定こども園、農業学習施設、キッズエリア、グランピングやヴィラなどの宿泊エリア、さらにはJRの新駅などが建設される計画となっている。

新球場を核とする「新しいまち」の誕生で、その経済効果も大いに期待されるところだ。

関西大学の名誉教授、宮本勝浩氏がまとめた「日本ハムファイターズの新球場『エスコンフィールド北海道』の経済効果」を詳細にみると、その内訳は、新球場の建設費用の経済効果は約1062億円、雇用創出効果は約7800人となった。

また、新球場の観客の消費額は新球場に足を運ぶ観客を、日本ハムが2022年まで本拠地としていた札幌ドームの観客数の推移から、
(1)日本ハムの試合の観客数と
(2)その他のイベント(サッカーや高校野球の試合、陸上競技、コンサートなど)の観客数
(3)球場観光、一般市民の利用者--の3種類に分けて試算した【下表参照】。
この表から、球場を訪れる観客の過半数以上が、毎年の日本ハムの試合の観戦客であることがわかる。
一方、2023年に新球場で予定されている使用日数は、
(1)日本ハムのホームゲーム数71試合とオープン戦など5試合の合計で76試合程度、
(2)プロ野球以外のスポーツの大会やコンサートなどのイベントは月2回程度の合計24日間、
(3)球場観光や一般市民の使用--と仮定した。

続きはソースにてお願いします
https://www.j-cast.com/kaisha/2022/12/26453004.html?p=all
2022年12月26日08時15分

【プロ野球・日ハム「新球場」経済効果は1634億円超! 「新しいまち」の出現&人口増にも期待!関大・名誉教授の試算を深読み】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/08(日) 18:55:44.31 ID:m5fc/bkE9
北広島市 ボールパーク推進室 川村裕樹 室長 2023年、札幌ドームからエスコンフィールドHOKKAIDOに移転するファイターズ。
新球場が出来る場所は北広島市です。 札幌市に隣接し、空港も近い利便性の良さから\"札幌のベッドタウン\"とも言われる人口5万人規模の小さなマチは、なぜ誘致することができたのか。
誘致から現在まで中心メンバーとして関わる北広島市役所・ボールパーク推進室の川村 裕樹室長に話を聞くと、その理由が見えてきました。

【電光石火の早業 北広島市の猛アピール】

札幌ドームからの移転構想が判明したのは2016年5月。
北広島市は1ヶ月も経たない間に市長自ら球団事務所を訪問、きたひろしま総合運動公園予定地へ誘致しました。
この即断即決の誘致ができた理由について、川村室長は次のように語ります。
「誘致に1か月かからなかったという話になるが、私達は前からの情報をもとに準備をしていたのが事実です」
「過去に運動公園を造る話を進めた時に、ファイターズがヒアリングをする相手だった。二軍の試合ができる規模についてアプローチをしました。
その時、ずっとあたためている構想(新球場構想)を聞いたのです」 事前情報を得ていたという北広島市。
さらに2002年、ファイターズの北海道移転が決定した年には練習施設の誘致合戦が起こり、北広島市も期成会をつくりました。
川村室長は「市民や関係団体を巻き込んで誘致活動をする大切さを学んだ」と振り返る。
北広島市は経験と情報があったからこそ、電光石火の誘致を果たすことができました。

【事前情報得るも…出遅れた札幌市の対応】

一方の札幌市。秋元克広市長も「新球場構想を検討したいという話は聞いていた」と事前情報を得ていたことを認めましたが、北広島市に比べて対応は大きく出遅れます。
移転構想判明から1年、ようやく北海道大学と旧月寒ドーム周辺の土地の2つを提案。
しかしアクセスと広さに課題が残り、最終的に真駒内公園を提案するも、一部住民から反対運動が起きてしまいました。
ファイターズとの協議回数でも北広島市は17回、札幌市は7回と、倍以上の差がついていました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e91a91aecdd5f05f596c57c3db869f2f4b0670dd
1/8(日) 11:00
続きはソースにてお願いします

依頼
◆芸スポ+スレッド作成依頼スレ★1585 ※新規立て子募集中1/4~締切1/18〆 [muffin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1673158545/

https://i.imgur.com/uMpfpge.jpg
https://i.imgur.com/OPdZST9.jpg
https://i.imgur.com/w5tJFVm.jpg

【札幌のベッドタウン・北広島市はなぜファイターズ新球場を誘致できたのか?キーマンが語る誘致 "秘話" とその勝因】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/15(火) 11:53:05.63 ID:ABRe8UoU9
東洋経済オンライン 11/12(土) 10:31

来年3月に開業予定の日本ハムファイターズの新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」

 これから冬を迎える北海道に、大変貌を遂げつつある「まち」がある。札幌に隣接する北広島市だ。人口約5万7000人。全国的にはほぼ無名の札幌郊外のベッドタウンである。この街に来年3月、日本ハムファイターズの新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」が開業する。球場の周辺一帯は「北海道ボールパークFビレッジ(以下ボールパーク)」(敷地面積32ヘクタール)として整備され、新たな世界が形成されようとしている。新球場を巡ってはファウルゾーンをめぐる問題が浮上しているが、来春までには収束するだろう。新たな北海道のシンボルを誘致したまちの現状を取材した。

この記事の写真を見る
 新球場建設の進捗率は95%を超えているという。スタジアムの収容人員は3万5000人。当面はJR北広島駅からのアクセス(徒歩約20分)となるが、2027年度には最寄り駅が建設される予定だ(請願駅)。新球場は「世界がまだ見ぬボールパークを創る」というコンセプトのもとに設計されたもので、敷地面積5ヘクタール、掘り込み式フィールドから地上4階まで観客エリアが広がる斬新なスタジアムだ。温泉施設や乗馬シミュレーターも併設され、野球以外の楽しみも広がる空間となる。球場内のホテルに宿泊し、部屋から野球観戦することも可能だ。

 新球場を含む一帯はFビレッジとして整備され、球場の他にキッズエリア、レジデンス(地上14階建て、2棟の分譲マンション)、農園エリア、認定こども園、シニアレジデンス(賃貸)、プライベートヴィラ(全9棟)、テナント入居の商業施設などが併設される。周辺の道路やバス路線も整備される予定だ。

 北海道を代表する新たなシンボルエリアが誕生しようとしているわけだが、来年3月の新球場開業を前に、現地を訪れて周辺一帯の最新状況を確認した。

 驚きは札幌の地下街から始まった。通路の真ん中にある柱には2030年冬季五輪招致ポスターがズラリと貼られ、その先の左右の壁面には「完成まで、もうすぐです、2023.3 START!」「北海道に、BIGBOSS就任以来のBIG NEWSだねこれは。」といったボールパーク、新球場開場のポスターが続く。道外から訪れた観光客らには格好のPRとなっている。

 札幌駅から空港エアポートを使うと17分で北広島市に着く。所要時間でいうと中央線快速の新宿から三鷹までと一緒だ(料金は540円で2倍以上)。駅構内にファイターズの選手写真の幟(のぼり)が飾られ、「2023 PLAY BALLあと0年4ヶ月」の掲示板が置かれている。コンコースの窓に設置されたモニターからはファイターズの動画が流れている。ファイターズの街を感じさせる出迎えだ。

 駅西口では再開発の工事が進行中だ。「北広島駅西口周辺エリア活性化事業始動」の看板が目を惹く。地上14階地下1階の高層ビルが建ち、1~3階は商業フロア、4階以上はホテルフロアになるという。完成は2024年秋の予定。いまは閑散としている駅前の光景が一変する。

 駅から北進通を歩くこと約20分。道路は拡張工事などの整備が進んでいる。北広島高校を過ぎたあたりにエスコンフィールドの建物が見えてきた。ボールパークと道路を挟んだ反対側には広大な「レクリエーションの森」や「野幌原始林」が展開している。大自然の懐に抱かれるような形で新たな街が形成されようとしているのだ。

 新球場の建物はほぼ完成しているようだ。「ES CON FIELD」「FIGHTERS」の看板(ロゴ)もできている。隣に2棟のレジデンス(マンション)が建設中だ。市内の住民が「マンションはもう完売したそうですよ。高いタイプは1億円超ですって」と羨望を込めて話してくれた。

 球場周辺のエントランス部分や施設の工事が行われていて、工事車両が多数止まっている。球場周辺の道路をぐるっと回り、北側に向かう。舗装前の道路に「セントラルアベニュー」の掲示板。さらに進むと駐車場内で工事関係者が30人ほど集まって屋外ミーティングの最中だ。やがて長い塀が現れ、「世界がまだ見ぬボールパークをつくろう。」の文字が。来年の春には未舗装の歩道も完成し、いよいよ開業を迎える。

 ボールパークの整備が進む地域の地名は「北広島市共栄」から、2023年1月1日に「北広島市Fビレッジ」へと変更されることになった。文字通り新たな「まち」が誕生するということだ。

 ボールパークを後にして、市内を散策すると共栄町に行き着いた。比較的新しい一戸建ての住宅が立ち並ぶ一角だ。昭和時代から住み始めた世帯が代替わりで建て替えた家が多いという。

※続きはリンク先で
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/8fd452cb63048803ef66f86b5222c47b6044b740&preview=auto

【日ハム新球場で激変「北広島市」地価上昇率トップに、経済効果は10年で1500億円とも】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/10(火) 01:07:04.54 ID:CAP_USER9
 来シーズンの開幕に合わせてお披露目となる北海道日本ハムの新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」。開閉式ドームで外野部分は一面ガラス張り、併設されるホテルの客室やサウナからも試合が観戦可能で、敷地内にはマンションやショッピングモールなども建設される予定。国内はもとより米国でも類を見ない規模の複合型ボールパークとして注目を集めている。

 だが、そんなうなぎ上りの前評判に対し、不安材料がないわけではない。なかでも大きな課題となっているのが最寄り駅問題だ。

 新球場はJR千歳線沿いの広大な敷地に建設中で、目の前には新駅「北海道ボールパーク駅(仮称)」の設置が決まっている。だが、開業予定は28年とまだまだ先だ。

 現在の最寄り駅は北広島駅だが、駅からの距離は約1.5キロで徒歩だと20分前後かかる。特に夏場は北海道でも30度を超すことも多いため、試合の前後にこれだけ歩かなければならないのはさすがにキツい。

「試合開催日は北広島駅と札幌市東部の新札幌駅の2ヶ所からシャトルバスを運行する予定ですが、乗り場は大混雑する可能性が高い。札幌ドームから札幌中心部へは30分とかからずに移動できますが、新球場はその倍はかかる見通しです」(地元ライター)

 また、JRは快速が6両だが普通列車は3両で運行することもあり、運行本数も首都圏や関西圏ほど多くない。札幌市内に住む70代の男性ファンは「新球場は行ってみたいがアクセスが大変そう。今までのように気軽に観戦には行けない」と話すが、年配のファンから実際にこうした声をよく聞くという。

「ボールパーク駅開業が移転5年後というのはあまりに遅い。建設費用を負担するのは地元自治体なので無理強いはできませんが、新庄ビッグボスがそこまでの長期政権になるとは思えませんし、開業のころにはブームが去っている可能性があるでしょうね」(同)

 集客や経済効果を期待するなら1年でも前倒しで開業したほうがいい気もするが…。

https://asagei.biz/excerpt/41711

【前評判うなぎ上りの“複合型ボールパーク”日ハム新球場に懸念される「気軽に観戦に行ける〝アクセス問題〟」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/21(月) 20:59:20.80 ID:CAP_USER9
 北海道北広島市で2023年3月に開業を予定するプロ野球日本ハムの新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」の内部の様子が21日、報道陣に公開された。

 施工を担当する大林組の竹中秀文所長によると、工事の進捗(しんちょく)率は70%を超えた。

 まだ骨組みだけの部分が多いが、球場の特徴ははっきりと見てとれた。
臨場感を出すために客席とグラウンドの距離が近く、バックネット裏席からホームベースまでは15メートル。
一、三塁側スタンド後方にある大型スクリーンは、完成すると縦16メートル、横86メートルの大きさ。 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2022032100512
https://www.jiji.com/news2/kiji_photos/202203/20220321at71S_o.jpg

2022年03月21日18時24分 時事通信

【北広島市の日ハム新球場、開業へあと1年 工事7割終え報道陣に内部公開】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/13(木) 22:14:59.06 ID:CAP_USER9
AERAdot.1/13(木) 18:00

 札幌ドーム(以下ドーム)が大きな岐路に立たされている。
 本拠地を使用していた日本ハムは来季の2023年からは北広島市にできる新球場(エスコンフィールドHOKKAIDO)へ移転する。新庄剛志監督就任などもあり球団は再注目されているが、このままではドーム自体は取り残されてしまう。北海道のランドマークとして存在感を持ち続けられるのか、正念場を迎えている。

 北海道に野球熱が戻りつつある。近年は日本ハムの成績が下降線をたどりグラウンド外でも中田翔(昨年途中に日本ハムから巨人に移籍)の暴力事件など不祥事が重なった。04年の移転後は右肩上がりだった人気にも陰りが見え始めていた。

 そこへ新庄監督、稲葉篤紀GMというレジェンドが帰ってきた。建設が進む23年開場予定の新球場とともに人気復活の機運が高まっている。一方でこれまで北海道移転後のチームの象徴にもなっていたドームが本拠地として今季が最終年となる。

「報道などで明らかになったがドーム使用に関する市から球団への条件が一方的だった。球団はマーケットを考えても大都市・札幌を本拠地にしたかったのでドーム継続使用が最優先だった。条件変更の交渉を繰り返したが市からの歩み寄りがなかった。球団内で新球場建設の検討を始めた段階でも継続使用の可能性は残っていた。それでも市との交渉は平行線をたどり最後は球団が愛想を尽かした形です」(スポーツコンサルティング会社関係者)

 ドームの運営は札幌市の第三セクターである『株式会社札幌ドーム』が行なっている。リース料に加え広告、グッズ販売、飲食など興行時のドーム内の収入が入る契約で、その額は年間20億円超と言われる。球団は値下げならびに一部収入の分配額変更などを要求したが、逆に市は値上げを実施した。またロッテがZOZOマリンスタジアムで行って成功している指定管理者制度の採用も提案したが拒否された。移転が現実味を帯びると市は慌てて妥協案を提示したが遅かった。

「新球場のプロジェクトを立ち上げたのも当初は市へのブラフ的側面もあった。市は頑なに契約条件変更を拒んでいましたからね。01年開場のドームは施設自体としては新しい。改修などでお客さんに魅力ある形にすれば集客の伸びしろは残っていたはず。また収益構造をきっちりすれば市と球団はwin-winの関係になれた。DeNAと横浜スタジアム(ハマスタ)のような良好な関係を作り上げられたと思います」(日本ハム担当記者)

 横浜もDeNAが買収する以前は球団とハマスタとの契約に偏りがあった。しかしお互いが歩み寄り誠実な交渉を重ねた結果、両者にとって最適な着地点を見つけ出した。球場の魅力や快適性が格段にアップ、エンターテインメント性に優れた素晴らしい球場となった。東京五輪に向けDeNA主導で改修を行うなど日本を代表する球場に進化を遂げている。今やハマスタのDeNA戦はNPB屈指の入手困難チケットとして知られる。

「逃した魚は大きい。NPBは日本が世界に誇れる興行で観客動員の安定性だけ見れば海外スポーツに引けを取らない。ホーム試合だけ考えても年間約70試合分の収益がなくなった。市はサッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌や新イベントなどでカバーすると強気の姿勢ですが比べものにならない。コロナ禍以降の経営は苦しく今後も不透明な状態。今後は赤字が増え続けるかもしれませんね」(スポーツコンサルティング会社関係者)

 コロナ禍のため20年度以降ドームの売上高は大幅に減った。今後も先行きが見えない中、日本ハムが離れれば経営状況はさらに厳しくなるのは明白だ。コンサドーレ札幌をはじめとする利用球団、団体等もあるため早期での閉場、解体なども不可能。そうなると市民の税金によって損失補填をせざるを得なくもなる。過去に何度となく繰り返された箱物行政の負の遺産となる可能性も否定できない。

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/2c186eeb962de1a6bd271b68f5a762139aa36a1a
日本ハムの本拠地としては今年が最終年となる札幌ドーム
https://i.imgur.com/gWKjgsi.jpg

【日本ハムが新球場へ移転後「札幌ドーム」はどうなってしまうのか?】の続きを読む

このページのトップヘ