SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

エフゲニー・プルシェンコ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/20(水) 23:31:27.73 ID:CAP_USER9
7/20(水) 16:21配信
東スポWeb

羽生結弦(東スポWeb)

 ロシアメディアが、競技の第一線から退くフィギュアスケート男子の羽生結弦(27=ANA)を大きく特集した。

 羽生のプロ転向はフィギュアスケート大国のロシアでも大きな注目を集めている中、同国メディア「kommersant」がこれまでの経歴を振り返りながら大々的に報じた。

「羽生結弦はフィギュアスケート界の伝説的な存在だ」と絶賛した上で「日本人選手は10年間で膨大な数のタイトルを獲得してきた。彼は、ジュニアおよびシニアレベルで可能なかぎりすべての大会で優勝した。羽生で2014年はソチ五輪、18年は平昌と2度五輪で優勝、世界選手権の金メダルは2度、四大陸選手権でも金メダル、名誉あるグランプリシリーズのファイナルでもさらに4回の勝利を収めている」などと輝かしいキャリアを紹介した。

 そして「これほどのタイトル数は、彼に匹敵するのは五輪で2度優勝したエフゲニー・プルシェンコだけだ」と自国で英雄視される〝フィギュア界の皇帝〟を引き合いに出して、羽生の偉業を称えた。

 プルシェンコ氏に肩を並べたとロシアメディアから最大級の賛辞を贈られた羽生。やはりその影響力は絶大だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a691c2134952144ca99763549262a678d25a0845

【「彼に匹敵するのは〝皇帝〟プルシェンコだけだ」羽生結弦をロシアメディアが絶賛大特集】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/19(火) 22:02:59.52 ID:CAP_USER9
 第一線を退きプロに転向することを19日に表明したフィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦(27=ANA)に対し、ロシアの〝皇帝〟エフゲニー・プルシェンコ氏が祝福とねぎらいの言葉を送った。

 2006年トリノ五輪金メダリストで、フィギュア界で唯一無二の存在であるプルシェンコ氏は、自身のインスタグラムを更新。「今日、私の良き友人であり、フィギュアスケート史上最大のスターである羽生結弦選手が引退を表明したことを知りました。彼がフィギュアスケートのためにしてくれたことすべてに感謝しています。そして、この番組で世界中の人々を幸せにしてくれることを願います。これからも頑張ってください。ユズルサン」とつづった。

 羽生がリンク上でプルシェンコの背後からお辞儀をして礼を尽くす場面や、互いに抱擁しあう動画も投稿している。

 羽生はプルシェンコ氏を「憧れの選手」と尊敬してきた。同氏にとって羽生も敬意を示す存在だったのは間違いなさそうだ。
東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/cbc4590489d87958f46ce642a53689dfeaf3c6ac

【「フィギュア史上最大のスター」羽生結弦、憧れの皇帝プルシェンコから祝福とねぎらい】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/22(水) 13:56:31.01 ID:CAP_USER9
ISUは2026年五輪までに段階的な年齢制限引き上げを発表

 フィギュアスケートのシニア大会の年齢制限が15歳から17歳以上に段階的に引き上げられることについて、トリノ五輪金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコ氏(ロシア)は決定を支持すると語ったようだ。背景には若くして競技から距離を置く母国の選手たちの存在があるようで「女子スケーターたちのスポーツ人生を伸ばしたい」などとロシアメディアに語っている。

国際スケート連盟(ISU)は今月の総会で、年齢制限を2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪までに現在の15歳から段階的に17歳まで引き上げることを決定。2022-23年シーズンは15歳のまま、23-24年は16歳、24-25年以降は17歳となる。

 ロシアメディア「sportrbc.ru」は、「プルシェンコ氏が女子スケーターにとって年齢制限の引き上げは正しいと評した」との見出しで記事を掲載。トリノ五輪男子シングルで金メダルを獲得し、現在は母国で指導者としても活動するプルシェンコ氏が同国メディア「マッチTV」に語った内容を紹介している。

 プルシェンコ氏は「ISUが年齢制限を引き上げたのはとても素晴らしいことです」と決定を支持。その理由については「我々の女子スケーターたちは15歳(前後)でキャリアを終えますが、その場合どこに戦いが、どこに克服があるのでしょうか?」と、若くして競技を引退した選手たちが活躍、技術の向上を図る舞台が無くなってしまうことを危惧している様子だ。

北京で銀獲得のトルソワは「私は自分とのみ競争します」
 プルシェンコ氏は続けて「もちろん、女子スケーターは体重が増え身長が伸びますが、もしそれを克服すればどうでしょう? 例えば、私たちのレジェンド、エリザベータ・トゥクタミシェワは25歳で素晴らしい状態で滑り続け、トリプルアクセルや4回転ジャンプを跳びます。我々の女子スケーターたちのスポーツ人生を延ばしたいです」と語っている。

 特にロシアでは若くして活躍する女子選手が増えているが、一方で身長や体型の変化によって苦しみ、新たな若い選手との競争に打ち勝てなくなる選手の存在も指摘される。プルシェンコ氏はトゥクタミシェワのように、年齢を重ねても第一線で活躍する選手が増えることを祈っているようだ。

 また「sportrbc.ru」は「トルソワが新しい年齢制限を『規定は私には関係ない』という言葉で評した」との見出しで、北京五輪の女子シングル銀メダリスト、アレクサンドラ・トルソワのコメントを紹介した記事も掲載している。

 6月23日で18歳になるトルソワ。年齢制限について尋ねられた際には「私は自分とのみ競争します。規定は私には関係ありません、私は現時点の規定に従って演技します」と語ったという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6490edc6d8a050a3aee2253fb8c6f14ba288f031

【プルシェンコ「年齢制限引き上げは素晴らしい」 理由は女子の「競技人生伸ばしたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/16(木) 16:51:16.96 ID:CAP_USER9
6/16(木) 16:27
東スポWeb

プルシェンコ氏が〝格闘界進出〟 自身経営のアカデミー内にキックボクシング学校=露メディア報道

 ロシアのフィギュアスケート界で〝皇帝〟と称されるエフゲニー・プルシェンコ氏が、自ら経営するアカデミー内に格闘技の学校を開設することになった。

 ロシアメディア「スポーツ・エクスプレス」は「プルシェンコが自身のアカデミーに格闘技学校の開設を発表」と題する記事を掲載。「オリンピックに2度出場したエフゲニー・プルシェンコ氏が、自身のアカデミーにフィギュアスケートと格闘技のクラス用の新しいホールをオープンすることを明らかにした」と報じた。

 その上で、本人のSNSからコメントを引用。プルシェンコ氏は「フィギュアスケートの選手が練習する新しいホールのオープンが間近に迫っている。フィギュアスケートの練習をするアリーナの一角には、キックボクシングの世界チャンピオンとして知られるアレクサンダー・リポボイの学校が併設される予定だ。これは新しい建物で、少年少女のための新しい武道場ができる。また、アマチュアが来て、さまざまな格闘技を専門的にトレーニングすることもできる」と説明している。

 ロシア国内ではプルシェンコ氏が巨額詐欺被害にあった影響などで資金難に陥っているとの見方もあるが、ビジネスでは拡大路線を続けているようだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220616-04260161-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/bce720fe82d1334ed31d7faa363c6b8a84b9da1f

【“皇帝”プルシェンコ氏が〝格闘界進出〟 自身経営のアカデミー内にキックボクシング学校】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/13(月) 18:31:02.63 ID:CAP_USER9
 ロシアのフィギュアスケート界で〝皇帝〟と称されるエフゲニー・プルシェンコ氏が、自身が着用した高級ブランドの中古品を〝ロシア版メルカリ〟に出品して話題を呼んでいる。

 ロシアメディア「KOMSOMOLSKAYAPRAVDA」は同国のフリマサイトで「プルシェンコが所有する赤いルイヴィトンの革のジャケットを出品した。妻のルドコフスカヤは200万ルーブル(約470万円)で販売している」と報道した。

 妻のルドコフスカヤ氏が所有している様ざまなブランド品を売りに出しており、その中で夫のプルシェンコ氏の愛用の品も出品した模様。同国メディア「ポップコーンニュース」は「当初はオリンピックチャンピオンのジャケットの価格はさらに高く、300万ルーブル(約705万円)だった。しかし、どうやらその所有者になりたいと思っている人は誰もいなかったので、ルドコフスカヤは価格を下げたようだ」と指摘。ちなみに定価は約100万ルーブル(約235万円)ほどで、プルシェンコ夫妻は最初定価の3倍という〝超プレミア価格〟で出品していたことになる。

 プルシェンコ夫妻を巡っては経営するスケートスクールなどの事業がうまくいかず、最近は巨額詐欺被害にもあったことで困窮疑惑が指摘されている。そうした中で、少しでも〝現ナマ〟が必要だったのか…。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/057ddc6307db6b91e3551b53ced2ef39cbedd940

【プルシェンコ氏が自身着用のヴィトン革ジャケットを定価の3倍で出品…困窮疑惑深まる=露報道】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/05(日) 17:45:42.51 ID:CAP_USER9
2022年06月05日 14時33分

 ロシアのフィギュアスケート界で〝皇帝〟と称されるエフゲニー・プルシェンコ氏(39)が、夫婦で出席したイベント中に心臓発作を起こして病院へ直行する事態が発生した。

 ロシアの放送局「NTV」は、プルシェンコ氏が参加したファッションショーの最中に心臓に異変を訴えて退席する様子を伝えながら「オリンピックチャンピオンのプルシェンコは家族と一緒にファッションショーに参加したが、心臓発作を起こした」と報道。
「(妻の)ヤナ・ルドコフスカヤは夫のためにタクシーを呼んだ。友人たちはイベントですぐに、プルシェンコの顔が不健康な赤面になっていることに気づいた。時間が経つにつれて、ますます顔が赤くなり、彼は絶えず心臓をつかんでいた。
スケーターは最初は写真撮影にストイックに耐えていたが、その後に端で座り込んでしまった」と心臓に異変が起きたことを詳細に報じた。

 妻のルドコフスカヤ氏がタクシーを呼んで、プルシェンコ氏は病院へ。ただルドコフスカヤ氏は付き添わずにイベントに参加し続けた。同局によると、多くのスポンサーがイベントに出席していたために残ったという。

 ルドコフスカヤ氏は「彼は自分自身を管理できている。誰も必要としない」と説明し、家族が付き添うほどの状態ではないと強調。ただ、病院でMRIなど精密検査を受けることになるという。

 プルシェンコ氏を巡ってはウクライナ侵攻の中で相次ぐ愛国アイスショーの開催や、困窮疑惑や詐欺被害などが取りざたされていたが、今度は健康状態に不安が生じてしまった。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/figure-skating/4235846/

【フィギュアスケートの〝皇帝〟プルシェンコ氏がイベント中に心臓発作の緊急事態 タクシーで病院へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/10(火) 05:31:43.54 ID:CAP_USER9
5/9(月) 19:44配信
東スポWeb

祖国礼賛が止まらないプルシェンコ氏(東スポWeb)

 ロシアのフィギュアスケート界で〝皇帝〟と称されるエフゲニー・プルシェンコ氏が、ロシアの戦勝記念日を超ハイテンションで祝福した。

冷静なプルシェンコ氏(東スポWeb)

 9日はロシアの第二次大戦における対ナチス・ドイツ戦勝記念日で、プーチン大統領が式典を開催。かねて親密な関係にあるプルシェンコ氏はそれに呼応する形で、自身のSNSに戦勝記念日を祝福するコメントを投稿した。

「〝戦勝記念日〟おめでとうございます! 我が国にとってハッピーでグレートなホリデーだ! 誰もが覚えている! 何も忘れられていない!」と喜びを爆発させた。

 さらに「サンクトペテルブルグが涙ながらに受け取ったメモリーナンバーを観客のリクエストに応え、6月9日にモスクワで行われるショー『ユニオンオブチャンピオンズ』で繰り返す」と強調。ウクライナ侵攻後に再三開催している〝ロシア軍礼賛ショー〟で、次回の6月の公演で第二次大戦にまつわる曲を流す見込みだ。

 プルシェンコ氏はこれまでも愛国心を前面に打ち出す投稿を続けており、今回もその思いを全開にしたようだ。ただ、ウクライナ侵攻で日々殺りくが繰り返される状況だけに、この投稿に返信する形で非難の声も。「昨日60人の市民がロシアのミサイルによって殺されたと報じられている。この虐殺を止めてください。ロシアは現代のナチスだ。ロシア軍の虐殺を止めろ」と悲痛な叫び声も上がった。

 ロシアの〝皇帝〟による無神経な投稿は波紋を広げそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220509-04180628-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/fcde78a0a662c07e1fbce2a3bc6e8494fc36b887

【フィギュア界の〝皇帝〟プルシェンコ氏 露の戦勝記念日を超ハイテンションで祝福「我が国にとってハッピーでグレートなホリデーだ!」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 12:27:14.07 ID:CAP_USER9
3/24(木) 11:52配信
東スポWeb

 ウクライナ・フィギュアスケート連盟はホームページで、同国の青年スポーツ省が北京五輪女子代表のアナスタシア・シャボトワを代表チームから追放したと発表した。

 理由について同連盟は「シャボトワが、ウクライナを侵攻するプーチン支持者であるロシアのエフゲニー・プルシェンコのインスタグラム投稿にいいねしたから」と説明している。

 ウクライナ「スポーツ・ユニアン」によると、シャボトワはロシア生まれで、2019年に国籍をウクライナに変更した。ウクライナ侵攻について、プルシェンコがインスタグラムで「確かに、私は自分の国、民族、ロシア人を誇りに思っている。ロシア人であることを誇りに思う。いずれにせよ、ウクライナで起きていることには不満があるが、これは必然的な特殊作戦である。みんなに平和を、ありがとう」と語ったが、これにシャボトワはいいねを押し大問題になったという。

 両国スポーツ界はなんとも複雑だ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220324-04081934-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ca296a2f90d2aa991242e484faac7d87e9e40e3

【ウクライナ女子フィギュア選手 プルシェンコのSNSに「いいね」押して代表から追放される】の続きを読む

このページのトップヘ