SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

エンゼルス

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/28(土) 18:06:57.47 ID:rAF49QjB9
【MLB】大谷翔平と破産の米暗号資産取引所が契約正式終了 裁判所が認める、2021年から契約


昨年11月11日(日本時間12日)に経営破綻した暗号試算(仮想通貨)の大手交換所「FTXトレーディング」と、2021年からパートナーシップを結んでいたエンゼルスの大谷翔平投手との契約が正式に終了することを裁判所が認めた。
経済専門誌「ブルームバーグ」が27日(同28日)に報じた。


記事によると、FTXグループが連邦判事に大谷らとの契約を正式に終了することを要請して、これが認められたという。
この件について、大谷の代理人(弁護士)はコメントを発表していない。

FTXが経営破綻し、「オオタニらはFTXの販売を促進していたとして、投資家らの訴訟で標的にされていた」と被害を受けた投資家らが集団訴訟を起こしていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/2c8b36f2c88bea0961f0664065499443fec2d530

【エンゼルス・大谷翔平と破産の米暗号資産取引所が契約正式終了、裁判所が認める… 販売を促進していたとして、投資家らの訴訟で標的に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/27(金) 15:07:32.34 ID:uSkifmHx9
Full-Count 1/27(金) 14:51

プルデンシャル・ファイナンシャルなど数社が所有か

 ストリーミングビデオ業界に特化したメディア「Next TV」は、バリースポーツRSN(バリースポーツの地域スポーツネットワーク)の運営会社ダイヤモンド・スポーツ・グループが破産申請することを報じた。バリースポーツRSNの一部である「バリースポーツ・ウエスト」は、大谷翔平投手の所属するエンゼルスのホームゲームを中継している。

 破産の方向にあるダイヤモンド・スポーツ・グループは、バリースポーツ名がついた19の地域スポーツネットワークの運営会社であり、債務過多に陥っていたという。

 今後について、ダイヤモンド社の最大の債権者であるプルデンシャル・ファイナンシャルなど数社がバリースポーツRSNを所有することになると記事は伝えている。

 一方で「バリースポーツの19の地域ネットワークとのTV放映権に頼るプロチームは、今後厳しい緊縮経営を余儀なくされるかもしれない。会社再建中に放映権契約が打ち切られる可能性があるからだ」と指摘。MLBでは、RSNのテレビ放映権料が収益に占める割合が大きいカージナルスが最も影響を受けると見られている。

「ブルームバーグ・ニュース」のメディア・レポーターであるジェリー・スミス氏は「地域スポーツチャンネル界における米国最大のオーナーが破産申請に向かっていて、MLBなどのチームへの(放映権の)支払いが危険にさらされることになる」と伝えた。大谷翔平の二刀流の活躍を伝えるはずの中継に影響が出てきそうだ。

Full-Count編集部
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/5a80521e7e168d7d6529487d97bde5442ebd3351&preview=auto

◇関連スレ◇
【MLB】エンゼルス、球団売却の中止を発表 モレノオーナーが継続所有、大谷翔平の去就に影響か ★3 [鉄チーズ烏★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1674571051/

【大谷翔平の中継どうなる!? エ軍放送局の運営会社が破産申請へ、放映権打ち切りも】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/24(火) 09:24:51.76 ID:fOjO7y9t9
1/24(火) 8:01配信

モレノオーナーが声明発表「我々にはやり残した仕事がある」

 大谷翔平投手が所属するエンゼルスは23日(日本時間24日)、アート・モレノオーナーが球団売却するための調査を終了し、2023年以降も所有権を継続すると発表した。モレノオーナーは、「我々にはやり残した仕事があることが明確になった。そして、我々が将来チームやファンに良い影響を与えられると感じている」と声明を出した。

 エンゼルスは昨年8月に球団売却などを検討する手続きを開始したと発表。米メディア「ジ・アスレチック」によると、球団売却額は最低でもメジャー史上最高額となる25億ドル(約3265億円)。これまでにウォリアーズのオーナーを務めるジョー・レイコブ氏が買収に関心があることを認めていた。

 メキシコ系米国人のモレノオーナーは2003年途中にウォルト・ディズニー社から1億8400万ドル(約250億円)で買収。6度の地区優勝を飾ってきた。「このプロセスを通じて、ガラチオト・スポーツ・パートナーズの極めて優れた努力に感謝する。おかげでチームに強い関心を示した、非常に相応しい個人やグループに会うことができた。しかしながら、話し合いが進み(売却が)具体化する中で、我々の心がまだエンゼルスにあり、ファン、選手そして従業員らと別れる準備ができていないことに気づいた」とコメントした。

 チームは地区優勝を飾った2014年を最後にポストシーズンから遠ざかっている。それでも、このオフは積極的な補強に動いてきた。「我々はこのオフシーズン、総年俸がチームの(新)記録となることを確約していて、今でもファンにワールドシリーズ優勝をもたらすという目標を達成したい。このエンゼルス・ベースボールの次なる章に関して興奮している」と巻き返しを誓った。2023年シーズン終了後にフリーエージェントとなる大谷の去就にも影響がありそうだ。

Full-Count編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/d6befddcd7a8b90ce87a2d9d42dba9f5e122a100

【エンゼルス、球団売却の中止を発表 モレノオーナーが継続所有、大谷翔平の去就に影響か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/18(水) 20:02:24.35 ID:Jocgf5Ci9
米スポーツ専門局ESPN(電子版)が、今季終了後にフリーエージェント(FA)となる大リーグ、エンゼルス大谷翔平投手(28)について「なぜ大谷が大リーグ初の5億ドル(約654億円)選手になるのか」という見出しの記事を展開。鍵となる3つの理由を掲載した。

1つ目は「彼のような選手は見たことがない」と前例がない点を挙げ「大谷は先発ローテーショントップの投手と中軸打者を任せられる野手が1つのパッケージとなった選手。
特に今の野球界は、大谷のように多彩さや柔軟性がより高く評価される時代だ」と指摘。大谷は21、22年シーズンで計80本塁打、37盗塁、投手では2年間で計296回1/3を投げ防御率2・70、375三振を記録するなど「ベーブ・ルースさえ達成できなかったことを二刀流選手として最高のレベルでプレーし続けている」と高く評価した。

2つ目は「資金力を持つ多数の球団が獲得を狙う+FA市場でライバル選手がいない」。今オフはヤンキースの主砲ジャッジ、ベテラン先発バーランダー(メッツ)、デグロム(レンジャーズ)など大リーグのトップ選手が次々と大型契約を結んだ。
しかし今季終了後にFAとなるスター選手は先発投手でパドレスのダルビッシュとスネル、野手はブルージェイズの三塁手チャプマンと数が少なく「大谷と、FA2番目選手との力の差はとても大きい。各球団はかなり本腰を入れて獲得に動くだろう」と予想。
注目の候補には「大谷と複数年にわたって接触を続けているドジャースが最有力だと言われているが、メッツやジャイアンツを挙げる大リーグ幹部もいる」と説明し、ある代理人の「誰もが大谷を欲しがる」というコメントも紹介した。

3つ目は「大谷はワールドワイドセンセーション」と大谷一人だけで大きな経済効果を生むことができると指摘。
大谷は22年に17社とスポンサー契約を結んでいること。本拠地でボブルヘッド人形や選手のTシャツなどを配るプロモーションで、大谷の関連グッズが配布される試合は平均4万1000人のファンを動員した事例を取り上げた。

https://www.sanspo.com/article/20230118-OWSVUBX3YNC67ESBAMSU3JL5WI/
サンスポ

【大谷翔平が北米プロスポーツ初の5億ドル(約654億円)選手になる3つの理由「前例なし・FAライバルなし・ワールドワイドの経済効果」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/16(月) 02:26:24.95 ID:/KQ5sz9a9
 アーキテクトが運営する「タレントパワーランキング」は、2022年5月~8月に行った調査データを基に「スポーツ選手の男女別人気ランキング」を発表しました。

 「タレントパワーランキング」は、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「誘引率(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査データを掛け合わせ、アーキテクト独自の指標である「パワースコア」を基に作成したものです。

 本記事では調査結果から「男性スポーツ選手」のランキングを紹介します。世界中で活躍している選手も多い中、どの選手が人気を集めたのでしょうか。さっそく、ランキングを見ていきましょう!

(出典元:タレントパワーランキング「スポーツ選手の男女別人気ランキング!今人気が高いのは誰?」)

●第2位:羽生結弦

 第2位には、パワースコア37.3の羽生結弦さんがランクインしました。4歳からスケートをはじめた羽生さんは、早くから才能が開花し「JGPファイナル」にて史上最年少の14歳で総合優勝。さらに、世界ジュニア選手権でもチャンピオンに輝きます。

 その後も活躍は続き、全日本選手権で4連覇、ソチ五輪・平昌五輪と2大会連続優勝を達成して金メダルを獲得しました。2022年7月には、プロフィギュアスケーターに転向することを発表。「第73回NHK紅白歌合戦」にはゲスト審査員として登場しました。2023年2月26日には、プロフィギュアスケーターとして初の東京ドーム単独公演「GIFT」を控えています。

●第1位:大谷翔平

 第1位に輝いたのは、パワースコア49.4の大谷翔平さん。2018年からMLBの「ロサンゼルス・エンゼルス」に所属する野球選手で、投手と打者の二刀流の選手として知られています。

 2022年8月に行われたオークランド・アスレチックス戦で10勝目を挙げ、1918年のベーブ・ルース以来の史上2人目となる同一シーズンの2桁勝利・2桁本塁打を達成。
2023年3月に開催予定のWBCで戦う「侍ジャパン」のメンバーに選出されており、どんなプレイを見せてくれるのか期待が高まります。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7bfd3b9c4cd9de55c75ddb0aea0c6b1952dad5eb
ねとらぼ

依頼
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1673508398/193

【「男性スポーツ選手」タレントパワーランキング! 第1位は「大谷翔平」!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/03(火) 06:44:02.20 ID:q3pPlR0r9
日刊スポーツ 2023年1月2日9時55分

大谷翔平
米大手投票サイト「ランカー」の22年世界の偉大なアスリートの投票で、エンゼルス大谷翔平投手(28)が10位に入った。米総合誌ザ・USサンの電子版が1日、伝えた。

大谷は昨季、打者として157試合に出場し打率2割7分3厘、34本塁打、95打点、投手として28試合で15勝9敗、防御率2・33をマークし史上初の投打ダブル規定に到達。ア・リーグ史上最多の62本塁打を放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(30)とMVPを争い、惜しくも2位で2年連続受賞はならなかった。

同サイトの投票「22年世界の偉大なアスリート」では、サッカーワールド杯でアルゼンチンを優勝に導いたメッシ(サッカー)が1位となり、大谷はMLB選手で唯一のランクインとなる10位だった。同誌によると、2位はマクデービッド(NHL)、3位はアデトクンボ(NBA)、4位はエムバペ(サッカー)、5位はカリー(NBA)、6位はロナウド(サッカー)、7位はドンチッチ(NBA)、8位はナダル(テニス)、9位はハーランド(サッカー)だった。

「ランカー」はスポーツ、エンターテインメント、食、ブランド等を対象に一般ユーザーから意見を募る米大手投票サイトの1つで、10億を超える投票データベースを持つ。

https://www.nikkansports.com/m/baseball/mlb/news/202301020000093_m.html?mode=all

【エンゼルス・大谷翔平「22年世界の偉大なアスリート」で10位 MLB選手唯一のランクイン、1位はメッシ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/02(月) 15:59:02.96 ID:JJzc01jk9
エンゼルス大谷翔平投手(28)の今季23年年俸が、上位15傑入り確実となった。昨年10月1日に年俸3000万ドル(約40億5000万円)の1年契約でサイン。
昨季550万ドルから大幅アップとなり、日本選手初の3000万ドル大台に到達した。FA前で年俸調停権を持つ選手としても、史上最高年俸となる。
12月30日(日本時間31日)時点で、契約金等を含まない年俸ランキングは14位タイへ急浮上。
大物FA選手はほぼ去就を決めており、昨季の219位から約200人以上もごぼう抜きしそうだ。

 今オフは大型契約が相次ぎ、ア・リーグ新の62本塁打を放ったアーロン・ジャッジ外野手(30)も年4000万ドル×9年でFA残留した。
それでも、年俸3000万ドル選手は大谷を含め、これまで20人強しかいないステータス。
今季に限っても、大谷を除けば、3000万ドル以上はメジャーで1度はFA権を手にした選手ばかり。異例の「昇給」ぶりが分かる。

 そして、大谷は今季がFA権を満たすメジャー6年目。エ軍と契約延長の可能性もあるが、オフにはFAとなる。
投打二刀流をこなす唯一無二の存在だけに、相場は同僚トラウトが19年から結ぶ12年4億2600万ドル(約575億円)の歴代最高額超えどころか、5億ドル(約675億円)の可能性も報じられている。
天文学的マネーが飛び交う争奪戦に発展しそうだ。

1/1(日) 7:00配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c7324de6c68aef306b606131e60b2b5ac70fd6c

【エンゼルス・大谷翔平、23年年俸が上位15傑入り確実 昨季の219位から200人以上ごぼう抜きへ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/02(月) 15:53:13.86 ID:JJzc01jk9
MLB公式サイトのアンソニー・カストロビンス記者が、2023年に向けた注目の話題を7つピックアップし、早々と予想を行った。
エンゼルス大谷翔平選手の去就にも触れ、トレードの可能性については「ノー!」とつづっている。


カストロビンス記者は、今オフのエンゼルスはここまで、周囲をあっと言わせるほどの動きこそ見せてはいないものの、予想を上回る補強を行っているとコメント。
球団売却を進めるなか、ペリー・ミナシアンGMはチームの価値と選手間の競争を高めるためにできることをしていると評価した。

 そして、「エンゼルスの発展に向けて必要なことは、大谷と(マイク・)トラウトという傑出した2人が健康で過ごせるようにすることを除けば、あとは脇を固める優秀な選手のみ。
大谷を中心とした昨季のローテーションは大方の予想を上回る出来であり、現在はそこにタイラー・アンダーソンも加わっている」と、来季も大谷がチームの主力となることを確実視した。

 同記者はさらに、シーズン中の大谷のトレードが考えられない理由として「球界の真の“ユニコーン(滅多にいない存在)”と引き換えに確かな価値を手にすることは、ほぼ不可能」とコメント。
大谷という稀有(けう)な存在との等価交換は難しいとの見解を示した。

1/2(月) 11:04配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/6bc149d11f346558775a3d276bd9f762640b8c14

【23年、大谷翔平のトレードはあるか?MLB公式サイト米記者予想「ノー!」その理由は】の続きを読む

このページのトップヘ