SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

エンゼルス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/17(日) 14:28:39.68 ID:CAP_USER9
7/17(日) 14:17配信 MLB.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/025daddc7d9602dfc2e5b69c826c1efa23df149c

【ドジャース7-1エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

 ドジャースは初回からトレイ・ターナーの13号ソロで先制すると、5回までに計4本のホームラン攻勢で7得点。援護をもらった先発のフリオ・ウリアスも7回被安打5、与四球0、奪三振8、失点1の好投でエンゼルス打線を寄せ付けず、7対1でドジャースが快勝し、4連勝で今季成績を60勝30敗、貯金30として前半戦を終えた。ウリアスは8勝目(6敗)をマークし、エンゼルス先発のホセ・スアレスに4敗目(1勝)が記録されている。

 初回に1点を先制したドジャースは3回に猛攻を見せる。先頭のギャビン・ラックスが四球で出塁すると、一死後にトレイ・ターナーが2打席連発となる14号2ラン。さらに二死1・2塁とすると、マックス・マンシーの9号3ランでこの回5得点。5回表には先頭のフレディ・フリーマンが13号ソロを放ち、7対0とエンゼルスを大きく突き放した。エンゼルスの反撃はブランドン・マーシュの2試合連続となる8号ソロのみ。ドジャース相手に2試合連続での力負けとなり、39勝53敗の成績でオールスター休みに入る。

 エンゼルスの大谷翔平は「2番・DH」でスタメン出場し、ショートフライ、ファーストフライ失策、ライト前ヒット、ライト前ヒットで4打数2安打。打率.258、19本塁打、56打点、OPS.834の打撃成績で前半戦を終えている。

【エンゼルス・大谷翔平、4打数2安打 ドジャースに連敗で前半戦終了】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/16(土) 14:55:15.46 ID:CAP_USER9
7/16(土) 14:00配信 MLB.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/cd18430b931882f033bb41a04c155a599806b158

【ドジャース9-1エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

 ドジャースは初回から2点を先制すると、中盤にも追加点を挙げリードを広げる。ドジャース先発のクレイトン・カーショウは立ち上がりから安定した投球を見せると、7回まで一人のランナーも許さない好投。完全試合は逃したものの8回無失点とエンゼルス打線を封じ、投打が噛み合ったドジャースが9対1で勝利した。カーショウは7勝目(2敗)をマークし、エンゼルス先発のパトリック・サンドバルに5敗目(3勝)が記録されている。

 ドジャースは1回表にフレディ・フリーマンのタイムリーと内野ゴロ間の得点で2点を先制すると、5回表にはハンサー・アルベルトの2点タイムリー三塁打、6回表には無死満塁から犠牲フライと連続タイムリーで8対0とリードを広げた。援護をもらったカーショウは快調にアウトを積み重ね、味方の好守もあり7回をわずか71球で終える省エネ投球。8回裏先頭のルイス・レンヒーフォに二塁打を浴び完全試合こそ逃したが、後続を断ち8回89球、被安打1、与四球0、奪三振6、無失点の好投でマウンドを降りる。エンゼルスも9回裏にブランドン・マーシュの7号ソロで意地を見せたが、ナショナル・リーグ勝率1位のドジャースの前に力負けとなった。

 エンゼルスの大谷翔平は「2番・DH」でスタメン出場し、見逃し三振、ファーストゴロ、空振り三振、サードゴロで4打数ノーヒット。難敵カーショウ攻略とはならず、今季の成績を打率.255、OPS.833としている。

【エンゼルス・大谷翔平は4打数ノーヒット カーショウが7回まで完全投球でドジャース3連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/15(金) 09:13:19.66 ID:JLkpy56ua

【エンゼルス・大谷翔平、ホームランダービーを辞退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/15(金) 12:48:02.83 ID:CAP_USER9
◆米大リーグ エンゼルス2―3アストロズ=延長10回=(14日・アナハイム=エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(28)が14日(日本時間15日)、本拠地・アストロズ戦に「2番・指名打者」でフル出場。3打数1安打、2四球だった。チームは同点の延長10回に勝ち越しを許して敗れ、大谷が登板しない試合での連敗が「11」となった。

 アストロズの先発は過去打率1割3分と苦しめられていた左腕・バルデス。初回1死の1打席目はニゴロに倒れたが、2点を追う2回1死走者なしの2打席目は、2試合連続安打となる左前安打を放って得点につなげた。1点を追う4回2死三塁の3打席目は四球で出塁。最後のボールが捕逸となる間に、三塁走者が生還して同点に追いついた。2―2で同点の6回2死の4打席目は遊ゴロに倒れた。

 同点の8回2死一塁の5打席目は3番手右腕・モンテロと対戦。一塁走者が二盗を決め、カウントが3―1となったことから申告敬遠で歩かされた。

 前日の13日(日本時間14日)には投げて6回1失点、12奪三振で9勝目を挙げ、打っても2点適時三塁打を放ち、5連敗ストップに大きく貢献。この日は昨季のMVPを記念したTシャツが来場者に配られた。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/0732ae53ffeca9ac2c4b93c324219e6cd299534b

【エンゼルスが延長負け 大谷翔平が登板しないと11連敗…「2番・DH」で3打数1安打2四球】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/14(木) 14:34:08.50 ID:CAP_USER9
◇13日(日本時間14日)MLB エンゼルス7―1アストロズ(アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平選手が「1番・投手兼DH」で出場。投手としては6回を投げ、4試合連続2桁となる12三振を奪い、自己最多タイの9勝目をあげた。チームの連敗も5で止めた。

 大谷自身もこれで6月9日から6連勝。105球を投げて被安打4、2四球で4回の1失点のみだった。6回まで毎回奪三振で要所を締める危なげのない内容だった。アストロズにはこれで3試合で2勝1敗。

 打っては、スクイズで1点先制した2回の第2打席、2死一、二塁で右翼線へ2点適時三塁打を放った。これが4試合ぶりの安打だった。さらに6回にはレフト前へこれまた4試合ぶりとなるマルチ安打でチャンスを広げて勝利に貢献した。

 投手としてメジャー初の2桁勝利に王手をかけた大谷。トラウトを故障で欠く中、打撃ではまずは19本のアーチを上積みさせたい。(写真はAP)
中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/b39396152a5fb6a951835d8d2e1298bde502ddf7

【エンゼルス・大谷翔平、自己最多タイの9勝目!6回1失点12奪三振で自身6連勝 チーム連敗も止めた】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/10(日) 09:10:31.72 ID:CAP_USER9
7/10(日) 8:33配信 MLB.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/dcfdb72c3473d3afd08df6a7b5012dfa28c603fd

【エンゼルス0-1オリオールズ】@オリオール・パーク・アット・カムデンヤーズ

 エンゼルスは得点圏で8打数ノーヒットに終わるなど、オリオールズ投手陣の前に打線が5安打無得点と沈黙。0対1で敗れて3連敗となり、借金が昨季は1度もなかった2ケタの大台に乗った。オリオールズは連勝を7に伸ばし、先発のディーン・クレイマーが3勝目(1敗)、5番手のホルヘ・ロペスが16セーブ目をマーク。エンゼルス先発のパトリック・サンドバルに4敗目(3勝)が記録された。

 2回表一死1・3塁のチャンスを逃したエンゼルスは、先発のサンドバルが4回裏一死1塁から暴投で走者を得点圏に進め、直後にアンソニー・サンタンデールに先制タイムリーを献上。1点を追う展開となった。5回表は一死2塁のチャンスを作ったが、マイク・トラウトのサードゴロが変則的な併殺打となって無得点。6回表一死1・3塁のチャンスではマイケル・ステファニックがセカンドゴロ併殺打に倒れた。7回表無死2塁のチャンスも生かせず、最後まで1点差を追いつくことはできなかった。

 エンゼルスの大谷翔平は「3番・DH」でスタメン出場。1回表の第1打席は四球を選んで出塁したが、その後の3打席は空振り三振、セカンドゴロ、サードゴロで凡退し、3打数ノーヒット1四球に終わった。今季の打撃成績は打率.260、19本塁打、54打点、10盗塁、出塁率.346、長打率.497、OPS.843。なお、エンゼルスにとって、明日の試合は4連戦の被スイープをかけた一戦となる。

【エンゼルス完封負けで2年ぶりの借金10 オリオールズ7連勝、大谷翔平は3打数0安打1四球】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/09(土) 12:24:25.00 ID:CDA+FAxPd
2021年

打者
打率.279 33本 (安打84)70打点

投手
13試合
4勝1敗防御率3.49




ちな2022年7/9現在

打者
打率.262 19本 54打点 10盗塁

投手
14試合
8勝4敗 防御率2.44
81回 111奪三振

【エンゼルス・大谷翔平、昨シーズンのオールスター前の成績】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/09(土) 11:37:26.76 ID:CAP_USER9
7/9(土) 11:16配信
デイリースポーツ

 「オリオールズ-エンゼルス」(8日、ボルティモア)

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)が「3番・指名打者」で出場。九回、この日5度目の打席で6戦ぶりとなる19号本塁打を放った。

 九回2死走者なし、低めの初球を振り抜き、センター方向へと運んだ。飛距離127メートル、打球速度173キロの豪快な一発。5日に誕生日を迎えて以来、28歳初本塁打となった。

 なお、初回は二ゴロ。トラウトの3ラン直後に迎えた三回の第2打席は左前打。次は120メートル特大左飛球で敵地をどよめかせた。4打席目は左前安打で、8戦ぶり今季21度目のマルチ安打を記録。今季7度目の猛打賞となった。なおトラウトとのアベック弾・通称“トラウタニ弾”は今季5度目。

 またこの日、大谷は2年連続でオールスター戦(19日、ロサンゼルス・ドジャースタジアム)の出場が決定。ア・リーグ指名打者部門でアルバレス(アストロズ)との決選投票を僅差で制し、史上初の二刀流出場を果たした昨年に続いてスタメンの座を手にしたばかりだった。“選出御礼弾”となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a52973330ac4ef4ecdfac4f176dbcee9fe83ffa

【エンゼルス・大谷翔平19号!28歳初、球宴選出御礼弾 今季7度目猛打賞と躍動】の続きを読む

このページのトップヘ