SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

オランダ

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/05(火) 21:38:53.92 ID:pvkWhvDD9
日刊スポーツ2023年9月5日21時16分
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202309050000248.html

<U18W杯:日本0-1オランダ>◇5日◇1次ラウンド◇台湾・台北市立天母野球場

U18ワールドカップ(W杯)。4連勝でスーパーラウンド進出を決めた日本は3勝1敗のオランダと対戦。打線が1安打と沈黙し0-1で敗れ初黒星。4勝1敗で1次ラウンドを終えた。オランダ、米国と3カ国が4勝1敗で並んだが当該3カ国間でのTQB(得失点率差)で日本が2位、米国が1位、オランダが3位でスーパーラウンドに進出する。

【U18W杯・1次ラウンド 日本が初黒星 オランダに0-1で1安打完封負け B組2位でスーパーRへ/詳細】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/11(金) 12:46:41.41 ID:jngJbWca9
女子ワールドカップ(W杯)2023準々決勝のスペイン女子代表vsオランダ女子代表が、11日に行われた。

日本が最有力候補に!女子ワールドカップ2023優勝候補ランキング

ラウンド16にてスイス女子代表を5-1で一蹴していたスペインと、南アフリカに2-0で勝利して勝ち上がってきたオランダと激突。緊張感に包まれた試合はスペインがボールを動かしながらもスコアレスのままで後半まで推移する。

それでも79分、クロスに対処したファン・デル・フラートがハンド。VARオンフィールドレビューによってボックス内でのプレーだったと判定されると、PKをマリオナ・カルデンティが沈めてスペインが先制した。

しかし91分、ファン・デル・フラートが味方のスルーパスに反応してボックス右に侵攻。右足を振り抜いてネットに突き刺して土壇場で同点に戻す。

1-1で突入した延長戦、スコアは後半に再び動きを見せる。111分、ボックス左でボールを持ったサルマ・パラジュエロが左足で強烈なシュートを放つ。これが決まり、スペインが勝ち越しに成功する。そのまま2-1で競り勝ったスペインが、史上最高成績を更新する4強進出を決めた。

なお、スペインは15日17:00キックオフ予定の準決勝で、なでしこジャパン(日本女子代表)vsスウェーデン女子代表の勝者と対戦することに。なでしこが勝ち上がれば、グループC第3節(4-0でなでしこ勝利)以来の再戦となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5237a6f30b7d4c20ed28ff5268af48db1a9830a8

【女子W杯・準々決勝 スペイン、延長戦でオランダ下して女子W杯4強進出! なでしこジャパンが勝てば再戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/06(日) 13:42:03.87 ID:luPgGNnq9
オランダ女子代表 2-0 南アフリカ女子代表
【オランダ】
ジル・ルート(前9)
リネト・ベーレンスタイン(後23)

6日、オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)のラウンド16、オランダ女子代表vs南アフリカ女子代表がオーストラリアのシドニー・フットボール・スタジアム(シドニー)で行われ、2-0でオランダが勝利を収めた。

5日に、スペイン女子代表となでしこジャパンがベスト8入りを決めている中、ラウンド16の2日目。アメリカ、ポルトガル、ベトナムと同居したグループEで2勝1分けで首位通過を果たしたオランダと、スウェーデン、イタリア、アルゼンチンと同居したグループGで1勝1分け1敗の2位で通過した南アフリカの一戦となった。

前回大会のファイナリストであるオランダは、初戦で負傷したリネト・ベーレンスタインが復帰。今大会4ゴールのリーケ・マルテンスもスタメンに名を連ねた。一方で、初めてノックアウトステージに進出した南アフリカも出場停止だったコロサ・ビヤナがスタメンに戻ってきた。1トップはエースのテンビ・クゲトラナが務める。

山下良美主審、坊薗真琴副審、手代木直美副審の日本人セットが3試合目の担当に。キックオフがやり直しになるというスタートとなった。

ファーストシュートは南アフリカ。6分、自陣からのカウンター。バイタルエリアでパスを受けたクゲトラナが持ち出してシュートを放つが、力無くGKダフネ・ファン・ドムセラールがセーブする。

すると8分、今度はオランダがチャンス。ボックス左でパスを受けると、エスメ・ブルフツがファーサイドのコーナーを狙うと、枠に飛ぶがGKケイリン・スワートがセーブ。それでも9分、これで得た右CKからのクロスをニアサイドに低いボールを入れると、マルテンスがヘッド。DFがブロックしたが、浮き球をジル・ルートが押し込み、オランダが先制する。なお、ジル・ルードは今大会4ゴール目となった。

幸先よく先制したオランダ。南アフリカはそれでもカウンターから反撃。12分には、ジャーメイン・セオポセンウェのスルーパスに抜け出したクゲトラナがボックス内で1つかわしてシュートもゴールとはならない。

28分にもオランダがチャンス。ダニエレ・ファン・デ・ドンクがスローインの流れから、ターンをしてボックス内に侵入しそのままシュート。しかしGKスワートがセーブする。

南アフリカは30分に選手交代。アクシデントで足を痛めていたセオポセンウェは、その後プレーを続けていたがここで交代。ウェンディ・ショングエが投入された。

すると南アフリカは35分にチャンス。ボールダッシュからのカウンター。左サイドのスペースでパスを受けたクゲトラナがボックス内にカットインし右足一閃。しかし、GKがしっかりとセーブする。

さらに南アフリカにアクシデント。39分、ブルフツの突破を止めようとしたバンバナーニ・ムバネ・ムバネが右足首を捻ってしまい悶絶。そのままストレッチャーに乗せられて退場。前半のうちに2度の交代回数を負傷で使うこととなってしまった。

以下はリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/699e42083c64d53d498754d963d4e5b177f8409c

【女子W杯・ラウンド16 南アフリカに苦戦も前回準優勝オランダが効果的に得点重ねベスト8進出! スペインとベスト4を懸けて対戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/12(日) 23:20:04.69 ID:hwmhvzO49
3/12(日) 23:10配信
スポニチアネックス
【WBC】日本の準々決勝の相手はイタリア!キューバA組1位突破 ピアザ監督歓喜!オランダまさかの敗退

 ◇WBC1次ラウンドA組 イタリア7―1オランダ(2023年3月12日 台湾・対中)


 第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドA組は12日、台湾・台中で最後の2試合を行い、同組の順位が確定した。。デーゲームではキューバが台湾を7―1で下し、ナイターではイタリアが7―1でオランダを下した。全チームが2勝2敗で並んだが、失点率で1位はキューバ、2位でイタリアと決まった。

 イタリアはただ勝つだけでは駄目だった。最少失点で抑えた上に、オランダに大量得点して勝つ必要があった。2回にオランダのトロンプに右越えソロを浴びて先制を許したが、4回に打者一巡の猛攻で6得点で逆転に成功。6回には無死満塁の大ピンチを迎えたが無失点で切り抜け、8回に1点を追加。6投手の継投で失点を防いだ。

 オランダは連勝スタートしたが、11日の台湾戦に敗れ、さらに勝てば1位通過となったイタリア戦に大敗し、悪夢の1次ラウンド敗退となった。

 B組1位となった日本は16日の準々決勝でイタリアと対戦することが決まった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c95c6d5e1095894601412dfbec4142f246ba8824

【WBC・1次ラウンドA組 日本の準々決勝の相手はイタリア! キューバA組1位突破 オランダまさかの敗退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/12(日) 21:45:55.06 ID:/SbJ5yFJ9
3/12(日) 21:40配信
THE DIGEST
プールA最終戦はイタリアが6-1でリード! 全チーム2勝2敗なら失点率の争い、4回終了時点では1位キューバ、2位イタリアに【WBC】

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は3月12日、プールAの最終戦となるイタリア対オランダが行なわれている。
 

 第1試合のキューバ対台湾の試合を終え、プールAはオランダが2勝1敗で首位、キューバ、パナマ、台湾が2勝2敗で並び、イタリアが1勝2敗という状況。台湾は1次ラウンド敗退が決まった。

 オランダが勝てば首位突破となるなか、3回にオランダは9番・トロンプがソロホームランで先制。しかし、イタリアは4回に反撃し、この回一挙6点を奪う猛攻で逆転。4回を終えて6-1とイタリアのリードとなっている。

 このままイタリアのスコアで終わればキューバがプールAの1位通過となり、2位がイタリアとなる。

 準々決勝では、プールAの1位がプールBの2位と、プールAの2位がプールBの1位と対戦する。プールBの日本は現在、オーストラリアに7点をリード。1位突破が目前となっており、このままの状況ならイタリアとの対戦となる。

構成●THE DIGEST編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/276363ea7dbd9be8958fdf245d9e88938d3fce86

【WBCプールA最終戦はイタリアが6-1でリード! 全チーム2勝2敗なら失点率の争い、4回終了時点では1位キューバ、2位イタリアに】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/12(日) 00:06:55.19 ID:0TlxAz2L9
3/11(土) 23:43配信 スポニチアネックス

 ◇WBC1次ラウンドA組 台湾9―5オランダ(2023年3月11日 台湾・対中)

 第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドA組は11日、台湾・台中で2試合を行い、ナイターで台湾がオランダを89―5で下し、通算2勝1敗とした。デーゲームではパナマが2―0でイタリアを下した。

 パナマはこの日で1次ラウンド全日程を終え2勝2敗となった。残り4カ国は2勝1敗にオランダ、台湾、1勝2敗でキューバ、イタリアとなっており、最終戦は台湾―キューバ、オランダ―イタリアの対戦。全チームが2勝2敗で並ぶ可能性がある。

 順位は勝率で決め、並んだ場合は当該チームの対戦成績。それでも決まらない場合は当該チーム間の(1)失点率(2)防御率(3)打率(4)抽選の順で決めることになる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/be3b8a2bb7f513939563ff0c1d18d8fee0ff1cb7

【WBC・台湾プールA 台湾がオランダ下し2勝目!A組は全勝消える大混戦 全チーム2勝2敗で並ぶ可能性】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/08(水) 17:28:33.92 ID:Atfriode9
3/8(水) 16:17配信

スポーツ報知
◆WBC1次ラウンドA組 オランダ4―2キューバ(8日・台中=インターコンチネンタル野球場)

 第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が8日、台湾の台中で1次ラウンドA組で開幕。オープニングゲームはともに過去3大会連続1次ラウンドを突破しているキューバとオランダが激突した。

 キューバは2回に9番ムヒカの右翼線二塁打で先制したが、中日で最優秀中継ぎ投手となったY・ロドリゲスを先発に起用。1、2回は0行進も3回に4番グレゴリアスに同点タイムリーを許し追いつかれた。

 試合が動いたのが6回。オランダが1安打に封じていた投手陣の好投に呼応。四球と安打でつかんだ1死一、二塁のチャンスにJ・パラシオスが中前タイムリーで勝ち越し。なおも2死二、三塁から9番のトロンプが中前に落として2者が還り4―1とリードした。

 キューバは7回にムヒカの内野ゴロで1点を挙げるも、8回に二塁打を放ったロベルトが捕手のけん制球で刺された。初回1死満塁を含めキューバは拙攻もあって完敗。初戦を落とした。

 過去2大会連続して4強進出のオランダは6投手で3安打2失点と元ヤクルトのミューレン監督の継投策が成功した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4013c2dee2af6601bfbee0e6c9ddaa3409a62e8

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230308-00065590-thedigest-000-9-view.jpg?pri=l

【WBC開幕!2大会連続4強のオランダがキューバを破って好発進】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/10(土) 09:15:43.22 ID:LRPS8GnU9
 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は9日(日本時間10日)、準々決勝でアルゼンチンはオランダと2-2で突入した延長戦で決着つかず、PK戦の末に4-3で勝利。4強進出を決めた。決着の瞬間、アルゼンチンの選手たちが崩れ落ちるオランダの選手たちを挑発する様子を海外メディアが撮影。品のない振る舞いに「酷い態度だ」「彼らはW杯を勝てない」と批判の声が殺到している。

 アルゼンチンの選手たちがオランダの選手たちを煽っていた。

 英紙「I」のアライ・マッケイ記者が、自身のツイッターで紹介したのは1枚の写真。それはPK戦でアルゼンチンの勝利が決まった瞬間、センターサークルで見守っていた選手たちが駆け出していく様子を写したもの。

 多くの選手たちは味方の方向に走り出しているが、膝から崩れ落ちるオランダの選手たちに向け、DFオタメンディは両手を耳に当てて挑発ポーズ。さらに後半に乱闘騒動の引き金を作ったDFパレデスらは激しい剣幕で何か言葉をぶつけている様子が見て取れる。

 イエローカードが乱発し、大荒れとなった一戦。その結末を象徴するようなシーンを「なんという1枚だ」と驚きとともにマッケイ記者が紹介すると、多くの海外ファンからアルゼンチンの選手たちに批判が相次いだ。

「酷い態度だ」
「好きになれないチーム」
「嫌なチーム」
「彼らはW杯勝てないと思う」
「礼儀がない」
「2つの感情がある写真」
「これほど嫌なチームはない」

 などの声が返信欄に寄せられていた。

 試合は前半35分、FWメッシは絶妙なスルーパスでDFモリーナの先制ゴールをおぜん立て。さらに後半28分には味方が獲得したPKをメッシが落ち着いて成功。後半38分から立て続けに失点し、2-2で延長戦からPK戦にもつれ込んものの、1人目のメッシが冷静に決めるなど、オランダに粘り勝ちした。

 一方で、後半にはアルゼンチンのパレデスのラフプレーをきっかけに両チームがもみ合い、乱闘寸前の事態に発展。イエローカードも乱れ飛んでいただけに、なんとも後味の悪い結末になってしまった。
https://the-ans.jp/qatar-world-cup/290019/

画像
https://pbs.twimg.com/media/FjkYKvNXkAAwpsL.jpg

【アルゼンチンに「酷い態度だ」と批判殺到 失意のオランダ選手を煽りまくったPK決着の瞬間が物議】の続きを読む

このページのトップヘ