SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

オリックス

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/06(月) 13:18:49.80 ID:I2n1advg9
2/6(月) 5:55配信

 オリックス・中嶋聡監督(53)が5日、WBC日本代表の宇田川優希投手(24)にカミナリを落とした。「調整不足。はっきり言って、今のままじゃ使いモノにならないんじゃないですか」と、強烈な言葉を浴びせた。

 宮崎キャンプの第1クール最終日は、同じ侍ジャパンの山本、宮城とともに4日続けてブルペン入り。対応に苦しむWBC球で51球を投げた。指揮官は「宮城と山本はしっかり投げていると思いますけど、宇田川は全然(ダメ)。(WBC)球自体(の問題)じゃない。そういうところ(日本代表)に入っている自覚があるのか、ないのか。準備ができているのか、いないのか。そこが甘さだと思う」と、オブラートなしで厳しく指摘した。

 昨年7月末に育成から支配下選手登録され、わずか半年で侍ジャパンまで出世した。宇田川に油断や慢心はないだろうが「誰が見てもそう思うでしょ。どういうオフを過ごしたのか」。現在100キロ超の体重(公称は95キロ)も、相当に絞り上げる必要があると判断したようだ。

 世界一を目指す栗山監督から求められた最速159キロのリリーバー。「腕ではなく、右足の体重の乗せ方と(体重)移動の仕方を意識する」と平井投手コーチや山本に助言され「力強い直球がいくようになった。次のクールが楽しみ。もう一回、見てほしい」と、間接的にアピールした。中嶋監督にとっても、2年連続日本一へ絶対不可欠な戦力。過激なムチには、期待と愛情がたっぷりと詰まっている。(長田 亨)

◆オリックス・中嶋監督の主なカミナリ

▼21年4月9日 日本ハムに1―2で惜敗。ミスで失点に絡んだ太田ら内野手に「何アウト取ればいいんや?という話」。

▼22年5月27日 中日戦で佐野皓が1死二塁から阿部の中前打を処理。すぐに内野に返球せず、もたつく間に相手の生還を許して1―4で敗戦。「意味の分からないミスというか、ちょっとあり得ない」

▼22年9月16日 日本ハム戦で、村西―若月のバッテリーが清宮に勝ち越し3ランを被弾。1ストライクからの2球目に高めを要求し、3―6で逆転負け。「いろんな作戦があるが、ちょっと信じられない」

 ※いずれも京セラD。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/efc679e7f35486562a5a1edbe3bf9eec2121899a

【オリックス・中嶋聡監督 WBC代表選出の宇田川優希にカミナリ「今のままじゃ使いモノにならない」調整の甘さ指摘】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/03(金) 19:55:57.12 ID:w7pJ7g6m9
2023/2/3 18:59

 フリーエージェント(FA)で西武からオリックスに加入した森が宮崎キャンプで精力的に動いている。3日はブルペンで昨季終盤に救援で活躍した山崎颯の相手を務め、打撃練習では柵越えを披露した。

 キャンプで初めてブルペンに入った190センチ右腕が投じるボールの威力を確かめるように受け止めた。ストレートを中心にカーブ、スライダーも交えて40球。「角度があって重いボール。(西武時代に)打席に立ったときの感じそのまま」。投球後は時間をかけてアドバイスした。

 この後すぐにメイン球場に戻り、打者としてのメニューをこなした。フリー打撃では約30スイングで、引っ張った打球2本がフェンスを越えた。前日まではセンターから左方向にミートを意識していたが、この日は伸びのある打球が目立ち「ちょっとずつ上げている感じ」と説明した。

 チームは主砲の吉田正が米大リーグ・レッドソックスへ移り、昨季66試合で先発マスクをかぶった伏見が日本ハムへFA移籍した。2019年に首位打者に輝き、昨季はリーグトップの防御率を誇った西武投手陣をリードした森には、これら2つの穴をカバーする活躍が期待されている。

 2日にはブルペンでエース山本の球を受けた。「僕の球を打席と捕手両方で見た人はいないのでは。新しい勉強になる」と山本。早くも「森効果」は生まれているようだ。(鮫島敬三)

https://www.sankei.com/article/20230203-J4PQCKXCXZMK5MOF4SH6BBXSIE/

【オリックス新加入の森 「2つの穴」カバーに期待】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/01(水) 06:42:28.31 ID:Y2KbAaOb9
日刊スポーツ2023年1月31日20時2分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202301310001267.html

 昨季リーグ連覇、26年ぶり日本一に輝いたオリックスが31日夜、キャンプ地宮崎でパレードに臨んだ。

 当初出席予定だったFA加入の森友哉捕手(27)は欠席した。関係者によると球団側の配慮でこの日に決まった。昨年までライバル球団の西武に所属。前日30日には「どういう顔をしたらいいか分からない」と苦笑いしていた。

【FA森友哉やっぱりオリックス日本一パレード欠席 困惑の本人に球団側が配慮】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/31(火) 20:10:20.42 ID:qor1y8B/9
 昨年26年ぶりの日本一輝いたオリックスの歓迎パレード(オリックス・バファローズ宮崎協力会主催)が1月31日、宮崎市の高千穂通りで行われ、首脳陣、選手合わせて33人が参加した。沿道には3万人のファンがかけつけ、声援をおくった。

 パレードに先立ち、午後6時からJR宮崎駅前で行われた歓迎セレモニーでは花束や特産品の贈呈などに続いて杉本選手会長が「一つの夢だった宮崎でのパレードができてうれしい。来年もこの宮崎で最高の報告ができるように頑張ります」とあいさつ。同6時20分ごろに中嶋監督や宮崎・都城高出身のエース・山本らが6台の車両に乗り込んで出発し、約600メートルの区間を移動。ファンの声援に笑顔で手を振って応えた。

 当初、パレードに参加予定だった西武から移籍の森は球団の判断により不参加。ファンへのお披露目は、きょう2月1日のキャンプインにお預けとなった。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/1a89a46c0a53d902e8b637a8055d500eed7b25d6
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/01/31/jpeg/20230131s00001173520000p_view.webp

【オリックス キャンプ地・宮崎で歓迎パレード参加 沿道に3万人のファン】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/27(金) 06:54:01.07 ID:cEZB9gDq9
2023年01月27日 02:00 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/01/27/kiji/20230126s00001173759000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/01/27/jpeg/20230126s00001173758000p_view.jpg

 17年WBCに出場した元侍戦士で、昨季限りでオリックスを自由契約となっていた増井浩俊投手(38)が現役引退を決断したことが26日、分かった。本紙の取材に対して「悔しいですが、現役引退の決意を固めました」とコメントした。

 プロ13年目の昨季も151キロを計測するなど球威は健在だったが、日本一となったチームは若手が台頭しており、わずか2試合の登板に終わった。NPBに絞って他球団のオファーを待ったが新たな所属先は見つからず、年明けに故郷・静岡県に帰省した際に親族に現状を報告。各球団がキャンプインする2月1日までに最終決断する方針を固めていた。

 静岡、駒大、東芝を経て09年ドラフト5位で日本ハムに入団。最速155キロの直球とフォークを武器に阪神・藤川、オリックス・平野佳、ロッテ・益田とプロ野球史上4人だけの150セーブ&150ホールドを達成した。16年は先発で10勝を挙げて日本一に貢献し当時の栗山監督(現侍ジャパン監督)を胴上げしたが、守護神にこだわり18年にオリックスへFA移籍。史上5人目の全球団セーブを記録するなど、通算163セーブを挙げた。

 今後については未定で、周囲には「これまで忙しかったので、次の目標が見つかるまで家族とゆっくりしたい」と語っているという。日本ハム時代にはダルビッシュ(現パドレス)、大谷(現エンゼルス)、オリックスでは山本ら、今回のWBCに出場する好投手を何度も救援してきた名リリーバーが、静かにユニホームを脱いだ。

 ◇増井 浩俊(ますい・ひろとし)1984年(昭59)6月26日生まれ、静岡県出身の38歳。静岡高から駒大、東芝を経て、09年ドラフト5位で日本ハム入団。12年に最優秀中継ぎ投手を受賞。17年オフにオリックスにFA移籍。昨季は2試合で0勝2敗、防御率3.86。オフに球団が契約を結ばないと発表した。通算551試合で41勝47敗163セーブ、防御率3.08。17年WBC日本代表。1メートル81、77キロ。右投げ右打ち。

【オリックス自由契約の増井浩俊 現役引退を決意 史上4人だけの150セーブ&150ホールド達成】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/30(金) 09:19:58.61 ID:+65KH1ZC9
オリックスは29日、京セラドーム大阪で仕事納めを迎えた。湊通夫球団社長は、
来オフにポスティングシステムによるメジャー挑戦を希望する山本について、成績次第で容認する意向を示した。
「来年にならないと100%にならないけど、自分の判断基準はアスリートとしての思いを尊重したいということ。
実績を積んで、夢を持って、われわれも監督も理解できるのであれば、尊重したい」

山本は27日の契約更改後の会見で「(吉田)正尚さんが許可していただいたように全くダメというわけではないという会話をした」と話していた。
湊社長は「まさに山本選手がコメントしている雰囲気そのまま」とし「回答が難しいけどアスリートとしての思いを大事にしたい。
オリックスでプレーをしたい選手も出てくると思うので」と話した。

12/30(金) 5:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/515ac481deb489d2ca5636c2a2a417326d1ba3f2

https://npb.jp/bis/players/53355134.htm
成績l

【オリックス・山本由伸の来オフメジャー挑戦、成績次第で容認へ 湊球団社長「理解できるのであれば、尊重したい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/18(水) 15:14:38.17 ID:bUxARpp09
1/18(水) 14:11配信 スポニチアネックス

 オリックスは18日、K―鈴木投手(28)の登録名を本名の鈴木康平に変更すると発表した。スコアボードなどの表示は「鈴木」となる。

 同投手は17年ドラフト2位で入団。当時、チームには同じ読みの鈴木昂平内野手がいたことなどから「K―鈴木」の登録名でプレーすることが決まった。5年間、背負ってプレーし、愛着も感じていたが、昨季は14試合の登板で0勝1敗、2ホールド、防御率6・75と不振に終わり、現在は選手で同性もいないことから変更に踏み切った。

 大阪・舞洲で自主トレを行った鈴木は「新しい自分を見せようかなというのもあったので、気持ち新たに、鈴木で勝負したいなと思っている」と理由を説明した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c84e9e84474d74bf97aa3476389deb2244699aa4

【「気持ち新たに勝負したい」オリックス“K―鈴木”が「鈴木」に登録名を変更】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/13(金) 13:52:12.25 ID:9iwEGchk9
1/13(金) 1:55配信 日刊スポーツ

 オリックス森友哉捕手(27)が、3月のWBCに挑む侍ジャパンのメンバーから外れることになった。

 昨年11月の強化試合に呼ばれ、栗山監督の代表初戦となった日本ハム戦に6番捕手で出場し2ランを放った。強打の捕手として存在感を見せ、今回も有力候補に挙がっていた。ただ、オフに西武からFA移籍。WBC出場となると、2月の強化合宿から1カ月ほどチームを離れることになる。代表から戻っても、シーズン開幕までの時間は限られる。4年総額18億円以上(推定)という大型契約の責任感に、捕手として新たな投手陣との連携を優先したい思いがあるようだ。

 侍ジャパンとしても、森の思いを優先した。代表の捕手はソフトバンク甲斐が発表済み。ヤクルト中村も内定している。森に代わる3人目の選考を進める。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a7ae0c9dae291ede3f72323cd7f8ecfc5d866b6

【オリックス・森友哉が侍メンバー外 大型契約の責任感、新たな投手陣との連携を優先へ】の続きを読む

このページのトップヘ