SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

オーストラリア

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/02(水) 03:50:05.63 ID:CAP_USER9
オーストラリア、アウェーでオマーンと痛恨ドロー 日本は勝ち点3差で7大会連続のW杯へ大前進 - 海外サッカー : 日刊スポーツ:
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202202020000025.html

[2022年2月2日3時3分]
<ワールドカップ(W杯)アジア最終予選:オマーン2-2オーストラリア>◇B組◇1日◇マスカット

B組3位のオーストラリアが、アウェーでオマーンと2-2で引き分けた。痛恨の勝ち点1で、W杯出場圏内の2位・日本とは勝ち点3差に広がった。

オーストラリアは前半15分にFWマクラーレンのPKで先制したが、後半9分に豪快なミドルシュートで1-1の同点とされた。2位以内へもう1試合も落とせない中、後半34分にMFムーイの得点で勝ち越した。

残り10分少々の時間を守りきれば、勝ち点3が入る状況だったが、後半42分に痛恨のファウル。PKを献上し、これを同44分にFWファワズに決められた。6分に及ぶロスタイムでも勝ち越し点は奪えなかった。

オーストラリアは4勝3分け1敗で勝ち点15。B組は首位サウジアラビアが6勝1分1敗の勝ち点19、日本が6勝2敗の勝ち点18となっている。

次節の3月24日にオーストラリアは森保ジャパンをホームに迎えるが、ここで引き分け以下なら、日本の7大会連続のW杯出場が決まる。

【W杯アジア最終予選・B組 オマーン2-2オーストラリア】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/28(金) 12:04:54.00 ID:CAP_USER9
カタールワールドカップアジア最終予選(3次予選)が27日に各地で行われた。その結果、イラン代表がワールドカップ出場権を獲得。サウジアラビア代表も王手をかけている。

 グループAでは、UAE代表がシリア代表を下し、プレーオフに進むことができる3位をキープ。2位韓国代表は前半終了間際に生まれたチョ・ギュソンのゴールを守り1-0で勝利している。首位イラン代表は、48分のメフディ・タレミのゴールで先制すると、1-0で試合を終えた。この結果、3試合を残してイラン代表の2位以上が確定し、3大会連続となるワールドカップ出場を決めた。

 日本代表のいるグループBも、上位勢が順当に勝利。2位日本代表は大迫勇也のPKと伊東純也のゴールで中国代表に2-0で勝利。首位サウジアラビア代表は苦しい戦いになったが、ホームでオマーン代表を1-0で退けている。

 日本代表に1ポイント差のオーストラリア代表は、ベトナム代表に4-0の大勝を収めた。次戦で日本代表はホームにサウジアラビア代表を迎える。次戦の結果次第でサウジアラビア代表のワールドカップ出場が決まるが、首位攻防戦の結果次第でグループBは大混戦になる可能性を含んでいる。

フットボールチャンネル 2022.01.28
https://www.footballchannel.jp/2022/01/28/post452339/

【グループA】

レバノン 0-1 韓国 [サイダ]
イラン 1-0 イラク [テヘラン]
UAE 2-0 シリア [ドバイ]

【順位表】
1.☆イラン(19)+10
2.韓国(17)+7
3.UAE(9)+1
4.レバノン(5)-3
5.イラク(4)-7
6.シリア(2)-8


【グループB】

オーストラリア 4-0 ベトナム [メルボルン]
日本 2-0 中国 [埼玉]
サウジアラビア 1-0 オマーン [ジッダ]

1.サウジアラビア(19)+7
2.日本(15)+4
3.オーストラリア(14)+9
4.オマーン(7)-2
5.中国(5)-6
6.ベトナム(0)-12

ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?335952-335952-fl

【カタールW杯アジア最終予選 サウジアラビアが王手! オーストラリアは大勝で日本に迫る! A組イラン代表が予選突破】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/20(木) 14:09:43.63 ID:CAP_USER9
1/20(木) 12:58
中日スポーツ

ジョコビッチ、全豪Vだった場合の賞金など4億円超の賠償求め豪州政府を提訴へ 「不当な扱いを受けた」

 オーストラリアへの入国ビザ(査証)が適正でないとして再び取り消され、国外退去となった男子テニスの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ(34)=セルビア=が「不当な扱いを受けた」とし、320万ユーロ(約4億1600万円)の損害賠償を求めて豪政府を提訴する準備を進めている。19日の英紙サン(電子版)などが報じた。

 賠償金には、現在開催中の全豪オープンで10度目の優勝を果たしていた場合の賞金287万5000ドル(3億2800万円)や、今回の異議申し立てなどにかかった推定50万ドル(5700万円)の裁判費用も含まれているもよう。

 同紙によれば、ジョコビッチのアルトラディ代理人に近い情報筋は「ノバクと家族が、メルボルンの隔離ホテルでひどい扱いを受けたことは広く知られている。彼の母は『ノミやうじ虫の巣窟だった』と暴露した。事実上の罪人として拘束されていたんだ」と語った。

 ジョコビッチは5日、豪メルボルン空港で入国を拒否され、メルボルンの隔離ホテルに滞在。ビザが適正でないとされた理由は「昨年12月にコロナ感染し、免疫獲得を理由に新型コロナウイルスのワクチン接種免除を受けた」との主張が認められなかったため。

 いったん入国拒否は取り消されたが、その後に入国審査書類の虚偽記載や陽性判明後の取材対応などが発覚。豪政府は調査した上でワクチン未接種を確認し、再び入国許可を取り消し。国外退去を命じ、豪連邦裁判所もこの決定を支持した。この間、約1週間のうち半分以上、隔離ホテルで滞在を強いられたという。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220120-00000016-chuspo-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/57cb3c7e796bd6af461272b7473ee252d5b02489

【「不当な扱いを受けた」ジョコビッチ、全豪OP10度目のVだった場合の賞金など4億円超の賠償求め豪州政府を提訴へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/18(火) 10:37:24.03 ID:CAP_USER9
1/18(火) 10:09配信
デイリースポーツ

三浦瑠麗

 国際政治学者の三浦瑠麗氏が18日、フジテレビ系「めざまし8」で、プロテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチがオーストラリアから強制退去となったことに、オーストラリア政府に対し「非常にヒステリックな反応」と批判した。

 番組では新型コロナウイルスのワクチンを接種していないジョコビッチのビザが再び取り消され、国外へ強制退去させられた問題を取り上げた。ジョコビッチはこれにより、全豪オープン4連覇は無くなった。

 これに三浦氏は、ジョコビッチは「母国のルールを破っているわけではない」とセルビアの法律に違反しているわけではないと指摘。そして「広く捉えたときに、新型コロナの出口戦略として、どっかでワクチンを接種していない人を含めて社会が包摂しないといけない状況になるわけですけど、それをいつするのかといったら、2022年をおいてないと思っている」とも語った。

 実際に2回ワクチンを打ってもオミクロン株にかかることがあることも指摘し、「誰に迷惑をかけたの?っていったら、2回打ってもかかるんだから、たいして実害はないだろうと入国を認めてもと私は思うし、非常にヒステリックな反応だと、オーストラリア政府に対して思う」との考えも述べていた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220118-00000031-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6be7af99e642ebd0e9b34283d23442718c8a8ac3

【国際政治学者・三浦瑠麗氏、ジョコビッチ強制退去の豪州政府へ「非常にヒステリックな反応」と批判】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/16(日) 22:45:50.58 ID:CAP_USER9
ジョコビッチ選手が豪出国 | 共同通信
https://nordot.app/855424396613713920

2022/1/16 21:30 (JST)
1/16 21:47 (JST)updated

【メルボルン共同】テニスのジョコビッチ選手は16日夜、オーストラリアを出国し、メルボルン空港からアラブ首長国連邦(UAE)ドバイに向け出発した。

【ノバク・ジョコビッチ選手がオーストラリア出国】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/16(日) 21:30:57.36 ID:CAP_USER9
オーストラリアの連邦裁判所は1月16日、ワクチンを接種せず医療的義務免除許可を手に同国に入国しようとしたノバク・ジョコビッチ(セルビア)のビザを無効にするというオーストラリア連邦政府のアレックス・ホーク移民大臣の決断に異議を唱えていたジョコビッチの上訴を退ける決断を下した。

~ノバク・ジョコビッチがインスタグラムに声明文を投稿~

 この一件を審議した連邦裁判所の裁判官3人は満場一致でこの判決に至り、ジョコビッチはこれにより国外退去と政府が費やした裁判での経費の支払いを命じられた。

 12月半ばにジョコビッチは新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを理由に医療的な理由でのワクチン接種の義務免除許可を受け取ったと信じて渡豪したが、入国の際に国境警察により足止めを食らうことになった。簡易的な第一審で部分的には国境警察の対処が正しくなかったことを理由にジョコビッチは入国を認められたが、そのあとホーク移民大臣が権限を行使して再度ジョコビッチのビザを取り消した。ジョコビッチはこれを不服として上訴し、今回の裁判に至っていた。

 判決の直後にジョコビッチは声明文を通し、「ビザを取り消すという大臣の決定に対する司法審査の申請を却下するという判決に、非常にがっかりしています。これは即ち、私はオーストラリアに留まってオーストラリアン・オープンに出場することはできないということを意味します」と述べた。

「私は法廷の判決を尊重し、国からの退去について関係当局に協力します。ここ数週間、(テニスではなく)私個人に注目が集中していたことを私は心地悪く感じています。このようになった今、私たち皆が私の愛する大会とテニスのほうに集中できることを願っています。選手たち、大会オフィシャル、スタッフ、ボランティア、ファンの皆さんに心から幸運を祈ります」

 ジョコビッチは支持者たちに感謝の意を表明した上で、更なるコメントをする前に休息のために少し時間を取りたいと言い添えた。

 オーストラリア連邦裁判所の最高裁判所長官であるジェームズ・アルソップ氏は判決を発表する際に裁判所の役割はジョコビッチのビザを取り消すという政府の決定の真価を判断することではなく、ジョコビッチの弁護士によって提起された3つの理由に照らしてその合法性を検証することであると述べた。

「(ホーク氏による)決定の真価や賢明さを判定することは、裁判所としての役割の一環をなしてはいません」とした上で、彼はジョコビッチ側の訴えを却下する判決を告げた。

 判決の1時間前にオーストラリアの主要新聞(『シドニー・モーニング・ヘラルド』、『ジ・エイジ』紙など)が報じた市場調査によれば、オーストラリア国民の71%という大多数がジョコビッチを国外追放するという移民大臣の決断を支持していた。15%がどちらでもいいと答え、彼に入国を許すべきとしたのは全体の14%に過ぎなかった。

(テニスマガジン)1/16(日) 20:55
https://news.yahoo.co.jp/articles/8758d24a548d55a35e491d29f86fc3c756d1b324

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220116-00018991-tennismagv-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=480&exp=10800

【「非常にがっかりしている」ジョコビッチに国外退去命令!ビザ無効が決定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/15(土) 11:51:27.59 ID:CAP_USER9
豪当局、ジョコビッチ選手を聴取 強制送還巡り、16日審理 | 共同通信
https://nordot.app/854892901146968064

2022/1/15 11:08 (JST)

【シドニー共同】オーストラリア当局は15日、新型コロナのワクチン接種を巡って再び査証を取り消した男子テニス世界ランキング1位のジョコビッチ選手に対し、同国渡航の経緯について事情聴取したもようだ。選手側に反論の機会を与えたとみられる。政府は17日開幕の全豪オープンには出場させず、同選手を強制送還したい考えだ。

 裁判所は14日、当局が15日午前から施設で拘束し、事情聴取することを認めていた。大会4連覇と前人未到の四大大会21度目の優勝が懸かるジョコビッチ選手側は、強制送還の差し止めと査証取り消し撤回を求める訴えを起こしており、本格的な審理は16日に行われる。

【豪当局、男子テニス世界ランキング1位のジョコビッチ選手を聴取 強制送還巡り、16日審理】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/15(土) 12:01:57.10 ID:CAP_USER9
(更新)男子テニスのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が15日、オーストラリアで再び拘束された。

 オーストラリア政府に再度ビザ(査証)を取り消されたジョコビッチは、17日開幕の全豪オープン出場に向けて強制送還を回避するために異議を申し立てており、審問が開かれることになっている。裁判文書によれば、ジョコビッチは現在メルボルン市内で拘束されている。

 オーストラリアのアレックス・ホーク移民相は、新型コロナウイルスワクチン未接種のジョコビッチの滞在が続くことは、同国における「反ワクチン感情を高め」、さらには「市民の暴動を増加」させる可能性もあると主張している。

 15~16日に連邦裁判所で緊急の審問を控えるジョコビッチは、メルボルン市内の入管当局から呼び出しを受けた。

 裁判手続きに関しては、豪国境警備隊(ABF)の2人の監視のもと、弁護団の事務所とみられる場所から進めることを認められている。

AFP時事 1/15(土) 9:29
https://news.yahoo.co.jp/articles/69c60b438d2226e2afc09ce39faafb1a44a07aa8

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220115-00000011-jij_afp-000-8-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

【男子テニスのジョコビッチ選手、オーストラリアで再び拘束】の続きを読む

このページのトップヘ