1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/27(金) 10:18:12.81 ID:CAP_USER9
DH部門がハーパー、先発投手部門は39歳でTJ手術から復活のバーランダー

 MLB公式サイトは25日(日本時間26日)、今季ここまでの「オールMLBチーム」を発表。シーズンの1/4が終了した段階での各ポジションのベストプレーヤーをそれぞれ1人ずつピックアップしている。エンゼルスからは2選手が入ったが、大谷翔平投手は投打ともに選出されなかった。

エンゼルスからはマイク・トラウトとテイラー・ウォードが外野手部門で選ばれた。もうひとりの外野手には17本塁打でランキングトップを独走するアーロン・ジャッジ(ヤンキース)が入った。記事では「この3人は最も楽な選択だった」と評している。

 DH部門は、昨季のナ・リーグMVPも受賞したブライス・ハーパー(フィリーズ)。本来は外野手だが今季は右肘の故障でDHに限定されており、「ヨルダン・アルバレス、JD・マルティネス、ジャンカルロ・スタントン、そしてショウヘイ・オオタニには申し訳ないが、今年の層が厚いメンバーの中でもハーパーが際立っている」としている。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a878cb03364f717f683a0e743b5fafd441c7ed4

【「オオタニには申し訳ない」 “MLBベストナイン”、大谷翔平は投打とも選ばれず】の続きを読む