SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

カシマスタジアム

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/01(月) 22:45:32.32 ID:CAP_USER9
なでしこの観客わずか901人 かつては2万人超も 集客の課題山積


日本が男女そろって優勝した7月のサッカー東アジアE―1選手権は、スタジアムに空席が目立った。

昨年10月の池田太監督の就任後、国内でのお披露目となった女子のが優勝を決めた26日の中国戦の観客は、わずか901人だった。


なでしこのFW植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)は試合後、「代表戦をいろんな人の目や耳に届くスポーツにしないといけない。もっとたくさんの人に見てほしかった」と危機感を募らせた。
女子のプロリーグ、WEリーグの岡島喜久子チェアも27日、「他国の試合も観客数が少なく、女子サッカー全体に興味を持ってもらえなかった」と語った。


男女それぞれ4カ国・地域が参加した今大会は、中国が新型コロナウイルス対策を理由に開催を断念し、4月に急きょ、日本開催が決まった。
会場が約4万人収容のカシマスタジアム(茨城県鹿嶋市)と約4万4000人の豊田スタジアム(愛知県豊田市)に決まったのは5月。
日本サッカー協会によると、1日2試合ができ、男女8チーム分の練習場とホテルが確保できるなどの条件から選んだ。新型コロナ対策で、スタジアムの収容率の上限は50%に設定した。


19日夜の男子の日本戦と同じカシマで夕方に開いたなでしこの初戦は2221人、男子も4980人にとどまった。

男女とも「国内組」が中心で、都心部から遠い会場、平日開催など複数の要素が重なったが、平日の20日にあったパリ・サンジェルマン―J1川崎戦が東京・国立競技場で改築後最多の6万4922人を集めたのとは対照的だった。

その後、豊田に移った男子の日本戦は1万526人、1万4117人と増えたが、3試合ともカシマ開催だった女子は1051人、901人と減っていった。


E―1選手権が日本で開催された2010年は「なでしこブーム」前だったが、男子と別の日に東京・味の素スタジアムで開かれたなでしこ戦は3000人以上が集まった。
11年ワールドカップ(W杯)で初優勝し、12年ロンドン・オリンピック前に男子と同じ東京・国立で同じ日に実施した壮行試合は2万人を超えた。

12年はなでしこ単独で仙台や神戸で開いた試合でも1万人以上を集めた。
その後は下降線をたどったものの、E―1選手権が再び日本で開かれた17年は男子とは別会場ながら、千葉・フクダ電子アリーナで3試合とも3000人以上を集めた。


一時期のなでしこブームが去り、昨年は4月のパラグアイ戦が818人、6月のウクライナ戦は796人と苦境が続く。
代表の「強さ」だけでなく、開催方法を含めて集客面の課題は山積している。


https://news.yahoo.co.jp/articles/1cfd0132f02569b6081b39734eef33c86cafeb4e

【『なでしこジャパン』優勝を決めた中国戦の観客わずか901人… かつては2万人超も、ブームが去り集客の課題山積】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/22(金) 23:33:34.88 ID:CAP_USER9
 一部のエリアでの声出し応援が認められる「声出し応援運営検証試合」となったこの試合は、政府の方針により収容人数の50%が上限となった。Jリーグ公式によるとカシマスタジアムの入場可能数は38,669人とされているため、2万弱が上限となる。しかし、実際に集まったのは上限の30%にも満たない4,980人だった。
2017年の前回大会は初戦から順に20,806人、17,220人、36,645人という数字だった。もちろん、この時も国内組だけのメンバー構成だったが、平日だった第2戦でも17,000人を集めている。今大会でこれほどまでも観客動員数が落ち込んでしまったのは由々しき問題である。
3月にはカタールワールドカップアジア最終予選でアウェイゲームの放映権を獲得できず、本大会出場が決まったオーストラリア代表戦がテレビ放送されないという異例の事態が起きた。日本代表戦はもはや視聴率も見込めず、かつては満員が当たり前だったスタジアムも、親善試合では空席が目立つことも多い。

 日本代表人気の凋落、日本サッカー協会の問題……。そういったものが原因から排除できるとは言わないが、実際はそんなに短絡的な話ではない。これほどまでに観客数が落ち込んだ原因はいくつも挙げられる。

 EAFF E-1サッカー選手権男子決勝大会で、日本代表戦は以下の日程で組まれた。

7月19日(火)香港代表戦(カシマ)
7月24日(日)中国代表戦(豊田)
7月27日(水)韓国代表戦(豊田)

 第2戦は集客のしやすい土日開催、第3戦は優勝が決まる可能性があり、一番実力の拮抗する韓国代表が相手だ。その2試合に比べると、第1戦はチケット購入の動機としては弱くなってしまう。

 第1戦は唯一の関東開催ではあるが、平日の日中に仕事をしている層が19時20分キックオフのカシマスタジアムに間に合うのはごくわずか。実際、今季の鹿島アントラーズは平日に2試合を開催しているが、そのどちらも観客動員数は1万人を下回っている。平日のカシマスタジアム開催というハードルは決して低くない。

 さらに追い打ちをかけたのは、パリ・サンジェルマンの来日である。

7月19日(火)香港代表戦(カシマ)
7月20日(水)川崎戦(国立競技場)
7月23日(土)浦和戦(埼玉スタジアム)
7月24日(日)中国代表戦(豊田)
7月25日(月)G大阪戦(吹田スタジアム)
7月27日(水)韓国代表戦(豊田)

 火曜日の鹿島で行われる日本代表戦か、水曜日の国立で行われるPSG戦か。両者を天秤にかけた人は決して少なくないだろう。PSG戦のチケットは争奪戦となり、18日に秩父宮ラグビー場で行われた公式練習には13,370人の観衆が詰めかけた。両者の差は明らかと言っていいだろう。

 今や絶対的な人気カードではなくなった日本代表にとって、こういった競合とのバッティングは致命的になる。娯楽の多様化による可処分時間の奪い合いは今に始まったことではなく、日本代表に限った問題でもない。

 しかし、4,980人という現実は変わらない。様々な理由があるにせよ、日本サッカーの代表たる試合に4,980人しか集められないというのは大きな問題で、強い危機感を感じずにはいられない。

https://www.footballchannel.jp/2022/07/20/post469716/
フットボールチャンネル

【危機的状況… なぜサッカー日本代表戦は4980人しか集められなかったのか? 惨状を招いた複数の要因とは】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/20(水) 13:15:17.94 ID:CAP_USER9
 J1鹿島の小泉文明社長が19日、自身のツイッターを更新し、茨城・カシマスタジアムで開催された東アジアE―1選手権の日本―香港戦について危機感を募らせた。

 4大会ぶりの優勝を狙う日本が6―0で勝利したものの、観衆は4980人だった。同スタジアムを本拠地とする鹿島の小泉社長は「観客数は4980人。当然ご来場頂いたサポーターの方々には感謝ですが、カシマだから、火曜日だから、香港が相手だからと言い訳せずに協会やJリーグと今の代表人気を考えないとサッカー人気の停滞は本当に危機感しかないですね。一生懸命プレーしてる選手のためにもやるべきことがあります」と書き込んだ。

 同スタジアムの収容人数は約4万人。国際ルールのため、国内組だけで代表のメンバー編成しているとはいえ、11月開幕のカタールW杯に臨むチームにとってはさみしい数字といえる。同社長は「ちなみに、昨日のPSGの練習は有料で1万人以上、カシマスタジアムでの水曜のカップ戦でも今日以上入ってます。協会とJリーグでもっと距離感近く危機感を共有したいですね」と加筆した。

 今回の日本代表にはJ1で2位の鹿島からメンバー選出ゼロとあって各方面から疑問の声が出ていた。投稿されたつぶやきのコメント欄には「地元のヒーローがいなきゃ地元の人は来ないでしょう」「なんなら、鹿島アントラーズとVSしてほしかったよ」「今の代表に魅力がないですもん」など意見が書き込まれていた。
東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/848722ef62280e79bd84e76d17abf3847c6b9c2e

【森保ジャパンの香港戦「観客4980人」の衝撃…J1鹿島社長「危機感しかない」】の続きを読む

このページのトップヘ