SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

カズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/30(日) 15:16:16.59 ID:x3cBLKhI9
日刊スポーツ2022年10月30日14時58分
https://www.nikkansports.com/soccer/news/202210300000686.html

<JFL:ティアモ枚方ー鈴鹿ポイントゲッターズ>◇第27節◇30日◇大阪・たまゆら陸上競技場

鈴鹿のFWカズ(三浦知良、55)がついに、JFL初ゴールを決めた。後半40分にPKを決めた。そして、カズダンスを華麗に舞い、仲間と決めポーズで、ビシッと締めた。

55歳246日のカズのリーグ戦でのゴールは横浜FCで最後に得点した17年以来5年ぶり。

自身の持つJFL最年長出場記録を塗り変えるとともに、同得点記録も13年FC琉球の永井秀樹の42歳50日を大幅に更新した。

【鈴鹿ポイントゲッターズ・カズがJFL初ゴール、カズダンスも披露 後半40分にPK 横浜FC時代以来5年ぶり】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/19(月) 16:07:12.89 ID:CAP_USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/f9491388032463869f62f80033fc137286ac82ad

磯野波平54歳、敬老の日にサッカー挑戦 改めて55歳カズに称賛の声「現役はってるカズってすごい」


 フジテレビ系アニメ「サザエさん」(日曜後6・30)が18日、放送され、先週に引き続き家長の磯野波平の存在がクローズアップされた。

 11日放送のエピソード「ちらつくイエローカード」では、波平が実は54歳であることが判明。ツイッターでは「磯野波平54歳 福山雅治53歳」「磯野波平54歳、芸能人だと佐々木蔵之介さんと同い年」などと書き込まれ、驚きが広がっていた。この日も「先週は波平54歳、先々週はのりすけ出禁 今週は、、、」と期待の声が上がっていた。

 19日が敬老の日とあって、敬老の日にまつわるエピソード「波平はおじいちゃん?」が放送された。波平と妻のフネが孫のタラちゃんからお祝いをされるが、まだまだ若いつもりの波平は、美容パックをしてみたり、カツオとサッカーをしてみたりと、様々なことにチャレンジ。失意の中、老いを楽しんでいるお年寄りたちの姿に勇気をもらい、今の自分を前向きに楽しむという内容だった。

 波平はサッカーの翌日、筋肉痛に苦しみ、フネに湿布を貼ってもらうというオチも。すると、ツイッターには「翌日に筋肉痛ならまだ若いよ波平さん」「即、筋肉痛がくるって若い証拠ですね」と激励の声が上がった。

 また、「54歳波平が無謀にもサッカーやって息切らせて翌日動けなるのを見て、同じ54歳(実際には55歳)で現役はってるカズってすごいんだなと改めて実感したわ」と、サッカーJFL鈴鹿ポイントゲッターズで現役を続けるFWカズ(三浦知良=55)のすごさを改めて実感する書き込みもあった。

 一方で、波平には心配の声も上がった。この日の最初のエピソード「テントウ虫になりたい」では、ワカメが大事にしていたテントウムシのブローチを、波平が生きていると勘違いして外に放してしまう一幕も。ツイッターには「てんとう虫のブローチを生きてると見間違える波平さんをもっと心配してあげて…」「本物のテントウ虫とブローチの区別がつかない波平さんヤバないか?」といったつぶやきもあった。

 「サザエさん」は4日の放送で「ノリスケ出入り禁止」という衝撃的なエピソードが放送されるなど、最近は毎週のようにネットをザワつかせている。

【磯野波平54歳、敬老の日にサッカー挑戦 改めて55歳カズに称賛の声「現役はってるカズってすごい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/26(火) 23:40:19.14 ID:CAP_USER9
岡田武史氏 フランスW杯カズ落選「後悔してない」も… 監督未経験じゃなかったら「結果は違っていたかも」


元サッカー日本代表監督の岡田武史氏が、フジテレビ「E―1選手権(男子)の日本代VS中国代表」(24日19時20分~)の試合中継に解説者として生出演。
初めて日本代表を指揮した1998年フランスW杯でのメンバー選考について「後悔していない」とコメントした。


今年のカタールW杯ではコロナ禍の影響もあり、大会のメンバー登録が23人から26人へと増えることについて同じく解説者として出演していた神戸DF槙野から「98年のフランスW杯のメンバー選考も変わりますか?」と質問受けると、


岡田氏は「(当時とは状況が違うので)そりゃ分かんないけど、僕はあの時41歳でまだ監督をやったことがない状況だった。その時に自分が選んだメンバー、恐らくカズの事を言っていると思うんだけど、自分では全然後悔していない。でも、もしあの時自分が経験を積んだ指揮官だったらカズをどうした(外した)かという結果は違っていたかもしれない」と答えた。

続けて「あの時の自分はチームが勝つためにベストを尽くした。それをカズも分かってくれていると思うし、だからこそ今でも付き合いがあるんですけど」と槙野からの“鋭いパス”を上手に受け流した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/d478912510ba989deeff826e7da2dc21f7cd5f1b

【岡田武史氏、フランスW杯でのカズ落選「後悔してない」も… 監督未経験じゃなかったら「結果は違っていたかも」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/18(火) 10:10:02.00 ID:CAP_USER9
1/17(月) 11:49配信
日刊スポーツ

カズは「ドカベン」の熱狂的ファンだった。

JFL鈴鹿ポイントゲッターズの元日本代表FWカズ(三浦知良、54)が17日、漫画家の水島新司さんが82歳で死去したことに、自主トレ中の大阪府内で取材に応じ「先生のご冥福をお祈りいたします」とコメントした。水島さんとは直接面識はなかったが、家族ぐるみで付き合いはあったという。

同時にカズは、水島さんの代表作「ドカベン」が大好きだったという。

「山田太郎の明訓高校が唯一負けたのは、いつも通りのことができなかったから。僕は特に、あの敗戦までドカベンを読み続けた。単行本はもちろん、毎週テレビでやっていた30分のアニメも見ていた。僕は『巨人の星』と『ドカベン』の野球漫画で育った」

カズが指摘するのは山田らが2年の夏の甲子園。無名高校だった弁慶のエース義経が試合前に、第1球をど真ん中に投げると予告したため、明訓の土井垣監督は1番打者に悪球打ちの岩鬼ではなく、絶対の4番だった山田を置く超イレギュラーな打順に変更。山田は実際に1番打者でプレーボール本塁打を放ったが、常勝明訓の打順を組み替えたことでリズムが狂い、大波乱の負けを喫した。カズが「いつも通りのことができなかった」というのは、この打順変更のことだ。

好きだったキャラクターを尋ねると、カズは「殿馬とかね…土佐丸高校の犬飼兄弟が土佐犬を連れてきたりね。通天閣高校の坂田三吉の投げ方も格好よかった」とドカベン愛が止まらない。サッカー界のレジェンドが、ここまで「ドカベン」が好きだったことは、あまり知られていなかった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220117-31170277-nksports-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/a20485daf867760958a33159ce233a0a1d1fccd9

【鈴鹿ポイントゲッターズFWカズ、実は水島さんの代表作『ドカベン』の大ファン「野球漫画で育った」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/11(火) 07:17:55.56 ID:CAP_USER9
1/11(火) 6:15配信
東スポWeb

Jリーグを支えてきたカズ(東スポWeb)

 キング・カズこと元日本代表FW三浦知良(54)がJFL鈴鹿ポイントゲッターズへの移籍が決定的となったことにJリーグが困惑しそうだ。

 Jクラブ関係者は鈴鹿への移籍が確実なカズについて「これまでJリーグは老若男女を問わず全国的な知名度のあるカズさんを使っていろんなプロモーション活動をしていたでしょ。それがJFLに行くと、できなくなるから。カズさんに移籍されて困るのはJリーグじゃないの」とし〝カズ流出〟による影響を懸念していた。

 カズは元日本代表エースとして活躍。これまで国内外で数々の伝説を残しており、Jリーグでは広報活動の一環としてカズ単体ではないもののクリアファイルなどリーグ製作のグッズに〝キング〟を活用。また、リーグ開幕前の恒例イベント「キックオフカンファレス」では、主役級の待遇でリーグのPRにもひと役買っていた。

 しかし、実質4部となるJFLはプロとなるJリーグの管轄外となり、これまでのように〝宣伝〟でカズに頼ることはできなくなる。同関係者は「Jリーグの人気も落ちているみたいだしね。カズさんなら、何かあればテレビでもすぐに取り上げてもらえたけど、Jの全体的で見ていくと、露出は減るかもしれない」と訴えていた。

 もちろん、Jリーグにはカズ以外にもスター選手が在籍。J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタやFC東京に復帰した日本代表DF長友佑都、J2に降格した横浜FCの元日本代表MF中村俊輔らスター選手が控えており、今後リーグのPR活動については大きな支障はないとみられている。

 それでもJリーグが創設された1993年から現役を続けているカズの存在は大きく、JFLへの移籍はJリーグにも少なからず影響を及ぼしそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220111-03916949-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6516172e7fa388542cd995792cb7e10db2fb27be

【キング・カズがJFL鈴鹿入団へ “スター流出”で「困るのはJリーグ」の声】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/31(金) 17:32:12.60 ID:CAP_USER9
写真 
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211231-00000050-dal-000-9-view.jpg?pri=l&w=588&h=640&exp=10800

「RIZIN.33」(31日、さいたまスーパーアリーナ)

 サッカー元日本代表FWのカズこと三浦知良(54)の次男、三浦孝太(19)=BRAVE=が総合格闘技デビュー戦で勝利した。対戦相手のYUSHI(33)は、試合後に、父のカズとも抱擁をかわしたことを明かし、その存在感に驚いていた。

 いわゆる地下格闘技ではキックで8戦7勝の実績を持つYUSHIだったが、孝太に寝技で圧倒され、最後はグロッギーになったところに強烈なキックを食らって力尽きた。「意地は見せられたかと思うが、悔しい。(三浦は)あんなに寝技が巧いと思ってなかったし、力もあんなに強いと思わなかった。単純にすごく強かったという印象」と孝太のポテンシャルに舌を巻いた。

 リングサイドでは、白いスーツに身を包んだキングカズが存在感を放っており「ちょっと気になった」というが、試合後はノーサイドのハグをしてくれたという。「白いスーツを着ているのに、血だらけの僕とハグさせてもらって、おとこ気の格好よさを感じた。国民的スターの息子さんの気持ちの強さも感じたし、国民的スターになる人の格好よさを直々に感じさせてもらった」と感激した様子だった。

ディリースポーツ 12/31(金) 16:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/727967e6047cde184fc4c684220fb62cfe9c5fe1

【元日本代表FWカズ、白スーツで息子の対戦相手「YUSHI」とハグ「国民的スターになる人の格好よさを直々に感じさせてもらった」と感激】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/29(水) 22:38:48.55 ID:CAP_USER9
Yahoo!ニュース  12/29(水) 15:41
(取材・文:栗原正夫/撮影:ヤナガワゴーッ!/Yahoo!ニュース オリジナル 特集編集部)

大みそかに迫ったRIZIN.33の第一試合で、格闘家デビューする三浦孝太(19)。キングカズこと三浦知良・りさ子夫妻の次男として知られる。一挙手一投足すべてにどうしても「カズの息子」という色眼鏡もついて回るが、本人は至ってポジティブだ。師にも恵まれ、万全の準備で本番に臨む三浦。出自という「呪縛」に対峙しながら前を向きもがく、19歳の挑戦に密着した。

大学に行くという選択は逃げにしか思えなかった

「RIZIN出場が決まったとき、お父さんは『しっかりアマチュアで経験を積んでから出ないとオマエのためにならない』と反対していました。僕もその通りだと思ったし、最初に話をもらったときは断ったんです。ただ、こんなチャンスはそうないですし、最後は自分自身で考えて挑戦しようと決めました」

練習中に見せる険しい表情とは一転、まだあどけなさの残る19歳の三浦孝太(BRAVE所属)は、格闘技デビュー戦となる大晦日の「RIZIN.33」(埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に臨む心境を素直にそう話す。

実戦経験ナシの十代の格闘家の第一歩が、いきなり総合格闘技の最高峰イベントであるRIZINになったことは驚きだが、それも無理はない。三浦は、サッカー元日本代表FW三浦知良“キング・カズ”とタレントの設楽りさ子の次男で、本人の意向とは別に周りが放っておくはずもないのだろう。

中学までは父の背中を追うように、サッカーボールと向き合った。だが、格闘家を目指す原点もまた父にある。


「お父さんがよく『あしたのジョー』やマイク・タイソン、モハメド・アリのビデオやDVDを見ていたこともあって、小さい頃からボクシングが好きでした。高校はボクシング部があればボクシング部に入りたかったんですが、なくて……。ちょうどその頃にたまたま遊び感覚で行ったのが総合格闘技ジムで、レスリングとか柔術、打撃など何でもアリで型がないのに惹かれたというか、面白いなと思ったんです」

格闘家として生きていくと心を決めたのは、高校を卒業するにあたってだった。周囲は大学受験の準備を進めるなか、自分の将来やりたいことがはっきりと見えた。

「お父さんも高校中退しながらサッカーで成功していたし、とりあえず大学に行かなきゃという考えはまったくなくて。やりたいことが決まっていたし、思い出作りのために行っている暇はないというか。お父さんの生き様をずっと見てきたので、仮にジャンルが違ってもいつか自分もスターになりたいという気持ちは小さい頃からありましたし、大学に行くという選択は逃げにしか思えなかったんです」

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/c7267aa23faca353ad58a71b09b3401202b5a73b
RIZIN.33に挑む三浦孝太
https://i.imgur.com/VYyM4Gw.jpg
三浦(右)を指導する葛西
https://i.imgur.com/Mu7uyDe.jpg

【RIZIN.33 「カズの息子」という呪縛の先へ。親の力をプラスに換えて、三浦孝太19歳の挑戦】の続きを読む

このページのトップヘ