SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

カブス

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/16(日) 06:21:08.95 ID:g9LLIF1v9
6/16(日) 5:48配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240616-01570703-fullcount-000-7-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800
Full-Count
今永は7回6奪三振4安打1失点、鈴木は3打数2安打で打率.267
7勝目を挙げたカブス・今永昇太【写真:ロイター】

 カブスの今永昇太投手は15日(日本時間16日)、本拠地・カージナルス戦で7回4安打1失点と好投し、今季7勝目(1敗)を挙げた。リーグ3位の防御率1.89。鈴木誠也外野手は「4番・右翼」で先発出場し、3打数2安打2得点で打率.267。チームは5-1で勝利した。

【動画】大谷ライバルの彼女が飲酒運転で逮捕 「私の彼氏が誰だか知ってるの?」

 今永は4回にアレナドの中犠飛で先取点を献上したが、その後は力投。1点リードの7回1死一、二塁ではカールソンを左飛、ドノバンをスライダーで空振り三振に仕留めた。ピンチを切り抜けると、雄叫びをあげて一回転。ガッツポーズも決まった。7回でメジャー自己最多103球を投げ、6奪三振1死球、4安打1失点だった。

 鈴木は2回先頭の中前打で3試合ぶり安打をマーク。1点を追う4回無死一塁では左前打を放ち、逆転劇を演出した。3試合ぶりのマルチ安打で左腕を援護した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/628ed2ff088e2affec77195ab08c8c70f7cbc6c1

【カブス・今永昇太が雄叫び 7回6K1失点で7勝目、防御率1.89…鈴木誠也は3戦ぶりマルチで援護】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/10(月) 07:33:11.65 ID:JkNkwI+s9
6/10(月) 5:36配信 ベースボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/30bd34d33ebbc04b936343a3c3d2411a96665b3b

● レッズ 2-4 カブス ○
<現地時間6月9日 グレートアメリカン・ボールパーク>

 シカゴ・カブスが同地区2位レッズとの4連戦スイープを回避。先発した今永昇太投手(30)が7回途中2失点の投球で今季6勝目をマーク。鈴木誠也外野手(29)は「2番・指名打者」で2試合ぶりにスタメン復帰し、3安打を放った。

 カブスは初回、無死一塁から鈴木が二塁打を放ってチャンスメイク。その後一死満塁とすると、5番イアン・ハップが走者一掃の適時二塁打を放ち3点を先制。幸先良く今永を援護した。

 リードを持っての登板となった今永は初回を2三振含む三者凡退で終え、2回裏は安打を許しながらも無失点。3回裏には8番メーリに2号ソロを浴びるも、以降は無安打投球で6回裏を終えた。

 7回裏にも続投した今永だったが、先頭打者から3連打を浴び1失点。最後は7番フリードルから空振り三振を奪い、二死三塁となったところで2番手マーク・ライターJr.に交代。勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

 今永の後を受けたライターJr.は代打フレーリーを三振に仕留め火消し成功。回跨ぎの8回裏も無失点に抑え、最終回は守護神エクトル・ネリスが三者凡退で締め、逃げ切り勝利。連敗を3でストップした。

 この試合の今永は6回2/3、94球を投げて5安打、1四球、7奪三振、2失点という内容で現地時間5月1日以来となる白星。再び規定投球回に到達し、ナショナル・リーグ3位の防御率1.96を記録している。

 また、鈴木誠也は5打数3安打、2三振の内容で現地時間4月9日以来、今季3度目の1試合3安打を記録。今季成績は打率.272、OPS.801に上昇している。

【カブス・今永昇太、7回途中2失点の好投で5月1日以来の今季6勝目 鈴木誠也は今季3度目の猛打賞で援護】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/05(水) 17:20:17.57 ID:SE8qYGbu9
6/5(水) 12:15配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240605-00010002-jnn-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=420&exp=10800
TBS NEWS DIG Powered by JNN
カブス・今永昇太投手

■MLB カブス 7ー6 ホワイトソックス(日本時間5日、イリノイ州シカゴ、リグリー・フィールド)

カブスの今永昇太(30)が、本拠地でのホワイトソックス戦に登板し、4回1/3(69球)を投げ、被安打7の5失点(自責1)、奪三振6、四死球0で防御率は1.86から1.88に。

前回5月30日のブルワーズ戦では4回1/3を投げ、7失点でメジャー初黒星を喫した今永は、中5日で6勝目を狙ったが、2戦連続で5失点以上と乱調。しかし、打線が6回に5-5の同点に追いついて今永の黒星が消え、2連敗は回避。さらにチームは終盤に勝ち越し、今季メジャーワースト11連敗中のホワイトソックス相手に逆転勝利を収めた。

今永は黒星回避も5月2日メッツ戦での勝利以来、5戦連続で勝ち星なし。日本人投手最高のデビューから6連勝に王手をかけていたが、前回の黒星で快挙達成ならず。デビュー9戦で防御率は驚異の0.84と快進撃をみせてきたが、直近2戦で12失点と踏ん張りどころを迎えた。

この日の立ち上がりは、先頭打者をスプリットで空振り三振、続くA.ボーンにヒットを許したが、2か月ぶりに復帰のロバートJr、4番・P.デジョングを連続の空振り三振で切り抜けた。2回は3者凡退と序盤から安定したピッチング。

3回は先頭L.ソーサに内野安打を許したが、続くM.マルドナードの遊ゴロをショート・D.スワンソン(30)の好捕でダブルプレー。後続のC.ジュルクスは空振り三振に仕留めた。

だが4回は連続ヒットで無死一・二塁とすると、4番・デジョングの三ゴロをC.モレル(24)がグラブで弾いてしまうエラーで先制点を献上。続く打者は捕邪飛も、C.リーにストレートを捉えられ、2点タイムリーを浴びて0-3。さらに2死三塁でL.ソーサに真ん中のスプリットをレフトスタンドに運ばれる1号2ランを浴び、この回で一挙5失点。

スタジアムは少しずつ雨が降り始め、雷注意報が出たためか 5回はバックネット裏の観客が避難しはじめる。今永は先頭・ジュルクスに二塁打を打たれ、A.ボーンを中飛に抑えたが、続くロバートJr.に対しカウント1-2となったところで試合は一時中断に。

約40分後に試合は再開し、今永は降板となって2番手・T.ミラー(28)がマウンドへ。1死二塁からロバートJr、デジョングを打ち取り追加点は与えず。

4回まで1安打と沈黙していた打線は5回、先頭・ハップが二塁打で出塁すると、1死でD.スワンソン(30)のタイムリーで1点を返す。さらに6回は2死一塁でC.モレルが自身のエラーからの失点を振り払う11号2ランで3-5とすると、ハップのヒットからP.ウィズダム(32)が3号2ランを放ち5-5と試合は振り出しに。本拠地は大歓声となり今永の黒星は消滅。

敗戦ムードから一転、打線は粘りをみせ逆転へ。7回は復帰戦のロバートJr.に3号ソロを浴び5-6としたが、8回は1死一・二塁からI.ハップ(29)の2点タイムリーで7-6と逆転に成功した。

9回は5番手のE.ネリス(34)が1死から四球と盗塁を許し、一打同点のピンチとなったが、牽制で二塁タッチアウト。最後は1番・ジュルクスをファールフライに打ち取って逆転勝利をつかんだ。ホワイトソックスは長いトンネルを抜け出せず、メジャー今季ワーストの12連敗に。

https://news.yahoo.co.jp/articles/411e1f43f3a6872d0d576aac4a05586a7da04b8f

【今永昇太 5戦白星なし...5回途中5失点も2敗目回避、防御率1.88はリーグ2位、カブス大逆転でWソックスは12連敗に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/02(日) 13:27:07.09 ID:OLSWgTf09
6/2(日) 12:55配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240602-36020328-nksports-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800
日刊スポーツ
満塁本塁打を放ったカブス鈴木誠也(AP)

<カブス-レッズ>◇1日(日本時間2日)◇リグリーフィールド

 カブス鈴木誠也外野手(29)が、本拠地でのレッズ戦でメジャー初の満塁本塁打を放った。

【動画】鈴木誠也グランドスラム 確信歩きからの雄たけび

 鈴木は「2番右翼」で出場し、0-4の2回2死満塁で迎えた第2打席。フルカウントから剛腕グリーンの7球目の内角98・3マイル(約158・2キロ)フォーシームを捉え、左翼スタンドに運んだ。本塁打は5月30日のブルワーズ戦以来、2試合ぶり。6号同点グランドスラムに球場が熱狂する中ベースを1周し、チームメートから盛大な祝福を受けた。

 メジャー3年目、通算40本目にして初の満塁弾は打球速度106・9マイル(約172・0キロ)、飛距離400フィート(約122メートル)を記録。初回の第1打席では中越え三塁打を放っており、これで9試合連続安打。マルチ安打は今季10度目となった。悪天候で試合が3時間以上遅れる最悪なコンディションの中で圧倒的な存在感を見せている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/665e4c35e6bd36e2a2203c9fd12dab49e1351ef6

【カブス・鈴木誠也がメジャー初の満塁弾!本拠地で6号同点弾に観客熱狂 3年目で通算40本塁打目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/30(木) 10:37:25.04 ID:lzk/+41O9
5/30(木) 10:20配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240530-05301059-sph-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800
スポーツ報知
5回途中で降板したカブス・今永昇太投手(ロイター)

◆米大リーグ ブルワーズ―カブス(29日、米ウィスコンシン州ミルウォーキー=アメリカンファミリーフィールド)

【動画】今永昇太、初回にまさかの2ラン浴びる…

 カブス・今永昇太投手(30)が29日(日本時間30日)、敵地・ブルワーズ戦に6勝目を狙って先発したが、いずれもメジャー移籍後ワーストとなる被安打8、2被弾、7失点で、5回途中81球で4―7とリードを許して降板となり、6勝目はならなかった。試合前に0・84だった防御率は7失点でリーグ2位の1・86となった。

 初回は先頭のオルティスに右翼手・鈴木の頭を越える二塁打を許していきなり得点圏に走者を背負った左腕。1死二塁で18年MVPのイエリチに初球の93・2マイル(約150・0キロ)直球を捉えられ、右中間席へ打球速度110・5マイル(約177・8キロ)、飛距離441フィート(約134メートル)という特大の6号2ランを浴びて先取点を献上した。

 ハップがソロを放って1点差に迫った2回は、1死からパーキンスに右中間への二塁打を浴びたが、鈴木の好守などもあって走者を進めることはなく無失点。3回も先頭のオルティスに中前安打。1死二塁で1打席目に2ランを浴びたイエリチに右前安打を許して1死一、三塁とピンチが広がると、続くアダメズに中前適時打を浴びて、メジャーでは4月20日の本拠地・マーリンズ戦に並ぶ自己ワーストの3失点となった。さらに続くサンチェスに左翼へ2点適時に二塁打を浴び、パーキンスにも左中間へ5号2ランを浴びてメジャー自己ワーストを大きく更新する7失点。1イニング5失点と苦しいマウンドになった。

 2―7の4回も続投。3つの外野フライでこの試合初めて3者凡退に抑えて、崩れることはなかった。3点差に迫った5回もマウンドに上がり、先頭のイエリチを三邪飛。続くアダメズに四球を与えたところで降板となった。

 前回登板の18日(同19日)の本拠地・パイレーツ戦では、7回88球を投げて4安打無失点。3登板連続で勝利投手にはなっていないが、これまで全登板で自責2以下と抜群の安定感を見せていた。当初24日(同25日)の敵地・カージナルス戦に先発予定だったが、雨天中止。スライド登板せずに中10日で休養たっぷりでこの日の登板を迎えた。この試合で勝利投手になると、デビューから無傷6連勝で、日本人では02年石井一久(ドジャース)、14年田中将大(ヤンキース、現楽天)に並ぶ最長記録だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/49860772949e69c55b68f990cfccef13ff56536e

【カブス・今永昇太が米自己ワーストの8安打、7失点で5回途中降板、6勝目はならず 防御率は0・84から1・86に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/22(水) 18:51:39.56 ID:HaNJHIn/9
5/22(水) 9:47 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/1953d8c6e9e34694f32035d41e0fc4a605eea461

<カブス-ブレーブス>◇21日(日本時間22日)◇リグリーフィールド

 カブス今永昇太投手(30)が試合前、シカゴを本拠地に置くWNBAスカイの話題の新人エンゼル・リース(22)、カミラ・カルドソ(23)とスリーショットで写真に納まった。

 リースは4月のドラフト全体7位、カルドソは同3位で指名されて入団し、すでにNBAプレーオフのCMに登場するなどで話題を集めている大型ルーキー。この日はカブスの本拠地リグリーフィールドで、始球式を務めた。前日20日(同21日)にはドジャースタジアムで同じくWNBAスパークスの大物新人キャメロン・ブリンク(22)が始球式を務めドジャース大谷翔平投手(29)と対面している。

 今永とのスリーショットはMLB公式X(旧ツイッター)など多くのメディアで紹介され、SNSで話題。今永もすっかりシカゴの顔となっている。

https://pbs.twimg.com/media/GOJDHrCWAAAo658.jpg

【カブス・今永昇太が長身バスケ女子とド緊張3ショット、WNBAの注目新人カミラ・カルドソ、エンゼル・リースに挟まれ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/19(日) 09:48:29.66 ID:hbO5hpom9
https://news.yahoo.co.jp/articles/692595ea765e970dced74de17a562c9c69b9b4b6

まだまだ続く“歴史的快投”! 今永昇太、圧巻の防御率0.84にカブス地元紙も絶賛「最高のシナリオ。想像を越えている」

 文字通り歴史的な快投だ。

 現地時間5月18日、カブスの今永昇太が、本拠地でのパイレーツ戦に先発。勝ち星こそつかなかったが、7回(88球)を投げ、被安打4、無失点、7奪三振と好投。防御率を0.84にまで向上させた。

 この日も相手打線を一切寄せ付けなかった。初回こそ先頭打者に四球を与えた今永だったが、4回2死からパイレーツの4番エドワード・オリバレスに内野安打を打たれるまでヒットを許さない。

 やや疲労の色が見え始めた7回には2死から連打を浴び、得点圏に走者を背負ったが、ここでは8番のマイケル・テーラーを外角低めに投じた83.5マイル(約134.3キロ)のスプリットで3球三振に仕留め、雄たけびを上げた。

 チームのサヨナラ勝ちを呼び込む今永の快投は、メジャー史でも稀有なものとなっている。というのも、防御率0.84は、公式記録になった1913年以降、メジャーデビューからの9試合を投げた先発投手(開幕投手を除く)で歴代No.1なのだ。

 シカゴの熱狂的なファンを総立ちにさせた今永には、地元メディアも賛辞を惜しまない。地元紙『Chicago Sun Times』は「イマナガの歴史的なスタートは続く!」と大々的に報道。

 「彼は誰もが考え得る最高のシナリオを忠実に再現するだけでなく、さらにその想像を越えている」と絶賛し、チームメイトである主砲コディ・ベリンジャーのコメントを紹介している。

「打者にとって彼の投げるボールで『打てる』と感じられるものはないんじゃないかな。だって、この数字は凄いよ……。たぶんここまでのことは誰も期待していなかったと思う。ショウタは称賛に値する。球威は凄まじいし、打者へのアプローチの仕方は非常に知的だ。そして何よりも印象的なのは、彼が自分自身を理解していること。しっかりとしたゲームプランを持っていて、どんな時も聡明なんだ」

 経験豊富なチームメイトも舌を巻く。そんなカブス投手陣を牽引する30歳には、新人王はおろか、サイ・ヤング賞を予想する声も上がっているが、この勢いはどこまで続くだろうか。

【カブス・今永昇太、7回を投げ無失点 圧巻の防御率0.84 デビューから9試合を投げた先発投手で歴代No.1 地元紙「想像を越えている」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/14(火) 10:59:52.15 ID:wpZ3yYi79
5/14(火) 10:52配信
https://news.ntv.co.jp/gimage/n24/articles/4cc0437bfe2d49708c0b92bfc45f1c3f/ad9ef9ad-5106-475a-92c8-da21d41420bf.jpg?w=1200
日テレNEWS NNN
5回無失点に抑えた今永昇太投手(写真:AP/アフロ)

◇MLB ブレーブス 2-0 カブス(日本時間14日、トゥルイスト・パーク)

MLB30球団で1位の防御率『1.08(試合前)』を誇るカブスの今永昇太投手が、ブレーブス戦に先発登板。6勝目をかけ5回を投げ無失点に抑えますが、味方の援護が得られず勝ち負けはつきませんでした。

【画像】今永昇太を“上裸”で応援するアツい応援団

今永投手は先頭のロナルド・アクーニャJr.選手を四球で出塁させますが、続くオジー・アルビーズ選手の打席で意表を突く牽制。アウトを奪います。その後、四球とヒットで2アウト1・2塁のピンチを背負いますが、5番アダム・デュバル選手へは135キロのスプリットで空振り三振。窮地をしのぎました。

2回はスプリットやスライダーなど9球で三者凡退に抑えます。

3回は2つの三振を奪った後、連打で2アウト1・3塁となりますが、4番マット・オルソン選手を3球で追い込むと、最後は低めいっぱいのストレートで見逃し三振を奪いました。

4回は2つのヒットを浴び、2アウト1・3塁の場面。フルカウントから打席のザック・ショート選手はスイングを途中でやめハーフスイングのような形になりますが、審判は四球の判定。これにカブスのカウンセル監督が抗議し、退場処分となります。今永投手にとって自身メジャー初の満塁を背負いますが、続くアクーニャJr.選手は149キロのストレートでライトフライに打ち取り、無失点で切り抜けました。

5回は先頭のアルビーズ選手にヒットを浴びますが、続くオズナ選手は148キロのストレートで空振り三振。さらにオルソン選手の打席で1塁走者のアルビーズ選手を刺して2アウト目とすると、デュバル選手をピッチャーゴロに打ち取り、この回も無失点に抑えました。

5回で98球を投じた今永投手はここで降板。7被安打、8奪三振、無失点の好投も、味方の援護が得られず勝ち負けはつきませんでした。

今永投手は自身ワーストタイの7被安打ながらも無失点に抑え、防御率は再び0点台の『0.96』に。

6勝目とはならなかったものの、昨季MVPのアクーニャJr.選手を擁する打線を無失点に抑えた今永投手には、ファンから「サイ・ヤング賞も夢じゃない」、「ガチで無敵すぎる」、「宝石今永」などの声が上がっています。

今永投手が降板した直後の6回に連打で2点を失いますが、カブス打線はその後も得点を奪えず0-2で敗れました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2a26c17e4353f6aecc765c713fa20ce29328123e

【カブス・今永昇太 5回無失点も無援護で6勝目ならず…防御率0点台復帰に「ガチで無敵」「サイ・ヤング賞」の声 カブスは完封負け】の続きを読む

このページのトップヘ