SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

カーリング

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/20(金) 23:16:42.08 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220520-04202837-tospoweb-000-4-view.jpg
フォルティウスのスキップ・吉村紗也香(東スポWeb)

五輪へ再スタート切ったフォルティウス・吉村紗也香 日本選手権で「いいスタートを切りたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220520-04202837-tospoweb-spo

【次は私たちの番! ロコ・ソラーレの壁に挑むライバルたち(1)】北京五輪銀メダルのカーリング女子日本代表ロコ・ソラーレ(LS)が日本選手権(21~29日、北海道・アドヴィックス常呂カーリングホール)で凱旋試合を迎える一方、昨年9月の日本代表決定戦でLS相手に涙を飲んだフォルティウスは、ライバルにひと皮むけた姿を見せつける。

 もう同じ思いはしたくない。北海道銀行(当時)の一員として挑んだ日本代表決定戦は2連勝しながらも、まさかの3連敗。あと一歩のところで北京五輪への道が途絶えた。スキップ・吉村紗也香(30)は「悔しいという気持ちが日に日に増していきました。すぐに切り替えることはできなくて、終わって一週間ぐらいは廃人みたいな感じだった」。一時は休養も頭をよぎったが「代表決定戦の悔しさが一番大きかった。もう一度五輪を目指したい」と再スタート。昨年11月末で北海道銀行とのスポンサー契約は終了したものの、同12月にはクラブチームのフォルティウスを立ち上げ、新たなスタートを切った。

 北京五輪では何度も死闘を繰り広げたLSが、2大会連続のメダルを奪取。「LSが銀メダルを取って悔しい思いもあった反面、世界にも日本はこんなに強いんだぞと示してくれたのは本当にうれしかった」と喜びを口にしながらも「今まで一緒にライバルとして戦ってきた仲間とまた対戦できるのはうれしいし、刺激をもらっているチームなので、次また戦うのが楽しみ」と負けん気をのぞかせた。

 群雄割拠の女子カーリング界は、2011~14年に4連覇を達成した中部電力以降、連覇を果たしたチームがいない。「メンバーもほとんど(北海道銀行の時と)変わっていないが、チームが新しくなってから初めての大会なので、いいスタートを切りたい。今はすごくいい準備ができてきているので、連覇を目指したいし、どのチームともいい試合がしたい」。早くも始まった4年後のミラノ・コルティナダンペッツォ五輪に向けた戦いで、チーム初のタイトルをつかみ取る。

関連記事
北海道銀行 カーリング吉村紗也香、船山弓枝ら主力4人との契約終了
https://www.nikkansports.com/sports/news/202110110000414.html

北海道銀がカーリング新チーム 伊藤彩未ら4人で活動開始
https://www.asahi.com/articles/ASPDF5SY5PDFIIPE001.html

新生フォルティウスにスポンサー2社 日本選手権でロコ再戦へ 吉村「挑戦者として」
https://www.daily.co.jp/general/2022/03/30/0015177245.shtml

【関連】北海道銀行女子カーリング部チーム発足式に出席したメンバー。左から伊藤彩未(20)、田畑百葉(19)、仁平美来(19)、中島未琴(18)(撮影・保坂果那)
https://www.nikkansports.com/sports/news/img/202112130000880-w1300_0.jpg

【五輪へ再スタート切ったフォルティウス・吉村紗也香 日本カーリング選手権で「いいスタートを切りたい」21日開幕】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/24(木) 19:11:13.97 ID:CAP_USER9
2022年02月24日12時11分
https://www.j-cast.com/2022/02/24431656.html?p=all
https://www.j-cast.com/assets_c/2022/02/news_20220224115545-thumb-645xauto-219760.jpg
https://www.j-cast.com/assets_c/2022/02/news_20220224115838-thumb-645xauto-219761.jpg

北京オリンピックで銀メダルを獲得したカーリング女子日本代表「ロコ・ソラーレ」。「氷上のチェス」とも称される同競技だが、大会期間中、彼女たちに熱い視線を注いでいたのは「野球好き」だった。

ツイッター上では、テレビの試合中継に合わせて野球ファンたちが実況ツイートを投稿。ワンプレーごとに野球用語が飛び交った。プロからアマチュアまで野球が盛んな日本。有識者は、カーリングと野球には多くの共通点があるとした上で「カーリングが今後、日本で長く親しまれる競技になる可能性はある」と期待を寄せる。

■「守護神藤澤見事抑えた!」「阪神のクローザーにならないかい?」

野球は表・裏の9イニング制、カーリングは先攻・後攻がある10エンド制を敷いている。得点が刻まれた横長のスコアボードは瓜二つだ。試合時間も、ともに2時間30分〜3時間程度と比較的長い。

そんな2競技の親和性の高さを示したのが、日本が世界ランク2位の強豪・スイスに8-6で勝利した2022年2月18日の準決勝だ。試合はスキップの藤澤五月選手(30)が獅子奮迅の活躍。第5エンド、最終投で相手のストーンを2つ弾き出す「ダブルテークアウト」を決め4点を奪った。このとき、ツイッター上では「満塁ホームランや!」「グラスラ(グランドスラム)や!グラスラ!」「主砲藤澤いけるやん!!!」と興奮するユーザーが相次いでいた。

さらに、大量失点のピンチを招いた第9エンド、再びダブルテークアウトで1失点に抑えると「火消しの藤澤キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!」「藤澤選手みたいなリリーフがオリックスにも欲しい」などの声が。最終10エンド、ラストストーンが得点となり勝利を決めると「守護神藤澤見事抑えた!」「阪神のクローザーにならないかい?」と盛り上がった。

大量得点を生み、失点を最小限に抑える藤澤選手の姿を、エンゼルス・大谷翔平選手になぞらえ、カーリング界の「二刀流」と評する声もあった。
試合後には、読売新聞オンラインが「藤沢五月のスーパーショット連発に『満塁ホームラン』『阪神に来ないか』...野球ファンも興奮の大活躍」と、ネット上の野球ファンがカーリングに夢中になった様子を伝えている。

データも、野球ファンの熱中ぶりを示している。J-CASTニュースはSNS分析ツール「ソーシャルインサイト」で、五輪でカーリング女子の試合が行われた2月10日〜20日にツイッター上で投稿された「カーリング」を含むツイートを分析(対象投稿はサンプリングデータ)。このとき、投稿ユーザーのプロフィールに含まれていたワードの中で最も多かったのが「野球」だった。

■野球ファンなぜ熱狂?

スポーツライターの高木遊氏は21日、取材に野球とカーリングの共通点をこう説明する。

「野球には、投手が最初にボール球を投げる『見せ球』や、三振を取りに来る『勝負球』があります。カーリングも、ガードストーンを置いたり、相手のストーンを弾き出したり、中心円に置きにきたりと、一投ごとに意図があるのが特徴です。また、カーリングはリード、セカンド、サード、スキップと役割が分けられていますが、野球も野手なら1番、2番、3番...投手なら先発、中継ぎ、抑え、といったように役割があります」

なぜカーリングは野球ファンを夢中にさせたのか。高木氏は、野球とカーリングがともに「間(ま)のあるスポーツ」であることが大きな要因だとする。

「ボール(ストーン)が投げられるたびに一回一回プレーが止まり、ファン同士が『次はどういう作戦で来るんだろう』『どういうボールを投げるんだろう』と議論を楽しめる時間が生まれます。また、カーリングの場合は、選手たちの相談をマイクが拾うので、サインプレーの野球よりも議論しやすいと思います」

高木氏はロコ・ソラーレの選手たちの「親しみやすさ」に加え、地方の小さな町(北海道北見市旧常呂町)を背負っているという点から「プロ野球よりは高校野球に近い雰囲気を持っている」と分析。「国内の五輪代表決定戦から盛り上がっていたこともあり、カーリングが今後、日本で長く親しまれる競技になる可能性はあるのではないでしょうか」と期待を寄せた。

【カーリングは「氷上の野球」? 満塁弾にクローザー、SNSで用語飛び交う! 野球ファンの熱狂呼んだ「共通点」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/23(水) 17:32:39.87 ID:CAP_USER9
第9エンドで2点を奪われると、日本代表のロコ・ソラーレ(LS)は最終エンドを前に負けを認める「コンシード」を宣言した。有利な後攻だった第5エンドで1点のスチールを許し、第7エンドで致命的な4失点。主導権を奪えないまま、LSの五輪は終わった。

■2大会連続の躍進でも…

「こんなに悔しい表彰式ってあるんだ、って感じました。納得がいく試合ができなかった悔しさ、もっともっとできた悔しさ、隣で英国のチームが金メダルをかけているのを見て、ああやっぱり悔しいって」

 司令塔のスキップ、藤沢五月(30)は短いミックスゾーンでの取材で7度も「悔しい」と繰り返した。カーリング史上初のメダル獲得となった4年前の平昌大会に続く2大会連続の表彰台。メダルの色は銀に“昇格”したが、初の決勝進出で世界の頂点に立つ資格を得ていただけに、試合直後は涙が止まらなかった。

■JOCは「北京のMVP」と大喜び

「JOC(日本オリンピック委員会)内からは、『北京のMVPはカーリング』という声が出ています。テレビ視聴率では花形競技のフィギュアスケートを上回る数字を叩き出した。坂本花織が銅メダル、ワリエワ騒動もあって注目された女子シングルのフリーは、午後7時からの中継で世帯平均視聴率が19.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。対して、女子カーリングの1次リーグの米国戦は同じ19.0%。予選、かつ、NHK総合で中継が始まったのがフィギュアより遅い時間帯の夜10時からということを考えれば、フィギュア以上の注目を集めていたと言っていいと思います」(テレビ局関係者)

 平昌五輪で全国的の知名度を得たLSの面々は今回の北京五輪でも大きな注目と期待に応えたわけだが、だからといってチームを取り巻く競技環境が劇的に好転したわけではない。

 チームの創設者で、一般社団法人ロコ・ソラーレの代表理事を務める平昌五輪銅メダリストの本橋麻里氏が自身の著書、「0から1をつくる 地元で見つけた、世界での勝ち方」(講談社現代新書)で<五輪のメダリストと呼ばれるようになりましたが、ちょっとちやほやされても、1年も経てば普通の人になります>と記しているように、ブームが起きても一過性で長続きはしない。

 どんなに全国的になっても、競技だけで飯を食える環境には程遠いのが実情。チーム一の人気を誇る藤沢は保険代理店の「コンサルトジャパン」、サードの吉田知那美(30)は自動車販売の「ネッツトヨタ北見」、リードの吉田夕梨花(28)は「医療法人社団 美久会」、セカンドの鈴木夕湖(30)は「北見石油販売」、リザーブの石崎琴美(43)は「松田整形外科記念病院」に勤め、競技との二足のわらじを履いている。

 今五輪でスピードスケート女子1000メートルなど計4つのメダルを獲得した高木美帆(27)に、冬季日本人選手で史上最高額となる総額2200万円の報奨金がJOCと日本スケート連盟から支給されると話題になっているが、LSにはJOCから銀メダリストに出る1人200万円のみ。日本カーリング協会の規定に報奨金はない。

■強化費はスキーの4分の1以下

「LSが平昌五輪で史上初のメダルを獲得した際に、日本カーリング協会の幹部が報奨金に関して『お金がないので、ない袖は振れない』と発言したことが話題になった。令和2年度の協会の決算報告書によれば、JOCからの『交付金』と『強化NF事業補助金』を合わせて約6940万円にとどまるが、例えば実績の高い日本スキー連盟は合わせて約2億8940万円と4倍以上のお金を手にしている。日本スケート連盟も計1億5850万円です。資金不足のカーリング協会は平昌五輪前に代表チームの強化費をクラウドファンディングで募ったものの、300万円の目標金額に対してわずか3万9300円しか集まらなかったと話題になり、かえってマイナースポーツの厳しい現実を突き付けられることになりました」(スポーツライター)

日刊ゲンダイ 2/21(月) 14:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/be1a1316b75b08302595501d14f83b89cc910447

【カーリング女子「銀」のお値段・・・ご褒美は報奨金200万円と米&乳製品という厳しい現実。日本カーリング協会の規定に報奨金はない】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/23(水) 12:14:23.72 ID:CAP_USER9
写真 
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220221-00000082-sasahi-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=474&exp=10800

20日に幕を閉じた北京冬季五輪。盛り上がった競技としてスキージャンプ、スノーボード、フィギュアスケートなどが挙がるが、カーリングもその一つに数えられるだろう。

 女子の日本代表として出場した「ロコ・ソラーレ」が銀メダル獲得と結果を残したこともあるが、選手たちの人間的魅力が競技中に垣間見えるというところに面白さを発見した方もいるはずだ。特に彼女たちが発する「声」には人を惹きつける力があった。

 前回の平昌五輪で銅メダルを獲得した代表チームでは「そだねー」という選手たちの出身地である北海道の方言が話題となり、その年の新語・流行語大賞に。北京五輪でも「ないすー」というワードが注目を浴び、2大会連続で選手たちがリンク上で発する言葉が世間を騒がせた。

 そもそも、声があれだけ聞こえるのは他のスポーツとは異なり、カーリングでは選手たちが試合中にマイクを身に着けているから。声が聞こえることでテレビの視聴者に試合中の戦術などが伝わり、より競技を楽しんでもらえるのではないかという「ファンへのサービス」として始まった文化だ(五輪では2006年のトリノから実施)。日本でカーリングがこれだけ盛り上がった要因にもなっている「選手の声」をとらえるマイク着用は、テレビ局の当初の狙い通り競技の面白さを伝えることに繋がっているのは間違いないだろう。

 だが、当然発した発言が“丸聞こえ”になってしまうことでリスクも存在する。

 特にスポーツでは感情が昂ることも多く、思いがけず汚い言葉がテレビの中継に入ってしまう可能性もある。カーリングの強豪国として知られるカナダのメディア『ザ・スポーツ・ネットワーク』によると、実際に選手たちは競技中に汚い言葉を使ってしまっているようで、同国のカーリング選手として活躍するノーラン・ティーセンは「大事なショットが上手くいかない時は出てしまう時がある」と自身の経験を明かし、「他の選手もそういったことがあるはずだ」と語っている。

アエラ 2/22(火) 18:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/65b99a643b6beae42e2c16fac45be57b994b7d1f

【「ナイスぅー!」カーリング人気に繋がった〝声の丸聞こえ〟汚い言葉や作戦が漏れる危険性は?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/21(月) 22:49:32.30 ID:CAP_USER9
<北京オリンピック(五輪):カーリング 日本3-10英国>◇決勝◇20日◇国家水泳センター

第11弾、最後の「もぐもぐタイム」は、チョコバー、ようかん、スポーツゼリーだった。

初の決勝進出を決めた日本代表ロコ・ソラーレが英国との金メダルマッチに臨み、第5エンドまでを終えて1-4とリードを許して前半を折り返した。その後、リードを広げられ3-10で敗れ、銀メダルだった。

銅メダルを獲得した18年平昌(ピョンチャン)五輪で大きな話題を呼んだハーフタイムの「もぐもぐタイム」。この試合ではチョコバー、ようかんなどで後半戦への力を蓄えた。コーチ陣、リザーブの石崎と円を作り、後半への作戦を練っていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f28b01649a2e0a494b875bfc095d74ba796e66fb

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220220-32200302-nksports-000-6-view.jpg?pri=l&w=640&h=487&exp=10800

【北京五輪・カーリング女子決勝 ロコ・ソラーレ、最後の「もぐもぐタイム」はチョコバー、ようかんで力蓄え】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/19(土) 05:52:54.27 ID:CAP_USER9
<北京オリンピック(五輪):カーリング・日本8-6スイス>◇女子準決勝◇18日◇国家水泳センター

日本代表のロコ・ソラーレに準決勝で敗れたスイスは、またも悲願の五輪王者に届かなかった。世界王者として臨んだ大一番。前日の1次リーグ最終第9戦では8ー4で下した相手に、6-8で雪辱される形になった。

スキップのシルバナ・ティリンツォーニは「1週間試合をしていれば、とても調子の良いチームと当たることもあります。それが今日の日本でした。彼女たちは私たちより良いゲームをした。勝ちに値していました」と語った。

互いに尊敬し合うチーム同士。吉田知那美は「ベストフレンド」と表現する。フォースのアリナ・パッツも「彼女たちが昨日より良いプレーをしてくるのは分かっていました。彼女たちが本当に優れたチームだと知ってますから」と答えた。全力で渡り合い、勝者をたたえる姿があった。

19日の3位決定戦ではスウェーデンと対戦する。

日刊スポーツ 2/19(土) 2:51わ
https://news.yahoo.co.jp/articles/08893dd6d9600e5a445bcab4930c62de11947c82

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220219-32190056-nksports-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=488&exp=10800

【北京五輪・カーリング女子準決勝 敗れたスイス、ロコ・ソラーレたたえる「本当に優れたチーム」「彼女たちは私たちより良いゲームをした」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/19(土) 05:45:19.87 ID:CAP_USER9
<北京オリンピック(五輪):カーリング・日本8-6スイス>◇女子準決勝◇18日◇国家水泳センター

【図】第5エンド藤沢の4点獲得ラストショット

日本代表のロコ・ソラーレが世界王者スイスとの準決勝を制して決勝進出を決めた。初の銀メダル以上となり、18年平昌五輪の銅メダルに続く2大会連続の表彰台も決めた。

前日の1次リーグ最終第9戦では4ー8で敗れた世界王者との再戦。大きく動いたのは第4エンド(E)だった。スキップ藤沢五月のラストショットでダブルテークアウトを決めて、今大会初の4点を挙げるビッグエンド。5ー2とリードして前半を折り返した。

後半には7ー5を迫られた第9Eでまたも藤沢が光った。不利な先攻での一投目でトリプルテークアウトで4点ピンチを脱出。続く最終投でもダブルテークアウトを決めて、起死回生に成功した。相手を1点に抑えて、最終10Eで確実に1点を取り切って勝利した。

藤沢は「勝っても涙が出てこない」とおどけた。前日17日のスイス戦では敗れた後、4強入りは決めたがミスが目立った。

「散々泣いたおかげで疲れて、良い意味で力抜けて楽に試合に臨めた。すっごい顔をしていたのか、いろんなメッセージきて、たくさんの声をかけてくれて、気持ち的にも楽に臨めたのかな」と振り返った。

決勝の英国戦は20日に行われる。

日刊スポーツ 2/19(土) 0:35
https://news.yahoo.co.jp/articles/8e39297046842edc3f0bf7ae24c1678d5c3df159

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220219-32190025-nksports-000-7-view.jpg?pri=l&w=640&h=422&exp=10800

【藤沢五月「スーパーショットでロコ・ソラーレ決勝導く「勝っても涙が出てこない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/18(金) 22:50:14.03 ID:CAP_USER9
<北京オリンピック(五輪):カーリング 日本-スイス>◇準決勝◇18日◇国家水泳センター

第10弾の「もぐもぐタイム」は、干しいもとドライフルーツだった。

勝てば初の銀メダル以上が決まる準決勝に挑んだ日本代表のロコ・ソラーレは、スイスとの大一番の第5エンドまでを終えて、5-2とリードをして前半を折り返した。第5エンドに今大会初めて4点のビッグエンドを作り出した。

銅メダルを獲得した18年平昌(ピョンチャン)五輪で、ハーフタイムの食事姿「もぐもぐタイム」が話題に。平昌では選手村付近の八百屋などで調達していたが、今回はバブル内での生活のため日本から持ち込むなどしている。この試合では、干しいもとドライフルーツだった。

世界王者相手に優勢。初の決勝への道を開きたい。

日刊スポーツ 2/18(金) 22:35  
https://news.yahoo.co.jp/articles/6ec7eb5a5f1bcb5dd4639255e4fd6890e9491f99

【北京五輪・カーリング準決勝 「もぐもぐタイム」は干しいもとドライフルーツ】の続きを読む

このページのトップヘ