SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

キックボクシング

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/23(金) 00:35:34.15 ID:CAP_USER9
 キックボクシング・KNOCK OUT-BLACK女子ミニマム級(47.5kg)王者のぱんちゃん璃奈さん(28、STRUGGLE)は2022年9月21日にツイッターとインスタグラムを更新し、醜悪な画像や性的な画像をインスタグラムに送り付けられる被害に遭っていると明かした。

■「他の子達のためにも警察に相談に行きます」

 大阪府出身のぱんちゃんさんは19年2月にプロデビュー。20年8月にREBELS-BLACK女子アトム級(46kg)初代王者となると、22年3月には1階級上のミニマム級でも王座を獲得した。22年4月、練習中に前十字靭帯断裂の大怪我を負い、現在はリハビリを行っている。

 ぱんちゃんさんは9月21日、自身のツイッターに「インスタのメッセージ開いたらおじさんの大便した写真が丸々送られてきて、とても気持ち悪くて頭から全く離れなくて...」と被害の内容を告白。さらに「もうメッセージ開きません。沢山卑猥な写真今まで送りつけられて来たけど」と、これまでも性的な写真を送られていたとし、「今日のは吐きそう本当」「友達がいたら、愚痴れたのに家で一人で見てしまって...切り替えれなくて...気持ち悪すぎてどうしようもなくて」「SNSの匿名利用がおかしくさせてるほんと」などと訴えた。

 同日にはインスタグラムのストーリーズで、レッサーパンダの写真とともに「見てると思うから言うけど私に大便の写真送りつけてくる人気持ち悪すぎて」と被害を報告。「他の子達のためにも警察に相談に行きます よろ」と対応を伝え、「性器の写真送ってくる人も同じやぞ 気分悪いねんほんま」と訴えた。


9/22(木) 17:33配信 J-CASTニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/fc2360ae484721cd97f1a5f8f88018c5946ea3ba
ぱんちゃん璃奈さん(インスタグラムより)
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220922-00000011-jct-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=620&exp=10800&fmt=webp

【「おじさんの××した写真が送られてきた」 ぱんちゃん璃奈、醜悪なDMが送られてくると明らかに】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/16(木) 16:51:16.96 ID:CAP_USER9
6/16(木) 16:27
東スポWeb

プルシェンコ氏が〝格闘界進出〟 自身経営のアカデミー内にキックボクシング学校=露メディア報道

 ロシアのフィギュアスケート界で〝皇帝〟と称されるエフゲニー・プルシェンコ氏が、自ら経営するアカデミー内に格闘技の学校を開設することになった。

 ロシアメディア「スポーツ・エクスプレス」は「プルシェンコが自身のアカデミーに格闘技学校の開設を発表」と題する記事を掲載。「オリンピックに2度出場したエフゲニー・プルシェンコ氏が、自身のアカデミーにフィギュアスケートと格闘技のクラス用の新しいホールをオープンすることを明らかにした」と報じた。

 その上で、本人のSNSからコメントを引用。プルシェンコ氏は「フィギュアスケートの選手が練習する新しいホールのオープンが間近に迫っている。フィギュアスケートの練習をするアリーナの一角には、キックボクシングの世界チャンピオンとして知られるアレクサンダー・リポボイの学校が併設される予定だ。これは新しい建物で、少年少女のための新しい武道場ができる。また、アマチュアが来て、さまざまな格闘技を専門的にトレーニングすることもできる」と説明している。

 ロシア国内ではプルシェンコ氏が巨額詐欺被害にあった影響などで資金難に陥っているとの見方もあるが、ビジネスでは拡大路線を続けているようだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220616-04260161-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/bce720fe82d1334ed31d7faa363c6b8a84b9da1f

【“皇帝”プルシェンコ氏が〝格闘界進出〟 自身経営のアカデミー内にキックボクシング学校】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/01(水) 13:18:39.54 ID:CAP_USER9
放送予定だったフジテレビの放送見送り。発表直後に天心はツイッターで「みんなごめん」「お金の為じゃねえんだよ 未来の為にやってんだよ 子供達はどうすんだよ」と怒りを滲ませていた。

 そしてこの日はインスタグラムに長文で思いのたけをつづった。

「たまたまつけたテレビで人生が変わることもあるし

俺は地上波で 格闘技を見てキックボクシングを始めた だから最後は絶対にテレビでやらないと恩返しが出来ない

この試合を見て格闘技を始める人、何でもいいから何かを始める人 沢山居ると思う

そのきっかけになりたい

確かに時代はネットやYouTubeかもしれない

PPVでやれば沢山のお金が稼げるのかもしれない けれどそんなのはどうでもいい 目先のお金なんてちっぽけだし 俺はお金の力には負けたく無い

この試合は沢山の子供達、未来のある人達、より多くの人に観てもらいたい

それには地上波しか方法は無い

もし地上波でやらないのであれば俺はもうやめてもいいと思ってる

最後なんだ これで終わりなんだ 頼む。

日本はまだまだ出来るはず」

 308文字に込めた思い。天心は次世代を担う子どもたちのためにも、地上波での放送を願っている。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/af93600d7cd828a2ea4a77d847fbbaffabfdad91

【那須川天心「地上波でやらないのであれば俺はもうやめてもいい、最後なんだ これで終わりなんだ 頼む。」 308文字に込めた思い】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/01(水) 01:33:52.05 ID:CAP_USER9
5/31(火) 20:02配信
スポニチアネックス

 キックボクシングのRISE王者・那須川天心(23)とK―1王者・武尊(30)の“世紀の一戦”が行われる6月19日の格闘技イベント「THE MATCH 2022」(東京ドーム)をフジテレビが放送しないと決めたことについて、5月31日、「THE MATCH 2022」製作実行委員会の榊原信行氏らが緊急会見を行った。

 この日、フジから一方的に通達。フジと契約に至らなかったについて、榊原氏は「何が最終的な原因になったのか、明確なものはないという状況にあります」としながらも「地上波でフジテレビさんが放送するべきだと思っています」と主張した。

 「最後まで地上波の放送はフジテレビにこだわりたい?」の質問に、榊原氏は「個人的には。でも他局さんでも、もちろんいいですけどね」と揺れる心境を明かした。

 「(フジは)枠が空いちゃっているんだから。このまま行くと“えーっ”ていうような映画を流すことになっちゃうのかなと思っていますね。Bプロの方も準備していないんで。(フジにも)色々思いはあるんだろうけど、僕が頭を下げたり(主催から抜けるなど)何か形を変えることで済むんだったら、放送してほしいなって思いますけどね」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/92159eeeb7d6444f876c625d880da58f0b2f3ab0

【「天心VS武尊」フジ見送り 榊原信行氏が揺れる心境…地上波は「他局さんでもいい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/04(月) 05:36:56.71 ID:CAP_USER9
4/4(月) 5:15配信
東スポWeb

「決戦の日」が迫る武尊(左)と那須川(東スポWeb)

 世紀の大一番に、まさかのビッグネームも登場か――。〝キック界の神童〟こと那須川天心(23)とK―1のエース・武尊(30)の「キック頂上決戦」が、日に日に盛り上がりを見せている。大決戦は6月19日に東京ドームで行われることが発表されたが、両雄は東京・国立代々木競技場第一体育館で2、3日と続けてリングに立ち、決意を表明。そうした中で水面下では、スーパーマッチを見届けるべく超大物2人が「特別立会人」に浮上している。

 武尊は3日に行われた立ち技格闘技「K―1」の年間最大興行「K’FESTA.5」(国立代々木競技場第一体育館)で、休憩明けにリングに登場した。

 マイクを持つと、6・19決戦に向けて「長年期待されていて格闘技ファンみんなが待ち望んでいた試合だと思うので、最高の試合で『K―1が最強』というのを僕が証明したい」と決意を表明。続けて「K―1ファンの皆さまの気持ちを背負って、人生かけて、全てかけて、絶対勝ってくるんで、みんなで応援してもらえたらうれしいです」と力を込めた。

 一方の那須川も前日2日に同じ会場でリングに立った。こちらはホームリング「RISE」の卒業マッチで同門の風音と対戦。父の弘幸会長も敵に回して苦戦を強いられ、判定2―0での辛勝に「気持ちで揺さぶられているようじゃ、そういう世界で勝てる試合じゃないと思うんで。意識を張るというか、揺さぶられない試合をしたい」と厳しい表情。それでも弘幸会長を一度敵に回したことで新たな課題や弱点を発見することにつながったとして「いいものを手に入れられたかなとは思っています」と話した。

 試合に向けて白熱する両雄に導かれるように、東京ドーム大会のアンダーカードへの出場を希望する選手も続々現れている。2、3日には両団体の選手が互いの大会を視察に訪れるなど〝対抗戦〟の火までつき始めたようだ。

 そうした中で浮上しているのが、ビッグマッチにふさわしい「特別立会人」だ。メガイベントの関係者は「世紀の一番にふさわしい格闘技界の大物やレジェンドに、試合に立ち会ってもらったらどうかというプランがあります」と明かす。

 その候補の1人は、言わずもがな〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(79)だ。偶然にも那須川VS武尊は、猪木氏がボクシング世界ヘビー級王者モハメド・アリと戦った「世紀の一戦」と同じ6月(1976年)に行われる。格闘技の礎を築いた猪木氏だけに「猪木さんに立ち会っていただけたら一番でしょう」(同関係者)。ただし現在は「全身性トランスサイレチンアミロイドーシス」で闘病中のため、立会人が実現するかは猪木氏の健康状態が大きく左右しそうだ。

 さらには、2018年大みそかに那須川とエキシビションマッチで対戦したボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(45)の名前も挙がる。関係者によれば、メイウェザー自身もこのドーム決戦に熱視線を送っており、自ら「試合を見届けたい」とラブコールを送っているようだ。こちらは入国というハードルがあるため新型コロナウイルスの感染状況に影響されるが…。

 他にもビッグネームが挙がっている模様で、世紀の一戦はその周囲も含めて過熱していきそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220404-04105868-tospoweb-000-7-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba311dccb5028f7a1b2b4116d72f0d02f4824aa8

【那須川vs武尊〝6・19東京ドーム決戦〟 特別立会人に浮上した超大物の「名前」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/15(土) 18:47:05.46 ID:CAP_USER9
1/15(土) 18:35
東スポWeb

【RIZIN】皇治が冬眠続行を宣言「ヘボ負けして冬眠しとんやからほっといてほしーがな」
新しい挑戦とは…(東スポWeb)
〝キック界のドン・ファン〟こと皇治(32)が、引き続きの冬眠を宣言した。

 皇治は13日に自身のツイッターに「1番怖い事は失敗に恐れて何もせん事」「せやから今年は新しい挑戦をする」などと投稿し、再起への決意を表明。昨年大みそかのYA―MAN戦に敗れ「しばらく冬眠します」としていたが、早くも目覚めを予感させた。

 しかしその後、15日未明に「あーモテてしゃーない ヘボ負けして冬眠しとんやからほっといてほしーがな笑 あーこのカリスマ性をわけてやりたい年頃」と引き続き、冬眠を続けるとした。

 ちなみに、13日の投稿を受けて14日に取材を申し込んだものの、15日現在返答はなく〝既読スルー〟状態。これこそまさに「ほっといてほしーがな」という冬眠続行の強い意思表示なのだろう。

 その後、再び「毎日限界なんて感じとるよ 崩れたならまたつくればええ 自分自身より大切な仲間がいる事に感謝」とした皇治に早く春が訪れることを願うばかりだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220115-03929582-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/9b4d87e202c0a0dcc967701201fb0965b8098763

【皇治が冬眠続行を宣言「ヘボ負けして冬眠しとんやからほっといてほしーがな笑」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/11(火) 20:39:13.87 ID:CAP_USER9
 女子格闘家のぱんちゃん璃奈が8日、自身のYouTubeチャンネルを更新。昨年大みそか以降から賛否両論を呼んでいるMMA参戦について言及した。

 アップした動画で「ミックスルールだったら私は出ません。MMAファイターに失礼ですけど、キックでしか闘いません。MMAを練習している時間はないです」と宣言したぱんちゃん。

 事の発端は昨年大みそかの格闘技イベント「RIZIN.33」で行われたパク・シウ対RENA戦直後のツイートだ。ぱんちゃんは「批判覚悟で!!批判きても1ミリでも可能性広がるなら、来年どこかでキックルールしてくださるならもう1度闘いたい…MMAファイターなので難しいとも思うし、闘ったのは2年半前なのでお互い全くの別人として。」とMMAルールでRENAに勝ったパク・シウに呼びかけたのだ。

 このツイートに対し、パク・シウは「名前を出して下さるのは嬉しいです ありがとうございます ただ私はMMA選手です サッカーとフットサル、テニスと卓球のように競技もルールも違います 49kg MMAに来てください」とアンサーツイートをしていた。

 この両者のやり取りが大みそか以降、格闘技ファンの間で賛否両論を呼んでいる。

 ぱんちゃんはMMA人気への理解を示している一方で、今回の動画では「私はもともとキックボクシングに出会って人生を救われてキックボクシングで生きるという決意をした。これで成功してみせると決めた。まだ成功していない」と胸中を明かした。

 また「人によって成功は違う。RIZIN出ることが成功なのか。私は海外で活躍する選手になるのが夢です。まだ私は中途半端。中途半端な状態でなぜMMAにいくのか分からない」とMMA転向への見解を示した。

 続けて「私はキックボクサーとして海外に行く1人目の人になりたい。海外だと正直今の自分の階級はないです。でも作ってもらえるぐらい強くなって知名度もあげて、早ければ1年後には海外の選手と試合をしたい」と今後の活躍を誓った。

 参戦を望むファンに対しては「MMAで見たいと言ってくれるのはうれしいです、ありがとうございます」と感謝を述べた一方で、強制するファンに対しては「私の夢を勝手に決めんなよ」と一蹴した。

ENCOUNT編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/9539c0598875aabf2cae6730873c940b1d156eb1
ぱんちゃん璃奈【写真:山口比佐夫】
https://encount.press/wp-content/uploads/2022/01/08181643/1e97111e43a8273fd7ac467c256694f3.jpg

【キックボクサー・ぱんちゃん璃奈、MMA参戦を強制するファンを一蹴「私の夢を勝手に決めんなよ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/08(土) 22:38:10.86 ID:CAP_USER9
 元迷惑系ユーチューバーのへずまりゅう(30)が8日、有名配信者による格闘技大会「ギガフェス」(東京・新宿フェイス)で、元〝ミスター・アウトサイダー〟の啓之輔(38)とキックボクシングルールで対戦し、1ラウンドKO負けを喫した。

【写真】へずまりゅうを秒殺KOした啓之輔

 試合前、へずまは「秘策がある」とビッグマウスは相変わらずだったが、啓之輔は朝倉未来・海兄弟を輩出したアウトサイダーの元チャンピオン。「格闘技をなめるなよ」と突進してきたへずまをいなすと、腹に膝蹴りを一撃。ひるんだへずまにハイキック2連発で返り討ちした。
 
 ゴングが鳴ってからたった7秒の秒殺劇に観客はア然。アゴを粉砕されたへずまはしばらく動くことができなかった。骨折した疑いがあり、血が止まらず、救急車で病院に搬送された。

1/8(土) 21:52配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/94169d7c1050131bc941222bf2bb9f2ced7187d1
https://i.imgur.com/ThkZatq.jpg
https://i.imgur.com/OctBH5Y.jpg

【元迷惑系YouTuber・へずまりゅうが救急搬送! 元アウトサイダー王者のハイキックであご粉砕】の続きを読む

このページのトップヘ