1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/16(土) 07:18:16.94 ID:a3hGT+Lo9
 浦和レッズは現地12月15日、サウジアラビアで開催されているクラブ・ワールドカップの初戦で、メキシコのクラブ・レオンと対戦。1-0で競り合いを制した。

 一進一退のなか、スコアレスで迎えた78分、敵陣ボックス内でホセ・カンテからパスを受けたアレックス・シャルクが右足でシュート。見事に決勝点を突き刺し、欧州王者マンチェスター・シティと戦う準決勝に駒を進めている。

 この結果に啞然としているのが、対戦国メキシコのメディアだ。『Reforma』紙は「浦和がレオンを排除し、つかの間のW杯の冒険に終止符を打つ。レオンのクラブW杯の夢はすぐに終わった」と伝えた。

 手厳しかったのが『Informador』で、「クラブW杯でのレオンのとんでもない敗退」と見出しを打ち、こう綴った。

「レオンは、サウジアラビアで開催されたクラブW杯で日本のチームと対戦し、悲惨なデビューを飾った。プリンス・アブドラ・アル・ファイサル・スタジアムで浦和レッズに0-1で敗戦を喫した。この結果は敗退を意味するだけでなく、準決勝でマンチェスター・シティと対戦する機会を失うことになる」

 同メディアは「歴史的に、メキシコのチームはクラブW杯で日本のチームに苦戦してきたが、今回のレオンのパフォーマンスも例外ではなかった。ニコラス・ラルカモン監督が率いるチームの国際デビュー戦はアジア王者に敗れ、悪夢と化した」とこき下ろした。

「レオンのパフォーマンスの低さは明らかで、アイデア、創造性、ペースを加速する能力、戦術バリエーションの欠如が顕著だった。90分間で、枠内シュートを1本しか放たず、決定的なチャンスを生み出せなかった」

 結果だけでなく、乏しかったプレー内容も糾弾している。

2023年12月16日 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=144638

写真https://soccerdigestweb.thedigestweb.com/v=1702675035/files/topics/144638_ext_04_0.jpg

浦和にクラブW杯で敗戦のレオン、「レッズ戦で恥をかいた」と母国酷評 ファンから批判殺到
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bdb5bb9f5e8a9a194e5b8c71275531b9c6e0b6c

【「悲惨」レオンの浦和戦敗北に母国メキシコのメディアは唖然!「また日本のチームに苦戦、悪夢と化した」】の続きを読む