SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

クリスティアーノ・ロナウド

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/14(木) 23:47:29.73 ID:CAP_USER9
マンチェスター・ユナイテッドからの退団希望を露わにしていると言われているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)だが、サウジアラビアからメガオファーが送られたようだ。スペイン『アス』が報じた。

昨夏電撃的にユベントスを退団し、ユナイテッドに復帰したC・ロナウド。チームの成績は芳しくなかったが、プレミアリーグで30試合18ゴールを記録。チャンピオンズリーグ(CL)でも6試合で6ゴールと結果を残していた。

残り1年の契約があるなか、競争力を失っていると感じられるチームに対して不信感を抱いているC・ロナウドは、退団を希望していると報道。
本人が態度を示していないが、その亀裂にわって入ろうとチェルシーやバイエルン、バルセロナなどが動き出しているとされている。

そんな中、『アス』は『TVI』と『CNN Portuguesa』の情報として、サウジアラビアのクラブからメガオファーが出たと報道。2年契約で総額3億ユーロ(約414億5000万円)という衝撃の提示があったという。

クラブ名は明かされていないが、3億ユーロの内訳はユナイテッドに移籍金3000万ユーロ(約41億4500万円)、代理人に2000万ユーロ(約27億6300万円)、C・ロナウドに2億5000万ユーロ(約345億4000万円)という内容のようだ。

カタール・ワールドカップ(W杯)を控える中で、C・ロナウドはヨーロッパでのプレーを望んでいるとされるが、史上最大のオファーとも言えるもの。どこまでが事実か分からないが、C・ロナウドの去就は注目を集めそうだ。

https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=422300&page=2

【C・ロナウドに414億円オファー!? サウジから衝撃的な金額提示、年俸2年で345億円】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/24(金) 10:15:33.78 ID:CAP_USER9
今夏の移籍市場で予想外の大きな動きが起こるのかもしれない。

すでにオフに入っているヨーロッパの各リーグ。移籍市場も活発に動いており、すでにいくつかの目玉移籍が成立している状況だ。


現在大きな注目を集めているのは、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの移籍。本人がバイエルンからの退団を希望している一方で、クラブは残り1年の契約を全うさせようとしている状況だ。

そのバイエルンはリバプールからセネガル代表FWサディオ・マネを獲得。新たな点取り屋を迎えたわけだが、もう1人ストライカーを手にするかもしれない。それが、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)だ。

昨夏ユベントスを電撃退団し、古巣のユナイテッドに復帰したC・ロナウド。チームの成績は芳しくない一方で、個人としてはプレミアリーグ30試合に出場し18ゴール3アシストと奮闘。チャンピオンズリーグでも7試合で6ゴールとしっかりと結果を残していた。

しかし、そのC・ロナウドはユナイテッドでの時間を終えたいと考えいると報じられており、エリク・テン・ハグ新監督の下でのプレーを望んでいないとされていた。

スペイン『アス』によれば、C・ロナウドはユナイテッドにとどまってもタイトルの可能性が低いと考えているとのこと。ライバルであるマンチェスター・シティがドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを獲得。またリバプールもマネは去ったものの、ベンフィカのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを獲得するなど、確実に戦力を充実させている。

しかし、ユナイテッドはここまで余剰戦力の退団こそ発表しているが、補強はゼロ。移籍市場がこれから活発になるとはいえ、アーセナル、トッテナムも選手の補強をすでに行っており、完全に出遅れている状況と言える。

C・ロナウドも自身の残りキャリアが短いことは理解しており、その貴重な時間を無駄に使いたくないと考えているとされ、残り1年契約があるものの今夏で退団。4大リーグ制覇という偉業に向けても魅力的な移籍となる可能性がある。

レヴァンドフスキの退団希望を覆すことはかなり難易度の高いミッションだが、C・ロナウドが加入するとなれば一気に問題は解決するだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d60d7f1ea589fac73d183189eaa4ed3186df3202

【C・ロナウドが電撃移籍!? 補強しないクラブに嫌気、レヴァンドフスキの後釜としてバイエルン行きが浮上】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/17(木) 19:28:11.97 ID:CAP_USER9
マンチェスター・ユナイテッドのFWクリスティアーノ・ロナウドとパリ・サンジェルマン(PSG)のリオネル・メッシについて、イタリアメディア『スカイスポーツ』の番組で解説者を務めるパオロ・ディ・カーニオ氏が見解を示した。

長年にわたって世界最強選手の座を競い合ってきたC・ロナウドとメッシ。直近のリーグ戦では、ポルトガル代表FWがトッテナム戦でハットトリックを記録する活躍を見せた一方、アルゼンチン代表FWは精彩を欠き、パルク・デ・プランスの観客から抗議の口笛が浴びせられた。そんな2人について、現役時代にユヴェントスやラツィオ、ウェスト・ハムなどでプレーした経験を持つディ・カーニオ氏がイタリアメディアの番組内で見解を示した。

「メッシは髪の毛を触りながら退場し、感情を見せなかった。一方のC・ロナウドは、マンチェスター・シティ戦で先発から外れることが分かると、試合には帯同せず、ポルトガルへ行った。それから戻ってきていきなりトリプレッタ(ハットトリック)を決めた。2人の内のどちらを好むかと言えば、私は才能とは関係なく、感情のない火星人よりも、心があり、魂がある人間的な選手の方がいい」

その上で、ディ・カーニオ氏は、メッシが今シーズン、PSGで低調なパフォーマンスにとどまっている点について持論を展開した。

「気持ちが入っていないことが影響している。だがあれほどの才能を持つ選手が気持ちの面でこれほど弱いことがあり得るのかと疑問が湧く。もちろん彼だって抗議の口笛を浴びることはあるだろう。山ほどの観客が、彼に夢や驚きを期待してスタジアムに詰めかけている。彼の態度はふさわしいものではない」

イタリア人解説者はさらに、メッシのPSGの同僚であるFWネイマールにも苦言を呈した。

「ネイマールはもっとひどい。彼の才能に見合うような壮大なことをしていない。1カ月前のインタビューでは、『年間3カ月の休暇があるMLSでプレーするのが楽しみだ』などと語っている。リスペクトを払うべきだろう。彼は何らかの問題を抱えているに違いない」

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3d72d1ef142dd5de91128097a7ba3a2dcc677c7

【メッシに『スカイスポーツ』解説者が毒舌「感情のない火星人。C・ロナウドの方が好き。ネイマールは…」】の続きを読む

このページのトップヘ