1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/04(土) 21:53:34.45 ID:CAP_USER9
6/4(土) 21:30
配信
テニスマガジンONLINE
国枝慎吾がダブルスの相棒フェルナンデスとの激闘を制して4年ぶりの王座奪還 [フレンチ・オープン車いすテニス]

 今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の車いす男子シングルス決勝で、第2シードの国枝慎吾(ユニクロ)が第3シードのグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)を6-2 5-7 7-5で競り勝ち4年ぶりの優勝を飾った。試合時間は2時間41分。

 国枝がグランドスラム大会のシングルスでチャンピオンに輝いたのは、昨年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)から3大会連続で通算27回目(全豪11回、全仏8回、全米8回)となる。

 ロラン・ギャロスに15年続出場となる38歳の国枝は、これまでにシングルスのタイトルを7度(2007年~10年、14年~15年、18年)獲得。2018年以来の王座奪還を目指していた昨年は、決勝でアルフィー・ヒュウェット(イギリス)に3-6 4-6で敗れていた。

 1回戦をBYEで免除されていた国枝は準々決勝でステファン・ウッデ(フランス)を6-3 6-2で退け、準決勝では16歳の小田凱人(東海理化)との日本人対決を6-2 6-1で制して決勝進出を決めていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d1b264eaf670ef39b384faf5df2e12f7222f1b67

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220604-00020731-tennismagv-000-2-view.jpg

【全仏オープン車いす 国枝慎吾がダブルスの相棒フェルナンデスとの激闘を制して4年ぶりの王座奪還 】の続きを読む