SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

グランドスラム

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/12(月) 15:36:50.24 ID:ZKndEr2z9
【AFP=時事】11日に行われた全仏オープンテニス(French Open 2023)男子シングルス決勝で男子単独最多となる四大大会(グランドスラム)通算23勝目を挙げたノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)が、自身を史上最高の選手と呼ぶのは「敬意に欠ける」と強調した。

ジョコビッチはキャスパー・ルード(Casper Ruud、ノルウェー)をストレートで下し、グランドスラムの優勝回数で並んでいたラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)を抜いた。

 優勝回数は、全豪オープン(Australian Open Tennis Tournament)10回、全仏3回、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon)7回、全米オープン(US Open Tennis Championships)3回。すべてで3回以上優勝している男子選手は過去におらず、週明けには通算388週目の世界ランキング1位にも返り咲く。

 それでもジョコビッチは、「自分が史上最高だとは言いたくない。これまでの偉大なチャンピオンへの敬意に欠けると感じるからだ。みんな今とは異なる時代の選手で、プレーの仕方も今とはまったく別だった」と話し、「だから、誰が史上最高かの議論は他の誰かに任せたい。もちろん自分自身、つまり自分という人間と人となり、自分の能力のすべては強く信頼し、自信を持っている」と続けた。

 今回の全仏では史上最年長での優勝を果たしたが、30歳を超えてから11個のグランドスラムのタイトルを獲得しており、まだまだ老け込むつもりはない。20勝のロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)がラケットを置くのを目にし、けがで今季の残りを全休するナダルも来年限りでの引退の意向を示したが、ジョコビッチにとっては引退はまだ先のものだ。

「もちろん、旅はまだ終わっていない」としたジョコビッチは、「グランドスラムを勝てるのに、20年続けてきたキャリアを終わらせるようとする考えは必要ないと感じる」と話し、「今もモチベーションは高いし、こうした大会でベストのテニスを出したいという意欲を持っている。こういった大会がテニスの歴史の中で最も重要なものだと思う」と意気込んだ。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/e0b4840884f1fa43ff9c870feb0c91172e8d7504

【ジョコビッチ、史上最高を称するのは「敬意に欠ける」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/03(日) 13:38:18.18 ID:CAP_USER9
4/3(日) 13:34
スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 巨人―阪神(2022年4月3日 東京D)

 巨人の中田翔内野手(32)が阪神戦(東京D)の初回に6試合ぶり一発となる満塁アーチを放った。中田は前日まで4試合20打席連続ノーヒット。5試合21打席ぶり安打となる安打がグランドスラムとなり、東京ドームに歓声とどよめく声が交錯した。

 中田は開幕戦から9試合連続で「5番・一塁」に入って先発出場。0―0で迎えた初回、吉川の安打とポランコ、岡本和の連続四球で築いた1死満塁で入った第1打席で、今季初登板初先発となったガンケルが投じた初球、高めカットボールを左翼スタンド上段に叩き込んだ。中田の満塁アーチはプロ15年で6本目となった。

 中田は前日2日に行われた同戦で、5回に4番・岡本和が申告敬遠され2死満塁で入った第3打席で相手の2番手左腕、ドラフト3位ルーキーの桐敷から押し出し四球を選んでチームに貴重な追加点をもたらしたが、4試合20打席ノーヒット。打率・138となっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/df556683fdf0bcd9a17bd9cb58c83447fc3dda27

【巨人・中田翔の衝撃弾に東京ドーム騒然! 21打席ぶり安打が初回満塁弾!しかも特大!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/20(木) 14:28:11.50 ID:oz+ki0EDd
 スポーツのヒーローを「特別扱いしろ」と言いたいのではない。ジョコビッチは、昨年の全豪オープン優勝者だ。今年の大会を開くにあたって、ディフェンディング・チャンピオンを「最高儀礼」で歓迎するのは当然のわきまえだ。それなのに、オーストラリア政府は、出場できると確信して渡航してきた最優先ゲストを、こともあろうに冷遇し、世界的な非難の的にした揚げ句、追い出したのだ。これほどスポーツ界の道理に背く行為はない。

 「全豪オープンには、もはや『世界のグランドスラムの一つ』と認められる資格はない」と私は感じる。
https://diamond.jp/articles/-/293602

【スポーツライター「ジョコビッチを冷遇し追い出した全豪はもはやグランドスラムではない」】の続きを読む

このページのトップヘ