SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ケルン

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 00:43:45.39 ID:CAP_USER9
ブンデスリーガ第3節が21日に行われ、フランクフルトとケルンが対戦した。フランクフルトは長谷部誠、鎌田大地がともにベンチスタートとなった。

前半はともに大きな決定機はなくスコアレスで終了。57分、ケルンのMFフロリアン・カインツが鋭い突破から決定機を演出するも、GKケヴィン・トラップが好守で対応する。

69分に交代で入った鎌田が見事なプレーを見事なプレーを見せる。最初のプレーで左サイドを突破し、フリーキックを得た鎌田。ゴール左からのFKを鎌田が自ら狙うと、DFの頭をかすめてゴール左隅へと収まった。鎌田は今季リーグ戦では初ゴールとなっている。

75分には鎌田は見事な仕掛けで相手DFをかいくぐり、あわや決定機という場面も作り出す。しかし82分、ヤン・ティールマンが空中に高く浮いたボールをエリア外からボレーシュート。これが低い弾道でゴール左隅に突き刺さり、ケルンが同点に追いつく。

87分、左サイドの折り返しから鎌田が落とし、クリスティアン・ヤキッチが狙うもGKの好守に阻まれる。

結局、試合は1-1のドローに終わり、フランクフルトは開幕から3試合勝利なしに終わっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b1032814ebbfecd9e2ebd52ae4084ae4e0aa1f4a

【フランクフルト・鎌田大地、途中出場からFKで今季リーグ戦初ゴール!82分、ケルンに追いつかれ開幕から勝利なし】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/11(木) 07:05:51.61 ID:CAP_USER9
<ブンデスリーガ:ケルン3-1シャルケ>◇7日◇ケルン

【ケルン(ドイツ)7日=浜野裕樹通信員】日本代表の主将、シャルケDF吉田麻也(33)がアウェーで行われたケルンとの開幕戦でフル出場。キャプテンマークを巻いてドイツでの第1歩を踏み出した。

試合はシャルケに退場者が出たこともあり1-3で完敗。それでも「苦しい時こそ引っ張っていけるようになりたい」と前を向いた。

   ◇   ◇   ◇

▽吉田麻也一問一答

-厳しいスタートになった

吉田 厳しいですが、退場したらこういう事は起こりうる。0-0、0-1の時間をもうちょっと長くしたかった。そこで踏ん張れなかった。

-初めてのブンデスリーガのピッチは?

吉田 雰囲気はいい。オープニングゲームでサポーターの熱もこもってたし、なかなかスタジアムが満員になることはイタリアでは少ないので、良かった。

-欧州4カ国目で試合の強度や相手のレベル?

吉田 フィジカル的にはドイツの方が高いかな。ただテクニカルな部分はイタリアの方が相手の隙を突いてくるのがうまい。バイエルンとか上のチームは違うと思いますけど。

-次はボルシアMGとのホーム開幕戦

吉田 すごく楽しみ。あのスタジアムでやれるっていうのは、十年来の目標なので。(板倉)滉もいるし。ここで落とすと精神的にも苦しくなるので、しっかり勝って最高のスタジアムの感覚を味わいたい。
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202208080000955.html

【シャルケDF吉田麻也ブンデスデビュー! イタリアとドイツの違いについて「フィジカル的には・・・」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 00:58:07.31 ID:CAP_USER9
5/15(日) 0:50
配信
FOOTBALL ZONE
ブンデスリーガ最終節のケルン戦、後半アディショナルタイムに遠藤がゴール

 ドイツ1部シュトゥットガルトは、現地時間5月15日のブンデスリーガ最終節となる第34節でケルンと対戦。日本代表MF遠藤航が後半アディショナルタイムに劇的な決勝ゴールを叩き込んで2-1と勝利し、シュツットガルトも1部残留を決めてクラブが「おぉキャプテン!」と絶賛。ファンからも称賛の嵐となっている。

 試合前の時点で2部との入れ替え戦出場圏内の16位だったシュツットガルト。負けられない一戦となるケルン戦。前半12分にシュツットガルトが先制するも、後半14分に被弾し、1-1のまま終盤を迎えた。

 後半アディショナルタイム、シュツットガルトが左コーナーキックを獲得。ニアサイドに飛んだボールに触って方向が変わり、ゴール前に飛び込んだのが遠藤だった。身体を投げ出す魂のヘディングシュートを叩き込み、会場は優勝したかのごとくヒートアップし、監督や選手、ファンが一体となって狂喜乱舞した。

 遠藤の一撃で勝利したシュツットガルトは15位に浮上し、劇的な形で残留が決定。シュツットガルト公式ツイッターも「おぉキャプテン!」と絶賛したなか、ファンからも「信じられない」「夢のようだ」「スーパーゴール」と称賛の嵐となっている。

FOOTBALL ZONE編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/5033d47e08c6bdfa4c3b73112379735de6a80c4a

【“劇的”決勝ゴール!!シュツットガルトMF遠藤航が最終節終了間際にチームを残留へ導く! 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」】の続きを読む

このページのトップヘ