SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ゲンナジー・ゴロフキン

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/25(水) 13:02:26.69 ID:CAP_USER9
4団体統一王者アルバレス「とても幸せで誇り」2団体統一王者ゴロフキンと9・17に3度目対決

[2022年5月25日11時46分]
プロボクシング4団体統一スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(31=メキシコ)が9月17日、WBAスーパー、IBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(40=カザフスタン)と3度目対決することが24日(日本時間25日)、発表された。

英プロモート大手マッチルーム社、DAZN社から発表されたもので、会場は未定となる。

両者は17年に初対決し引き分け。1年後の再戦ではアルバレスが判定勝ちしている。過去2戦の会場はいずれも米ラスベガスのT-モバイル・アリーナだった。

アルバレスは今月7日、米ラスベガスでWBA世界ライトヘビー級スーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)に0-3の判定負け。13年9月、フロイド・メイウェザーに負けて以来の黒星からの再起戦となる。「いつも最高の試合をすることができてとても幸せで誇りに思う。この戦いも例外ではない」と力強く宣言。

4月9日に村田諒太(帝拳)との2団体王座統一戦を制しているゴロフキンは「9月17日に会いましょう」とコメントした。

https://www.nikkansports.com/m/battle/news/202205250000346_m.html

【4団体統一王者アルバレス、村田諒太との2団体王座統一戦を制したゴロフキンと9月17日に3度目の対決】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/09(土) 23:33:45.72 ID:CAP_USER9
4/9(土) 22:36配信
スポニチアネックス

さいたまスーパーアリーナに姿を見せた井上尚弥

 プロボクシングのWBA・IBF世界ミドル級王座統一戦12回戦は9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA世界同級スーパー王者・村田諒太(36=帝拳)は元3団体統一王者でIBF世界同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(40=カザフスタン)に9回途中TKOで敗れ、王座から陥落した。

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)は試合会場でゲスト解説として生観戦。「自分もモチベーションになった」と刺激を受けた井上は、村田と同じ舞台で6月7日にノニト・ドネアとの再戦へ闘志を燃やした。

 2年7カ月ぶりの再戦となることに「再戦は自分のキャリアの中では初めてのこと。自分としては何が何でも勝たなきゃいけない試合」と決意を口にした。「約3年前、ここ、さいたまスーパーアリーナで一度激突しているので、2カ月後に、またここでドネアと対戦できることを自分は今から楽しみに頑張りたい」と心待ちにした。

 前回の対戦では12回まで戦い判定勝ちだった井上は「手の打ちも全て分かっている状態。自分は13ラウンド目からのスタートという、今回テーマとして、最初から倒すつもりでいくので、今回は判定にならない」と言い切った。そして「今日の試合でパワーをもらったので、後2カ月頑張りたい」と意気込んだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220409-00000361-spnannex-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/27582f354bea377be17e2e0a496e89a4dd2b3af4

【井上尚弥、村田の勇姿に刺激 同じ舞台でドネアと再戦へ「今回は判定にならない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/11(月) 17:02:40.50 ID:CAP_USER9
4/11(月) 15:18配信
東スポWeb

 将棋の羽生善治九段(51)が11日、ツイッターを更新。ボクシングの世界ミドル級王座統一戦でゲンナジー・ゴロフキンと対戦した村田諒太について言及した。

 羽生九段は2017年に村田と対談したことがあり、「先週、村田ーゴロフキンの注目の一戦が行われました。村田選手とは以前対談をさせて頂き、アスリートとしての精悍さだけでなく幅広い知識と好奇心を持つ人だと思いました」と非常に知的な選手という印象を受けたようだ。

 試合は村田が9RTKO負けとなったが「しっかり休養されてまた素晴らしい試合をしてほしいです」と復活を祈念した。

 羽生九段自身も昨期は成績が振るわず、29期連続で在籍した順位戦A級から陥落。今季は自身の復活を賭けるシーズンとなる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ba845d8764e0871450e79591639dedb4d7a88ffa

【「精悍さだけでなく幅広い知識と好奇心を持つ人」羽生善治九段がボクシングの村田諒太に言及】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/10(日) 18:56:32.49 ID:CAP_USER9
ボクシング前WBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太(36=帝拳)が王座陥落から一夜明けた10日、所属ジムを通じて心境を明かした。

9日、さいたまスーパーアリーナで激突した世界的スターでIBF世界同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(40=カザフスタン)に9回TKO負けを喫して王座から陥落。目標とする同級最強に敗れ、同級での2団体王座統一を逃した。今後の進退について「ゆっくり休んでから考えます」と態度を保留した。

ゴロフキン戦での激闘を物語るように、村田は数多くの個所を腫らしていた。「4時間ぐらいは寝ました」と振り返るが、首、肩、アゴに激痛が残っており「今は痛いところがあるから、痛みを取りたいですね。それだけパンチをもらったということです」と説明した。

まだゴロフキンとの試合映像を確認していないものの「技術のセンスを感じました。パンチを入れ込むところの多彩さが違いました。いろいろな角度からパンチを入れてくるので、その殴る感覚というか、その幅の差を感じました」と振り返った。

試合直後は明言を避けた自身の感情についても、まだ整理できていないという。村田は「まだ受け入れの段階だと思う。頭が理解していない。昨年の試合延期となった時と同じ喪失体験ですね。1度否定的になったり、頑張ったりする反動が起きると思う。その反動が落ち着いてから、負けというものを受け入れていくと思う」と現時点での気持ちを明かした。

心理学、哲学に造詣が深い村田だけに「こうやってプロセスを知って、次に来る感情を予測できるのはいいことだと思う。落ち着いて、負けたという事実にボクシングをするか、しないか悩み始める。ボクシングをしたいとか、やっぱり辞めるとか。大変にはなると思います。それも乗り越えていければいいなと思っています」と解説。今後についてゆっくり時間をかけて結論を出す姿勢を示していた。

日刊スポーツ 4/10(日) 15:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/e52a2257f3ce77035cd6f94f13f0f6d81c5d46c2

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220410-34100482-nksports-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=480&exp=10800

【前WBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太、王座陥落から一夜明け心境明かす!首、肩、アゴに激痛 進退は「ゆっくり休んでから考えます」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/09(土) 21:49:29.59 ID:CAP_USER9
【ボクシング】村田諒太9回TKO負け「レジェンド」ゴロフキンに敗れ世界王座統一ならず
[2022年4月9日21時32分]

<プロボクシング:WBAスーパー、IBF世界ミドル級王座統一戦>◇9日◇さいたまスーパーアリーナ

WBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太(36=帝拳)が同級最強の「頂」に屈し、2団体の世界王座統一に失敗した。世界的スターとなる元3団体統一同級王者で現IBF世界同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(40=カザフスタン)に9回TKO負けを喫した。プロデビューから9年、17年の世界王座初奪取から5年、常に目標としてきた現役レジェンドから勝利できなかった。

続きはこちらで↓
https://www.nikkansports.com/m/battle/news/202204090000311_m.html

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1649507631/

【WBA・IBF世界ミドル級王座統一戦 ゴロフキンが村田諒太に9回TKO勝利!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/09(土) 11:05:19.44 ID:CAP_USER9
◆プロボクシング ▽WBA、IBF世界ミドル級(72・5キロ以下)王座統一戦12回戦 WBAスーパー王者・村田諒太―IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(4月9日、さいたまスーパーアリーナ)

 WBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太が8日、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキンと都内で前日計量に臨み、ともに規定体重の72・5キロで一発クリアした。新型コロナウイルスの抗原検査ではともに陰性を示した。元WBA世界ミドル級王者・竹原慎二氏が試合の行方を占った。

 * * *

 普通に考えれば、村田が勝つ確率は3割ぐらいかもしれない。でも、肉を切らせて骨を断つという戦いができれば何かが起こるかもしれない。本気でゴロフキンの息の根を止めるつもりで向かってほしい。

 村田のパワーは並外れており、防御は堅いガード、攻撃では相手のこめかみを捉えるフック気味の右や左ボディーを徹底すべきだ。過去の2敗の内容は共通している。相手を見過ぎて、考え過ぎて手が出なくなる。ロンドン五輪で金メダルを取った時のような、集中力の高い、迫力ある攻撃に勝機を見いだせれば。メンタル面もしかりだ。

 ゴロフキンは一見、派手さはないが、総合力はやはり高い。そんな相手に対し、村田が前に出続けるのは危険だが、ゴロフキンは右のロングフックを放つ際にガードが一瞬緩む。そういう隙を狙いたい。

 僕が世界王者になった当時、ミドル級は日本人にとって「人間が月に行くぐらい難しい階級」と言われた。村田がミドル級歴代屈指の強さを誇るゴロフキンに勝つことになれば、また時代は大きく動くだろう。(元WBA世界ミドル級王者・竹原慎二)

スポーツ報知 4/9(土) 6:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/38d1f88b1bd73601b86c29d65f9fef0a0ab3b02c

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220409-04081224-sph-000-1-view.jpg?pri=l&w=428&h=640&exp=10800

【“村田諒太VSゴロフキン” 竹原慎二「村田が勝つ確率は3割ぐらい…でも、肉を切らせて骨を断つという戦いができれば何かが起こるかもしれない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/08(金) 19:50:04.43 ID:CAP_USER9
WBAスーパー&IBF世界ミドル級タイトルマッチ(9日、さいたまスーパーアリーナ)の前日計量が8日、都内で行われ、WBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(36=帝拳)とIBF同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(40=カザフスタン)はともに72・5キロでクリア。いよいよ対決ムードが高まってきた。

 この日に40歳の誕生日を迎えたゴロフキンは前日と同様、笑顔を振りまいた。主催者から誕生日プレゼントと花束を贈られると相好を崩し、対戦相手の村田とはグータッチ。会場全体が〝戦闘モード〟とは程遠い和やかな雰囲気に包まれた。

 しかし、裏の顔は違った。ゴロフキンは人一倍、新型コロナウイルスの感染に神経をとがらせ、来日後は部外者をシャットアウト。限られた人以外の接触を極度に拒み、練習以外は宿泊先のホテルから一歩も出ていない。周囲のスタッフが感染の危険が少しでもある行動を取った際、怒りをあらわにしたという。

 さらにゴロフキン陣営は、事前にリングに上がる時刻を確定させることを主催者側に要求。当日(9日)は午後6時からメインを含めて3試合がAmazonプライム・ビデオで生配信される予定だが、ゴロフキン側の要望に応える形で午後8時45分にリングに上がれる段取りを調整することとなった。

 同日はメインの前にWBO世界フライ級タイトルマッチで王者・中谷潤人(M・T)と挑戦者で同級2位の山内涼太(角海老宝石)が戦い、東洋太平洋&WBOアジア・パシフィック・ライト級王座統一戦で2冠王者・吉野修一郎(三迫)と挑戦者で元WBO世界スーパーフェザー級王者の伊藤雅雪(横浜光)の一戦も組まれている。この2試合がどんな決着になったとしても、村田とゴロフキンのリングイン時刻を確定させるという。

東スポ 4/8(金) 16:14
https://news.yahoo.co.jp/articles/59427801ab768b1658cfad4bf26e51c9b1029534

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220408-04115009-tospoweb-000-3-view.jpg?pri=l&w=489&h=640&exp=10800

【世界ミドル級王座統一戦 ゴロフキン、リングイン時刻確定を要求!9日午後8時45分で調整へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/08(金) 05:53:03.58 ID:CAP_USER9
4/8(金) 5:15配信
東スポWeb

会見を終え、ゲンナジー・ゴロフキン(左)とグータッチを交わす村田諒太(代表撮影)

 現役王者が考える〝攻略法〟とは――。WBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(36=帝拳)とIBF同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(40=カザフスタン)の王座統一戦(9日、さいたまスーパーアリーナ)が、いよいよ秒読み段階に入った。戦前の予想もヒートアップする中、本紙はWBC世界ライトフライ級王座を奪回した寺地拳四朗(30=BMB)を直撃。「もし1日だけミドル級の体になったら?」と聞いてみると…。

 すでに多くの元王者や専門家が世紀の一戦を占っているが、現状では「GGG(トリプルG)」の勝利を予想する見方が優勢だ。下馬評は高くない中で、村田に勝機はあるのか。

 先月19日に前王者・矢吹正道(緑)を3ラウンド(R)KOで下して王座を奪回した拳四朗に「もし1日だけミドル級の体になったら、ゴロフキンにどう挑むか?」と問い掛けると、王者は間髪を入れずに「序盤からいきますね」と答えた。

「たぶんゴロフキンは最初からあまり来ないと思うんです。だから、まだ序盤のフワフワしている時に勝負をかけたい。3Rまでに仕留めたいですね。ゴロフキンは打たれ強さもあるので、長いこと打ち合いたくはない。中盤を過ぎたら厳しいと思います」

 実際、村田自身も公開練習後に「1R目が勝負」と予告しており、考え方は一致。また、拳四朗は具体的な戦術として「足を使うスタイルだと(体を)浮かされ、押されるだけ。だから足を止めて、先にプレスをかけたい。距離を取るより、どんどん(中へ)いったほうがいい」と接近戦を推した。

 このスタイルは拳四朗自身が先月の王座戦で実践。従来のアウトボクシングから大幅に変更し、勝利をつかんだ。その経験を踏まえ、接近戦の有効性を次のように力説する。

「ゴロフキンのパンチは角度がすごい。耳の後ろに当てたり、まさかそんなところから…ってくらい本当にいろんな角度から打ってくる。意図的にやっていますね。それにパンチが硬いんです。これは芯がブレずに打っている証拠。だから相手から離れるのではなく、接近しながらウィービングとかで頭を動かし、パンチを殺すんです」

 拳四朗はファイトスタイル変更の特訓中、頭を振ってパンチの芯を外す練習を徹底。これが見事にハマったといい、同じ戦法でゴロフキンのパンチを封じられると断言する。さらに相手の弱点と言われるボディーについて「単発ではなく右アッパーや右フックから打って、上下に散らすのが一番いい」と指摘するなど、打倒GGGの青写真を思い描いている。

 もちろんゴロフキンも研究に裏打ちされた万全の対策を立ててくるはず。村田も簡単に倒せる相手でないことは百も承知だろう。果たして決戦の行方はいかに――。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220408-04114043-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f3ab5604d816e2e0c1947e33451d8592ba215ae

【村田諒太に勝機はあるのか? 現役王者・寺地拳四朗が考えるゴロフキン〝攻略法〟】の続きを読む

このページのトップヘ