SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/17(金) 18:11:30.33 ID:CAP_USER9
バスケットボールキング編集部
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220617/378425.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/06/GettyImages-1403368489.jpg

 6月17日(現地時間16日)にTDガーデンでNBAファイナル2022の第6戦が行われ、ボストン・セルティックスとゴールデンステイト・ウォリアーズが対戦した。

 2勝3敗で追い込まれたセルティックスはマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタム、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世が先発出場。4年ぶりのNBA制覇に王手をかけるウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドリュー・ウィギンズ、ドレイモンド・グリーン、オットー・ポーターJr.がスターティングファイブに名を連ねた。

 第1クォーターはホームのセルティックスがいいスタートを切り、ホーフォードのフリースロー2本、ブラウンとテイタムの3ポイントシュートなどで開始3分57秒に14-2とリードを奪った。その後、ウォリアーズはウィギンズ、トンプソン、グリーン、カリーの3ポイントで追い上げることに成功。ギャリー・ペイトン二世が4得点、ジョーダン・プールが5得点とベンチメンバーも機能し、22-27と逆転して最初の12分間を終えた。

 シュートがなかなか決まらないセルティックスに対し、ウォリアーズがリードを広げる展開。プールの3ポイント、ウィギンズのリバースレイアップとダンクで第1クォーターから続いて0-21のランで抜け出した。第2クォーター残り2分9秒にはトンプソンの3ポイントでリードを21点にまで拡大。ターンオーバーが目立った相手を上回り、39-54でハーフタイムに突入した。

 第3クォーターは崖っぷちのセルティックスが猛追。立ち上がりからグリーン、カリー、ポーターJr.に3ポイントを許したものの、しっかりと食らいつくと、残り2分38秒からブラウン、ホーフォードの連続得点で追い上げ、66-76と10点差まで詰め寄った。

 勝負の第4クォーターは残り5分35秒の時点で78-86と8点差。それでも、ウォリアーズがセルティックスの反撃をかわし、90-103で勝利を収め、2018年以来4年ぶり、BAA時代を含め通算7度目の優勝を飾った。

■試合結果
ボストン・セルティックス 90-103 ゴールデンステイト・ウォリアーズ(@TDガーデン)
BOS |22|17|27|24|=90
GSW|27|27|22|27|=103

4年ぶりの優勝を飾ったウォリアーズ…ファイナルMVPはステフィン・カリーが満票で選出
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220617/378477.html?cx_top=newarrival

【NBAファイナル・第6戦 ウォリアーズが王座奪還! セルティックスを撃破、4勝2敗で4年ぶり通算7度目の優勝】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/14(火) 18:19:22.98 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220614/377921.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/06/GettyImages-1402770189-768x576.jpg

 6月14日(現地時間13日)にチェイス・センターでNBAファイナル2022の第5戦が行われ、ゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスが対戦した。

 ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドリュー・ウィギンズ、ドレイモンド・グリーン、オットー・ポーターJr.、一方のセルティックスはマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタム、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世が先発出場。ともに2勝2敗で第5戦を迎えた。

 第1クォーターはウォリアーズのペース。開始5分16秒の時点で、グリーンやウィギンズなどの得点で14-4と抜け出すと、その後もリードを保ったまま27-16で最初の12分間を終えた。

 第2クォーターは両チームともにシュートミスが目立つ中、残り4分34秒にテイタムが3ポイントシュートを射抜くと、ホーフォード、スマートも続き、セルティックスが43-35と肉薄。それでも、残り1分間でウィギンズ、カリーが得点を重ね、ウォリアーズが51-39とわずかにリードを広げた。

 セルティックスが第3クォーター序盤からブラウンのフリースロー4本、テイタムの3ポイント2本で0-10のラン。さらに、スマート、ホーフォードの3ポイントもあり、開始5分32秒に55-58と逆転に成功した。

 シーソーゲームの展開になる中、カリーのショットが不発だったウォリアーズは、トンプソンが2本の3ポイントを決めれば、ジョーダン・プールが同クォーター終了間際にブザービーター3ポイント。74-75と1点差で勝負の第4クォーターに突入した。

 勢いに乗ったウォリアーズが、第4クォーター開始から10-0のランで点差を2ケタに拡大した。グリーンがファウルアウトするアクシデントもあったが、ウィギンズの豪快ダンク、トンプソンの3ポイント、ギャリー・ペイトン二世のプットバックなどで加点。104-94で3勝目を挙げ、2018年以来、4年ぶりのNBA制覇に王手をかけた。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 104-94 ボストン・セルティックス(@チェイス・センター)
GSW|27|24|24|29|=104
BOS|16|23|35|20|=94

【NBAファイナル・第5戦 ウォリアーズが4年ぶりの制覇に王手…勝負の第4Qにセルティックスを突き放して3勝目】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/09(木) 18:11:31.75 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220609/377054.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/06/GettyImages-1401844042-768x576.jpg

 6月9日(現地時間8日)にTDガーデンでNBAファイナル2022の第3戦が行われ、ボストン・セルティックスとゴールデンステイト・ウォリアーズが対戦した。

 ホームに戻ったセルティックスはマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタム、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世が先発出場。ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドリュー・ウィギンズ、ドレイモンド・グリーン、ケボン・ルーニーがスターティングファイブを務めた。

 第1クォーターはセルティックスのペース。開始約3分で12-4と好発進に成功すると、ブラウンを中心に得点を重ねていき、33-22とリードを11点に広げた。

 ウォリアーズは第1クォーターでカリーが2つのファウルを数えた中、第2クォーター残り5分8秒からトンプソン、ウィギンズ、カリーの連続得点で0-10のラン。両チームが点を取り合って、68-56で前半を折り返した。

 カリーに加えてグリーンのファウルもかさんだが、カリー、トンプソン、オットー・ポーターJr.が3ポイントシュートを炸裂。ウォリアーズが第3クォーター残り3分45秒に試合をひっくり返した。それでも、セルティックスは直後にスマートの3ポイントでリードを奪い返すと、同49秒にグラント・ウィリアムズが3ポイントを成功。93-89で勝負の第4クォーターを迎えた。

 第4クォーターはターンオーバーが増え、グリーンがファウルアウトしたウォリアーズに対し、セルティックスはウィリアムズ三世がゴール下で存在感を見せれば、エースのテイタムが勝負強さを発揮。試合終了残り2分19秒に114-100と点差を14点にまで広げ、最終スコア116-100でシリーズ2勝目を挙げた。

 セルティックスはテイタムが26得点6リバウンド9アシスト、ブラウンが27得点9リバウンド5アシスト、スマートが24得点7リバウンド5アシストの大活躍を見せた。

■試合結果
ボストン・セルティックス 116-100 ゴールデンステイト・ウォリアーズ(@TDガーデン)
BOS |33|35|25|23|=116
GSW|22|34|33|11|=100

【NBAファイナル・第3戦 ホームに戻ったセルティックス、ウォリアーズを下して2勝目…第4Qを11失点に抑える】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/06(月) 18:30:26.32 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220606/376579.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/06/GettyImages-1401258184-768x576.jpeg

 6月6日(現地時間5日)、NBAファイナルが行われ、ゴールデンステイト・ウォリアーズはボストン・セルティックスとの第2戦に臨んだ。

 第1戦で108-120と逆転負けを喫したウォリアーズは、第1クォーターにジェイレン・ブラウンとジェイソン・テイタムにそれぞれ13得点を奪われ、序盤からセルティックスにリードを許す。それでも、終盤にはステフィン・カリー、ゲイリー・ペイトン2世、ジョーダン・プールが3連続で3ポイントをヒット。終了間際にはカリーの得点で逆転し、31-30で最初の12分間を終えた。

 続く第2クォーター、テイタムとデリック・ホワイトに活躍され、リードチェンジを繰り返す一進一退の攻防に。中盤以降はアンドリュー・ウィギンズが得点を伸ばすと、最後は52-50とウォリアーズがリードして試合を折り返した。

 迎えた後半、クレイ・トンプソンとカリーの3ポイントが決まり、ウォリアーズがリードを2ケタに拡大する。一時は点差を詰められるも、第3クォーター残り4分17秒にオット・ポーターJr.の長距離砲が決まると、カリーとプールもそれぞれ2本の3ポイントを沈め、19-2のランでセルティックスを圧倒。87-64と大きく点差を広げて最終クォーターへ。

 第4クォーター開始からウォリアーズのベンチメンバーが得点を伸ばし、29点差に広げると、セルティックスはスターター陣を交代。その後は両チームがセカンドユニット主体で戦い、最後は107-88でウォリアーズが勝利を飾った。

 第1戦のリベンジを果たし、シリーズをタイとしたウォリアーズは、カリーが5本の3ポイントを含む29得点6リバウンド3スティール、プールが5本の3ポイントを含む17得点、さらにケボン・ルーニーとトンプソン、ウィギンズが2ケタ得点をマークした。

 一方のセルティックスは、テイタムが6本の3ポイントを含む28得点6リバウンド、ブラウンが17得点6リバウンド、ホワイトが12得点を挙げるも、敵地で2連勝とはいかなかった。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 107-88 ボストン・セルティックス
GSW|31|21|35|20|=107
BOS |30|20|14|24|=88

【NBAファイナル・第2戦 ウォリアーズが3Q終盤にセルティックスを突き放し快勝!カリー29得点】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/03(金) 18:37:51.54 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220603/376037.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/06/GettyImages-1400728448-768x576.jpg

 6月3日(現地時間2日)にチェイス・センターでNBAファイナル2022が行われ、ゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスが対戦した。

 ウェスタン・カンファレンスを制したホームのウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドリュー・ウィギンズ、ドレイモンド・グリーン、ケボン・ルーニーが先発出場。イースタン・カンファレンス王者のセルティックスはマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタム、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世がスターティングファイブを務めた。

 第1クォーターはカリーの独壇場。試合の幕開けを告げる3ポイントシュートを突き刺すと、この12分間だけで8本中6本の長距離砲を沈めるなど21得点を挙げ、ウォリアーズが32-28とリードを奪った。

 ウォリアーズが開始2分45秒から8-0のランでリードを10点に広げた第2クォーターだが、セルティックスがブラウン、ウィリアムズ三世、スマートの連続得点で反撃。終盤には逆転に成功し、54-56でハーフタイムに突入した。

 ホームで負けられないウォリアーズは、第3クォーターにウィギンズ、カリー、オットー・ポーターJr.、ジョーダン・プール、アンドレ・イグダーラがアウトサイドからシュートを決めれば、ルーニーがリバウンド、ブロックとインサイドで活躍。38-24と圧倒し、92-80とリードを奪い返した。

 第4クォーターはセルティックスが開始から0-9のランに成功すると、試合終了残り5分10秒にホーフォードの3ポイントで103-106と試合をひっくり返した。ウォリアーズの得点が止まる中、ホーフォード、スマートの連続得点でリードを14点に拡大。セルティックスが最終スコア108-120で勝利を収め、敵地で貴重な1勝目を手にした。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 108-120 ボストン・セルティックス
GSW|32|22|38|16|=108
BOS|28|28|24|40|=120

【王者を決めるNBAファイナルが幕開け!第4Qに逆転したセルティックスが敵地で先勝】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/25(水) 18:18:38.11 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220525/374536.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1399106223-768x576.jpeg

 5月25日(現地時間24日)、NBAプレーオフのカンファレンスファイナルが行われ、ウェスタン・カンファレンス第4シードのダラス・マーベリックスは、同第3シードのゴールデンステイト・ウォリアーズとの第4戦に臨んだ。

 3連敗を喫して追い込まれたマブスは第1クォーター、ドリアン・フィニー・スミスとマキシ・クレーバー、レジー・ブロックがそれぞれ2本の3ポイントを沈める。終盤にはルカ・ドンチッチの長距離砲も決まり、28-24とマブスがリードを奪った。

 続く第2クォーター序盤に一時逆転されるも、ダービス・ベルターンスの3ポイントでリードを奪い返すと、その後はジェイレン・ブランソンが得点をけん引。マブスが62-47とリードを広げて試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター、序盤にフィニー・スミスが立て続けに3ポイントを決めると、中盤にはドンチッチとブロックがそれぞれ2本の長距離砲をヒット。さらに、終盤にはスペンサー・ディンウィディーが連続3ポイントを決め、マブスが99-70と大差をつける。

 第4クォーターでは両チームがベンチメンバーを中心に戦うが、ウォリアーズの猛追を許し、試合残り3分23秒には8点差まで詰め寄られてしまう。両者がスターターを戻す展開となるも、ドンチッチのドライブからのダンクやブロックの3ポイントで点差を保ち、最後はマブスが119-109で勝利を飾った。

 チーム全体で20本の3ポイントを沈め、シリーズ初勝利を収めたマブスは、ドンチッチが30得点14リバウンド9アシスト2スティール2ブロックと躍動。さらに、フィニー・スミスが23得点、ブロックが6本の3ポイントを決めて18得点、ブランソンが15得点をマークした。

 一方のウォリアーズは、ステフィン・カリーが20得点8アシストを筆頭に計7選手が2ケタ得点を挙げるも、敵地で敗れてシリーズ第5戦へ臨むこととなった。

■試合結果
ダラス・マーベリックス 119-109 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
DAL|28|34|37|20|=119
GSW|24|23|23|39|=109

【NBAプレーオフ西地区決勝・第4戦 崖っぷちのマブスがウォリアーズを撃破…3P攻勢でシリーズ初白星 ドンチッチ30得点】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/23(月) 18:39:20.09 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220523/374254.html?cx_cat=page1
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398743005-768x576.jpeg

 5月23日(現地時間22日)、NBAプレーオフのカンファレンスファイナルが行われ、ウェスタン・カンファレンス第3シードのゴールデンステイト・ウォリアーズは、同第4シードのダラス・マーベリックスとの第3戦に臨んだ。

 ホームで2連勝し、シリーズをリードするウォリアーズは、ステフィン・カリーやアンドリュー・ウィギンズの得点でリードを奪うと、25-22で第1クォーターを終える。

 続く第2クォーター、開始直後にスペンサー・ディンウィディーの連続得点でマブスに逆転を許す。一時点差を広げられるも、終盤にカリーの3ポイントが立て続けに決まり、その後はリードチェンジを繰り返す一進一退の展開に。最後はウィギンズがダンクを決め、48-47で試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター、序盤にウィギンズとクレイ・トンプソンの得点でリードを広げると、カリーも得点力を発揮。試合の流れをつかんだウォリアーズが、78-68と2ケタ点差に広げて最終クォーターへ。

 第4クォーターではマブスのルカ・ドンチッチに次々とシュートを決められ、この12分間だけで21得点を奪われる。それでも、トンプソンの長距離砲やウィギンズの豪快なダンクなどで、ウォリアーズがリードを保つ。

 終盤にドンチッチとディンウィディーの連続3ポイントで5点差まで詰め寄られるが、ジョーダン・プールが直後に3ポイントを決め返し、最後は109-100でウォリアーズが勝利を飾った。

 3連勝でシリーズ突破に王手をかけたウォリアーズは、カリーが31得点11アシスト、ウィギンズが27得点11リバウンド、トンプソンが19得点7リバウンド、ドレイモンド・グリーンとプールが10得点をマーク。

 一方のマブスは、ドンチッチが40得点11リバウンド、ディンウィディーが26得点、ジェイレン・ブランソンが20得点を挙げるも、ほかの選手の得点が伸びず、ホームで悔しい敗戦となった。

■試合結果
ダラス・マーベリックス 100-109 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
DAL|22|25|21|32|=100
GSW|25|23|30|31|=109

【NBAプレーオフ西地区決勝・第3戦 3連勝のウォリアーズがファイナル進出へ王手…カリーとウィギンズが躍動】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/21(土) 13:05:10.79 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220521/374005.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398405245-768x576.jpeg

 5月21日(現地時間20日、日付は以下同)、NBAプレーオフのウェスタンカンファレンス・ファイナル第2戦が行われ、ゴールデンステイト・ウォリアーズがホームでダラス・マーベリックスと対戦した。

 19日に行われた第1戦では25点差の快勝を収めたウォリアーズ。この試合では第1クォーターにステフィン・カリーが3本の3ポイントシュートを決めるなど好調な立ち上がりを見せるが、マーベリックスのルカ・ドンチッチにこのクォーターだけで18得点を奪われ、25-32で最初の12分間を終了する。

 続く第2クォーターではマーベリックスに主導権を握られる展開となり、徐々に点差を広げられてしまう。アンドリュー・ウィギンスを中心に反撃するも、相手の攻撃を止めることができず58-72で試合を折り返した。

 前半終了時点で14点のビハインドを背負ったウォリアーズ。第3クォーターではクレイ・トンプソンやケボン・ルーニーが連続得点を決めるなど奮闘を見せ、83-85と2点差に詰め寄って終了。その勢いのまま突入した最終クォーターでは早々に逆転すると、ジョーダン・プールやドレイモンド・グリーンの3ポイントシュートで点差を広げ、126-117で勝利。ウォリアーズがホームで逆転勝ちを収め、シリーズ2連勝を達成した。

 勝利したウォリアーズはカリーがチーム最多32得点、プールが23得点、ルーニーがキャリアハイの21得点をマーク。一方のマーベリックスは、ドンチッチが42得点、ジェイレン・ブランソンが31得点、レジー・ブロックが21得点を挙げるも、ベンチメンバーの得点が伸びず痛い敗戦を喫した。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 126-117 ダラス・マーベリックス
GSW|25|33|35|43|=126
DAL|32|40|13|32|=117

【NBAプレーオフ西地区決勝・第2戦 ウォリアーズが逆転勝利でシリーズ2連勝…ルーニーがキャリア最多21得点】の続きを読む

このページのトップヘ