1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/13(水) 00:40:28.32 ID:CAP_USER9
12日に行われた国内最大のサラブレッド市場「セレクトセール2022」の2日目=当歳馬セッションで、競馬ゲーム「ウマ娘」で知られる(株)サイバーエージェントの代表取締役・藤田晋オーナーがこの日も主役となった。

 2日目も高額馬を続々と落札し合計9頭、総額は10億8200万円に上った。藤田氏は「今日は9頭前後と思っていたのでだいたい計画通りですね。だいぶ競り負けました」。モシーンの子(2021=父モーリスと2022=父エピファネイア)については、「昨日ダメだったので今日もいったんだけど競り負けました」と打ち明けた。

「今日は買った9頭中6頭が牝馬だったのは偶然。周りからは牧場でもやるのかと言われました。牝馬が多かったし、2年後の桜花賞を目指したいですね」と野望を語った。

 新種牡馬のフィエールマン産駒(サンタフェチーフの22)も落札。「フィエールマンは長い距離とは限らないと聞いている」と期待を寄せていた。

 セール2日間で計18頭、総額22億2600万円と〝爆買い〟で存在感を見せつけた藤田氏は「思った通りの頭数を落とせたけど、競り負けることも多かったですね」と振り返った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aece1de368ec1b3b76d8d9e335138a9bf7b20f5c
東スポ競馬編集部

【サイバーエージェント藤田晋オーナー、サラブレッド市場「セレクトセール2日間」で22億円超えの爆買い 「牧場でもやるのか、と言われました」】の続きを読む