SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ザギトワ

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/02(日) 11:42:13.21 ID:PknKXp0t9
 フィギュアスケートの元五輪女王・アリーナ・ザギトワ(21)に対し、UFC戦士がクレームだ。

 2018年平昌五輪で金メダルを獲得後、19年に競技会出場を休止。タレント活動やアイスショーなどで精力的に表舞台に立つザギトワ。個人のSNSでは惜しげなくビキニ水着姿を披露し、フォロワーを喜ばせている。

 この姿勢に意外な人物が噛みついた。2日の「UFC Fight Night」にタタール人として初めて出場し、ケビン・リー(米国)と対戦するリナト・ファクレトディノフ(ロシア)だ。

 ロシアメディア「スポーツ・エクスプレス」のインタビューでファレッディノフはザギトワについて言及。質問で「今、世界で最も人気のあるタタール民族の代表はアリーナ・ザギトワです。彼女はチャンピオンであり、賢い少女であり、誰からも愛されています。一方で彼女はタタールの伝統に従っておらず、水着で写真を撮っています。彼女に対するあなたの考えは?」と問われた。

 これに対しファクレトディノフは「彼女のことを知らないので、私の姿勢を表明することはできない。しかし、私は絶対に水着の写真を投稿しない。人それぞれ世界観が違うが、彼女はタタール人だから、そんなことはしないでほしい」と切実な理由から訴えた。

 ザギトワを巡っては、過去にも黒いビキニでクネクネとダンスする様子をSNSに投稿し、非難を浴びていた。ザギトワの水着は、想像以上に波紋を広げているようだ。

https://hochi.news/images/2019/05/18/20190518-OHT1I50172-L.jpg
https://p.potaufeu.asahi.com/5da5-p/picture/27605658/c14ca651bf2c13386e59e00f8803b076_640px.jpg

【フィギュア元五輪女王・ザギトワの水着姿に…UFC戦士が切実クレーム「彼女はタタール人だから、そんなことはしないでほしい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/21(月) 05:49:03.96 ID:CAP_USER9
3/21(月) 5:15配信
東スポWeb

プルシェンコ氏(左)とトゥトベリーゼ氏(東スポWeb)

 ドーピング問題を抱えるフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(15=ロシア)らを指導する〝鉄の女〟ことエテリ・トゥトベリーゼ・コーチと五輪金メダリストの〝皇帝〟エフゲニー・プルシェンコ氏は、指導者としてライバル関係にある中、〝確執〟のキッカケとも言えるやり取りが蒸し返された。

 ロシアメディア「ブリッツプラス」が、同国メディア「NTV」で報じられた報道を引用する形でSNSを通じて互いの意見を主張していた内容を伝えた。それは2019年12月、18年平昌五輪金メダルのアリーナ・ザキトワが、競技からの一時撤退を表明したころだった。

 同選手を指導するトゥトベリーゼ・コーチは、ザギトワにアドバイスを送るなど、プルシェンコ氏が引き抜きを画策していると断定。その上で「あなたはコーチとは呼べない。一人のアスリートも育てず、何も教えていません。あなたの試みは、私たちプロの仕事を妨げるだけです。あなたはアリーナを引き抜けませんでした。一人くらいは自前で選手を育ててほしいものです」と断罪した。

 同コーチの言い分に対し、プルシェンコ氏は「契約を尊重し、ザギトワに対して積極的に口出しするつもりはない。ただ彼女から何度もアドバイスを求められた。私は彼女が行き詰まったと思った時に、4回転ジャンプの習得方法など、プロとしてのヒントを与えただけだ」と反論した。

 それから関係が修復することはなかったようで、現在のプルシェンコ氏は、北京五輪金メダルのアンナ・シェルバコワと同銀メダルのアレクサンドラ・トルソワらを指導するなど天下を極めるライバルコーチへの逆襲に燃えている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220321-04075292-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f2a07557f8079efa80db17c886c2b31a696e1cb

【〝鉄の女〟トゥトベリーゼ氏 vs 〝皇帝〟プルシェンコ氏「確執」きっかけは…ザギトワか!!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/31(月) 10:15:16.53 ID:CAP_USER9
ザギトワとマサルの「ほっこりツーショット」

 2018年に行われた平昌五輪の女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手(ロシア)がみずからのインスタグラムを更新。愛犬マサルの「めちゃ大きくなったショット」を披露している。

 ザギトワは「ゴーリキー公園のマサル」というコメントともに写真を投稿した。

 ロシアのゴーリキー公園で開催されているフェスティバルで、マサルの雪像が立てられていることをうけて、その巨大な雪像の前にツーショットを撮っているものだ。

 この日のザギトワは、ピンクのダウンジャケットに、白いニット帽を合わせたスタイル。座ったザギトワの目の前には、茶色いふさふさの毛のマサルが立っているのだが、めちゃ大きく成長していることが一目でわかる。

 マサルは愛くるしい表情でカメラ目線を決めていて、ほほえむザギトワとのツーショットが愛らしくてホッコリする一枚になっている。

 秋田犬保存会から贈られた愛犬マサルは、昨年の2月に3歳の誕生日を迎え、かつてとは比べ物にならないほどの大型犬に成長していた。それがまた一年経って、さらに大きくなったように感じさせる。

 「仕事の関係で出張も多く、(自宅を)不在にしている時もあります」

 「私が留守にしている時には、家族から写真が届けられることも多いのですが、マサルは窓を覗いて、私の帰りを待っているようです。その姿を見ると、私も非常に淋しい。(マサルに)早く会いたいなという気持ちになりますね」

 などと語っていたザギトワ。いまもさらに深まっている二人の”友情”と”愛情”を感じさせる一幕であった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b690b60af5a2c6a24814f696c640226ee517adb3

【フィギュアスケート・ザギトワ、愛犬マサルが「めちゃ大きく」なっていてビックリ…! 二人の“ほっこりツーショット”にファン歓喜】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/26(水) 21:22:42.48 ID:CAP_USER9
2018年の平昌五輪・女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したロシアのアリナ・ザギトワが、自身のインスタグラムアカウントに「愛するマサルと日本への愛のメッセージ」を投稿して話題を呼んでいる。「日本もザギトワさんとマサルが大好きですよ」「美しい」「また、日本へ!」といったコメントが殺到した。

ザギトワは自身のインスタグラムに在ロシア日本国大使夫妻を訪問したことを報告。「上月豊久大使より誘いいただき、再び日本と交流できて光栄です」とつづった。

ザギトワは、金メダルを獲得した平昌五輪前に滞在した日本で秋田犬に一目ぼれした縁から、秋田犬保存会からメスの秋田犬寄贈されている。名前は勝利を意味することから「マサル」とつけられた。現在3歳で来月4歳になる。

そのマサルと一緒にザギトワは大使夫妻と懇談したようだ。

「日本は素晴らしい国です。大ファンです。私は特別な暖かさで迎えられました。夕食は私が大好きな日本食を食べました」

マサルについてもこう述べた。

「日本のおかげで私はマサルで出会えました。大使もマサルとの時間を楽しんでいたようで、マサルも明らかに喜んでいたようです」

ザギトワは大使に手作りの石鹸をプレゼントしたそうだ。最近、石鹸づくりにはまっているそうで「上月さんは驚いていました」と振り返っている。

最後に「招待してくれてありがとうございます。日いずる国を早くまた、訪れることができますように」と投稿を締めた。本当に、われわれ日本人もその日を心待ちにしていますよ……!
 
FRIDAY 2022年1月26日 16時30分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21573023/?type=ranking&category=&rank=29

写真 https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/d/fd8e2_1643_a55fefbe_b49db4ad.jpg

【平昌五輪女子フィギュア金メダリスト・ザギトワ「日本は素晴らしい国です。大ファンです。」「日本のおかげで私はマサルで出会えました」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/21(金) 01:51:23.16 ID:CAP_USER9
1/20(木) 23:20配信
東スポWeb

アリーナ・ザギトワ(東スポWeb)

 2018年平昌五輪フィギュアスケート女子金メダルのアリーナ・ザギトワ(19)と銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(22)の、男性を巡る三角関係がロシアで話題となっている。

 ザギトワはSNSで、人気タレントのダーニャ・ミロヒンとダンスを踊ったり、共にパーティーに参加する様子を連続でSNSに投稿した。このミロヒンというイケメン男性は最近まで、フィギュア選手ではない有名人が、選手とペアを組み練習しショーを披露するテレビ番組「氷河期」でメドベージェワとペアを組んでいた。

 番組で、メドベージェワとミロヒンは息の合った様子を見せ、最終回では抱き合い、情熱的な長いキスを何度も交わした。複数のメディアが「2人のキスは氷上だけでなく実生活でもカップルであると、疑う余地がないように思えた」と報道。ファンからも好意的にとらえられていた。

 しかし、番組終了後、ミロヒンが番組の司会者を務めていたザギトワと一緒にいるようになったことから、関係が疑われるように。ロシア「チャンピオナット」は、「ミロヒンはメドベージェワからザギトワに乗り換えたのか」と報道。他メディアも、3人の関係を同様に注目して伝えている。

 またザギトワのSNSにはファンから「ミロヒンにひっかかったの?」「メドベージェワからミロヒンを奪うと決めたの?」などの書き込みが相次いでいる。

 氷上でもライバルだった2人。まさか実生活でもライバルだとしたら、なんとも縁が深い。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220120-03941078-tospoweb-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d97d18c98abe1c045baeaa5fc01a3b9b5fae1439

【平昌五輪女子フィギュア金銀メダリスト・ザギトワ&メドベージェワに男性巡る三角関係ぼっ発】の続きを読む

このページのトップヘ