SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

シバター

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/05(火) 13:41:21.48 ID:CAP_USER9
プロレスラー・総合格闘家のシバターが自身のYouTubeで新日本プロレスを挑発し「オカダ、鷹木信悟、飯伏幸太 全員ガチなら雑魚」と、
総合格闘技(MMA)の試合なら自分が上と発言し、話題に。この翌日、新日本プロレスの悪役レスラーで元レスリング全日本王者の 
グレート-O-カーン(オーカーン)が、ツイッターでMMA参戦希望をほのめかした。

7月3日(日)20時、シバターは「ローガン・ポールがWWEと正式契約!新日本プロレスさん、シバターを使ってみませんか?」と題した動画で、
新日本プロレスに自身を売り込んだ。
動画の中で「なんだったら、ガチでMMAで戦ったら、オカダ・カズチカ、飯伏幸太、鷹木信悟、ウィル・オスプレイ、ジェイ・ホワイト。そこらへん正直、
MMAで戦ったら全員倒せます」と新日を代表するレスラーたちの名前を挙げ、MMAなら上だと挑発する。

さらに「いつしか新日本プロレスさんは、プロレスラーは一番強いんだという主張をしなくなりましたね。アントニオ猪木が新日を立ち上げ、
異種格闘技戦を戦って、プロレスラーが1番強いと証明してきました。しかしいつしか、プロレスはエンターテイメントなんだみたいな方向に
舵を切ったじゃないですか。それって逃げなんじゃないですか?新日がプロレスこそ最強だと主張するなら、シバターをリングに上げてみてください」と
新日のリングでMMAをやろうじゃないかと煽った。

翌日4日15時に、新日本プロレスラーでIWPGタッグ王者オーカーンがツイッターで「久しぶりにMMAやりてぇな」と、タイミングの良すぎる
MMA戦希望の投稿を行った。

オーカーンは今年4月、東急武蔵小杉駅構内で、泥酔した男性から女児を救い、神奈川県警察署から感謝状を贈られるなどして話題に。
本名は岡倫之(おか・ともゆき)で、2012年全日本レスリング選手権フリースタイル120kg級優勝、2014年全日本選抜選手権125kg級優勝、
世界選手権日本代表の実績を持つレスリングエリートだ。

新日入団前の15年『巌流島』に参戦し、6月の初戦は1R40秒の圧勝、7月にも勝利し2連勝を飾っている。
また同年8月のコンバットレスリング(関節技や絞め技のあるレスリング)世界大会では、100kg超級で優勝した。

新日を侮辱されたと感じたオーカーンが、シバター討伐のためMMA戦に乗り出すのだろうか。投稿のコメントにファンは「シバターへの宣戦布告だ」
「シバターはオーカーンの名は挙げなかった、勝てないからな」と、対戦を望む声で湧いている。

オーカーンは身長188cm、体重110kgと、180cm・90kgのシバターよりも大きい。シバターの言いたい放題に、果たして新日はシバターとオーカーンを
対決させるのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/71c4f9dcb0c0c1c100f5478cf4947d0467e7d2a6

【グレート―O―カーンが「久しぶりにMMAやりてぇな」シバターの”毒舌売り込み”影響か】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/04(月) 12:10:48.10 ID:CAP_USER9
7/4(月) 12:07配信
スポーツ報知

 人気ユーチューバーでプロレスラーのシバター(フリー)が4日までに自身のYouTubeチャンネルを更新。人気ユーチューバーのローガン・ポールが米プロレスのトップ団体・WWEと契約したことを受け、新日本プロレスへの参戦希望を明かした。

 この日、「オカダ 鷹木信悟 飯伏幸太 全員ガチなら雑魚」という題名で動画を更新したシバター。

 「今日はユーチューバーと、プロレスと、格闘技の話題なんですけど」と話し出すと、「アメリカの人気炎上系ユーチューバー・ローガン・ポールがWWEと正式契約したそうです。去年からWWEの会場にちょくちょく現れていて、リング外から挑発して、ちょっかいをかけるということをしていたんですが、『レッスルマニア』というWWEの一番ビッグな興行に選手として出場しまして、タッグでミステリオ一家を倒して。ちゃんとしたプロレスも見せて、素晴らしいパフォーマンスで評価が上がって、WWEが正式に選手として契約することになったんです」と経緯を説明。

 「いやあ、すごいね。ローガン・ポールはメイウェザーと戦ったり、UFCの選手を名指しして『俺と戦え!』って言ってニュースになるし。試合もするし、話題も呼ぶしって、シバターの上位互換のようなユーチューバーなんですけど、実際にWWEと契約したのは、めちゃくちゃ、すごいことですよ」と興奮気味に話すと、「ポールはRIZINに上がる可能性があったそうで。実際に榊原(信行CEO)さんは会ってきて契約はかわしたそうなんですが、実際はWWEと契約が決まっていて、出られなくなったのかな? 取られちゃったって感じで。でも、ポールが日本に来て試合するんだったら、相手は僕ってことで話が進んでいたんで、残念でした。少なからずシバターという存在がもう一度、注目されるイベントになったと思うんで、惜しかった。やりたかったな、ポールとと思ってます」と明かした。

 ここで、「私はこの場を借りて言わせていただきたい」と画面を凝視し、目を輝かせたシバター。

 「新日本プロレスさん、シバターを出場させて見ませんか? 私、RIZINとは何の契約もかわしておりません。実際のところ、フリーです。どこからのオファーも受けようと思えば受けられる。私、もともとプロレスラーですよ。プロレスもちゃんとできますよ」と日本最大の団体・新日に突然の逆オファー。

 「なんだったら、ガチでMMA(総合格闘技)で戦ったら、オカダ・カズチカ、飯伏幸太、鷹木信悟、ウィル・オスプレイ、ジェイ・ホワイト、そこら辺、正直、MMAで戦ったら全員、倒せます」と新日のトップレスラー5人の名前を列挙して挑発。「いつしか、新日本プロレスさんはプロレスラーは一番強いんだという主張をしなくなりましたね。そういう路線じゃなくなりましたね。アントニオ猪木が新日を立ち上げて、異種格闘技戦を戦って、プロレスラーが一番強いというのを証明してきました。しかし、総合格闘技ができて、いつしか、プロレスはエンターテインメントなんだみたいな方向に舵を切ったじゃないですか? それって逃げなんじゃないですか?」と今年、創設50周年を迎えた老舗団体をあおりにあおった。

 その上で「もう一度、言いますよ。シバターはMMAだったら、オカダ、飯伏、鷹木、こいつらに勝てます。さあ、(新日の親会社の)ブシロードさん、いかがです。アメリカはポールを使ってますよ。新日は遅れを取るのかいと。シバター、フリーですよ。いつでもオファーをお待ちしてますので、新日がプロレスこそ最強なのだと主張するなら、シバターをリングに上げて見て下さい。いつでも、誰でも相手します」と堂々、宣言していた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220704-07041059-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a861153ec696a7382382d0c51b338f763820f13

【シバター、新日を挑発「MMAだったら、オカダ、飯伏、鷹木、オスプレイ、ジェイ、全員倒せます」】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/20(月) 12:39:19.51 ID:CAP_USER9
6/20(月) 12:22
東スポWeb

シバター 武尊を珍しくねぎらう「HIROYAと俺と3人でまずは飲みに行くか。お疲れさま」

 人気ユーチューバーのシバター(36)が19日に開催された世紀の一戦「THE MATCH2022」で那須川天心に敗北(判定5―0)した武尊(30)を救いに乗り出した。

 シバターは20日にタイトル「THE MATCHを見ました。天心さん、武尊さん、お疲れ様でした;;」で動画を配信。武尊は初回にダウンを奪われるなど終始ペースを握られたが、最後まで戦いぬいた。

 そんな武尊に対しシバターは「武尊さん、那須川に敗北、おめでとうございまーす!」と憎たらしい表情でいつものシバター節を炸裂させる。「頑張った人が報われないの観ながら飲む酒うめ~、現実って残酷~」と缶チューハイを煽る。その言葉にはリスペクトのかけらも感じない。

 その後も「武尊、武尊、武尊、いまどんな気持ち? どんな気持ち?」と言いたい放題。そして、真面目な表情に戻って、武尊の試合運びに苦言を呈する。

「武尊、どうするんだ? まだ若いだろ、これからの人生だ」とシバターはひとつ、何かを決意したようにため息をついた。「俺に提案がある。『パチンコパチスロ日本代表チャンネル』で一緒にパチンコ打たないか? パンチは当たらなかったが『ガンダムユニコーン』は頑張って回せばいつかあたる」といつものオファーだ。

 普段の救うシリーズなら、これで終わりだが、まだ続きがあった。「いまはお前も落ち込んでいるだろうから、HIROYAと武尊と俺と3人でまずは飲みに行くか。お疲れさま」と珍しくねぎらいの言葉を掛けた。なんだかんだでシバターも世紀の一戦に心を打たれたようだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220620-04267631-tospoweb-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/2c99795c3c4ee7fd00e848f2b5e3e2a70df7e461

【シバター、武尊を珍しくねぎらう「HIROYAと俺と3人でまずは飲みに行くか。お疲れさま」】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/14(火) 10:19:22.21 ID:CAP_USER9
6/14(火) 9:40
東スポWeb

シバター RIZINで引退試合へ「近日中に発表されると思います」

 人気ユーチューバーのシバター(36)が年末の格闘技イベント「RIZIN」への参戦と、その試合をもって「格闘技引退」することを電撃発表した。

 シバターは14日未明にタイトル「総再生数10億回突破!」記念ライブ放送を実施。そのラストに自身の格闘技人生を振り返った。

「19歳から格闘技始めて、17年間、死ぬほど試合やって、アマもプロもやって伸びなかった。自分の限界を知った。そんな中で奇跡的に2度もRIZINに出させてもらって、奇跡的に2度も勝った。これ以上ないんだよ」とシバター。

 ユーチューバー&格闘家としての絶頂期を迎え「もう格闘家は終わりでいい」と思っていたところに「RIZINさんから結構すごいお話しがあった。もう1度だけ出ようかなと。自分の口からは(内容は)言えないんだけど、RIZIN参戦の意思表明はしていいと(許可もらった)。ラストワンマッチ。引退試合です」と電撃発表。

「本当にヤバい相手。まあ、でも面白いならいいかと。思い出だし。RIZINさんから、近日中に発表があると思います」と真剣な表情で語った。

 過去2回は格闘家のHIROYA、久保優太を撃破。その奇跡が反響を呼んだ。引退試合の相手はいったい誰になるのか?

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220614-04254380-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/2d472b14391310480a7af0ff827e1f3221e14fb1

【シバター RIZINで引退試合へ「近日中に発表されると思います」】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/15(水) 13:08:05.41 ID:CAP_USER9
6/15(水) 7:01
イーファイト

シバター朝倉未来vs.メイウェザーに大反対「マジメに格闘技と向き合え」

 昨日14日、RIZINにて、ボクシング世界5階級制覇のフロイド・メイウェザーと朝倉未来が、今年9月の『RIZIN』で対戦することが発表された。
 この試合の日付と詳しい場所については今月中に発表されるが、エキシビション形式のボクシングルールと想定される。世界中から注目を集めるビッグマッチとなるだけに、すでに大きな驚きと波紋が広がっている中、格闘YouTuberのシバターが「大反対」と自論を展開した。

 昨日アップされた自身のYouTubeチャンネルでシバターは、「おい、榊原(RIZIN代表)! なんでメイウェザーの相手がシバターじゃないんだよ。俺はHIROYAと対戦した2年前から、『次はメイウェザーと戦いたい』と言ってきたじゃないか」と主張し、悔しそうな表情を見せる。

 そして、「朝倉未来vs.メイウェザー、なんだかな、という感じです。見たいか見たくないかと言ったら、もっと見たいカードはたくさんあるのに、なんで、そのカードをやらないといけないの? 必要なの? 武尊vs.天心とは全然違うじゃん。どうしても見たいカードじゃない」と必然性がないと指摘した。

 さらに、巨額になると予想されるファイトマネーにも言及。シバターは、「メイウェザーを日本に呼ぶのに何十億かかるわけですよね。そんな金があるならば堀口恭司を海外に流出させないで、引き留めておくべきじゃなかったの? もしくは強い外国人を呼ぶための資金にするとか。その方が日本の総合格闘技界のためになると思う。それを朝倉とメイウェザーにお金を使うわけですよね」と首をひねった。

 加えて、「未来も、絶対100%勝てないじゃん。勝てないと分かっている相手と試合するなよ。萩原京平とクレベル・コイケの試合が組まれた時、たしか批判していたよな。それと同じだよ。まあ、エキシビションだから勝敗はつかないんだけど」と朝倉とメイウェザーは勝負論にならないと見ているようだ。

 発言が止まらないシバターは、「この試合は榊原さんが、フジテレビを振り向かせるための投資にしているようにしか見えない。マジメに格闘技と向き合えよ」と話は飛躍。ファンからは「過去最大級のビックニュース飛び込んできて、なんだか嬉しそう」と饒舌なシバターを茶化すコメントや、「メイウェザーじゃなくて、(朝倉未来は)ベラトールの強豪と戦ってほしかった」といった意見も寄せられた。

 賛否両論あるのは、それだけこの試合が注目されている証拠。天心vs.武尊が終わっても、しばらくはこの話題が続きそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a67073af2d75d59d8c7672d13d576d02322e9ce8

【シバター、朝倉未来vs.メイウェザーに大反対「マジメに格闘技と向き合え」】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/08(水) 12:34:32.53 ID:CAP_USER9
6/8(水) 12:07
東スポWeb

シバター 井上尚弥のKO勝利を毒ガス祝福「総合なら俺が強い」

 人気ユーチューバーのシバター(36)が3団体統一の世界バンタム級王者・井上尚弥(29=大橋)に〝シバター流毒ガス〟で祝福した。

 シバターは8日にタイトル「井上尚弥、総合なら雑魚」で動画を配信。 フィリピンの英雄、ノニト・ドネアに2ラウンドTKOで完勝し、世界中に〝モンスター〟の存在感を知らしめた井上に「いや、強かったね。完勝。井上、ヤバかったね、おめでとうございます」とシバターは素直に祝福する。

 ところが、その直後「みなさん、本当にごめん。本当にごめんなんだけど…みなさんがうすうす気づいていると思うんだけど、それ言ったらおしまいよってこと言っていいですか? 総合だったらシバターの方が強いんだよね。100%、シバターが勝つんだよね。だって井上、パンチしかできないじゃん」といつもの大放言だ。

 その後は言いたい放題。「総合で試合させてみ? 相手にならないから」「総合とボクシングの差というか別競技なんでね」「井上強い、強いけどね、キックあり、寝技ありのルールだったら雑魚だなって」「総合ルールだったら相手にならないんだよね」と日本中から反感を買うような発言を連発。

 あろうことに「僕が格闘技界を元気づけるためにおおみそか、井上と戦います」とまで言い切った。

 それでも最後は真面目な表情に戻り「8分間、俺は井上尚弥より強いというネタでしゃべるのは大変だった。井上尚弥、おめでとう」と改めて祝福した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220608-04242305-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/7091ef1d9fe5f6234ed79ac4d0303ba38af94815

【シバター、井上尚弥のKO勝利を〝毒ガス〟で祝福「総合なら俺が強い」】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/02(木) 09:03:21.87 ID:CAP_USER9
 人気ユーチューバーで〝RIZIN無敗の男〟シバター(36)が地上波放送が無くなった格闘技イベント「THE MACH 2022」(6月19日)を救いに乗り出した。

 シバターは1日にタイトル「テレビ放送が無くなったTHE MATCHを救いたい」で動画を配信。那須川天心と武尊の〝世紀の一戦〟が地上波放送されない件に言及した。

 シバターは海をバックに「榊原、榊原、榊原、RIZINのCEO榊原、どうしちゃったんだ…。どうしちゃったんだよ」とRIZINの榊原信行代表にいつもの調子で呼びかけると「どうなんだ、実際のところどうなんだ?」とシバターは格闘技への思いを熱く語り、時にはシバターなり苦言を呈する。

 シバターはフジテレビの放送が無い理由が「アンダーカードの弱さ」だとし、そこで「シバターをもう1度、リングに上げてみないか?」と提案。

「試合の是非を格闘技を見てない人たちでも言っていた。良くも悪くも大注目されているファイターだ。シバターは誰とでも、どんなルールでも戦おうじゃないか。ボビー・オロゴン、朝倉未来、久保優太とのリマッチ…」

 最後は「俺はTHE MATCHを地上波放送して欲しい。だから一肌脱ぐよ。もう1度フジテレビと交渉してくれ」とエールを送った。

東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/90ab48d9e3996dcebe0d8d85d70619b3d31034b4

【〝RIZIN無敗の男〟シバターが参戦アピール フジのTHE MATCH撤退原因は「アンダーカードの弱さ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/25(水) 10:06:09.28 ID:CAP_USER9
5/25(水) 6:50配信
イーファイト

 6月19日の『THE MATCH』で行われる、那須川天心と武尊の世紀の一戦。これまで多くの格闘家や識者が2人の勝敗予想をして盛り上がってきているが、格闘YouTuberのシバターが昨夜24日、自身のYouTubeチャンネルで、過酷な減量とルールで『このままでは負ける武尊を救いたい』と題し、武尊を激励する動画を配信した。

 冒頭でシバターは、「今回の試合は、那須川天心が勝ちます」と予想した。これまでシバターは、本人曰く、天心が負ける。ここ数戦は、3対3マッチやボクシングマッチをしているからと指摘。武尊が昨年3月にレオナ・ぺタスをKOした試合のことも含めて比較し、「天心危ないぞ」と発言してきたそうだ。

 ところが、今回、天心が勝つ!と語った理由については「今回のルール(3分3R延長1R、ワンキャッチワンアタック)、そして契約体重(58kg契約、試合3時間前に62kgまでのリカバリー)、那須川天心にめちゃくちゃ有利です」と、これまでの予想を覆すこととなった経緯を説明した。さらに「天心の通常体重が62kg、武尊は通常体重が66kg。試合当日までに武尊が8kg落とすことは厳しい」と指細かく分析。「日頃から体脂肪率が低い武尊が、8kg落とすには筋量を減らす必要が出てくる、さらにリカバリーが4kgという条件が、2人の差をつける」という。

 ルールについては、「3分3Rでは短い。パワーが戻り切っていない、回復していない状態の武尊に対して、万全の状態で戦う天心。攻める技術もディフェンスの技術もあって、よけるテクニックが高い天心を3分3Rで仕留めるのは厳しいです。天心は、避けること潰すこと(距離を詰めて打ち合わないこと)、判定勝ちに持って行くのではないかと思います」と真面目に展開を予想した。

 その上で、シバターが神妙な顔で「武尊、お前どうしちゃったんだよ。天心と試合をしたいばかりに、不利なルールを飲んだんじゃないのか? 天心はボクシングに転向する。そんな選手にこれからもキックの試合をしていくお前が、不利なルールを飲んでどうする!」と問いかける。さらにシバターは昨年末の久保優太との試合を引き合いに出し、「体重で明らかに不利なシバターと試合をして、あんなことになったんだぞ」と炎上必至のコメントを残した。

 そして、「お前に提案がある」とおもむろにプレゼンを開始。室内でサウナ効果がある寝袋型の携帯サウナを紹介するなど話題を展開。ファンからは、「武尊はどんな困難な状況でも自分の力で道を切り開いて勝ってきた」といった前向きなコメントや「案件への持って行き方が天才」と微妙な声も寄せられた。

 今回の試合は武尊の減量とコンディションが注目されている意見は多い。だが契約が合意した以上、その中でいかに両者がベストコンディションで最高のパフォーマンス発揮できるかがポイントとなる。勝負が終わった後に、どちらかが有利だったと意見が出ることを2人は望んでいないだろう。
 2人は名勝負を展開して、ファンの記憶に刻まれる試合を見せてくれるはずだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220525-00000000-gbr-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f7daa46b93a9c5eac80e8aada7e6b2b82676bcb7

【シバター「天心が勝つ」と予想、”このままでは負ける武尊を救いたい”と熱弁=6.19THE MATCH】の続きを読む

このページのトップヘ