SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

シャルル・ルクレール

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/06(土) 21:51:05.35 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220806-00000000-fliv-000-1-view.jpg
ランキングトップのフェルスタッペンとの差が80ポイントにまで広がってしまったフェラーリのルクレール

ルクレールのミスを誘発したのは「フェラーリの信頼性や戦略ミス」だとマーク・ウェバー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220806-00000000-fliv-moto

かつてレッドブルなどで活躍した元F1ドライバーのマーク・ウェバーが、フェラーリのシャルル・ルクレールに対して同情的なコメントを行った。

■9戦を残して大差がついたフェルスタッペンとルクレール

全22戦で争われる2022年のF1タイトルだが、ドライバーズタイトル争いに関しては13戦を終えた時点で、ランキングトップのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と2番手に位置しているルクレールとの差が80ポイントに開いてしまっている。

今季の残りのレースがあと9戦であることを考えれば、今年もフェルスタッペンがドライバーズタイトルを2連覇する可能性が非常に高くなったと考えて間違いはないだろう。

だが、純粋な2022年型F1マシンのポテンシャルという観点からすれば、フェラーリの方がレッドブルをしのいでいるのは間違いないようだ。予選での速さを見れば、ここまでの13レースのうちフェラーリが8回ポールポジションをとっているのに対し、レッドブルは4回にとどまっていることからも、それが見てとれる。

しかし、逆に決勝では、レッドブルが9勝、フェラーリが4勝と、まったく逆の様相を呈している。これは、フェラーリの方にレッドブルよりも多くの信頼性問題、ドライバーのミス、そして戦略ミスがあったためだ。

■大きなプレッシャーを抱えることになったルクレール

2007年から2013年までレッドブルのドライバーを務めていたオーストラリア出身のウェバーは、ドイツの『Speed Week(スピード・ウィーク)』に次のように語っている。

「フェラーリは信じられないほど速い。パフォーマンスのポテンシャルに関しては疑う余地もない。ものすごいよ」

「だが、今の戦略や信頼性には非常にイライラさせられる。そういう問題でポイントを失うと、ドライバーとしては失ったポイントを取り戻したくなるし、それが自分のミスを誘発することになるんだ」

そう語った45歳のウェバーは、モナコ出身の24歳のルクレールは、間違いなく大きなプレッシャーを抱えてしまっているはずだと次のように付け加えた。

「50ポイントも落としてしまえば、ドライバーとしては相当なプレッシャーを抱えてしまうよ」

関連記事
「いつも何かがうまくいかない」 ルクレールがフェラーリの戦略嘆く
https://www.afpbb.com/articles/fp/3417089

レッドブルF1首脳 「フェラーリはほぼすべてを間違ってきた」
https://f1-gate.com/redbull/f1_70267.html

【ルクレールのミスを誘発したのは「フェラーリの信頼性や戦略ミス」だとマーク・ウェバー】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/01(月) 20:34:07.03 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220801-00000011-jij_afp-000-1-view.jpg
22F1第13戦ハンガリーGP決勝。ピットストップを行うフェラーリのシャルル・ルクレール(2022年7月31日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

「いつも何かがうまくいかない」 ルクレールがフェラーリの戦略嘆く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220801-00000011-jij_afp-moto

【AFP=時事】31日に行われた22F1第13戦ハンガリーGP(Hungarian Grand Prix 2022)決勝で、6位に終わったフェラーリ(Ferrari)のシャルル・ルクレール(Charles Leclerc)が、ミディアムタイヤでのレース続行をチームに訴えたにもかかわらず、ハードタイヤを装着して優勝を逃したと話し、「いつも何かがうまくいかない」と主張した。

 この結果、優勝したレッドブル(Red Bull)のマックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)との年間順位でポイント差は80に広がった。夏の休暇後のレースは9戦しか残っておらず、ルクレールのドライバーズタイトル獲得は難しくなった。

 チームの判断について説明を求められたルクレールは、「自分もまだ分からない。チームと話をして、ハードに履き替えるという判断の裏にあった考えを理解する必要がある。ミディアムで非常に強さを感じていたからだ」と話した。

「すべてをコントロールできていたのに、その後詳しくは分からないが何かの理由で、ハードに替える必要があった」

「無線では、ミディアムで非常に順調だし、感触もいいからいけるところまでこのタイヤでいきたいと言ったが、別の判断を下した理由は分からない」

 ルクレールはレース中盤までにポールポジションから出たメルセデスAMG(Mercedes AMG)のジョージ・ラッセル(George Russell)を抜き、トップへ浮上した。ところが後続に5秒差をつけていた39周目で、レッドブルがフェルスタッペンをピットインさせると、フェラーリもこれに反応。すでにミディアムタイヤ2セットを使っていたルクレールは、コンパウンドを変更しなければならなかったが、本来ならもっと後でソフトタイヤに交換して終盤に速さを出したいところだった。

 ルクレールは、2回目のピットストップのタイミングが致命的だったと嘆き、チームが自分たちの戦略を貫くのではなく、レッドブルに反応してしまったように感じると話した。

「第2スティントをもっと伸ばすべきだったと思う」と説明したルクレールは、冷静さを保ちながらも「こういうレースはフラストレーションがたまるし、僕らは全体として成長する必要がある」と続けた。

「いつも何かがうまくいかないように感じる。信頼性でもミスでも、何かが起こる」 【翻訳編集】 AFPBB News

【「いつも何かがうまくいかない」ルクレールがフェラーリの戦略嘆く F1ハンガリーGP】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/01(月) 20:28:07.92 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220801-00000012-msportcom-000-2-view.jpg

フェラーリ、ルクレールのタイヤ戦略を説明「シミュレーションでは、ハードタイヤは良い選択だった」|F1ハンガリーGP
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220801-00000012-msportcom-moto

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1ハンガリーGPで首位を走っていたものの、第3スティントでハードタイヤを履いたことで失速。結果的に優勝どころか、表彰台すら逃し6位でフィニッシュした。

 ルクレールはミディアムタイヤで3番グリッドからレーススタート。第2スティントもミディアムタイヤを履き、ポールシッターのジョージ・ラッセル(メルセデス)を交わして首位に浮上した。

 フェラーリは39周終わりでルクレールをピットに入れると、ハードタイヤを履かせたがこれが大失敗。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)にいとも容易く抜かれた他、大きくタイムをロスしてしまい、もう一度ピットに入らざるを得なかった。

 フェラーリのマッティア・ビノット代表は、チームのシミュレーションによるとハードタイヤはスティント序盤に温度を上げるのが難しいものの、最終スティントで履くには良いタイヤだったはずなのだという。

「ハードタイヤを装着した時、我々のシミュレーションではウォームアップの2、3周が難しくなる可能性があった」と、ビノットは説明する。

「10~11周はミディアムより遅いが、その後はカムバックしてスティント終盤はより速いはずだった。(フィニッシュまで)30周のスティントだったんだ」

「マックスからポジションを守ろうとしたんだ。ソフトタイヤでは間違いなく長すぎただろう。スティントの最初は難しくても、最後にカムバックできたはずだ」

 アルピーヌは、フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンに第2スティントでハードタイヤを履かせる1ストップ戦略を採ったが、涼しくなったコンディションでタイヤを機能させるのに苦しみ、タイムを失っていた。

 アルピーヌの苦戦ぶりを見て、フェルスタッペンをカバーするために早めにピットインしないという選択は考えなかったのかと訊かれたビノットは、次のように答えた。

「ああ、我々は議論した。戦略は決定事項ではない」

「レース中に何が起こっているのか、他のハードタイヤ(を履くマシン)に何が起こっているのかも見ていた」

「すべてのことを考慮し、何がベストかを話し合い、その結果このような選択をした。今日は確かに、正しい選択ではなかった」

 ビノットは、ショートランでもロングランでも好調だった金曜日に比べて、マシンのペース不足が日曜日の大きな問題だったと強調した。

「重要なのは、マシンが期待通りに機能していなかったと考えていることだ」

「金曜日のことを振り返ると、期待していたスピードはなかったし、レースコンディションでのペースも悪かった。今日はコンディションが違っていて、気温もかなり低かった」

「でも全体的にに見れば、今日の速さは十分ではなかったし、どんなタイヤを使っていたとしても、求めていたほどには良くなかったと思う」

Luke Smith

関連記事
ルクレール「マシンのフィーリングは良かったしミディアムタイヤは速かったのに・・・」ハードタイヤは選択ミス?
https://www.topnews.jp/2022/08/01/news/f1/208647.html

【F1ハンガリーGP フェラーリ、ルクレールのタイヤ戦略を説明「シミュレーションでは、ハードタイヤは良い選択だった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/10(日) 23:33:36.76 ID:CAP_USER9
7/10(日) 23:28配信 motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c7ea02ccb6f0730e86838aeb1397303c44e59b9

 F1第11戦オーストリアGPの決勝レースが行なわれ、フェラーリのシャルル・ルクレールが第3戦オーストラリアGP以来の勝利を挙げた。

 ポールポジションはレッドブルのマックス・フェルスタッペンだったが、フェラーリ勢はタイヤライフの面でアドバンテージがあり、ルクレールは3度コース上でフェルスタッペンをオーバーテイクしてみせた。

 終盤はルクレールがアクセルペダルに問題を抱えたこともあり、フェルスタッペンが猛プッシュで迫ったが、逆転はできずルクレールがトップでチェッカーを受けた。

 フェラーリはカルロス・サインツJr.も3番手につけていたが、マシントラブルでリタイア。メルセデスのルイス・ハミルトンが3位となった。

 アルファタウリの角田裕毅はペースが苦しく、17位でフィニッシュ。チームメイトのピエール・ガスリーも16位でポイント獲得はならなかった。

【F1第11戦オーストリアGP・決勝 ルクレール、フェルスタッペン下し久々勝利! 角田裕毅17位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/10(日) 15:37:10.46 ID:CAP_USER9
4/10(日) 15:32配信 motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/5323b0aec74a57a58ee7f16a2da397b75f87a1ef

 F1オーストラリアGPの決勝レースが行なわれ、フェラーリのシャルル・ルクレールが優勝。2位にはレッドブルのセルジオ・ペレスが入り、メルセデスのジョージ・ラッセルが移籍後初の表彰台となる3位となった。

 レースは序盤にカルロス・サインツJr.(フェラーリ)が、中盤にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がリタイアする波乱の展開。そんな中を、ルクレールが盤石の形で走り切り、独走優勝を果たした。

 アルファタウリの角田裕毅は中盤以降ペースが上がらす、15位でのフィニッシュとなった。

【F1オーストラリアGP・決勝 フェラーリのルクレールが独走優勝。フェルスタッペン痛恨のリタイア】の続きを読む

このページのトップヘ