SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ジャッジ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/27(木) 12:15:42.59 ID:00UF2rSe0

【ヤンキース・ジャッジ30号!!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/01(土) 13:52:53.44 ID:0L9EBCP59
6/1(土) 13:43配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240601-36010449-nksports-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800
日刊スポーツ
3回、3ランを放ったヤンキース・ジャッジ(AP)

<ジャイアンツ-ヤンキース>◇5月31日(日本時間6月1日)◇オラクルパーク

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(32)が1試合2発で今季20本塁打に到達し、両リーグで2位に2本差をつけて単独トップに浮上した。

 サンフランシスコ郊外で少年時代を過ごしジャイアンツファンだったジャッジにとっては、これが初めての地元での試合。2022年オフにFAとなった際にはジャイアンツ移籍説も出たが結局ヤンキースに残留した経緯があるため、第1打席に入る際にはブーイングも浴びた。

 だが3回1死一、三塁にブーイングをかき消すように今季19号の逆転3ラン。さらに6回先頭の第3打席ではセンターへ2打席連続となる20号ソロを放ち、今季4度目のマルチ本塁打。前日30日のエンゼルス戦でも18号を放っており、2試合連続の本塁打と打棒が爆発している。

 開幕1カ月は低調だったが、5月は覚醒したように絶好調。月間14本塁打で、二塁打は12本マークしており、球団公式サイトによると、これは月間の打撃では1930年のルー・ゲーリッグの12本塁打12二塁打も超える球団史上最高の成績。またこれで通算277本塁打となり、ヤンキースではホルヘ・ポサダを抜き球団歴代単独8位に浮上した。試合前には「サンフランでプレーできるのは、とても楽しみ」と話しており、その興奮が最高の結果をもたらした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/49cfbadcd68cff2624287e9b964cb00728f1b17e

【ヤンキース・ジャッジが1試合2発で20号に到達 両リーグで単独トップ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/24(土) 17:23:10.28 ID:9Ub4eWNS9
2/24(土) 10:32配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240224-00293280-tospoweb-000-2-view.jpg?pri=l

東スポWEB
今季は打者に専念する大谷翔平

 MLB公式サイトは「2024年本塁打リーダー候補10人」を発表し、ドジャースの大谷翔平投手(29)は2位だった。同サイトの専門家ら5人が選出したものだ。

 大谷は昨季、打者として9月に右脇腹を痛めて戦線離脱するまで135試合に出場し、ア・リーグトップ、メジャー全体では4位の44本塁打を放った。打者専念の今季は大きな期待が寄せられている。

 同サイトは「右ヒジ手術からの回復中のため、この春の大谷は少しゆっくり進んでいるが、それでも開幕戦出場に向け順調だ。そして最初の打撃練習で見せたパワーある一撃は、すでにゲーム開始の準備ができているのを物語っている」と説明するとこう続けた。

「ドジャースは新加入のスーパースターにシーズン前半では少し多めの休息日を与えるだろう。それでも問題ない。昨年ア・リーグをリードした44本塁打はたった135試合でなされた。日常的にこれほど大きくダメージを与える接触をする選手はほとんどいないが、ドジャース打線の一員なら、MVPを2回獲得した選手をさらに優れた打者に変えるかもしれない」

 1位は一昨年、ア・リーグ記録を更新する62本塁打を放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(31)が選出された。

 3位は昨季41本塁打のブレーブスのロナルド・アクーニャ外野手(26)、4位は昨季メジャートップの54発放ったブレーブスのマット・オルセン内野手(28)、5位は昨季、39本塁打のレンジャーズのホセ・アドリス・ガルシア外野手(30)となっている。

 ダーク・ホースは2021年から23年まで35本塁打以上のシーズンがないという条件で選出。マリナーズのロドリゲス(昨季32本塁打)、ツインズのルイス(同15本)、タイガースのトーケルソン(同31本)、レンジャーズのシーガー(同33本)、カブスのモレル(同26本)が選ばれた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd44b86c24877fd382edb870594b3c8c2526e860

【大谷翔平がMLB公式サイトの今季の本塁打リーダー候補2位 1位はジャッジ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/01(日) 13:42:41.07 ID:ZkduJJI29
スポーツ報知2023年10月1日 11時35分
https://hochi.news/articles/20231001-OHT1T51057.html

 エンゼルス・大谷翔平投手(29)の日本人初となる本塁打王が30日(日本時間10月1日)、また一歩前進して確定的になった。大谷を猛追しているレンジャーズ・ガルシア、ヤンキース・ジャッジはともに不発で、レギュラーシーズンは1試合を残すのみとなった。

 ジャッジは敵地・ロイヤルズ戦に「2番・指名打者」でフル出場したが、4打数1安打で37本から上積みすることは出来なかった。大谷まで5本差に迫っていたガルシアは、敵地・マリナーズ戦に「4番・右翼」でスタメン出場したが、4打数1安打だった。レンジャーズはプレーオフ進出を決めた。

 残りは1試合。大谷に追いつくためにはガルシアが5発、ジャッジは7発が必要で、追い抜くためにはガルシアが6発、ジャッジが8発が必要だ。

 大谷はこの日、右肘手術後初めてエンゼルスタジアムに姿を見せ、チーム内MVPの表彰式に参加した。

 ◆ア・リーグ本塁打王争い

〈1〉44本 大谷翔平(エンゼルス) 今季出場せず

〈2〉39本 ガルシア(レンジャーズ) 残り1試合

〈3〉38本 ロベルト(ホワイトソックス) 今季出場せず

〈4〉37本 ジャッジ(ヤンキース) 残り1試合

【エンゼルス・大谷翔平の本塁打王が確定的に ガルシア&ジャッジ不発で残り1試合…大谷超えへは6発以上が必要に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/30(土) 16:13:45.12 ID:YgID7rKm9
9/30(土) 13:44配信

スポーツ報知

 エンゼルス・大谷翔平投手(29)の日本人初となる本塁打王が29日(日本時間30日)、また一歩前進した。大谷を猛追しているレンジャーズ・ガルシア、ヤンキース・ジャッジはともに不発で、レギュラーシーズンは2試合を残すのみとなった。

【写真複数】そっくり!イケメン兄の姿

 ジャッジは敵地・ロイヤルズ戦に「2番・指名打者」でフル出場。右邪飛、四球、左二塁打、遊ゴロの3打数1安打で37本から上積みすることは出来なかった。プレーオフ争いまっただ中で2試合連続本塁打を放って大谷まで5本差に迫ったガルシアは、敵地・マリナーズ戦に「4番・右翼」でスタメン出場したが、四球、空振り三振、見逃し三振の2打数無安打で、0―8と8点ビハインドで6回裏の守備から退いた。

 残りは2試合。大谷に追いつくためにはガルシアが2戦5発、ジャッジは2戦7発が必要だ。

 ◆ア・リーグ本塁打王争い

〈1〉44本 大谷翔平(エンゼルス) 今季出場せず

〈2〉39本 ガルシア(レンジャーズ) 残り2試合

〈3〉38本 ロベルト(ホワイトソックス) 今季出場せず

〈4〉37本 ジャッジ(ヤンキース) 残り2試合

https://news.yahoo.co.jp/articles/70d5c446bc7d973bc29c6428b1b7639d22586907

【大谷翔平また一歩本塁打王に前進 ガルシア&ジャッジ不発で残り2試合…大谷超えへは6発以上が必要に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/28(木) 14:57:40.10 ID:8ThYF/Jm9
宇根夏樹ベースボール・ライター
9/28(木) 14:48
アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)Sep 27, 2023(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
 9月27日、アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)は、1試合に2本のホームランを打った。シーズン36本目と37本目だ。

 一方、アドリス・ガルシア(テキサス・レンジャーズ)は、同じ日の別の試合でホームランを記録し、シーズン本塁打を38本とした。

 ア・リーグの本塁打トップ4には、44本塁打の大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)、38本塁打のルイス・ロバートJr.(シカゴ・ホワイトソックス)とガルシア、37本塁打のジャッジが並ぶ。彼らのうち、大谷とロバートJr.は、すでにシーズンを終えた。

 9月22日以降、ジャッジは、ヤンキースの5試合中4試合に出場し、5本塁打を記録している。22日が3本、24日と25日が0本、26日の欠場を挟み、27日に2本だ。

 ガルシアは、ここ4試合中3試合でホームランを打っている。こちらは、24日と25日が1本ずつ、26日が0本、27日は1本だ。

 ヤンキースもレンジャーズも、レギュラーシーズンはあと4試合。ジャッジが大谷を上回るには、そこで8本のホームランを打つ必要がある。ガルシアは、4試合で7本だ。

 連続するチームの4試合にジャッジが記録したホームランは、見落としがなければ、5本が最も多い。2017年9月22日~25日に、1本、0本、2本、2本(直前の9月20日を含めると5試合で6本塁打)。2020年7月30日~8月2日に、1本、1本、1本、2本(こちらも、直前の7月29日を含めて5試合で6本塁打)。今シーズンは、5月13日~16日に、2本、0本、2本、1本だ。ガルシアは、4試合に5本塁打以上のスパンが見当たらなかった。

 とはいえ、過去には、4試合で8本のホームランを打った選手もいる。例えば、これが史上最多かどうかは不明ながら、ラルフ・カイナーは、1947年9月10日~12日に、2本、1本、3本、2本の計8本塁打を記録している(11日はダブルヘッダー)。この前月には、4試合で7本塁打のスパンもあった。

 また、ざっと探したところ、4試合で7本塁打は、カイナー以外にも何人か見つかった。フランク・ハワード(1968年5月)、バリー・ボンズ(2001年5月)、ショーン・グリーン(2002年5月)、ジョシュ・ハミルトン(2012年5月)がそうだ。これだけいるということは、他にも皆無ではない――違う選手あるいは同じ選手の別の4試合など――かもしれない。

 ちなみに、ハワードは、直後の2試合を含めると、6試合で10本塁打だ(2本、2本、1本、2本に、1本、2本)。グリーンの場合は、3試合で7本塁打。その前後の試合は、どちらもホームランを打っていない。

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/636bee8dec1347b60a02548106e5f4e861f03dae

【ヤンキース・ジャッジは1試合2本塁打、レンジャーズ・ガルシアは4試合中3試合でホームラン。大谷とは7本差と6本差】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/27(水) 11:13:01.14 ID:TOrMkcNE9
2023.09.27

28日にはスタメン復帰予定…大谷とは9本差で残り5試合

■ブルージェイズ ー ヤンキース(日本時間27日・トロント)

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手は26日(日本時間27日)の敵地・ブルージェイズ戦を欠場する。米記者が伝えたところによると、休養のためで、27日(同28日)の試合でスタメン復帰する予定だという。ジャッジはリーグ4位の35本塁打をマークしており、大谷とは9本差。この日の試合を除けば、残り5試合となる。

 MLB公式のブライアン・ホッチ記者はX(旧ツイッター)で、アーロン・ブーン監督が「いつか彼に休養日を与えたかった。(ダイヤモンドバックスとの)シリーズをずっと悪天候の中プレーしたからだ」と話したと伝えた。

 この日は、リーグ2位の38本塁打を放っていたルイス・ロバートJr.外野手(ホワイトソックス)が左膝の内側側副靱帯の捻挫のため10日間の負傷者リスト(IL)入り。大谷とは残り6試合で6本差としていたが、今季終了となった。44本でリーグトップに立つ大谷の本塁打王獲得が近付いている。(Full-Count編集部)

https://full-count.jp/2023/09/27/post1449335/

【大谷翔平がHR王へ前進…ヤンキース・ジャッジは休養 残り5戦で9本差、2位ロバートは今季終了】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/23(土) 15:24:37.86 ID:FlD59/7e9
ジャッジが怒濤の3打席連発!1試合3発の今季35本塁打で大谷翔平を猛追 残り8試合で9本差

<ヤンキース7-1ダイヤモンドバックス>◇22日(日本時間23日)◇ヤンキースタジアム

ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(31)が1試合で3本塁打を放ち、本塁打王争いでトップに立つエンゼルス大谷翔平投手(29)を猛追してきた。

ダイヤモンドバックス「2番右翼」で出場し、3回1死一、二塁にセンターへ先制の33号3ラン。5回無死二塁では2打席連続となる右中間への34号2ランを放った。さらに7回1死走者なしでは右翼スタンドへ3打席連続となるダメ押しの35号ソロを放ち、4打数4安打、6打点と爆発した。

今季は6月3日のドジャース戦で右足親指を痛め負傷者リスト入り。長期離脱を経て7月28日に復帰し、1試合3本塁打は8月23日以来、今季2度目。本塁打は7試合ぶりだった。今季はこれでちょうど100試合に出場し、打率2割6分7厘、35本塁打、70打点としている。

ア・リーグ本塁打王争いはエンゼルス大谷翔平投手(29)が44本塁打でトップ。ホワイトソックスのロベルトが7本差の37本で2位につけており、残り8試合となる。ジャッジはレンジャーズのガルシアと並ぶ35本で3位タイとなり、同じく8試合を残している。

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202309230000180.html

【ヤンキース・ジャッジが怒濤の3打席連発!1試合3発の今季35本塁打で大谷翔平を猛追 残り8試合で9本差】の続きを読む

このページのトップヘ