SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

スイス

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/21(土) 23:16:10.08 ID:YnMbaqzV9
 スイス・オリンピック委員会は21日までに、招致の意向を示していた将来の冬季五輪・パラリンピックについて、30年大会を目標とすると発表した。34年大会の招致も視野に入れる。
開会式はローザンヌ、閉会式は首都ベルンでの実施を計画。国民の意向調査では、回答者の67%が招致に賛成の意思を示したという。(仏サンドニ 平地一紀)

https://www.yomiuri.co.jp/olympic/news/20231021-OYT1T50181/

【スイスが冬季五輪招致に名乗り 30年大会を目標 国民の67%が招致賛成】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/05(土) 16:06:36.59 ID:svN++ZsN9
 ◇女子W杯決勝トーナメント1回戦 スペイン5ー1スイス(2023年8月5日 ニュージーランド・オークランド)

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会は5日から決勝トーナメントがスタート。FIFAランク6位のスペイン(C組2位)が同ランク20位のスイス(A組1位)に5―1と大勝。3回目の出場にして初の準々決勝進出を決めた。

 スペインが1次リーグ日本戦の大敗(●0―4)を払しょくする快勝。女子W杯史上初の8強入りを決め、目標である初優勝へむけ一歩前進。準々決勝ではオランダ(E組1位)―南アフリカ(G組2位)戦の勝者と対戦することになった。

 試合は前半5分にMFボンマティ(バルセロナ)が先制ゴール。同11分にはDFコディナ(バルセロナ)がハーフウェーライン付近からバックパスがまさかのオウンゴールを記録。痛恨のミスから同点としてしまうも同17分には左からのクロスをFWレドンド(レバンテ)が頭で押し込み再び勝ち越し。

 同36分にはMFボンマティがゴール前で華麗なキックフェイントから相手DF陣を翻弄。空いたシュートコースに左足で流し込み、この日2点目(今大会3点目)となる追加点。さらに前半アディショナルタイムにはDFコディナが名誉挽回とばかりにチーム4点目となるゴールを決め、両手を合わせ“謝罪”するような仕草を見せた。

 スペインは後半25分にも追加点。同代表歴代最多得点記録を保持する33歳FWエルモソ(パチューカ)が今大会3点目となるゴールを決め、自身の記録を「51」に伸ばした。

 日本戦では封じられた攻撃陣が躍動し、前半からスイスを圧倒。5―1の大勝劇で初の準々決勝へと駒を進めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec321e8b6280cd4c22a0108f5ebc5d0314ad53e0

【女子W杯決勝T・1回戦 スペインが初の8強入り 日本戦黒星“払しょく”スイスに5発大勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/07(水) 06:01:45.82 ID:RHvEvSL79
スポーツ報知 12/7(水) 5:58

前半、ペペと競り合うシャキリ(左)(カメラ・宮崎 亮太)
◆カタールW杯 ▽決勝トーナメント1回戦 スイス1―6ポルトガル(6日・ルサイル競技場)

 一進一退の展開が続いていたが、ポルトガルが最初のワンチャンスをものにした。前半17分、左サイド深くからのスローイン。ジョアンフェリックスが前を見ながら受けて、すぐに前方へパス。すると、この日Cロナウドに代わって先発起用された21歳のラモスが、ニアサイドをぶち抜いて先制ゴールを挙げた。さらに33分、右CKからペペがヘディングで決めた。

 ポルトガルは後半に入っても攻撃の手を緩めなかった。後半6分にラモスがこの日2発目となるゴールを決めると、4分後にはゲレイロがチーム4点目を決めた。

 やられっぱなしでは帰れないスイスは、後半13分にセットプレーから1点を返した。

 ところが、ラモスが同22分に今大会初のハットトリックとなる5点目。後半ロスタイムには23歳のレオンがチーム6点目を決められて、大量失点で大会を去ることになった。

 スイスは8強が34、38、54年と3度あるが、決勝トーナメントの白星は54年が最後。近年では94、06、14、18年、そして今大会と16強が5度目だ。

 16強常連と言えばメキシコ。94年から7大会連続で1次リーグを突破していたが、今大会はついに進出できず。前日にクロアチアにPK戦の末に敗退した日本も、4度、8強の壁にはねかえされてきた。

報知新聞
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/c4fc2bc41f27d517935528f5ef40c79c37a414c2&preview=auto

【W杯“8強の壁常連”スイスがポルトガルに大敗…決勝トーナメント1回戦で5回連続敗退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/03(土) 06:13:32.07 ID:kaOa8+z79
【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループG】セルビア2-3スイス(日本時間12月3日/スタジアム 974)

 スイスが3大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。一方、“ピクシー”ことドラガン・ストイコビッチ監督が率いるセルビアのワールドカップが幕を閉じた。

 序盤からセルビア優勢で進んでいたが、スイスは前半23分にジェルダン・シャキリ(シカゴ・ファイアー/アメリカ)の左足一発で先制点。しかし前半25分にはセルビア、アレクサンダル・ミトロビッチ(フラム/イングランド)のヘディングで同点に追いついた。さらに34分、セルビアは3試合目で初先発となったドゥシャン・ブラホビッチ(ユベントス/イタリア)が期待に応え、左足を振り抜き逆転に成功した。このままセルビア1点リードで前半が終わるかと思いきや、終了間際にスイスのブレール・エンボロ(モナコ/フランス)が右からのクロスに合わせて、同点。激しい打ち合いとなった。

 後半になると開始早々、スイスがレモ・フロイラー(ノッティンガム・フォレスト)の左足一発で逆転に成功。後がないセルビアは積極的に仕掛けにいくも、得点が奪えずにグループステージ敗退が決定。試合終了間際には両チームの選手がもみ合いになるなど、荒れた展開にもなった。

https://times.abema.tv/articles/-/10055116

【W杯・グループG最終節 スイス、ベスト16入り決定 ストイコビッチ監督率いるセルビアのワールドカップが終わる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/25(日) 09:49:48.42 ID:CAP_USER9
スペイン代表は24日にUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ2第5節、ホームでのスイス戦に臨み、1-2で敗れた。

【スタメン・試合詳細】スペイン対スイス

この試合の舞台はレアル・サラゴサの本拠地ラ・ロマレダ。サラゴサはスペイン5番目の大都市のクラブとしては落ちぶれた状況が続いているが、ラ・ロマレダの観客は2003年以来18年ぶりにやって来たスペイン代表を凄まじい熱狂で迎えている。

ルイス・エンリケ監督はGKウナイ・シモン、DFアスピリクエタ、エリック・ガルシア、パウ・トーレス、ジョルディ・アルバ、MFガビ、ブスケツ、ペドリ、FWフェラン・トーレス、アセンシオ、サラビアをスタメンとして起用。中盤の3人を中心として、バルセロナの選手が6人と過半数を占めている。

スペインはバルセロナよろしく、ボールを保持してスイス陣地で試合を進めていく。が、パスは回してもアタッキングサードでの効果的なプレーと連係を描き続けた。すると21分、スイスにこの試合初のCKを与えて、そこから失点。クロスからアカンジがアスピリクエタに先んじた動きでヘディングシュートを放ち、ネットを揺らしている。スペインはその後もボールこそ保持するものの、攻撃の仕上げの部分で創造性と精度を欠き続け、結局シュートを打たぬまま前半を終えている。

同じメンバーで後半をスタートさせたスペインは55分、ラ・ロマレダに歓喜をもたらす同点弾を決めた。アセンシオが馬力と技術あるドリブルでペナルティーエリア手前右で突き進み、スイス守備陣を引きつけながらエリア内左に侵入するJ・アルバにスルーパス。バルセロナDFは左足のシュートでGKゾマーを破った。

だがスペインと観衆の喜びも束の間、スイスは59分に再びCKからリードを奪った。ニアサイドのアカンジがクロスに足で触れて中央に流すと、そこに位置していたエンボロが枠内に押し込んだ。L・エンリケ監督は64分に交代カードを切り、アセンシオ、サラビア、フェラン・トーレスとの交代でニコ・ウィリアムス、ボルハ・イグレシアス、ジェレミ・ピノを投入。N・ウィリアムスとB・イグレシアスは代表デビューとなり、2017-18シーズンにサラゴサでプレーして23ゴールを決めたB・イグレシアスは大喝采を浴びている。

70分にはペドリをマルコス・ジョレンテに代えて縦の速さも意識したスペインは、ボールを保持しながらゴールチャンスをうかがい続けるが、相変わらずスイスの堅守に苦戦。L・エンリケ監督は終盤、サイドバックのアスピリクエタを中盤のカルロス・ソレールと交代して、より攻撃的な姿勢を示したものの、ソレールのシュートがゾマーに防がれるなど結局2点目を決められず終了のホイッスルを迎えている。

スペインのシュート数8本、枠内シュート4本は守備とトランジションをプレーの主軸としたスイスとまったく同じ数字。ポゼッション率では75%と圧倒しながらも、それをゴールチャンスにつなげることができず、これまでの弱点を再び露呈してしまった格好だ。……ちなみにスペインが2003年にラ・ロマレダを訪れた際には、ギリシャに敗れてEURO2004出場プレーオフを戦うことを強いられた。今回はスイスとのホーム戦で史上初めて黒星を喫し、サラゴサ本拠地では良い思い出をつくることができずにいる。

なおリーグA・グループ2のもう1試合、チェコ対ポルトガルはポルトガルが勝利。この結果、同グループの順位は首位ポルトガル(勝ち点10)、2位スペイン(勝ち点8)、3位スイス(勝ち点6)、4位チェコ(勝ち点4)となった。スペインとポルトガルは27日、首位の座と決勝トーナメント進出をかけて直接対決に臨む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb22433ce3c0a61f2256776afbd8b6e5975c7d50

【UEFAネーションズリーグ スペインがスイスに1-2敗戦、75%以上のポゼッション率も効果的プレー少なく…CKから2発を決められる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/19(土) 20:03:17.35 ID:CAP_USER9
 カーリングは19日、男子の決勝が行われ、スウェーデンが英国を延長戦の末に5―4で破り、初優勝した。

 
 女子は3位決定戦でスウェーデンとスイスが対戦。(時事)

2/19(土) 19:54配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/34bb370228e19979da6d319d78be9d66e7f59c8f

【北京五輪・カーリングス男子決勝 ウェーデン、初の金!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/19(土) 23:55:29.42 ID:CAP_USER9

【北京五輪・カーリング女子3位決定戦 スイスを破りスウェーデンが銅メダル獲得!!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/17(木) 18:52:22.04 ID:CAP_USER9
2022年2月17日 16:53
https://www.afpbb.com/articles/-/3390560
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/6/810wm/img_86efae8eeb4759072453954aa3bf05b0166431.jpg

【2月17日 AFP】北京冬季五輪は17日、アルペンスキー女子複合が行われ、スイスのミシェル・ギザン(Michelle Gisin)が後半の回転で見事な滑走を見せ、2連覇を達成した。

 前半の滑降で12番手につけていたギザンは、回転で巻き返して2本合計タイム2分25秒67を記録して金メダルを獲得した。

 世界選手権(FIS Alpine World Ski Championships)でこの種目2度の優勝を誇る同じスイスのウェンディー・ホルドナー(Wendy Holdener)が1秒05差で銀メダル、イタリアのフェデリカ・ブリニョネ(Federica Brignone)が1秒85差で銅メダルを獲得した。

 米国のミカエラ・シフリン(Mikaela Shiffrin)は、回転と大回転に続いて3度目の途中棄権に終わった。(c)AFP

https://medias4.fis-ski.com/pdf/2022/AL/5207/2022AL5207RLR2.pdf

【【北京五輪】アルペン女子複合 スイスのミシェル・ギザンが連覇、スイス勢が1-2 レデツカ4位、シフリン途中棄権 [鉄チーズ烏★]】の続きを読む

このページのトップヘ