SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

スウェーデン

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/19(土) 19:03:52.85 ID:49dTTvMT9
女子ワールドカップ(W杯)2023・3位決定戦のスウェーデン女子代表vsオーストラリア女子代表が、19日に行われた。

女子W杯2023 日程・結果

準々決勝でなでしこジャパン(日本女子代表)を撃破したものの準決勝でスペイン女子代表に敗れたスウェーデン。対するオーストラリアは準決勝でイングランド女子代表に競り負けて3位決定戦に回っていた。

試合は30分にVARの介入によって動きを見せる。スティーナ・ブラックステニウスがボックス右にドリブルで進行したところでクレア・ハントと交錯して転倒。VARオンフィールドレビューによってPKの判定となり、キッカーのフリードリナ・ロルフォが沈めてスウェーデンが先制する。

リードして折り返したスウェーデンは受けに回るシーンも目立つが62分に決定機をものにした。カウンターからボックス左に抜け出したブラックステニウスがマイナス方向に折り返すとコソヴァレ・アスラニが反応。ボックス手前中央から右足の鋭いシュートを突き刺して追加点とした。

その後も得点を目指すオーストラリアだったが、最後までスウェーデンのペースを崩すには至らずに試合終了。2-0で競り勝ったスウェーデンが2大会連続4度目の3位で大会を終えている。開催国オーストラリアは入賞こそ逃したものの、史上最高位でのフィニッシュとなった。

■試合結果
スウェーデン女子代表 2-0 オーストラリア女子代表

■得点者
スウェーデン:フリードリナ・ロルフォ(30分)、コソヴァレ・アスラニ(62分)
オーストラリア:なし

https://news.yahoo.co.jp/articles/f382fe4d0d9a8377a2c868f22d9faaf3c5e5ef4a

【女子W杯・3位決定戦 スウェーデン、2大会連続4度目の女子W杯3位! 開催国オーストラリアは史上最高位も入賞ならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/15(火) 18:58:06.34 ID:hAbusCHH9
FIFA女子ワールドカップ2023のスペイン女子代表vsスウェーデン女子代表が15日にニュージーランドのイーデン・パークで開催された。

女子W杯2023 日程・結果・決勝トーナメント組み合わせ

グループステージでなでしこジャパンに敗戦しながらも、ラウンド16以降にスイス、オランダを下してベスト4入りを果たしたスペインと、決勝トーナメントで優勝候補アメリカと日本を破って4強入りしたスウェーデンがファイナル進出をかけて対戦した。

試合序盤はスペインがバルセロナの中心選手であるボンマティを軸に攻勢に出る。ポゼッション率を高めて、より多くのパスをつないだスペインは、カルモナが際どいミドルシュートを放つなどゴールに迫る。

それでも、これに耐えたスウェーデンは前半終盤にかけて反撃。ロルフォがGKのファインセーブを強いる枠内シュートを放つなど応戦した中、前半は0-0のまま終了する。

そんな中、81分にはスペインがついに均衡を崩す。左サイドからエルモソが入れたクロスをスウェーデン守備陣がクリアしきれず、正面の19歳のパラジュエロがハーフボレーのシュートを突き刺した。パラジュエロは準々決勝のオランダ戦での延長後半の決勝弾に続く2試合連続弾となった。

それでも、スウェーデンは88分に意地を見せる。左サイドからハイボールのクロスをフルティグが落とすと、これを正面のブロンクビストが丁寧なボレー。ゴール左にシュートを流し込み、追いつく。

だが、試合はこれでは終わらない。89分、ショートコーナーからボールを受けたカルモナがボックス左手前からコントロールシュートを決めきり、スペインが再び前に出る。

結局、これを決勝弾としたスペインが初の決勝に進出。20日に行われる決勝でスペインは、16日に開催されるオーストラリア対イングランドの勝者と初優勝をかけて対戦する。

スペイン 2-1 スウェーデン
[得点者]
81'サルマ・パラジュエロ  (スペイン)
88'レベチャ・ブロンクビスト(スウェーデン)
89'オルガ・カルモナ    (スペイン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/558a39ed97e615d60d2cccadf35d133cf306d45e

【女子W杯・準決勝 スペインが女子W杯決勝に初進出! 89分の決勝弾でスウェーデンを撃破、GSで日本に敗戦から躍進】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/11(金) 18:28:48.24 ID:jngJbWca9
◆女子W杯 ▽準々決勝 日本1―2スウェーデン(11日、オークランド・イーデン・パーク)

 【オークランド(ニュージーランド)11日=田中孝憲】2大会ぶりの4強入りを目指すなでしこジャパンだったが、スウェーデンに1―2で破れ今大会が終了した。

 2021年東京五輪決勝トーナメント1回戦で敗れた因縁の相手との一戦は、スタメンの左ウィングバックを変更。遠藤純に代わり杉田妃和が入った。

 試合は前半からスウェーデンがボールを支配。細かいパスをつないで日本ゴールを脅かした。粘り強い守備で耐えていた日本だったが、前半32分に先制点を献上する。相手FKから自陣ゴール前で混戦となり、最後はDFイレステットが右足でネットを揺らした。

 今大会初めてビハインドの展開となった日本。後半開始と同時に遠藤を投入したが、同6分にPKを与えてしまい追加点を許した。同18分、MF藤野あおばがこの日チーム最初のシュートを放つと流れはなでしこに。以降も好機を作ると、同29分には途中出場のFW植木理子がドリブルで仕掛けてPKを獲得した。

 決めれば1点差に追い上げることができる場面で、自らキッカーを務めた植木は右足を強振。しかしボールはゴールバーを直撃し、背番号9は頭を抱えた。後半42分に途中出場のMF林穂之香のゴールで1点を返すのが精いっぱいだった。

 今大会は1次リーグで格上のスペインに完勝するなど3連勝。決勝トーナメント1回戦でもノルウェーに快勝し、4年前の前回大会を超える好調ぶりだったが世界一には届かなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7cd2d7cf74ec00095256d851f4223ad2881ff9ca

【女子W杯・準々決勝 なでしこジャパン1点届かず敗退 PK失敗、終盤の猛追及ばず…VARにも泣く 強豪スウェーデンに敗れ4強逃す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/11(金) 18:19:34.47 ID:XsrziYQ19
8/11(金) 18:10配信

<日本・スウェーデン>後半31分、PKを蹴った植木だったが…(AP)

 ◇女子W杯オーストラリア・ニュージーランド大会決勝トーナメント準々決勝 日本―スウェーデン(2023年8月11日 イーデン・パーク)

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会は11日、準々決勝が行われ、2011年ドイツ大会以来の優勝を狙う日本代表「なでしこジャパン」はスウェーデン(FIFAランク3位)と対戦。0―2の後半31分にPKを獲得も、植木のキックはクロスバーに当たり、ゴールとはならなかった。

 2点を追う後半31分、右サイドの相手陣深くでスローインを受けた植木がドリブルを仕掛け、ペナルティーエリア内で相手に倒されてPKを獲得。しかし、植木の右足でのキックは無情にもバーに直撃しゴールならず。植木は頭を抱えた。

 スウェーデンは平均身長1メートル71という長身選手をそろえ、この日も高さとフィジカルで序盤からゲームを支配。すると前半32分、ゴール前のこぼれ球を最後はDFアマンダ・イルステッドに右足で強烈に叩き込まれた。

 前半シュート0本に終わった日本の池田監督は、左ウィングバックの杉田に代えて遠藤を投入。攻撃的な布陣に戻した。だが、後半2分に強烈なシュートを放たれ、かろうじてGK山下が弾いて失点を免れたものの、その4分後、相手のクロスボールがエリア内でMF長野の腕に当り、VAR判定でPKに。そのPKを長谷川とマンチェスターCで同僚のMFアンイエルダールに決められ、リードを広げられた。

 この試合に勝利したチームは、15日の準決勝(イーデン・パーク、17時~)で前回準優勝のオランダを延長の末に2―1で撃破したスペインと激突する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8bb36a82495679682941656eeb41fbb82bcadad6

【なでしこジャパン あゝ…後半0―2でPK獲得も植木決められず クロスバーに当たり入らず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/11(金) 17:26:11.12 ID:XsrziYQ19
8/11(金) 17:17配信

<日本・スウェーデン>前半32分、先制点を決められたなでしこイレブンは、相手GKが喜びを爆発させる中で円陣をつくり話し合う(AP)

 ◇女子W杯オーストラリア・ニュージーランド大会決勝トーナメント準々決勝 日本―スウェーデン(2023年8月11日 イーデン・パーク)

【写真】<日本・スウェーデン>前半32分、イレステットが先制ゴールを決め、喜びを爆発させるスウェーデン・イレブン

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)オーストラリア・ニュージーランド大会は11日、準々決勝が行われ、2011年ドイツ大会以来の優勝を狙う日本代表「なでしこジャパン」はスウェーデン(FIFAランク3位)と対戦。なでしこジャパンは0―0の前半32分に失点し、今大会初となる先制点を許した。そのまま前半を0―1で折り返した。

 日本を研究してきたスウェーデンが終始ゲームを優位に進めた。FIFA公式によると前半終了時で日本はシュート0本、ポゼッションは33%だった。

 世界ランク3位のスウェーデンは、平均身長1メートル71という長身選手をそろえ、この日も高さとフィジカルで序盤からゲームを支配。すると前半31分、ゴール前のこぼれ球を最後はDFアマンダ・イルステッドが右足で強烈に叩き込んだ。

 イルステッドは1メートル78の長身を誇り、DFながら今大会では1次リーグでCKから3得点をマーク。しかもいずれも頭で決めており、この日の得点は足で初めて決めたゴールとなった。

 なでしこジャパンにとっては、東京五輪の準々決勝で1―3で敗れて以来の“リベンジマッチ。池田太監督はこの試合、3―1で勝利した5日のノルウェー戦から先発を一人変更。左ウイングバックをの位置に遠藤純ではなく杉田を抜てきした。

 前半11分の直接FKではトリックプレーで相手を揺さぶり、同28分にはDF清水が右サイドを駆け上がりクロスを上げたが、いずれもゴールにはつながらなかった。

 ◆今大会のなでしこジャパン成績

 ▽1次リーグC組

第1節 日本5―0ザンビア

第2節 日本2―0コスタリカ

第3節 日本4―0スペイン

 ▽決勝トーナメント

1回戦 日本3―1ノルウェー

 日本がこの試合に勝利した場合、15日の準決勝(イーデン・パーク、17時~)では、1次リーグC組第3節で4―0と下したスペインと再戦する。スペインは日本より前に準々決勝を行い、前回準優勝のオランダを延長の末に2―1で撃破。同国史上初の4強入りを決めている。1次リーグではカウンターを軸に宮沢ひなたが2得点1アシストと活躍。守っては得点を許さず4―0の完勝だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4052cf3d6b9bc54b2b955b0fbbe54069fd83b67a
https://i.imgur.com/wOGXV7R.jpg

【女子W杯・準々決勝 なでしこジャパン 前半0―1で折り返す シュート0本、今大会始めて先制点許す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/11(金) 14:43:41.73 ID:v1H5vsQb9
池田太監督率いる女子日本代表(なでしこジャパン)は11日、女子ワールドカップ(W杯)準々決勝でスウェーデン女子代表と対戦する。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が10日、特集記事で試合の行方を分析した

9大会連続9度目のW杯に挑んでいるなでしこジャパンは、グループCを3連勝で首位通過すると、5日のラウンド16でノルウェー女子代表に3-1と勝利。11日には、前回大会の覇者米国をPK戦の末に下して勝ち上がったスウェーデン女子代表と対戦する。

そんな中、イタリア紙は今大会で5ゴールを挙げて得点王ランキングで首位につける宮澤ひなたに注目しつつ、「日本対スウェーデン…ミヤザワが日本代表の頼りに? 」との見出しを付けて特集。「開幕前は予測不可能だった準々決勝の組み合わせはスペクタクルな試合を約束してくれるはずだ」となでしこの次戦に見解を示した。

「大会のサプライズとなった2カ国による予想外の準々決勝」と紹介。「日本はグループステージで大勝利を収めた後、ノルウェーに3-1と快勝した」一方、「スウェーデンは世界王者の米国を下すというさらに素晴らしい結果を収めた」と綴った。

また、試合の行方について分析。ブックメーカー各社の予想を踏まえて「日本の勝利が有力」と伝えつつ、「両チームの守備陣は今大会での失点が非常に少ない」ことから、「高いインテンシティは約束されるが、おそらくゴールの数は多くならない」と指摘した。ここまで1失点のみの両チームを「鉄壁の守備」と表現。特になでしこについては「日本の守備を崩すことはほぼ不可能」と強調し、「グループステージのすべての試合で失点を許さず、ノルウェー戦の1点のみだった」ことを振り返った。

最後に分析を総括し、「日出ずる国は今大会のサプライズだ。決勝トーナメントにおいて唯一の東アジア勢であり、ヨーロッパ各国が集う中でまさに本物の黒い獣(恐るべき存在の意味)と言えるだろう」と主張。「日本とスウェーデンは12度目の対戦となるが、過去の対戦成績は5勝2分4敗で日本に微笑んでいる」と締めくくった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b7eeda950cc33cb4148c802e1c290f8258fa111d

【伊紙はなでしこのスウェーデン戦勝利を予想「日本の守備を崩すのはほぼ不可能」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/09(水) 06:33:16.52 ID:UNN/59ht9
日本は4試合で14得点1失点と今大会好調

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、8月5日に女子ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦でノルウェー代表を3-1で下し、準々決勝でスウェーデンと対戦する。スペイン紙「AS」は、「予想が難しい試合」としたうえで、「日本の2-1勝利」と見立てている。

日本はグループリーグを3戦全勝。11得点無失点の成績で決勝トーナメントに勝ち上がった。引いて守備を固めたノルウェーを相手にボールを保持する展開となり、前半15分に相手のオウンゴールで幸先よく先制。同20分に今大会初失点を喫して同点に追い付かれたが、後半5分にMF清水梨紗が勝ち越しゴールをゲット。さらに同36分にはカウンターからMF宮澤ひなたが今大会5得点目を挙げ、試合を決定づけた。

 ノルウェーを撃破してベスト8へと駒を進めた日本は、8月11日にアメリカをPK戦の末に破ったスウェーデンと対戦。東京五輪の準々決勝では1-3と敗れており、日本としてはリベンジを期す戦いとなる。

 スペイン紙「AS」は、「日本とスウェーデンが準々決勝で激突。日本はここまで全勝で無敵を誇る一方、スウェーデンも今大会は堅実に戦い、優勝候補筆頭のアメリカを決勝トーナメント1回戦で一蹴した」と取り上げている。

 記事では、日本対スウェーデンに関して、「予想が難しい試合だ。スウェーデンは女王(アメリカ)を破ったが、日本は4試合で14得点1失点。日本が今大会5勝目を挙げて次のラウンドに進むことを期待したい」と、2-1のスコアで日本の勝利を予想していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a778d693cb731d1dd93b6416004f25c83c5709a4

【女子W杯8強日本×スウェーデンは「予想が難しい」 スペイン紙がスコア予想「全勝で無敵を誇る日本が…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/07(月) 13:49:23.42 ID:JQrI62sh9
日本は11日にベスト4を懸けスウェーデンと対戦

 なでしこジャパン(日本女子代表)はオーストラリアとニュージーランドで共催の女子ワールドカップ(W杯)でベスト8へ進出し4強を懸け、スウェーデンと対戦する。アメリカメディアは日本とスウェーデンのオッズに注目している。

 日本は8月5日に行われた決勝トーナメント1回戦でノルウェーと対戦。オウンゴールで先制後、一時同点に追い付かれるも、後半にMF清水梨紗、MF宮澤ひなたが得点し、3-1で快勝した。これで日本は今大会14ゴールをマーク。一方の守備ではノルウェー戦で喫した1失点のみ。攻守に抜群の安定感を示しており、ベスト8以降の戦いぶりにも期待が高まる。

 日本と同じくグループリーグを3戦全勝で首位通過したスウェーデンは、アメリカと対戦。試合は0-0で延長に突入するも両者譲らずPK戦になると、7人目までもつれた戦いをスウェーデンが制してベスト8に駒を進めた。

 そんななか、アメリカメディア「Draftkings Network」が「日本対スウェーデンの開幕オッズ」と綴り、両者の現在のオッズを報じている。記事では「日本+110 引き分け+215 スウェーデン+235」となっており、現状は日本が優勢という見方がされている。

 また、「アメリカはスウェーデンに勝てるはずだったが、GKのゼチラ・ムゾビッチが次々と見事なセーブを見せてチームを勝利に導いた。日本はアメリカよりもファイナルサードでチャンスを仕留めるのが圧倒的に上手く、スウェーデンのキーパーがこのようなパフォーマンスを見せることはもうないだろう」

「日本は選手をうまくローテーションさせ、致命的な攻撃スタイルを確立してきた。スウェーデンは流れのなかからの得点があまりないため、ムゾビッチがまた驚異的なパフォーマンスを見せなければ、日本に追いつけるとは考えにくい」と言及しており、戦い方を含めても日本が勝利に近いと予想されている。

 優勝候補筆頭と目された大会2連覇中のアメリカがベスト16で敗退となったなか、東京五輪の準々決勝では日本がスウェーデンに1-3で敗れており、リベンジなるか注目が集まる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/01e87039970faca88cab57cbb33ef80f4476850c

【なでしこジャパン、スウェーデン戦のオッズ優勢 海外メディア指摘「日本は米国より圧倒的に上手い」】の続きを読む

このページのトップヘ