SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

スポーツ仲裁裁判所

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/12(土) 15:48:06.79 ID:CAP_USER9
ROCが提訴 欧州五輪委の決定不服―CAS:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022031200250&g=spo

2022年03月12日07時37分

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は11日、冬季欧州ユース五輪フェスティバルにロシアの選手らが出場できないことに対するロシア・オリンピック委員会(ROC)の不服申し立てを受理したと発表した。欧州オリンピック委員会(EOC)はウクライナ侵攻を受け、ロシアとベラルーシの参加を認めないことを決めていた。

冬季欧州ユース五輪フェスティバルは、今月下旬にフィンランドで実施される。CASによると、ROCはロシア選手団が同大会を含むEOC主催の全大会に出場できるようになることを求めている。(時事)

【ロシア・オリンピック委員会(ROC)が提訴 欧州五輪委の決定不服―CAS (3/10・11)】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/14(月) 16:57:18.53 ID:CAP_USER9
2/14(月) 16:36
東スポWeb

ワリエワ個人戦「金」でも剥奪ある CAS仲裁人「出場は認めるが〝シロ〟とは言っていない」
個人戦出場へ向け練習するワリエワ(東スポWeb)
 北京五輪のフィギュアスケート女子でドーピング問題の渦中にあったロシアオリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワ(15)が14日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の決定によって個人種目(15日)への出場が認められた。

 とはいえ多くの疑問が残る。一度は陽性が出たにも関わらず、なぜ出場可能なのか? この決定について、日本アンチドーピング規律パネル委員長でCAS仲裁人を務める早川吉尚氏は「出場は認めるけど〝シロ〟だとは言っていません。今後、手続きが進む中でシロ・クロがハッキリした時点で、団体戦の金メダル剥奪もあり得ますし、個人戦で金メダルを取っても後で失効する可能性もある」と解説した。

 今回、出場が認められた背景には3つの事情がある。「未成年ということ、五輪期間中に陽性が出なかったこと、そしてロシアからの通知が遅れたこと」(早川氏)。これによって15日の女子ショートプログラム(SP)には出場可能となったが、今後も協議は続くという。

「今回なぜ陽性が出たのか? どうやって彼女の体内に禁止薬物が入ったのか?を調査をする義務がロシアにはある。そこでいい加減な判断をすると、再びCASに提訴される可能性があります」

 つまり、今回の出場決定は〝シロ判定〟ではなく、一件落着には至っていない。

 ワリエワを巡っては昨年12月25日に採取された検体から禁止薬物トリメタジジンが検出。この事実はフィギュア団体戦でROCが金メダルを獲得した翌日(8日)に明らかになったが、ロシア反ドーピング機関はワリエワに暫定資格停止処分を下し、本人の申し立てを受けて処分を解除。国際オリンピック委員会(IOC)や世界反ドーピング機関(WADA)は決定を不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)へ提訴していた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220214-03997847-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e9c5882db87e8c02f128ed9de0e28075fc9e511

【ワリエワ個人戦「金メダル」でも剥奪ある CAS仲裁人「出場は認めるが〝シロ〟とは言っていない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/12(土) 12:47:38.29 ID:CAP_USER9
2/12(土) 12:36配信
中日スポーツ

カミラ・ワリエワ(AP)

 北京五輪のフィギュアスケート女子の有力選手で、ロシア・オリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワ(15)のドーピング違反を巡って、一時的な資格停止処分が解除された問題で、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は11日、国際オリンピック委員会(IOC)と世界反ドーピング機関(WADA)からあった不服の申し立てを受理したと発表した。

 ワリエワについては昨年12月のドーピング検査で血流を促進させるなどの作用がある禁止薬物「トリメタジジン」の陽性反応を示したことから、8日に予定されていた北京五輪・フィギュアスケート団体のメダル授与式が延期された。

 ロシア反ドーピング機関はワリエワに暫定の資格停止処分を科したが、選手からの異議申し立てを受け、処分を解除していた。申し立てが受理されたのは現地時間11日午後8時過ぎで、15日から始まる女子シングルの競技前にCASの裁定が下される見通しだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220212-00000018-chuspo-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/1144c85763e91558053c08c54c9bd3edf866c75d

【スポーツ仲裁裁判所がドーピング陽性のワリエワ出場資格問う申し立てを正式に受理】の続きを読む

このページのトップヘ