SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

セルビア代表

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/04(日) 11:50:47.10 ID:bFk8Jmj39
https://imgur.com/F8vRNy9.jpg
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221204-00010000-thedigest-000-1-view.jpg
自軍のゴールに興奮したストイコビッチ。その時に思わず口にした“暴言”が物議を醸した。(C)Getty Images

「本当に酷い」“妖精”ストイコビッチが人種差別発言!? 味方のゴールに興奮して「暴言」を吐き捨てた映像が波紋【W杯】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221204-00010000-thedigest-socc

「サッカー界の偉大なレジェンドとしても信じられない行動だ」

 日本サッカー界にも所縁のあるレジェンドの言動が波紋を広げている。

 事の発端となったのは、現地時間12月2日に行なわれた韓国代表とのカタール・ワールドカップのグループH最終戦で、セルビア代表の指揮官ドラガン・ストイコビッチが見せた振る舞いだ。

 互いに1点ずつを奪い合ったタイスコアで迎えた65分だった。セルビア代表FWドゥシャン・ブラホビッチが、敵エリア内で倒れ込みながら左足を一閃。ゴール右下隅へ勝ち越し弾を決めると、“カリスマ指揮官”も興奮。中継カメラに映し出されているのを知ってか、知らずか。ベンチを飛び出すと「どうた! クソッタレめ!」と吠えたのだ。

 ゲーム中にヒートアップして暴言を放ってしまうのは、少なからず致し方ない面はある。しかし、この時に口にした言葉が問題視されている。というのも、スイスの主力選手だったジェルダン・シャキリとグラニト・シャカのルーツでもあるコソボ系移民を蔑称するワードだったのだ。

 熾烈なシーソーゲームの末に3-2でスイスが勝利した試合後、各国メディアはカメラに映し出された“ピクシー”の行動をクローズアップ。小さくない問題として報道された。

 クロアチアの日刊紙『Vecernji』は「彼(ストイコビッチ)の発した言葉はハッキリと聞こえ、そしてそれが誰に向けられたものなのかも容易に判断できる」「ピクシーの発言は本当に酷いもので、サッカー界の偉大なレジェンドとしても信じられない行動だ。懲戒審査員もこれに対処しなければならないだろう」と指摘した。

 また、アルゼンチン紙『Ole』は「ストイコビッチは処罰の対象になる可能性がある」とし、コソボの外務大臣を務めているメリザ・ハラディナイ氏のSNSでの投稿を紹介した。

「ストイコビッチの人種差別行為はFIFAのカメラが捉えている。私はこの恥ずべき卑怯な行為に対し、FIFAが相応の行動を取ることを期待している」

 はたして、ストイコビッチは処罰の対象になり得るのか。かつてJリーグでも異彩を放った天才に対する今後の調査の行方が注目される。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事
警告11度、因縁の対決で逆転勝利…スイス代表の立役者はコソボがルーツのシャキリ
https://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/worldcup/20221203-OYT1T50192/

Serbia fans 'showed fascist slogans and sang about killing Albanians' at game(セルビアのファンが試合で、ファシストのスローガンを見せ「アルバニア人を殺す」と歌った)
https://www.theguardian.com/football/2022/dec/03/serbia-fans-showed-fascist-slogans-sang-kill-albanians-world-cup-switzerland-qatar-2022

【関連】セルビア代表のロッカールームに掲げられた旗(セルビア国旗で描かれている部分がコソボ領)と、同様の横断幕を掲げるセルビア代表サポーター
https://pbs.twimg.com/media/FigXEEBXwAMLtlz.jpg
https://balkaninsight.com/wp-content/uploads/2022/11/11153908-scaled-e1669384932516-640x360.jpg

@admirim
Serbia's fans chanting "Kill, kill, kill Albanians [using a slur]" during the Switzerland-Serbia match.
(スイス対セルビアの試合で「アルバニア人を殺せ、殺せ、殺せ」と唱えるセルビアのファン)

@FIFAcom
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1598776072153272326/pu/vid/640x352/tdbUBkwdyr4n6Crz.mp4
https://twitter.com/admirim/status/1598800515671867393
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【「アルバニア人の母親を…」セルビア代表・ストイコビッチ監督、スイス戦で侮蔑的な人種差別発言 捉えた映像が波紋】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/28(月) 21:03:22.30 ID:Z8555SAG9
 カタール・ワールドカップ(W杯)のグループリーグG組の第2戦が11月28日に行われた。ともに初戦を落としたセルビア代表とカメルーン代表の一戦は激しい点の取り合いの末に3-3で引き分けた。

 カメルーンは初戦のスイス代表戦でスタメン出場していたGKアンドレ・オナナがメンバー外となり、代わりにデビス・エパシがゴールマウスを守った。

 一方で英雄ドラガン・ストイコビッチ監督が率いるセルビアはブラジル代表に敗れた初戦からスタメン2人を入れ替え。昨季までフランクフルトでMF鎌田大地やMF長谷部誠と同僚だったMFフィリップ・コスティッチとヘタフェで柴崎岳とともにプレーした経験を持つMFネマニャ・マクシモビッチが先発に入った。

 序盤から試合を優勢に進めていたのはセルビアだったが、先制したのはカメルーン。前半29分、コーナーキックからDFジャン=シャルル・カステレットが押し込んだ。

 対するセルビアは前半アディショナルタイム1分にFKからDFストラヒニャ・パブロビッチがヘディングで合わせて同点。その2分後にはMFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチが正確なミドルシュートを決めて勝ち越しに成功した。

 1点リードのセルビアは後半8分に流れるようなパスワークから最後はFWアレクサンダル・ミトロビッチが加点し、点差をさらに広げた。

 しかし、カメルーンも反撃。同19分に縦パスに抜け出したFWヴァンサン・アブバカルがループシュートを決めて1点を返すと、さらに同22分にもセルビア守備陣の背後のスペースを突き、FWエリック・マクシム・シュポ=モティングが同点ゴールを奪った。

 お互いに得点を奪い合う展開になった試合は3-3で決着し、勝点1を分け合う結果となった。カメルーンは勝利こそ叶わなかったが、W杯での連敗を「8」でストップ。一時2点のリードを奪ったセルビアにとっては痛恨のドローといえそうだ。

 第3戦はセルビアがスイス、カメルーンがブラジルと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7c974c2971c93506d364cef13a200f26578ff2ba

【W杯・グループG第2節 カメルーンが意地のドロー セルビアと激しい点の取り合い、後半2点ビハインドから3-3に追い付く】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/22(火) 04:16:58.42 ID:c+hSOfMD9
>>2022年11月21日(月)21:54~23:10にテレビ朝日系で放送の「報道ステーション」より

■サッカーW杯 もう1人の日本代表

 喜熨斗勝史(きのし かつひと)コーチの紹介。喜熨斗勝史コーチはヨーロッパ代表チームのコーチとして日本人初W杯出場する。
喜熨斗勝史コーチが指導するセルビア代表はヨーロッパ予選を無敗(6勝2分)で突破した強豪。
ストイコビッチ監督を支えてきたのが喜熨斗勝史コーチ。しかし異国での指導は順風満帆ではなかった。
喜熨斗勝史コーチは「彼らと話すと、小学生の時から教室に入った時点で、
誰が味方で、誰が敵で、誰が自分を助けてくれて、誰が足を引っ張るのか見極めなければいけないところで育ってきた」などと話した。

 また信頼を得たことについて「とにかくハードワークをする」などと話した。
喜熨斗勝史コーチは教員を務めながら東京大学大学院でサッカーの理論を学んだ。
ハードワークが報われたのはW杯欧州予選のポルトガル戦。劇的ゴールでワールドカップ出場を決めた。
喜熨斗勝史コーチは「年齢は実年齢ではなく気持ち」などと話した。

キーワード
1990FIFAワールドカップ 2022FIFAワールドカップ 2022FIFAワールドカップヨーロッパ予選 YouTube
クリスティアーノ・ロナウド ツイッター ドラガン・ストイコビッチ 名古屋グランパスエイト 東京大学

TVでた蔵
https://datazoo.jp/tv/%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/1605152

※報道ステーションより
■喜熨斗勝史氏(58歳)のコーチ経歴
・1995年~2015年 Jリーグ(名古屋グランパスなど6チーム)
・2015年~2019年 中国リーグ(広州富力)
・2021年~    セルビア代表

■セルビア代表・ストイコビッチ(愛称:ピクシー)監督(57歳)
・1990年イタリアW杯でベストイレブンに選出(当時25歳)
・Jリーグ・名古屋グランパスで選手・監督として活躍

<関連記事>
ピクシーの右腕、W杯に挑む“もう1人の日本代表”セルビア代表アシスタントコーチ喜熨斗氏 - 海外サッカー : 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202211100000049.html
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202211100000049.html?Page=2
セルビアの「最大の敵はブラジルではない」。カタール・ワールドカップに向けた準備の重要なファクターとは?【喜熨斗勝史の欧州戦記|第19回】 | サッカーダイジェストWeb
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=119456

<関連スレ>
【サッカー】ストイコビッチ氏のセルビア代表監督就任が正式決定、喜熨斗勝史氏もコーチで入閣
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1614778495/
【サッカー】衰え知らずのキング・カズ、本当に恐ろしい…パーソナルコーチ喜熨斗勝史さんが語る三浦知良
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600905271/
【サッカー】名古屋グランパス、喜熨斗(きのし)勝史コーチの契約を解除!広州富力でトップチームコーチに就任
https://hayabusa3.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1440563734/

【<元名古屋コンビ>ピクシー監督率いるセルビア代表で、喜熨斗氏が“欧州代表チームの日本人コーチ”として初のW杯出場!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/23(金) 18:20:25.59 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/wnational/20220923/393663.html?cx_top=topix
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/09/image-12.jpeg

 9月23日、オーストラリアのシドニーで「FIBA女子ワールドカップ2022」が開催され、女子日本代表(FIBAランキング8位)はグループフェーズ第2戦でセルビア代表(同10位)と対戦した。

 大会初戦のマリ戦に89-56で快勝した日本は、過去2シーズン、デンソーアイリスでヘッドコーチを務めたマリーナ・マルコヴィッチ氏が率いるセルビアと国際大会で初めての対戦に臨んだ。スターティング5には髙田真希(デンソー)、山本麻衣(トヨタ自動車アンテロープス)、東藤なな子(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)、赤穂ひまわり(デンソー)、オコエ桃仁花(富士通レッドウェーブ)が名を連ねた。

 セルビアに3ポイントシュートで先制されると、日本は試合開始から約2分半にわたり無得点となる。それでも、リングアタックを仕掛けたオコエがペイント内で初得点を挙げると、宮崎早織(ENEOSサンフラワーズ)がもレイアップで追加点を奪う。中盤に渡嘉敷来夢(ENEOSサンフラワーズ)がオフェンスリバウンドを押し込み、日本が一時逆転に成功。しかし、その後はセルビアの3ポイントが立て続けに決まるなど、大きくリードを広げられる。終盤に髙田が日本最初の3ポイントを決めるが、9-24と苦しい展開で第1クォーターを終えた。

 続く第2クォーター序盤、東藤や赤穂が得点を重ねると、中盤には馬瓜ステファニー(トヨタ自動車アンテロープス)が力強い速攻からファウルを獲得して追加点を奪う。さらに、平下愛佳(トヨタ自動車アンテロープス)が3ポイントを決めるなど、日本が追い上げる展開に。その後は髙田がフリースローやミドルシュートで繋ぐと、終盤にオコエと平下が連続で長距離砲をヒット。さらに、速攻の場面で赤穂の華麗なアシストから東藤がレイアップを決め、1点差まで詰め寄る。しかし、逆転には至らず、34-38で試合を折り返した。


第2クォーターにセルビアを猛追した日本[写真]=fiba.com

 迎えた後半、開始から日本は得点が伸ばせず、セルビアに再びリードを広げられる。残り6分6秒に髙田がジャンプシュートで日本の第3クォーター初得点を挙げると、東藤は巧みなステップでレイアップを沈める。終盤には宮澤夕貴(富士通レッドウェーブ)がジャンプシュートを決めると、終了間際には安間志織(UMANA REYER VENEZIA)が鋭いドライブからレイアップを決め、46-54で最終クォーターへ。

 勝負の第4クォーター、開始直後に宮崎のパスから髙田が得点を挙げる。さらに、宮崎は3ポイントを沈めると、自身のスティールから速攻レイアップを決めるなど、存在感を発揮。中盤には、渡嘉敷のレイアップが落ちたところを、赤穂が押し込む場面も。試合残り3分に宮崎のレイアップが決まると、馬瓜のフリースローで5点差に詰め寄る。日本はその後ターンオーバーからセルビアに得点を決められるも、赤穂がフリースローを決めて再び5点差に。しかし、それ以上点差を詰めることができず、最後は64-69で敗れた。

 惜敗した日本は、髙田が15得点、宮崎が11得点6アシスト、赤穂が10得点7リバウンドをマーク。チーム全体での3ポイントは22本中5本成功で22.7パーセントの成功率にとどまった。

 日本は次戦でカナダ代表(同4位)とのグループフェーズ第3戦に臨む。注目の一戦は25日の19時30分からティップオフだ。

■試合結果
日本 64-69 セルビア
JPN| 9 |25|12|18|=64
SRB|24|14|16|15|=69

【FIBA女子W杯 日本代表がセルビアに64-69惜敗…髙田、宮崎、赤穂が2ケタ得点もグループフェーズ1勝1敗に】の続きを読む

このページのトップヘ