SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

センバツ高校野球

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/28(木) 18:29:32.69 ID:8GSuyOnC9
週刊ベースボール2024年3月27日(水) 11:00
https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20240327-10

(前略)
健大高崎高と明豊高の2回戦の球審を務めたのは、溝内健介氏(48歳)だった。2022年夏から甲子園に派遣。塁審、外審などで経験を積み、4回目となった今大会、初めてチーフアンパイアを任された。

開成高(東京)を経て、東大ではマネジャー兼投手として活動。父・建三さんは法政二高(神奈川)の責任教師として1984年春、88年夏の甲子園を引率し、監督も歴任した。溝内氏は幼少時から野球に囲まれた生活だった。

東大のマネジャーとして、東大OBの審判員である清水幹裕氏と接する機会が多かった。清水氏は弁護士をしながら、神宮の東京六大学、甲子園などでジャッジ。大学卒業後も野球に関わりたいと考えていた溝内氏は、審判員を目指すため、弁護士を志したのである。

2000年6月に東大法学部を卒業。06年10月に弁護士登録し、清水氏が代表の「清水法律事務所」に入所した。08年から東京六大学の審判員となった。清水氏の「後継者」として、伝統の早慶戦など大舞台でのキャリアを積み、社会人野球でも経験を重ねてきた。

甲子園で初の球審も、溝内氏は落ち着いていた。大舞台でも、やることは変わらない。目の前のプレーを冷静に対処するだけ。試合時間は1時間48分。高校生らしくキビキビと、スピーディーな展開へと持ち込むのも、アンパイア技術の一つ。ふだんと変わらず、1プレー、1プレーを丁ねいに判定していた。

テレビ観戦していた父・建三さんは「無難にこなしていたと思います。きちんと判定しており、親としてもうれしいです」と話した。

試合終了後、健大高崎高の校歌斉唱時、球審・溝内氏のホッとした表情が印象的だった。1試合を完遂した達成感。自己満足ではなく、ゲームを通じて協力してくれた3人の塁審に対して、感謝の気持ちでいっぱいだ。審判員にとっても、甲子園はあこがれの「夢舞台」である。アンパイアがいなければ、試合は成立しない。審判員と選手、お互いがリスペクトして、大会は進行していくのである。

【【2024センバツ】審判員を目指すために弁護士に 甲子園で初の球審を務めた東大野球部OB】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/26(金) 17:06:21.85 ID:/DM0twpK9
2024年1月25日 19時44分スポーツ報知

 第96回センバツ高校野球大会(3月18日から13日間・甲子園)の出場校を決める選考委員会が26日、大阪・北区の毎日新聞大阪本社で開かれる。
昨秋の明治神宮大会で星稜(石川)が優勝したことで、北信越は従来の2校から神宮大会枠が加わり、3校が選出される。能登半島地震で輪島市内の校舎が被害を受けた日本航空石川は昨秋の北信越4強のため、
当落線上だ。兄弟校の日本航空山梨キャンパスに身を寄せるナインは25日、富士川町にある旧増穂商のグラウンドで練習を行った。

 山梨県や富士川町がすぐさまグラウンド確保に動いてくれたことに、中村隆監督(39)は「環境をいただき、感謝しかありません」と礼を述べた。
支援の輪は広がる一方だ。中村監督の母校・明大の野球部やOB会からは「明大全部でサポートする!」と連絡が来た。旧増穂商グラウンドでの整備に使うトンボとレーキがなく
「10本ずつあったら助かります」と話すと、25本ずつ届いた。「母校のありがたみを感じています」と頭を下げた。

 「まずい! もう一杯!」でおなじみの明大OBからも支援があった。元東映投手で「悪役商会」の俳優・八名信夫(88)だ。
「明治の後輩が困っているんだから。年齢は関係ない。何でもしてやるから!」との電話に「青汁の方だ…」と目を丸くした。「ボールいいですか」と答えると、すぐに手配してくれた。

 OBの社会人チームの指導者にも支援の輪は広がっている。中村監督は「チャンスがあると。吉報を待ちたいというところです」と静かに運命の瞬間を迎えるつもりだ。(加藤 弘士)

https://hochi.news/articles/20240125-OHT1T51237.html?page=1

【日本航空石川に88歳レジェンド俳優から支援「明治の後輩が困っているんだ。年齢は関係ない」 【八名信夫】】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/08(金) 16:20:17.48 ID:scp1XXcT9
<センバツ21世紀枠9地区候補校発表>◇8日

来春センバツの21世紀枠の地区推薦校9校が8日、発表された。来年1月26日の選考会で本大会出場の2校が選ばれる。

【北海道】
☆別海(公立・道4強)
「酪農の町」の地元出身16人で秋の道大会4強と大躍進した。過去に甲子園出場なし。

【東北】
☆仙台一(公立・宮城・東北2回戦)
安定した戦いぶりで県3位。伝統がある県屈指の進学校。甲子園は50年夏が最後。

【関東・東京】
☆水戸一(公立・茨城・県4強)
3連続無失点で勝ち進んだ。県随一の進学校であり、実力も備える。甲子園は54年夏が最後。

【北信越】
☆富山北部(公立・富山・北信越1回戦)
夏に続いて新チームも県で準優勝。甲子園は8強入りした69年夏が最後。

【東海】
☆帝京大可児(私立・岐阜・県16強)
地区推薦9校で唯一の私立。上位常連ながら過去に甲子園出場なし。

【近畿】
☆田辺(公立・和歌山・近畿1回戦)
市和歌山と智弁和歌山に完勝。近畿大会でも善戦。甲子園は95年夏が最後。

【中国】
☆岡山城東(公立・岡山・中国1回戦)
県準優勝。屈指の進学校。甲子園は計5度出場。

【四国】
☆大洲(公立・愛媛・県8強)
打力を武器に躍進。学業にも力を入れる。甲子園出場はなし。

【九州】

☆鶴丸(公立・鹿児島・県4強)
快進撃で4強入り。県内公立トップ進学校。甲子園は大正時代の25年春が最後。

https://news.yahoo.co.jp/articles/94786247190928fb085b69dc28111edc5ac8c498

【来春センバツの21世紀枠の地区推薦校9校発表 16人で快進撃の別海や水戸一など伝統進学校なども名乗り】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/07(金) 20:54:52.39 ID:OR0gvYW+9
 日本高野連は7日、今年3~4月に開催した第95回センバツ高校野球大会の第4回運営委員会を開催し、来春の96回大会に向けた出場校数と地区別出場校数を決定した。

 出場校数は32校で東北、東海地区が1増の3枠となり、5枠あった中国・四国がそれぞれ2枠ずつとなった。さらに21世紀枠も1減の2枠となった。具体的な地区別出場校数は以下の通りとなる。

 北海道1

 東北3

 関東・東京6

 東海3

 北信越2

 近畿6

 中国2

 四国2

 九州4

 21世紀枠2

 神宮大会枠1

 ※関東4枠、東京1枠は決まっており、残り1校は両地区を比較した上で割り当てる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e6a6efe22f91b2dcd73d467e35a0a95da5306af9

【来春第95回センバツ高校野球から21世紀枠が1枠減少 東北&東海が3枠へ増加 出場は32校】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/21(火) 14:25:20.53 ID:XKFYHiPv9
3/21(火) 14:14配信
日刊スポーツ
【センバツ】清原和博氏の次男、慶応・清原勝児が父の前で甲子園初安打 初打席で痛烈な左前安打

<センバツ高校野球:仙台育英-慶応>◇21日◇2回戦

 西武、巨人、オリックスで通算525本塁打を放った清原和博氏(55)の次男、慶応・清原勝児内野手(2年)が父の前で甲子園で初安打を放った。

 「5番三塁」でスタメン出場。2回無死走者なしの第1打席で仙台育英(宮城)の仁田陽翔投手(3年)から痛烈な左前安打を放った。左翼手の失策で二塁まで進んだ。

 PL学園時代に父・和博氏が躍動した聖地で活躍を見せた。16日には明石商(兵庫)とのセンバツ前最後の練習試合で推定125メートルの場外弾を放ち好調さをアピール。「相手は関係なく自分たちが出来ることをする」と話していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b109590f206d2f47e2708180d599dff3bb24483b

【センバツ高校野球 清原和博氏の次男、慶応・清原勝児が父の前で甲子園初安打 初打席で痛烈な左前安打】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/19(日) 17:46:24.12 ID:fho3bGSd9
3/19(日) 14:01配信

河野太郎デジタル相が19日、自身のツイッターを更新。第95回センバツ高校野球開幕日の18日の試合中に、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表で話題のペッパーミル・パフォーマンスを行った選手、チームを審判員が注意し、日本高野連が異例の声明を発表したことについて「これってブラック校則につながるものがあるよね」などと私見を述べた。

 東北の選手が山梨学院の失策で出塁した際にパフォーマンスし塁審が注意。試合後に監督が問題提起したことで賛否両論が飛びかう問題に発展した。これを受け、日本高野連は「不要なパフォーマンスやジェスチャーは、従来より慎むようお願いしてきました。試合を楽しみたいという選手の気持ちは理解できますが、プレーで楽しんでほしいというのが当連盟の考え方です」と声明を出した。

 河野デジタル相はさらに「『ヒットの時はいいけど、エラーの時はダメ』というのも『モヒカン(刈り)はいいけど、ツーブロックはダメ』と同じで大人の価値観をただ押し付けてるだけ。何が良くて何がダメか、自分たちで決めなさいとならないとブラック校則は無くならないし、無くせない」とツイートした。

中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/ff8e3137c48f27d10fd27f099916e9aec8cf3fdf

【河野太郎デジタル相、「センバツ」ペッパーミル騒動に「ブラック校則につながるものがあるよね」などと私見】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/18(土) 16:28:13.32 ID:MsXav8y19
<センバツ高校野球:山梨学院3-1東北>◇18日◇1回戦

 東北の佐藤洋監督(60)が、試合後、高野連のあり方について、問題提起した。
山梨学院との初回、金子和志内野手(3年)が遊失で出塁。一塁ベース上で、ペッパーミル・パフォーマンスを行ったところ、このイニングが終わると一塁塁審がベンチに駆け寄り「パフォーマンスはダメです」と注意されたという。
佐藤監督は「なぜ、子どもたちが楽しんでいる野球を、大人が止めるのか。日本中が今盛り上がっているのに。もう少し、子どもたちが野球を楽しむ方にいかなければ。高校野球を考えていって欲しい」と話した。
選手たちはベンチで「やっぱり言われました~」と笑い飛ばしていたという。

 佐藤玲磨外野手(3年)は「ああいうパフォーマンスで盛り上がって楽しもう、と言っていた。自分も打ったらやろうと思っていました。WBCでもやっていたのに、高校野球はダメなんだ、と思った」。
佐藤響内野手(3年)は「注意を受けてからベンチが嫌な雰囲気になった。自分たちらしさが途切れてしまった。1回以降はやりませんでした」と、下を向いた。

 ペッパーミルパフォーマンスは、侍ジャパン・ヌートバーのパフォーマンス。チーム全体にも広がり、盛り上がっている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9ff1589bcefb39fb42d9f2776ddd675eb244d9d
日刊スポーツ

【東北のペッパーミル・パフォーマンスに審判が注意 「楽しんでいる野球をなぜ止める?」元巨人・佐藤監督が問題提起】の続きを読む

このページのトップヘ