SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ダラス・マーベリックス

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/25(水) 18:18:38.11 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220525/374536.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1399106223-768x576.jpeg

 5月25日(現地時間24日)、NBAプレーオフのカンファレンスファイナルが行われ、ウェスタン・カンファレンス第4シードのダラス・マーベリックスは、同第3シードのゴールデンステイト・ウォリアーズとの第4戦に臨んだ。

 3連敗を喫して追い込まれたマブスは第1クォーター、ドリアン・フィニー・スミスとマキシ・クレーバー、レジー・ブロックがそれぞれ2本の3ポイントを沈める。終盤にはルカ・ドンチッチの長距離砲も決まり、28-24とマブスがリードを奪った。

 続く第2クォーター序盤に一時逆転されるも、ダービス・ベルターンスの3ポイントでリードを奪い返すと、その後はジェイレン・ブランソンが得点をけん引。マブスが62-47とリードを広げて試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター、序盤にフィニー・スミスが立て続けに3ポイントを決めると、中盤にはドンチッチとブロックがそれぞれ2本の長距離砲をヒット。さらに、終盤にはスペンサー・ディンウィディーが連続3ポイントを決め、マブスが99-70と大差をつける。

 第4クォーターでは両チームがベンチメンバーを中心に戦うが、ウォリアーズの猛追を許し、試合残り3分23秒には8点差まで詰め寄られてしまう。両者がスターターを戻す展開となるも、ドンチッチのドライブからのダンクやブロックの3ポイントで点差を保ち、最後はマブスが119-109で勝利を飾った。

 チーム全体で20本の3ポイントを沈め、シリーズ初勝利を収めたマブスは、ドンチッチが30得点14リバウンド9アシスト2スティール2ブロックと躍動。さらに、フィニー・スミスが23得点、ブロックが6本の3ポイントを決めて18得点、ブランソンが15得点をマークした。

 一方のウォリアーズは、ステフィン・カリーが20得点8アシストを筆頭に計7選手が2ケタ得点を挙げるも、敵地で敗れてシリーズ第5戦へ臨むこととなった。

■試合結果
ダラス・マーベリックス 119-109 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
DAL|28|34|37|20|=119
GSW|24|23|23|39|=109

【NBAプレーオフ西地区決勝・第4戦 崖っぷちのマブスがウォリアーズを撃破…3P攻勢でシリーズ初白星 ドンチッチ30得点】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/23(月) 18:39:20.09 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220523/374254.html?cx_cat=page1
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398743005-768x576.jpeg

 5月23日(現地時間22日)、NBAプレーオフのカンファレンスファイナルが行われ、ウェスタン・カンファレンス第3シードのゴールデンステイト・ウォリアーズは、同第4シードのダラス・マーベリックスとの第3戦に臨んだ。

 ホームで2連勝し、シリーズをリードするウォリアーズは、ステフィン・カリーやアンドリュー・ウィギンズの得点でリードを奪うと、25-22で第1クォーターを終える。

 続く第2クォーター、開始直後にスペンサー・ディンウィディーの連続得点でマブスに逆転を許す。一時点差を広げられるも、終盤にカリーの3ポイントが立て続けに決まり、その後はリードチェンジを繰り返す一進一退の展開に。最後はウィギンズがダンクを決め、48-47で試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター、序盤にウィギンズとクレイ・トンプソンの得点でリードを広げると、カリーも得点力を発揮。試合の流れをつかんだウォリアーズが、78-68と2ケタ点差に広げて最終クォーターへ。

 第4クォーターではマブスのルカ・ドンチッチに次々とシュートを決められ、この12分間だけで21得点を奪われる。それでも、トンプソンの長距離砲やウィギンズの豪快なダンクなどで、ウォリアーズがリードを保つ。

 終盤にドンチッチとディンウィディーの連続3ポイントで5点差まで詰め寄られるが、ジョーダン・プールが直後に3ポイントを決め返し、最後は109-100でウォリアーズが勝利を飾った。

 3連勝でシリーズ突破に王手をかけたウォリアーズは、カリーが31得点11アシスト、ウィギンズが27得点11リバウンド、トンプソンが19得点7リバウンド、ドレイモンド・グリーンとプールが10得点をマーク。

 一方のマブスは、ドンチッチが40得点11リバウンド、ディンウィディーが26得点、ジェイレン・ブランソンが20得点を挙げるも、ほかの選手の得点が伸びず、ホームで悔しい敗戦となった。

■試合結果
ダラス・マーベリックス 100-109 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
DAL|22|25|21|32|=100
GSW|25|23|30|31|=109

【NBAプレーオフ西地区決勝・第3戦 3連勝のウォリアーズがファイナル進出へ王手…カリーとウィギンズが躍動】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/21(土) 13:05:10.79 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220521/374005.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398405245-768x576.jpeg

 5月21日(現地時間20日、日付は以下同)、NBAプレーオフのウェスタンカンファレンス・ファイナル第2戦が行われ、ゴールデンステイト・ウォリアーズがホームでダラス・マーベリックスと対戦した。

 19日に行われた第1戦では25点差の快勝を収めたウォリアーズ。この試合では第1クォーターにステフィン・カリーが3本の3ポイントシュートを決めるなど好調な立ち上がりを見せるが、マーベリックスのルカ・ドンチッチにこのクォーターだけで18得点を奪われ、25-32で最初の12分間を終了する。

 続く第2クォーターではマーベリックスに主導権を握られる展開となり、徐々に点差を広げられてしまう。アンドリュー・ウィギンスを中心に反撃するも、相手の攻撃を止めることができず58-72で試合を折り返した。

 前半終了時点で14点のビハインドを背負ったウォリアーズ。第3クォーターではクレイ・トンプソンやケボン・ルーニーが連続得点を決めるなど奮闘を見せ、83-85と2点差に詰め寄って終了。その勢いのまま突入した最終クォーターでは早々に逆転すると、ジョーダン・プールやドレイモンド・グリーンの3ポイントシュートで点差を広げ、126-117で勝利。ウォリアーズがホームで逆転勝ちを収め、シリーズ2連勝を達成した。

 勝利したウォリアーズはカリーがチーム最多32得点、プールが23得点、ルーニーがキャリアハイの21得点をマーク。一方のマーベリックスは、ドンチッチが42得点、ジェイレン・ブランソンが31得点、レジー・ブロックが21得点を挙げるも、ベンチメンバーの得点が伸びず痛い敗戦を喫した。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 126-117 ダラス・マーベリックス
GSW|25|33|35|43|=126
DAL|32|40|13|32|=117

【NBAプレーオフ西地区決勝・第2戦 ウォリアーズが逆転勝利でシリーズ2連勝…ルーニーがキャリア最多21得点】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/19(木) 18:12:40.99 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220519/373633.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398023310-768x576.jpg

 5月19日(現地時間18日)にチェイス・センターでNBAプレーオフ2022のウェスタン・カンファレンス・ファイナルが行われ、ウェスタン・カンファレンス第3シードのゴールデンステイト・ウォリアーズが同第4シードのダラス・マーベリックスと対戦した。

 ウォリアーズは第1クォーター残り2分7秒からアンドリュー・ウィギンズ、ジョーダン・プール、ステフィン・カリーの連続得点で28-18とリード。リードを守った第2クォーターを終えると、第3クォーターにクレイ・トンプソンを中心に34得点を積み上げ、88-69と点差を広げた。

 開始から10-0のランに成功した第4クォーターでも相手を寄せつけず、112-87で第1戦を制した。

 ウォリアーズはカリーが21得点12リバウンドの活躍を見せたほか、ウィギンズとプールがともに19得点、トンプソンが15得点、ケボン・ルーニー、ドレイモンド・グリーン、オットー・ポーターJr.の3人が10得点をマーク。一方のマブスはルカ・ドンチッチが20得点に抑えられ、敵地で敗戦を喫した。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 112-87 ダラス・マーベリックス
GSW|28|26|34|24|=112
DAL|18|27|24|18|=87

【NBAプレーオフ西地区決勝 ウォリアーズがホームで先勝…第1Qからリードを奪って25点差で快勝】の続きを読む

このページのトップヘ