SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

テニス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/12(月) 10:02:30.72 ID:CAP_USER9
tennis365.net 9/12(月) 8:38
全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は11日、男子シングルス決勝が行われ、第3シードで19歳のC・アルカラス(スペイン)が第5シードのC・ルード(ノルウェー)を6-4,2-6,7-6 (7-1),6-3で破って四大大会初優勝を成し遂げるとともに、男子選手で史上最年少の世界ランク1位になることが確定した。

勝利した方が12日付の世界ランキング更新で「世界ランク1位」の座につくことが決まっている決勝戦。

19歳のアルカラスは第1セットで3本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに75パーセントの確率でポイントを獲得。ルードにブレークを許さずにいると、第3ゲームでブレークしたリードを守り切り第1セットを先取する。

しかし、第2セットではミスの少ないテニスを披露するルードに対し、アルカラスは直近3試合をフルセットで勝ち抜いてきた疲労からかミスが散見。2度のブレークを許しセットカウント1-1に追いつかれてしまう。

第3セット互いに1度ずつブレークを奪い迎えた終盤。ゲームカウント5-6で迎えた第12ゲームで2度のセットポイントを握られるもこれをセーブ。最終的に10分以上要したこのゲームをキープしタイブレークに突入した。

タイブレークでは3度のミニブレークに成功するなど7ポイントを連取。セットカウント2-1と勝利に王手をかける。

第4セット、序盤はサービスゲームのキープが続くも、徐々にアルカラスのストロークがルードを苦しめ始め、第6ゲームでは強烈なバックハンドウィナーを放つなど先行。最後はラリー戦を制してブレークに成功する。そのリードを最後まで守り続けたアルカラスが3時間21分で勝利。この瞬間に初の世界ランク1位になること、そして2001年にL・ヒューイット(オーストラリア)が打ち立てた記録を破り、史上最年少での首位になることが決定した。

一方、敗れた23歳のルードはノルウェー人男子で初の四大大会優勝、そして同国選手初の世界ランク1位につくことはできなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/218b7460315c5e8f91e3ac8cb40d24f3292c20eb

【全米OP男子シングルス・決勝 19歳アルカラスがGS初制覇、史上最年少での世界1位も確定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/02(金) 15:54:37.44 ID:CAP_USER9
日刊ゲンダイ 22/09/02 11:30

 そこに世界女王の貫禄はなかった。

 日本時間8月31日、大坂なおみ(24=世界ランク44位)がテニスの全米オープン(OP)の女子シングルス1回戦でストレート負け。7年連続で出場し、2018年と20年に優勝した同大会で初の初戦敗退となった。

 過去2勝の全豪OPは3回戦敗退。5月の全仏OPで初戦敗退すると、左アキレス腱の負傷を理由に6月のウィンブルドンを欠場。8月のムバダラ・シリコンバレー・クラシックで復帰するも2回戦で姿を消し、続くナショナルバンクOPは、1回戦で途中棄権だった。

 大坂に何が起きているのか。スポーツライターの武田薫氏が言う。

「今回の惨敗は驚かない結果でした。プレーもチーム体制もつながりを欠いていましたから。今年7月にウィム・フィセッテ・コーチとの契約を解消。5月には専属フィジカルトレーナーだった中村豊氏がチームから離脱した。テニスは個人スポーツだが、チーム体制が非常に重要。コーチやトレーナーは練習だけでなく、日々のスケジューリングや戦略、体をつくり上げるフィジカルトレーニングのプランニングも担う専門職でもある。大坂の場合、現場で世話をする個人マネジャーすらも不在。テニスに不可欠なチーム体制が崩壊しているのが現状です」

■代理人とマネジメント会社を設立

 大坂は今年5月、長年にわたって代理人を務めているスチュアート・デュギッド氏と新たなマネジメント会社「Evolve」を設立。それまで所属していたIMGから離れたことで、中村トレーナーとの関係も解消した。
広告

「大坂自身に『今後どうなっていきたいのか』という明確なビジョンがなければ、優秀なコーチはつかない。今後はテニスから距離を置いたビジネスを考えているのか、このままの状態を続けるのか。それもメンタルの状態次第でどうなるか分からないとなれば、ある意味、お手上げ状態ともいえます」(武田薫氏)

 今月19日開幕の東レパンパシフィックOPには出場予定。「五輪は無観客で寂しかった。日本のファンの前でプレーできるのは本当にうれしい」と本人は意欲的だが、新体制が整うまでには、まだまだ時間がかかりそうで、本来の姿は見られそうもない。

※全文はリンク先で
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/310740

【大坂なおみ「チーム体制」崩壊…コーチやトレーナー離脱、2度V全米初戦敗退で“お手上げ”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/31(水) 13:40:15.79 ID:CAP_USER9
8/31(水) 13:30

デイリースポーツ
大坂なおみ 全米OP初の初戦敗退 18年、20年女王がまさか 世界19位にストレート負け

 「テニス・全米オープン」(30日、ニューヨーク)

 女子シングルスで2年ぶり3度目の優勝を目指す、世界44位の大坂なおみ(24)=フリー=が0-2(6-7、3-6)で初戦敗退した。大坂は7年連続の出場で、初戦で姿を消すのは初。18年、20年は頂点に立っている。

 対戦相手は過去3戦全勝で、世界19位のダニエル・コリンズ(米国)。開始早々ブレークに成功し、好調ぶりをアピールしたが、その後はショットがわずかにアウトになる、苦しい展開。完全に崩しながらも相手のショットがギリギリで入るなど、アンラッキーなポイントもあり、最後はタイブレークの末に第1セットを落とした。

 第2セットも先に大坂がブレーク。しかし直後にブレークバックを許し、第8セットもブレークされ、そのまま1回戦敗退が決まった。

 大坂は左アキレス腱痛のため、1回戦敗退した5月の全仏オープン後に戦線離脱し、6月末からのウィンブルドンは棄権。今月2日のシリコンバレー・クラシックで復帰するも、2回戦敗退に終わるなど、成績はふるわなかった。27日の記者会見では「とても心配している。ここ最近いいプレーができていないので」と不安を口にしていた。今季2度目のグランドスラム初戦敗退となった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220831-00000052-dal-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/7831376c7bb7daa63cfda9ca44f8497ca6c35e9d

【大坂なおみ 全米OP初の初戦敗退 18年、20年女王がまさか 世界19位にストレート負け】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/16(木) 19:05:50.22 ID:CAP_USER9
テニスの全米オープンの主催者である全米テニス協会は、ロシアとベラルーシの選手が、国旗や国歌を使用しない個人としての立場で、出場することを認める方針を明らかにしました。

しかし、ワクチン接種について否定的な姿勢を続ける、ノバク・ジョコビッチ選手は、アメリカの入国規制のために、出場できない可能性があることが分かっています。

在日アメリカ大使館のホームページによりますと、今月13日現在でアメリカ市民、永住者、移民ビザ所持者をのぞくすべてのアメリカへの渡航者は、飛行機に搭乗する前に、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した証明を提出することが必要となっています。

ジョコビッチ選手はこれまでに入国の際に、ワクチン接種の証明書を必要としない大会に出場しています。四大大会では、全仏オープンに出場を果たし、今月末から始まるウィンブルドンに出場する予定です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f1da35fc1c36fa2de224eecd47aff88ffa4a1eb1

【テニス全米オープン ロシア国籍の選手は出場可能もジョコビッチはワクチン接種の有無で出場できない可能性】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/27(金) 16:48:00.70 ID:CAP_USER9
>>2022年5月27日2:44 午後ロイター

[27日 ロイター] - テニスの四大大会、ウィンブルドン選手権が大会の近代化に向け、女子優勝者の名前を刻むボードに「ミス」や「ミセス」の敬称を付けないようにすると、英紙タイムズが伝えた。

ウィンブルドンを主催するオールイングランド・ローン・テニス・クラブは伝統的に女子だけに敬称を使用している。昨年の女子シングルスで優勝したアシュリー・バーティ(オーストラリア)は「ミス・A・バーティ」と刻まれたのに対し、男子優勝者のノバク・ジョコビッチは「N・ジョコビッチ」となっている。

同大会では2019年に女子の試合でスコアをアナウンスする際の敬称使用を廃止した。

また、既婚の女子選手は本人のイニシャルと夫の名字で記されていたが、この慣習も変更されるという。

続きは↓
ロイター (Reuters Japan): ウィンブルドン、女子覇者の「ミス」「ミセス」敬称廃止へ=報道.
https://jp.reuters.com/article/tennis-wimbledon-idJPKCN2ND098?feedType=mktg&feedName=topNews&WT.mc_id=Partner-Google

【ウィンブルドン、女子覇者の「ミス」「ミセス」敬称廃止へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 19:19:49.19 ID:CAP_USER9
大坂なおみが昨年の女子選手収入世界NO1 休養もスポンサー契約で
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/tennis/4191701/

2022年05月14日 17時53分

女子テニスの大坂なおみ(24)が、女性アスリートの収入ランキングでトップに立った。

スポーツビジネスを扱う米「スポルティコ」は2021年に最も稼いだ選手100人を発表。大坂は、5320万ドル(約68億7000万円)となり、女性選手では最高位の20位だった。賞金は120万ドル(約1億5000万円)だが、スポンサー契約で推定5200万ドル(約67億2000円)を稼いだ。昨年は、全仏オープンでうつ症状に悩まされたことを明かし、途中棄権。長期間の休養もあった。しかし、メンタルヘルスに焦点を当てた姿勢などで、存在感は増した模様だ。

 オーストラリア「ニュース・ドットコム」は、「(4大大会の棄権など)驚くべき決定をしたにもかかわらず、依然として女性でトップ収入を得ている」とその影響力に言及。一方で「過去12か月の女性アスリートの稼ぎ頭であるにもかかわらず、アスリート全体の20位にとどまっており、男女間の格差が浮き彫りになっている」とスポーツ界の現状を伝えている。

 先日、自身のマネジメント会社を立ち上げたことを明かした大坂。ますます多角的な活躍を見せそうだ。

【大坂なおみが昨年の女子アスリート収入世界NO1 休養もスポンサー契約で】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/17(木) 13:20:46.43 ID:CAP_USER9
3/17(木) 12:40
東スポWeb

ウィンブルドン出場条件「プーチン不支持」の要求にロシア側が猛反発「損害賠償しろ」

 まさかの要求に大きな波紋が広がっている。テニスの4大大会ウィンブルドン選手権で英政府と主催者は、ロシア勢の参加についてウクライナに侵攻したウラジミール・プーチン大統領への不支持の表明を条件にすることを検討。世界ランキング1位ダニエル・メドベージェフ(26)らロシア勢が出場できない可能性が各メディアで報じられている。

 そんな中、ロシアメディア「RT」は、同国テニス連盟のシャミル・タルピチェフ会長が今回の事態に反発し「私の人生でそのような大臣(英政府のナイジェル・ハドルストン氏)を見たことがありません。あなた(ハドルストン氏)が何を言っているのか決して分かりません。これについて話し合うのは誰ですか。彼らは誰の言うことを聞くことができますか」と方針を疑問視した。

 また、ロシアテニス界のレジェンドで元世界9位のアンドレイ・チェスノコフ氏(56)は「政府の決定とITF(国際テニス連盟)の間には分離が必要です」とし「ダニェルには、彼を導くことができる優れたコンサルタントと弁護士が必要でしょう。そして、主催者がロシア人の出場を除外したいのなら彼らに金銭的補償を支払わせるべきだ」と主張した。

 さらにロシア下院議員ドミトリー・スビシュチェフ氏は「ウィンブルドンにはスポンサーがいます。世界トップ10の選手が参加しない大会を想像できますか」とした上で「これについてコメントするのは非常に難しいです。テニス選手にとって難しいことは明らかです。あなたは自分の国に反対しますか」と訴えたという。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220317-04067597-tospoweb-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b9c516f4695ace93ca0274afa1be4893b9d93bf2

【「損害賠償しろ」ウィンブルドン出場条件〝プーチン不支持〟の要求にロシア側が猛反発】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 13:32:48.00 ID:CAP_USER9
3/16(水) 11:10
東スポWeb

メドベージェフらに「反プーチン」の踏み絵 ウィンブルドン出場条件を英政府が検討

 男子テニスの世界ランキング1位ダニエル・メドベージェフ(26)らロシア勢にウィンブルドン選手権へ出場するため〝踏み絵〟が課せられたと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 ロシアのウクライナ侵攻を受けて国際テニス連盟(ITF)などは同国勢の出場を禁止し、個人でのツアー参戦を認めている中、メドベージェフはインスタグラムからロシア国旗を削除。中立の選手として大会に出場している中、BNPパリバ・オープン3回戦で敗退し、21日付のランキングで1位から陥落することになった。

 そんな中、同紙は「メドベージェフは、英政府と(4大大会のウィンブルドン選手権を主催する)オールイングランドクラブが(ロシア大統領)ウラジミール・プーチンへの拒否を示さない場合、ロシアとベラルーシのプレーヤーを出場禁止にするため交渉中とあってウィンブルドン選手権を逃す可能性がある」と伝えている。

 同紙によると、ウィンブルドン選手権の開催国となる英国のスポーツ大臣ナイジェル・ハドルストン氏は「ロシアの旗の下では誰もプレーできないはずです」とし「私たちは確実性を持たなければならない。彼らはウラジミール・プーチンの支持者ではないと、その保証を得るのにどんな要件が必要かを検討している」と語ったという。

 男子の世界ランキング上位30位以内にはメドベージェフら4人、女子も30位以内に5人のロシア、ベラルーシ勢がランクインしている。ハドルストン氏は「プーチンと彼の政権への支持があれば、人々が受け入れるとは思わない」と話したとし、明確に「反プーチン」を宣言することがウィンブルドン出場の条件になりそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220316-04064777-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2fc42f2139541ef26de45f6a4eab1af0b993522

【メドベージェフらロシア勢に「反プーチン」の踏み絵 ウィンブルドン出場条件を英政府が検討】の続きを読む

このページのトップヘ