SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

テニス

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/14(日) 23:13:43.37 ID:9AqFIH0g9
現在開催中のテニス四大大会「ウインブルドン」(7月1日~14日/イギリス・ロンドン/芝)では、現地7月12日に男子シングルス準決勝を実施。第3シードで前年大会覇者のカルロス・アルカラス(スペイン/同3位)が、第5シードのダニール・メドベージェフ(ロシア/世界ランク5位)を6-7(1)、6-3、6-4、6-4で下し、2年連続の決勝進出を果たした。

【動画】思わぬブーイングの嵐に苦笑いのアルカラス
https://video.twimg.com/amplify_video/1811791208479621121/vid/avc1/1920x1080/DvxjAMqUtwW4E8-D.mp4?tag=16

現地時間7月14日に決勝戦を迎える今大会だが、サッカーのヨーロッパ王者を決める「EURO2024」も、同日にスペイン対イングランドの決勝戦がドイツにて行なわれる。

大のサッカーファンとしても知られるアルカラスは、今大会期間中、EURO2024に関する質問を受けることが多かったが、メドベージェフとの準決勝を終えた後のオンコートインタビューでは、EURO2024についての発言でイギリスファンから少々反感を買ってしまったようだ。
 
というのも、自身の決勝戦への意気込みを問われたアルカラスは、EURO2024を引き合いに出しつつ「日曜日はスペイン人にとって本当に良い日になりそうだね」とコメント。会場に詰め掛けた観客のほとんどはもちろん地元イングランドファンなわけだが、アルカラスのこの発言を彼らが聞き逃すはずもなくブーイングの嵐となってしまった。

その後すぐさま「スペインが勝つと言っているわけではないんだ。ただ楽しい日になるだろうと言っているだけだよ」と付け加えると、観客からは一転して笑いが巻き起こり、アルカラスは無事にイングランドファンの心をつかむことに成功したようだ。

決勝戦ではノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランク2位)と対戦するアルカラス。サッカースペイン代表と共に、母国へ2年連続のトロフィーを持ち帰ることができるのか、注目が集まる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/63c596e577dcaab8425a27f6d2869fdf5eb4b2b3

https://i.imgur.com/PtACTyA.jpeg

【「日曜日はスペイン人にとって良い日になるだろう」アルカラスのうっかり発言に観客からブーイングの嵐】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/13(木) 17:54:29.14 ID:DCcvNIqw9
>>6/13(木) 17:30配信
tennis365.net

日本テニス協会は13日、男子の錦織圭と女子の大坂なおみが7月27日に開幕するパリオリンピック(フランス/パリ、レッドクレー)の出場圏内に入っていることを発表した。

日本テニス協会は12日深夜に国際テニス連盟(ITF)から錦織と大坂がパリオリンピックの出場圏内に入っている通知を受けた。

錦織はプロテクトランキング(負傷などで長期離脱した選手の救済措置)48位を採用してのもので、大坂はITF枠(グランドスラム優勝者)として出場権を獲得した。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/24501b1820ad6c7c27ce4b457c3eb60a67ea3ad4

【錦織圭と大坂なおみ パリ五輪出場権獲得、出場すれば錦織は5大会連続 大坂は2大会連続】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/02(火) 18:11:16.90 ID:K5kxqtz59
4月1日に男子の世界ランキングが更新され、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が首位をキープ。ロジャー・フェデラー(スイス)が保持していた36歳320日の史上最年長No.1の座を奪うことが確定した。

今年5月で37歳を迎えるジョコビッチが制したグランドスラムの数は、1968年のオープン化以降で最多となる24度。この数字もまた偉業だが、そのうち2017年5月22日に30歳を迎えてから12度も制していることも驚きだ。すべてのグランドスラム優勝を3度以上しているのは男子では唯一で、昨年は全仏オープンと全米オープンで最年長優勝を成し遂げている。

そのほかにもマスターズ1000では通算40度の優勝や全9大会を複数以上制すダブルゴールデンマスターズや最多7度のツアー最終戦制覇、史上最多8度の年間1位といった数々の偉業を成し遂げてきた。日々のトレーニングや食事、プレッシャーに負けない精神、リカバリーに励んで、出場する大会を少なくして最大限の力を注いで勝利に飢える姿は、36歳でも衰えない。

初めて世界1位になったのは、2011年7月4日。ウィンブルドンで自身3度目のグランドスラム制覇後、2004年2月から約7年半にわたって、世界1位の座を争ってきたフェデラーとラファエル・ナダル(スペイン)の間に割って入り、頂に立った。

年齢は、フェデラーの22歳5ヵ月、ナダルの22歳2ヵ月に比べると、24歳1ヵ月とわずかに遅い。それでもフェデラーが2021年まで保持していた1位在位記録の310週も、ジョコビッチが塗り替えて今週で419週と大きく引き離すほどテニス界の頂点で多くの時間を過ごしてきた。

史上最多となるグランドスラム25度目の優勝や唯一獲得できていないオリンピックのシングルス金メダルなど、次に破るテニス界の偉業は何になるだろうか。それともヤニック・シナー(イタリア/同2位)やカルロス・アルカラス(スペイン/同3位)ら若い選手がジョコビッチに世代交代を告げることができるのか楽しみだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a3a59ba2efc56502a8d48a4d44adea3773fdc6e

【ジョコビッチ、フェデラーが持つ最年長世界1位記録の36歳320日を更新】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/11(水) 23:47:06.35 ID:+jnx4pyn9
日刊スポーツ[2023年10月11日17時34分]
https://www.nikkansports.com/sports/news/202310110000969.html

テニス男子ツアーの木下グループ・ジャパン・オープン(14日開幕、東京・有明テニスの森公園)の大会主催者は11日、錦織圭(33=ユニクロ)の欠場を発表した。錦織は大会主催者を通じて「まだ状態が100%に戻ってない」などのコメントを出した。

以下コメント全文

「残念ながら、今年の木下グループジャパンオープンを欠場する決断をしました。日本のファンの皆さんの前でプレーできないのはとてもつらいですが、まだ状態が100%には戻っておらず、ツアーに戻るためのトレーニングを続けています。今年の大会が素晴らしいものになることを願っています。また自分自身、皆さんの前でプレーできることを楽しみにしているので、待っていてください」

錦織は昨年1月に股関節を手術。今年6月に下部ツアーで試合復帰し、7月にはアトランタ・オープンでツアーに戻ったが、左膝を痛めて戦線離脱。2年ぶりの4大大会出場になるはずだった8月開幕の全米オープンも欠場していた。

【左膝痛め戦線離脱中の錦織圭、14日開幕のジャパンOP欠場「100%戻っておらず」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/30(日) 22:47:37.33 ID:RT+ty/lu9
 テニスの4大大会「全仏オープン」の女子ダブルスで加藤未唯(ザイマックス)とアルディラ・スーチャディ(インドネシア)組が失格となった問題で、相手のマリエ・ブズコバ(チェコ)にまたもや批判が殺到する事態となっている。

この問題は、試合途中に加藤が相手コートへ返した球がボールガールに直撃したことが発端。審判はいったん警告を言い渡したが、対戦相手のブズコバとサラ・ソリベストルモ(スペイン)が執ように抗議したことで裁定が覆ってしまい、まさかの失格処分が下される事態となった。

 騒動がくすぶり続ける中で、ブズコバは地元チェコで開催される「プラハ・オープン」に合わせて自身のインスタグラムを更新。「毎年ここで観客が作り出す素晴らしい雰囲気を楽しみにしている」などと期待をつづった。

 しかし、加藤の失格問題に納得がいかない世界中のファンからブズコバの投稿に返信する形で非難の声が殺到。「マリエはWTAツアーを出場禁止にされなければならない。彼女の挑発によって加藤とスーチャディ組は賞金とポイントを得られなかった」とブズコバのツアー出場禁止を求める意見のほか「ボールガールに血が付いていると言った理由を説明してください。あなたは加藤を批判したが、誰もが知りたいポイントをまだ説明していない」「汚いやり方で勝つのは、かなり醜いということだ」などと海外のファンからブズコバを糾弾する声が続々と上がった。

 地元の大会をアピールするつもりが、またも〝集中砲火〟を浴びてしまったブズコバ。加藤問題についてしっかりと説明するまで騒動が続きそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f7b2e07070d4e09dda6f743a56b8166be7afa5f3

【〝加藤失格問題〟のブズコバ SNS更新でまたも批判殺到「WTAツアーを出場禁止に」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/15(土) 16:40:52.53 ID:CrA9tBMt9
 今秋から新たな冠スポンサーが付いて開催される「木下グループジャパンオープンテニスチャンピオンシップス」(10月16日~22日/東京・有明/ハードコート/ATP500)が7月14日、出場予定選手を発表した。

 2023年大会には、現在日本人最高位の西岡良仁(ミキハウス/世界ランキング27位)をはじめ、本大会では過去に2度の優勝を誇る錦織圭(ユニクロ/同501位)は実に5年ぶりの出場となる。

 また海外からは、2022年の全仏オープンと全米オープン、そして今年の全仏でも決勝進出を果たした世界ランキング4位のキャスパー・ルード(ノルウェー)に加え、カナダテニス界期待の22歳フェリックス・オジェアリアシム(元6位/現12位)、イギリスの人気選手キャメロン・ノーリー(元8位/現13位)も出場予定選手として決定した。
 
 1972年の初開催(オープン化は翌73年)から、ケン・ローズウォール(オーストラリア)、イワン・レンドル(チェコ)、ジョン・マッケンロー(アメリカ)、ステファン・エドバーグ(スウェーデン)、ピート・サンプラス(アメリカ)、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、アンディ・マリー(イギリス)、そして19年大会ではノバク・ジョコビッチ(セルビア)と、男子テニス史に輝かしい功績を残した名手が優勝者リストに名を連ねる伝統の大会。その歴史に新たな1ページを加えるのは果たして誰か。

 また、「木下グループジャパンオープンテニスチャンピオンシップス」では、例年どおり男子の車いす競技も同時開催される。こちらには今年の全仏オープンでグランドスラム初タイトルを手にした17歳の世界王者、小田凱人(東海理化/車いすテニス世界ランキング1位)の出場も期待される。
 
「木下グループジャパンオープンテニスチャンピオンシップス」
各部門の開催概要は以下の通り

■男子テニスの部(ATP500)
会場:有明コロシアムおよび有明テニスの森公園(東京)
日程:10月14日(土)~22日(日) ※本戦は16日(月)から
種目:シングルス本戦32ドロー、予選16ドロー、ダブルス本戦16ドロー

■男子車いすテニスの部(ITFグループ2)
会場:有明コロシアムおよび有明テニスの森公園(東京)
日程:10月18日(水)~20日(金)
種目:シングルス8ドロー、ダブルス4ドロー

※大会開催期間は例年よりも2週間ほど遅い日程となっている。

構成●スマッシュ編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/87fcbbfe886833a9aee68bf43cfe71f7bbfd40dc

【錦織圭、西岡良仁、ルード、オジェアリアシム、ノーリーら人気選手が有明に集結!「ジャパンオープン」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/09(日) 16:00:35.49 ID:/Lv2rpHY9
西岡良仁 ラケットを叩きつける動画の拡散に反論

男子テニスで世界ランク27位の西岡良仁は6日にSNSを更新し、ウェザーニュースキャスターの檜山沙耶さんと交際していると公表。その後、西岡がラケットを叩きつける過去の動画がSNSで拡散されており、9日にはこれに対して西岡自身が言及した。

西岡は現在行われているウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に第24シードとして出場。足の負傷明けで前哨戦なども参戦していなかったこともあり、1回戦で世界ランク85位のD・ガラン(コロンビア)に4-6, 3-6, 3-6のストレートで敗れていた。

試合から2日後の6日にSNSを更新した西岡は檜山との交際を発表。しかし、ツイッターなどSNSでは西岡がラケットを破壊する動画が拡散されていた。これを受けて西岡はツイッターで以下のようにつづっている。

「日常生活怒る事ほぼ無いし、人殴るとかもってのほかなので、残念ながら日常に凶暴性など1ミリも兼ね備えておりません。会った事も無い人を良く判断出来るなと思いますが、流石に書かれすぎなのでここで訂正しておきます。自分の出来る範囲で近くの人を幸せにしてますよ」

続けて「毎回反論しても特に意味がないのでこの1回だけにしておきますが、変わらず応援してくださってる方々ありがとうございます。次はハードコートシーズンに向けて練習していきます!」とコメントした。

今後、西岡はは錦織圭も出場する24日開幕のアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)に照準を合わせ調整を行っていく。

https://news.yahoo.co.jp/articles/15ab1b26aeecbbd51a9cf07888a14c7961b35beb

【西岡良仁「人殴るとかもってのほか」 SNSでのラケット叩きつけ動画拡散を受け言及】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/01(土) 07:13:31.59 ID:bT+fMDge9
>>6/30(金) 19:01配信
東スポWEB

 女子テニスの加藤未唯(ザイマックス)に差し伸べられた救いの手が〝低空飛行〟を続けている。

 加藤は6月4日に行われた4大大会・全仏オープンの女子ダブルス3回戦で相手コートへ向けて返した球がボールガールに直撃し、審判は警告を発しながら、対戦相手のマリエ・ブズコバ(チェコ)、サラ・ソリベストルモ(スペイン)組の抗議で判定が覆って失格となった。

 本人は判定を不服として大会側へ訴えたが、却下された。そのため女子ダブルス3回戦敗退でもえらえる賞金2万1500万ユーロ(約337万円)、ランキング加算ポイントを受け取れず、罰金(金額非公表)まで科された。

 この失格劇は世界中で注目される事態となっただけに、海外の寄付活動サイト「gofundme」で米カリフォルニア州在住のM・ローズ氏が「彼女が厳しすぎる罰を受けたと思われる場合は、この物議を醸す決定にふさわしいと思われる金額を寄付してください」と失った賞金の補てんを目的に寄付を呼びかけた。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ac53ab6c7ddfea3daa6e05be1a367a3e32b705c

【加藤未唯の失格騒動 失った337万円の寄付募るも現状わずか3万9000円】の続きを読む

このページのトップヘ