SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

テニス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/17(木) 13:20:46.43 ID:CAP_USER9
3/17(木) 12:40
東スポWeb

ウィンブルドン出場条件「プーチン不支持」の要求にロシア側が猛反発「損害賠償しろ」

 まさかの要求に大きな波紋が広がっている。テニスの4大大会ウィンブルドン選手権で英政府と主催者は、ロシア勢の参加についてウクライナに侵攻したウラジミール・プーチン大統領への不支持の表明を条件にすることを検討。世界ランキング1位ダニエル・メドベージェフ(26)らロシア勢が出場できない可能性が各メディアで報じられている。

 そんな中、ロシアメディア「RT」は、同国テニス連盟のシャミル・タルピチェフ会長が今回の事態に反発し「私の人生でそのような大臣(英政府のナイジェル・ハドルストン氏)を見たことがありません。あなた(ハドルストン氏)が何を言っているのか決して分かりません。これについて話し合うのは誰ですか。彼らは誰の言うことを聞くことができますか」と方針を疑問視した。

 また、ロシアテニス界のレジェンドで元世界9位のアンドレイ・チェスノコフ氏(56)は「政府の決定とITF(国際テニス連盟)の間には分離が必要です」とし「ダニェルには、彼を導くことができる優れたコンサルタントと弁護士が必要でしょう。そして、主催者がロシア人の出場を除外したいのなら彼らに金銭的補償を支払わせるべきだ」と主張した。

 さらにロシア下院議員ドミトリー・スビシュチェフ氏は「ウィンブルドンにはスポンサーがいます。世界トップ10の選手が参加しない大会を想像できますか」とした上で「これについてコメントするのは非常に難しいです。テニス選手にとって難しいことは明らかです。あなたは自分の国に反対しますか」と訴えたという。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220317-04067597-tospoweb-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b9c516f4695ace93ca0274afa1be4893b9d93bf2

【「損害賠償しろ」ウィンブルドン出場条件〝プーチン不支持〟の要求にロシア側が猛反発】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 13:32:48.00 ID:CAP_USER9
3/16(水) 11:10
東スポWeb

メドベージェフらに「反プーチン」の踏み絵 ウィンブルドン出場条件を英政府が検討

 男子テニスの世界ランキング1位ダニエル・メドベージェフ(26)らロシア勢にウィンブルドン選手権へ出場するため〝踏み絵〟が課せられたと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 ロシアのウクライナ侵攻を受けて国際テニス連盟(ITF)などは同国勢の出場を禁止し、個人でのツアー参戦を認めている中、メドベージェフはインスタグラムからロシア国旗を削除。中立の選手として大会に出場している中、BNPパリバ・オープン3回戦で敗退し、21日付のランキングで1位から陥落することになった。

 そんな中、同紙は「メドベージェフは、英政府と(4大大会のウィンブルドン選手権を主催する)オールイングランドクラブが(ロシア大統領)ウラジミール・プーチンへの拒否を示さない場合、ロシアとベラルーシのプレーヤーを出場禁止にするため交渉中とあってウィンブルドン選手権を逃す可能性がある」と伝えている。

 同紙によると、ウィンブルドン選手権の開催国となる英国のスポーツ大臣ナイジェル・ハドルストン氏は「ロシアの旗の下では誰もプレーできないはずです」とし「私たちは確実性を持たなければならない。彼らはウラジミール・プーチンの支持者ではないと、その保証を得るのにどんな要件が必要かを検討している」と語ったという。

 男子の世界ランキング上位30位以内にはメドベージェフら4人、女子も30位以内に5人のロシア、ベラルーシ勢がランクインしている。ハドルストン氏は「プーチンと彼の政権への支持があれば、人々が受け入れるとは思わない」と話したとし、明確に「反プーチン」を宣言することがウィンブルドン出場の条件になりそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220316-04064777-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2fc42f2139541ef26de45f6a4eab1af0b993522

【メドベージェフらロシア勢に「反プーチン」の踏み絵 ウィンブルドン出場条件を英政府が検討】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/13(日) 14:57:42.18 ID:CAP_USER9
◇テニス BNPパリバ・オープン第4日(12日・米カリフォルニア州インディアンウェルズ)

 女子シングルス2回戦で、大坂なおみ(フリー)が泣きだしてしまった。世界ランニング24位で第21シード、ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)と対戦。第1セット立ち上がりのサービスゲームを落とすと、第2ゲーム開始前に観客から「なおみ最低!」の声が飛んだ。大坂は主審に歩み寄り、何かを訴えたが認められず、試合は続行。0―2とされ、第3ゲームでサーブを打つ前に泣き出してしまった。

 第3ゲームもブレイクされ、0―3となった際の休憩中、主審が大会関係者を呼んで大坂と話す時間を設けた。大坂は涙をぬぐい、コートに戻ったが本調子とはほど遠く、第1セットを0―6で落として第2セットに入った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0768f368a4998a9a55408161562845bcbee6957e

【「最低!」大坂なおみ、観客からのヤジで試合中に泣き出す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/10(木) 05:30:36.83 ID:CAP_USER9
3/10(木) 5:15配信
東スポWeb

痛恨のジョコビッチ(ロイター)

 テニス男子世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ(34=セルビア)が、大型スポンサーのアパレル大手「ラコステ」から契約を解除される見込みとなった。

 ジョコビッチは新型コロナウイルスのワクチン接種を拒否して1月の全豪オープンを欠場。その際にオーストラリア政府と対立して大騒動に発展した。今後は4大大会への出場も流動的な中、セルビア紙「ブリック」は最大のスポンサーが離れると報道。「ラコステは2025年まで契約を結んでいたが、セルビアのテニス選手との契約を打ち切る話が進んでいる。ラコステはジョコビッチがオーストラリアから強制退去を命じられたころから別れを考えていた」と伝えている。

 同紙によると、同社は17年、ジョコビッチの誕生日にあたる5月22日に契約を締結。当初は今年までの契約だったが、昨年8月に25年まで延長された。しかし、ワクチン拒否騒動をきっかけにラコステの態度が一変。「強制退去もあり、否定的な報道が相次いだため、宣伝を新しい顔に頼りたい」と〝広告塔〟の変更を検討しているという。

 さらに、同紙は「契約料は年間940万ユーロ(約12億円)、(残り3年の)合計で2820万ユーロ(約36億円)を失うことになるだろう」と指摘。実際に契約解除となれば、手にするはずだった巨額のスポンサー料が消滅することになる。

 ジョコビッチのスポンサーを巡っては、自動車大手「プジョー」が契約打ち切りの方針を表明したばかり。その契約料は「数百万ユーロの価値があると考えられている」(同紙)というだけに、最強王者が起こした騒動による〝代償〟はとてつもなく大きい。

 ジョコビッチは9日に開幕したBNPパリバ・オープン(米インディアンウェルズ)にエントリーしているが、出場は未定。いずれにせよ、今後もコート内外で厳しい状況が続きそうな雲行きだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220310-04051958-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/36797dc6c3baddfa5da789d6637ee195439f0a04

【ジョコビッチに大きすぎる〝代償〟 最大スポンサー「ラコステ」が契約解除へ・・・】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/04(金) 14:54:33.87 ID:CAP_USER9
3/4(金) 13:58
デイリースポーツ

ジョコビッチ 全仏出場可能な見通し 仏政府の接種証明義務撤廃で 英報道

 テニス男子のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が四大大会の1つ、全仏オープン(5月開幕)に出場できる見通しが高まった。

 英BBCなどはフランス政府が3日にスタジアムや飲食店に入る際のワクチン接種証明書の提示義務を14日に廃止すると発表したことを受け、ジョコビッチについて「全仏でタイトルを守ることができる可能性が高い」と、報じた。ワクチン未接種とされるジョコビッチは、1月の全豪オープンでは厳格な感染対策をしいていた豪州への入国を巡り、法廷闘争となり、国外退去を命じられた。全仏も接種証明提示義務があったことから、一時は出場は厳しいとみられていた。

 ジョコビッチ自身も海外メディアの取材に「接種が必要ならば、グランドスラムに出場はしない」と話していたが、今回の廃止で出場できる可能性が大きく高まった。

 ジョコビッチは2月28日付けの最新世界ランキングで通算歴代最多となる361週君臨してきた1位から陥落し、2位に後退した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220304-00000068-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c3184cbd8b9a7dbfe29637c6d593e4465fc1992e

【ジョコビッチ、全仏オープン出場可能な見通し 仏政府の接種証明義務撤廃で】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/03(木) 17:23:57.74 ID:CAP_USER9
https://www.cnn.co.jp/showbiz/35184351.htmlニューヨーク(CNN Business) 米紙ニューヨーク・タイムズが、テニスの女王セリーナ・ウィリアムズさんのベンチャーファンドを紹介する記事の中で、誤って姉のビーナスさんの写真を掲載してしまう手違いがあり、セリーナさんが2日、ツイッターでこれに反応した。

記事はセリーナさんが立ち上げたベンチャーファンド「セリーナ・ベンチャーズ」で1億1100万ドル(約128億円)を調達したという内容。誤った写真はオンライン版には掲載されなかった。

これについてセリーナさんは2日、「どこまで進んでも、まだ不十分だと思い知らされる」とツイート。「だからこそ@serenaventuresのために1億1100万ドルを調達した。自分たちの偏見に全く気付いていない根深い体系に見落とされている創業者を支援するために。なぜなら私でさえ見落とされているから」

【NYタイムズ、セリーナ・ウィリアムズと間違いビーナスの写真掲載】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/02(水) 11:46:59.39 ID:CAP_USER9
3/2(水) 10:20
東スポWeb

テニス3団体がロシア勢のツアー参戦を容認 ネットで賛否「プーチンの圧力にならない」

 男子テニスの世界ランキング1位でロシア出身のダニル・メドベージェフ(26)がツアー追放を免れた。国際テニス連盟(ITF)とテニスのプロツアーを統括する男子のプロテニス協会(ATP)、女子テニス協会(WTA)は1日(日本時間2日)、ウクライナに侵攻したロシアとベラルーシ選手のツアー大会参加を容認する声明を出した。スペイン紙「マルカ」など各メディアが伝えている。

 ATPとWTAはロシアの暴挙について「テニス界全体が深い苦悩と衝撃、悲しみを感じている。ロシアの行動を非難する」などのコメントを発表。両国の選手について国名や国旗の使用は認めないが、引き続きプレーすることは可能とし、男子の世界1位でロシア出身のメドベージェフもツアーからの〝排除〟を回避した。またITFはロシアとベラルーシテニス連盟について無期限の資格停止にすると発表。男子のデビスカップ、女子のビリー・ジーン・キング杯、車いすテニス、選手国別選手権など団体戦の出場を禁止された。

 ただ、他のスポーツではロシア出身の選手個人も出場停止にしている団体もあることから、ネット上では「テニスは処分が緩いのではないか」「スポーツと政治は切り離すべきだけど」「プーチンへの圧力にならない」など、否定意見の方が多く書き込まれている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3be2060ac2f769dad0860498e3b48caeac279421

【テニス3団体がロシア勢のツアー参戦を容認 ネットで賛否「プーチンの圧力にならない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/08(火) 14:29:04.94 ID:CAP_USER9
3/8(火) 12:46
日刊スポーツ

審判台をラケットでたたいたズベレフ 罰金追加で合計715万円に テニス界で5指に入る高額

男子テニスの世界ツアーを統括する男子プロテニス協会(ATP)は8日、世界3位で東京オリンピック男子シングルス金メダルのアレクサンダー・ズベレフ(24=ドイツ)に、2月のメキシコオープン(アカプルコ)で行った危険行為に対し、2万5000ドル(約280万円)の罰金を追加すると発表した。

ズベレフは、同大会のダブルス1回戦で、主審が下した不利な判定に激怒。試合に敗れた後、主審の座っていた主審台に、ラケットを数度、たたきつけた。ラケットは破壊され、主審の足にぶつかりそうな危険行為だった。

この行為を重く見たATPは、同大会のシングルス2回戦に残っていたズベレフを失格とした。また、同大会で稼いだ全賞金、世界ランキングのポイントを没収。加えて、4万ドル(約440万円)の罰金を科していた。

今回の罰金追加で、ズベレフには、合計6万5000ドルの罰金が科されることになる。これは、テニス界でも5本の指に入る高額な罰金となった。また、行為を起こした2月22日から1年間を保護観察期間とし、その間に、罰金を科される違反行為を行った場合、8週間の出場禁止となる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220308-33080255-nksports-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf13ae5eeaad3edfd536f499595788e6b95e1df3

【審判台をラケットでたたいたズベレフ 罰金追加で合計715万円に テニス界で5指に入る高額】の続きを読む

このページのトップヘ