1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/02(日) 23:34:03.57 ID:d6P6WPpB9
パリ五輪テニス日本代表の高田充監督(54)は1日、全仏オープン会場のパリのローランギャロスで取材に応じ、男子の錦織圭(34=ユニクロ)と女子の大坂なおみ(26=フリー)の五輪シングルスの出場権獲得が有力であるとの見解を示した。

出場権は10日付世界ランキングを基に与えられる。同監督は「プロテクト(負傷や出産をした選手に適用される特別ランキング)が使える錦織と大坂はまず入る」と語った。両選手は五輪に意欲を示しており、錦織は5大会連続、大坂は2大会連続の出場が懸かる。女子ダブルスの青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組も「可能性が高い」とした。

全仏のシングルス2回戦では錦織が右肩痛で途中棄権した。同監督は「厳しい状態の中でも勝負強さは見えた。体が資本なので、それが大きな課題」と指摘。2連覇中のイガ・シフィオンテク(ポーランド)に惜敗した大坂には「クレーコートでのこれだけのプレーは(出産から)復帰する前でもなかった。上達している」と評価した。
https://www.nikkansports.com/sports/news/202406020001379.html

【【テニス】錦織圭と大坂なおみ、パリ五輪シングルスの出場権獲得有力】の続きを読む