SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

デーブ大久保

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/08(金) 07:48:31.54 ID:Cc2zzCbH9
2024/03/08 06:00

元西武、巨人捕手で引退後は“デーブ大久保”の愛称でタレント活動もしていた野球評論家の大久保博元氏(57)が窮地に陥っている。事情を知る球界関係者は言う。

「今のところデーブ氏は、古巣の巨人から現場取材を控えるよう通達されています。今年2月の春季キャンプも宮崎・サンマリンスタジアムを訪れていましたが、いつまで経ってもグラウンドに入らない。要は“取材NG”措置になっていたので正式な訪問ができなかったというのです。

その理由は、以前、レギュラー出演していたCS放送の番組や自身のYouTubeチャンネルで、巨人軍の一、二軍の入れ替え事情やチームの内情を暴露する発言があり、一度、球団から非公式に厳重注意を受けていたからだそうです。

ところがサービス精神旺盛で懲りないデーブ氏はまた同じことを自分のYouTubeチャンネルで発言してしまったことを球団側が見逃さず、これ幸いと出禁措置を取ったというのです」

昨年は1年間、原辰徳前監督(65)に呼ばれて一軍打撃チーフコーチに就任した大久保氏だが、それ以前は楽天監督、打撃コーチ時代を除き長年メディアでの活動が長かった。

「長きにわたり出演している『プロ野球ニュース』やスポーツ紙の評論家活動も最近は控え目です。巨人から“取材NG”措置が解かれないうちに起用すれば、球団側から何か言われかねないので、メディア側は仕事の依頼をしづらいのかもしれません。そのため、実質的にYouTube活動と東京・新橋の居酒屋経営に専念することになりそうです」(前出・球界関係者)

巨人から干された一因には阿部慎之助新監督(44)の意向も加味されていると噂されている。

「何でも現場に来ては仕入れた話を忖度なしにYouTubeチャンネルで話すことを阿部新監督は快く思っていなかったようです」(前出・球界関係者)

大久保氏本人は3月1日に配信された「デイリー新潮」の記事で、キャンプ取材の際、グラウンドに入れてもらえなかったことを認めるも、「YouTuberは入っては行けないルールがあったから」と語り、球団との確執が原因ではないと話していたが……。

大久保氏の次に“出禁”が言い渡される危険性が高いのは誰なのか。

「出禁危機になっているのは横浜、日本ハムOBの高木豊氏です。デーブ氏より暴露ネタはやや少ないが現場に来ずに憶測で話す内容が多すぎる。そのため各球団の首脳陣、選手からは裏で煙たがられています。態度を改めないと今シーズン中にYouTubeにうるさい巨人、阪神あたりから弾かれてる可能性は高いでしょうね」(前出・球界関係者)

新時代の評論を良しとしないのはYouTubeのせいか、あるいは球界の漫然とした体質が変わらないからなのか……。

https://jisin.jp/sport/2301136/

【デーブ大久保の巨人取材NGで発覚した、次なる“出禁危機”の「大物解説者」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/01(金) 19:09:30.04 ID:yIkS68cF9
デーブ大久保氏は巨人・宮崎キャンプで「取材NG」を出されていた グラウンドに入れてもらえず20分で退散 本人は「僕がYouTuberだったからです」

「私が原さんのほうばかりを向いていて、皆から嫌われていたという声があるのなら、それは不徳の致すところです」。

 2月中旬、「週刊新潮」の取材に“デーブ”こと大久保博元氏(57)はこう答えていた。だが、いまや大久保氏と球団の間で出来た溝はこんな言葉では埋めきれないくらい深刻なようだ。宮崎キャンプでは「取材NG」のお達しまで出ていたというのだ。本人にも改めて話を聞いてみた。


「どのツラ下げてきたんだ」

 2月6日、宮崎県総合運動公園内にある木造ドーム「木の花ドーム」。巨人軍宮崎キャンプの練習に、大久保氏はマネージャーの息子を伴って現れた。だが2人は2階の客席で一般ファンに混じって練習を20分ほど見学するだけで、グラウンドに入ることもなく帰っていった。

 通常ならば、野球解説者はグラウンドで旧知の選手・コーチに直接、取材するものだ。よくスポーツ番組でも、練習の合間に選手が大物解説者の元へ駆け寄り、きびきびと挨拶する場面をよく見かけるだろう。

 だが、球団は昨秋まで「一軍打撃チーフコーチ」だった大久保氏に対し、グラウンドに入らないよう伝えたというのだ。

「広報部長も出てきて、ちょっとした揉め事になっていました。それを耳にしたコーチ、選手たちはみんなニヤニヤしていましたね。阿部慎之助監督もその内の1人。『どのツラ下げてきたんだ』と周囲に語っていたと聞いています。当初、球団は取材パス自体を出さないことも検討したんですが、それだとさすがに大事だということでパスは出した。だが、『グラウンドには入れるな』とのお達しが出ていた」(球団関係者)


「そこまでして再生数を稼ぎたいのか」という声も

 実際、大久保氏がコーチ退任後、力を入れているYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」には、巨人のキャンプを取材した動画はまったく上がっていない。同じ宮崎で行われていたソフトバンクの練習を取材する動画は上がっているにもかかわらずだ。

 大久保氏はソフトバンクを取材した際にはグラウンドに入り、今宮健太に直撃インタビューもしていた。なのに、なぜOBである巨人のグラウンドに入れてもらえなかったのかーー。理由はまさにYouTubeにあった。

「首脳陣や選手から、チームの内情を喋り過ぎという批判が噴出しているのです。そこまでして、再生数を稼ぎたいのかとみな呆れ返っています」(前出・球団関係者)

 例えば、2月25日に上げられた動画では、選手を1軍と2軍の間で降格・昇格させる際の通達方法を次のように明かしている。

「宮崎のサンマリン球場の中のコーチ室で、マネージャーが呼びに行く。『コーチ室に行くぞ』と言われたら赤紙。肩たたきですよ。ああ来ちゃった、ファームかと」

「(中田翔を2軍から昇格させた時も)監督から『翔、どう思う? 報告来ているんだけど』って聞かれ、『なんかいい状態みたいですね。今の打線には必要じゃないですか』『お前さんもそう思うか』みたいなことを話す。周りから見ればヒソヒソやっていて『何だよ、監督しか向いていないのか』と思われる。どっち向くかという話とかは、下のモンは見ているんだよ。正直、くだらねえけど」


 1月13日、同じく巨人OBの岡崎侑氏のYouTubeチャンネルに出演した際も、岡崎氏からスタメンの決め方について問われ、

「慎之助が俺と亀井(善行・一軍打撃コーチ)に何も言わずに、スタメン表をオープン戦の時、監督に持っていっていたんです。あれ、と思って監督に直に聞いたんです」

 と、選手ですら知らないような話を明かし始めた。

 大久保氏は原辰徳監督(当時)に「僕らは抜きでいいんですか。監督とヘッドでやられるんならそれで従います」と詰め寄った。すると原氏は「そりゃダメだ、お前さんの意見も言いなさい」と返したという。その言葉をもらった大久保氏は阿部氏の元へ行って、

「『慎之助よ、俺はいいよと。お前さんは将来監督になる男だ。お前のやりたい野球もあるけども、亀井を育てないとダメだろ。亀井の意見も聞いてくれ』と。(阿部氏は)『ああ、そうすね、そうすね』と」(YouTube動画より)

 熱心な野球ファンからすれば興味がひかれる裏話であろう。だが、チーム関係者からすると、選手とコーチ陣との間のセンシティブな関係性や指揮系統に乱れがあった過去を“暴露”しているようにも聞こえなくもない。番記者もこう続ける。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/ff8ac8a31dd7887e22af59531469dccd5752a117?page=1

【デーブ大久保氏、巨人キャンプで「取材NG」を出されていた グラウンドに入れてもらえず20分で退散 原因はYouTubeでの暴露】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/19(金) 16:50:23.82 ID:iZMD5/XW9
2024.01.19
 昨季まで巨人の1軍打撃チーフコーチを務めたデーブ大久保氏が19日に更新された田尾安志氏のYouTubeチャンネルに出演し、収録2日前にも心筋梗塞になりかけたと打ち明けた。
 2021年に心筋梗塞を患っているデーブ氏。昨季、原辰徳監督からの「一緒にやろう」という誘いで、楽天を率いた2015年以来、8年振りにユニホームに袖を通した。
 ただ1年間やってみて「楽しかったことは一つもない」。西武や楽天在籍時は「勝った瞬間は喜べた」というが、巨人では「1個勝っても明日負ければ一緒だよ、みたいに勝っても喜んでいる間がなかった」という。
 「自分が完全にネガティブだった。勝って周囲が騒いでいると『おまえたち、明日あるんだぞ』と。そういうチームが巨人軍だと感じた」と勝利を義務づけられたチームの伝統をひしひしと感じたという。
 寝覚めも「まったくよくなかった」と振り返り「その負担があったんでしょうね。また心筋梗塞になりかけて。おとといか。カテーテルをやったら大丈夫だった。そのくらい1年間大変だった」と明かした。
 心筋梗塞を発症するきっかけは食事などいろいろなトリガーあるいうが「ストレスも大きな引き金になるみたい。(胸が)痛てえなと思ったら案の定だった」と激務を振り返った。

https://www.daily.co.jp/baseball/2024/01/19/0017239854.shtml

【デーブ大久保氏「おとといも心筋梗塞になりかけた」巨人コーチ時代の激務を振り返る 田尾安志氏とYouTubeで対談】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/31(日) 11:30:27.51 ID:/j73FSwA9
■大谷、山本の移籍を見て子どもたちには野球にあこがれてほしいな、と思います【デーブ大久保 さあ、話しましょう!】

先週、勝手にMVP企画をやりました。「ありがとねー」というメールが阪神の平田勝男ヘッドコーチから届きました。読んでいただいたことに感謝ですし、こちらのほうこそ感謝です。そんなメールをいただいた良き日に、さらに良いことがありました。

 松井裕樹とパドレスとの間で契約合意したという報道があったことです。5年2800万ドルという素晴らしい契約だったようです。個人的にもすごくうれしいですね。正式契約はこれからだと思いますので、そのときにあらためて、お祝いの言葉をと考えています。

 このオフにはドジャースへ移籍した大谷翔平が10年7億ドルというとんでもない契約を結びました。そのあとにはオリックスからのポスティングシステムで山本由伸がドジャースに、12年3億2500万ドルというメジャー投手の中でも類を見ない内容での契約が決まりそうです。そして松井裕樹です。

 先週も少し話題にしましたが、西武時代の根本さん(根本陸夫球団管理部長)が「プロでお金を稼ぐのは、引退してから、普通に生活ができるようにするためでもあるぞ」と言われたことがあります。当時も、一般の方よりも多少は多くの年俸をいただいていましたが、根本さんが言われるほどの心の余裕は引退後はあまりないな、とは感じています。

 一方で、メジャーでプレーした経験のある解説者の皆さんを見ていると、心に余裕が見られるんです。プロで頑張った人たちにはそういう余裕があったほうが、次の世代の人たちの指針にもなり、プロにあこがれる子どもたちの希望にもなります。

 大谷や山本なども、引退後もそういう余裕ができる金額です。それは一方で、野球のみに本当に集中できるということにもつながっていきます。将来に不安なく、今の自分のパフォーマンスを上げるためだけに、お金を費やせるし、集中できる。そういう世界を見せることも、将来の野球界を支える子どもたちへ、大きな希望になると思うんです。

 メジャーに行けば、そうなるけどNPBだと……となるかもしれません。今では6億円を稼ぐ選手も出てきましたので、そういう方向性に向くかもしれませんね。解説者の中に、MLBの現状を見てNPBの将来を危惧する人もいます。でも私はまったく逆の考えなんです。大谷や山本にあこがれて野球を始めてくれる、それ自体が素晴らしいのです。

 ではNPBはじっとして見ているのか……そこは思考を巡らせて、新たにNPB自体にお金が入るような取り組みをしてMLBに少しでも近づく努力をしてほしいです。規約の問題等があるかもしれませんが、NPB自体が12球団と協力して、NPB公認のグッズをたくさん企画し、世界に売り出していく、という大胆な発想を持ってほしいですね。指をくわえて見ているのではなく、戦略を立てる時代に入っていると思います。NPBも十分に魅力のあるリーグですから必ずできるはずです。

12/31(日) 11:00 週刊ベースボール
https://news.yahoo.co.jp/articles/47dfcf1430d767bf88c4b5adbbad5b0450441f65

【大谷、山本の移籍を見て子どもたちには野球にあこがれてほしいな、と思います【デーブ大久保 さあ、話しましょう!】】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/04(土) 09:18:35.34 ID:iJu7P/BE9
https://news.yahoo.co.jp/articles/41e575b02cc7929ba9fc7f91ac6814b3a6f90402

デーブ大久保さん、オリックス中嶋監督の田嶋交代裏目報道に「冗談じゃない」「結果論なら誰でも言える」【日本シリーズ】


 西武や巨人でプレーし、楽天で監督を務めた「デーブ大久保」こと大久保博元さんが3日、自身のYouTubeチャンネルを更新。

 2日のSMBC日本シリーズ第5戦・阪神―オリックス(甲子園)で、7イニング無失点のオリックス先発・田嶋大樹投手を代えた中嶋聡監督の采配に理解を表明。

 さらに起用法を巡る懐疑的な報道に関して「よく言ってるよ。結果論なら誰でも言える」「交代は当たり前です」などと異を唱えた。

 田嶋は83球で7イニング無失点と快投。2点リードの8回からマウンドを救援陣に託したが、その後チームは6失点で逆転負けした。

 大久保さんは、田嶋を83球で交代させた采配が裏目に出たとの報道に対して「冗談じゃないです」ときっぱり。

 「タイミングが合ってきたらやられる。何がピッチャーを代える条件になるかというと、もうタイミングは合ってきたなと(なったら)」と述べ、田嶋の投球に対して阪神の各打者のタイミングが合っていたかどうかを判断基準に挙げた。

 さらに「タイミングが合ってきたら、中嶋監督の中で『やばいな、これ。タイミング合ってきたな、いいスイングされた』イコール『点をとられる』ということに結び付く。球数ではなく、短期決戦ではピッチャーを余らせずにどんどん使っていくことにおいては、中嶋監督の交代は当たり前です」と理解を示した。

 大久保さんは「盛り上がってる日本シリーズについての感想を話します」と題して投稿。2日の試合でオリックスの山崎颯、宇田川ら強力救援陣を打ち込んだ阪神打線をたたえるなど持論を展開した。

【デーブ大久保、オリックス・中嶋監督の田嶋交代裏目報道に 「冗談じゃない」「結果論なら誰でも言える」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/25(月) 22:26:23.38 ID:CAP_USER9
 ロッテ・佐々木朗希投手(20)が24日のオリックス戦(京セラ)で白井一行球審(44)とトラブルになったことで、報道やネット上では同球審に批判の声が上がっている。

 物議となったのは2回二死一塁の場面。2ストライクから佐々木朗が投じた外角への直球がボールになり、マウンド前方へ歩いた佐々木朗へ白井球審が詰め寄り、松川虎生捕手(18)が制止に入った。

 元楽天監督で野球解説者のデーブ大久保氏(55)は25日、自身のユーチューブチャンネルで動画を公開。選手、指導者時代の経験から今回の一件について私見を語った。

 大久保氏はまず白井球審について「白井が好きか嫌いかで言えばどっちでもいい」としつつ、「白井という人間、ぼくが知ってる限りで言えばめちゃくちゃまっすぐで昭和の審判です」とコメント。

 続けて佐々木朗の行動について「実はマウンドを降りるしぐさをしちゃってるんですね。『え、なんで、入ってないんですか』って」と解説。これは打者がストライクゾーンに抗議を示すためにホームベースで線を引く行動に近いとした上で「昭和の審判なら退場ですよ。『何だその態度は、まだ2、3年目の若造が』って」とした。

 その上で大久保氏は「白井だけが悪く言われるのはおかしいですよって動画あげさせてもらいました」とコメント。かつて審判から聞いた長嶋茂雄氏に不利な判定をすると抗議が殺到するため苦労したというエピソードを明かし、「退場っていうことまでは今日の場面では言いづらいですけど言っちゃってもいいような動きは実は佐々木朗希がしてしまったというのもあるんです」と語った。

4/25(月) 20:53配信 東スポWeb
https://news.yahoo.co.jp/articles/788022680c3e074d948275ab69d7a7e2600e974a
デーブ大久保氏(東スポWeb)
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220425-04151576-tospoweb-000-4-view.jpg

【デーブ大久保氏 白井球審〝詰め寄り騒動〟を解説「昭和の審判なら退場『まだ2、3年目の若造が』って」】の続きを読む

このページのトップヘ