SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ドイツ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/28(月) 04:55:01.39 ID:IOR6NjYD9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221128-00000008-chuspo-000-1-view.jpg
先制と思いきや…(AP)

ドイツ先制!?オフサイドテクノロジーでノーゴール判定、スペインとの一戦は0-0で折り返し【カタールW杯】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221128-00000008-chuspo-socc

◇27日 サッカーW杯カタール大会 1次リーグE組 スペイン―ドイツ(アルホル)

 負ければ1次リーグ敗退が近づくドイツがゴールネットを揺らしたが、オフサイド判定で0―0で折り返した。

 初戦でコスタリカに7―0で大勝したスペインに、ポゼッション高く主導権を握られた。前半7分には、FWオルモ(ライプチヒ)のペナルティーエリア手前左からの強烈なシュートに襲われたが、GKノイアー(バイエルン)が触れ、さらにバーに救われた。

 ドイツがゴールネットを揺らしたのは前半40分。右FKからDFリュディガー(R・マドリード)が合わせた。しかし、わずかに早く飛び出しており、VARの結果オフサイドとなり、ゴールとならなかった。

 この日、日本がコスタリカに0―1で敗れたため、日本とコスタリカが勝ち点3で並び、得失点差で日本が2位となっている。スペインが勝利すれば、スペインの決勝トーナメント進出が事実上確定し、残り1枠を3カ国で争うこととなる。(写真はAP)

【カタールW杯・E組第2戦 ドイツ先制!?オフサイドテクノロジーでノーゴール判定、スペインとの一戦は0-0で折り返し後半へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/25(金) 21:12:41.90 ID:t5cfIZi79
11/25(金) 20:59配信
日刊スポーツ

 ドイツのキッカー誌が、FIFAワールドカップ(W杯)1次リーグE組でドイツから大金星を挙げた日本選手を採点している。
 5段階評価で1が最高点、5が最低点。最高は決勝点の浅野拓磨(ボーフム)で1.5点だった。

 それに続く選手は2点のGK権田修一(清水エスパルス)で、MF遠藤航(シュツットガルト)と鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)の2.5点だった。
 また、最低点は久保建英(レアル.ソシエダード)の4.5点となっている。

 <先発メンバー>

 権田=2
 酒井=4
 板倉=3
 吉田=3.5
 長友=4
 遠藤=2.5
 田中=3.5
 伊藤=3
 鎌田=2.5
 久保=4.5
 前田=4

 <途中出場>

 冨安=3
 三笘=3
 浅野=1.5

 堂安、南野=採点なし

https://news.yahoo.co.jp/articles/1ab1adc2d0e17cc94b75511f1cd2df20fea3c434

【ドイツ誌が日本選手を採点 浅野拓磨が最高1.5点、最低点は久保建英4.5点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/24(木) 16:47:18.17 ID:3Y+HmBP49
[ドーハ 23日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は23日、1次リーグE組では日本がドイツを2─1で下した。歴史的勝利をつかむゴールを挙げたのは、ドイツ1部ブンデスリーガでプレーする堂安律と浅野拓磨だった。

前半はドイツが16本のシュートを放ち、ボール保持率も70%以上という一方的な展開だった。しかし、途中交代で入ったフライブルクの堂安とボーフムの浅野がチームを目覚めさせた。

日本は後半に「和製メッシ」の異名を持つ堂安と浅野を投入すると、2人が果敢なプレーを見せ、前線への飛び出しと執拗なハイプレスで形勢を逆転。後半12分から出場した浅野が相手ペナルティーエリア内でプレーした回数は、ドイツの2選手を除く全ての選手より多かった。

日本は8人がブンデスリーガ1部と2部でプレーしており、そこで得た知識を代表チームに持ち帰った。日本の勝利は純粋な決意と気迫によるもので、逆に意欲に欠けたドイツにとって結果は大きな痛手となった。

90分間歌い続けたファンと同じように、日本も最後まで諦めずに戦った。その一方で、試合終了後にドイツのファンの姿はほとんどなく、声援も聞こえなかった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/11007f31d357ff7bfe5fe6b1d8a05e8cbfc7cf8e

【ドイツに歴史的勝利の日本、ブンデスリーガの経験生かす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/24(木) 15:58:06.13 ID:/P0roz+X9
サッカー元日本代表の神戸DF槙野智章(35)が24日、TBS系「ゴゴスマ~GO GO!smile~」(月~金曜後1・55)にカタールからリモート出演。サッカーFIFAワールドカップカタール大会1次リーグE組・ドイツ-日本戦(ハリファ国際)でのドイツDF・リュディガーのプレーに言及した。

 リュディガーは後半19分、浅野とボールを競った際にゴールライン際で太腿を大きく上げた独特な走法を披露。このプレーに「ABEMA」で解説したサッカー元日本代表MFで「ABEMA FIFAワールドカップゼネラルマネージャー」の本田圭佑が「ちょっと今のは性格悪い。ちょっとバカにした走り方」と苦言を呈した。

 槙野は「リュディガーという選手は、ヨーロッパでも時速37キロというスピードを出して、世界的にも足の速い選手」と紹介し「ただ、走り方にものすごく特徴があって、相手を挑発するかのようなフォームで走ったんですね、このシーンは」と指摘した。

 その上で「そういう意味では浅野選手含めて、日本の選手たちは“こんちくしょー”って思ったと思う。そこで火が付いた後の同点弾だったり逆転劇がありましたので、逆にこういうシーンが生まれたのが良かったんじゃないかなと思います」とリュディガーのプレーが日本にとって燃えるきっかけになったと振り返った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a659873f2aeb1dcef5f80a61ab1c60cd7b3dc15a

【元日本代表DF槙野智章 ドイツDFリュディガーの独特走法に「逆にこういうシーンが生まれたのが良かった」 [数の子★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/24(木) 01:42:06.60 ID:LT55yZsw9
11/24(木) 1:04配信
日刊スポーツ

<FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会:日本2-1ドイツ>◇3日◇1次リーグ◇E組◇第1節◇カリファ国際スタジアム

 サッカーのワールドカップ(W杯)で日本代表として活躍してきた本田圭佑(36)が23日、ドイツ-日本戦で“公式戦解説デビュー”を飾った。

 インターネットテレビ局ABEMAの中継で現地から解説。日本が優勝候補のドイツを撃破したあと、スタジオにいた“ゴン中山”こと元日本代表の中山雅史氏(55)と喜びを分かち合った。

 その掛け合いの中で、中山氏から「この歴史的な勝利を見ていて、悔しくないですか?」と尋ねられた本田は「結構、リアルな質問をしてきますね」と返答。中山氏が「僕もうれしいですが、そこ(ピッチ)に立っていたかったな」と口にすると、本田は「間違いないです」。それを聞いた中山氏は「うれしいです」と実感を込めた。

 本田は前回のロシア大会まで3大会連続得点をマーク。今大会では、全64試合を無料生中継するインターネットテレビ局ABEMAでW杯中継のゼネラルマネジャー(GM)として、日本戦など5試合を現地から解説する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8cfea67d42863ccdf2b519c2bfedccb4c9ef8b7f

【中山雅史氏「この歴史的な勝利を見ていて、悔しくない?」本田圭佑「間違いないです」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/24(木) 06:42:05.97 ID:e1XrtzKh9
日本―ドイツ戦を並んで観戦した三浦知良&中田英寿に衝撃「試合後どんな会話するの?」


サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本がドイツに2-1で逆転勝ち。

歴史的大金星を挙げた試合を日本サッカー界が誇る大物コンビが現地で観戦していた。
2人が並んだ姿に日本人ファンは「豪華過ぎる」「絵になるね」と歓喜に沸いている。


2人のレジェンドが見守っていた。
格上の強豪を相手に、衝撃の逆転劇を演じた日本。

多くのファンが勝利に酔いしれたが、スタンドで存在感を放つ元日本代表の2人がいた。
スタンドの赤いシートに並んでいたのは三浦知良氏と中田英寿氏。両者スーツ姿でビシッと決め、スターの雰囲気が漂っている。


往年の日本代表を支えた2人の並びに気付いたファンは興奮。
ツイッター上では「2人ともカッコよすぎ」「絵になるね」「豪華なセットやのぉ」「ヒデもキングカズも観戦してる」「これあついな」「豪華過ぎる2ショット」「この写真は熱い」「この試合の後どんな会話するんだろうね?」といった声が集まった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/d1caa1fae655859683d9aea73eca1bec8b20d5cb
https://i.imgur.com/7qK6RWx.jpg

【日本―ドイツ戦を並んで観戦した三浦知良&中田英寿に衝撃 「豪華過ぎる」「絵になる」「試合後どんな会話するの?」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/24(木) 01:19:18.98 ID:blk6ax9B9
<FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会:日本2-1ドイツ>◇1次リーグE組◇23日◇ハリファ国際競技場

 大金星だね。ドイツが疲れてきたところに、若くて速いFWたちをボンボン入れて。それが幸いしたね。前半を見たらボロボロでどうなることかと思ったけど、ドイツが攻め疲れしてきたのも日本にとっては有利に働いたよ。

 森保監督は負けていて追い込まれていたから、3バックという思い切った策に出られたんだと思う。「3バックにしてもっと攻撃にいかないといけない」「早く追いつかないといけない」という状況だったからね。

 勝利はおまけだけど、なんとか引き分けにできればという意味で3バックにしたんじゃないかな。それによって速い選手が入ったことでカウンターが生まれてきた。それが得点につながった。前田が前半で浅野が後半というリレーをやって、前線の選手が体力的にも十分だった。予選もそうやっていたし、それが今日はうまく当たった。

 分かりやすいよね、守りに多くのベテランを選んで後ろに置いて、前線では若い選手がリレーで登場してスピードを上げる。そういうのが当たったね。

 ただ前半0-2になっていたら結果は変わっていたと思う。相手のシュートがゴールポストに当たったりツキもあった。金星にはそういうラッキーな部分もあるものだ。

 まあ良かったよ。1戦目に勝ったから、だいぶ決勝トーナメントに進める可能性は上がったと思う。ただ、日本は今日かなり消耗したよ。ドイツだってまだ残りの試合で上がってくる可能性もある。これから得失点差も影響してくるかもしれない。

 だから2戦目のコスタリカ戦がとても大事になってくる。1試合に勝っただけでは何とも言えないということを肝に銘じてほしい。(日刊スポーツ評論家)

https://news.yahoo.co.jp/articles/970a86bd423316dbd8f173af8b0794d66c33a0e7

【セルジオ越後 森保監督、追い込まれて思い切った ドイツの攻め疲れも有利に働いた大金星】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/24(木) 00:12:42.21 ID:UlPCTy/G9
11/23(水) 23:59配信
スポーツ報知

◆カタールW杯 ▽1次リーグE組 ドイツ1―2日本(23日・ハリファ国際競技場)

 日本代表が今大会初戦をドイツと対戦。前半を0―1で折り返したが、後半30分にMF堂安律が同点ゴールを決めた。そして同38分に浅野が勝ち越しゴールを決めた。

 ドイツ紙「ビルド」はWEB速報で「ショックが大きい」「大失敗のスタート」との見出しで、想定外の逆転負けを伝えた。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/aa49d26f57c350b58d72e575609c3ca3a0f1cb96

【「ショックでかい…」ドイツ紙ビルド、格下日本に逆転負けを速報で伝える】の続きを読む

このページのトップヘ