SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ドジャース

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/17(月) 06:37:04.46 ID:KhVfRdVK9
6/17(月) 6:27配信

デイリースポーツ
 「ドジャースーロイヤルズ」(16日、ロサンゼルス)

 ドジャースの大谷翔平選手が「2番・指名打者」で出場し、2打席連続18、19号を放った。両軍無得点の三回に4戦ぶり中越えソロで先制点をたたき出すと、続く六回の打席でも右翼席中段へ圧巻の122メートル弾。5月5日のブレーブス戦以来、今季2度目、通算18度目のマルチ本塁打となった。直近11戦5発の量産モードで年間42発ペース。ナ・リーグ最多のマルセル・オズナ外野手(ブレーブス)と1差に迫った。

 この日の大谷はロイヤルズの先発シンガーに対し、初回の打席はフルカウントから内角ツーシームを見極めて四球で出塁。三回の打席はカウント2―1からやや低めのツーシームをセンター左へ。打球速度184キロ、飛距離137メートルの豪快アーチ。ホーム生還後はベンチの前で同僚T・ヘルナンデスから恒例の儀式、ひまわりの種シャワーを浴びて笑顔を見せた。

 6月に強く、エンゼルスでプレーした昨季は球団新記録となる月間15本塁打をマーク。しかし、今季は13試合で打率・216(51打数11安打)、3本塁打、6打点、OPS・722とやや苦しんでいた。

 チームは試合前に前日の試合で右上腕三頭筋の張りのため2回緊急降板の山本由伸投手と、同投手の降板を受けてスクランブル発進した後、広背筋の張りを訴えたマイケル・グローブ投手が負傷者リスト入りしたと発表。大谷が花火2連発でベンチに漂う暗雲を払しょくした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4476898a710a1810644d0a4da65cd4731c729032

【ドジャース・大谷翔平、圧巻の2打席連発18、19号 直近11戦5発 量産モードでトップと1差】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/17(月) 05:57:25.17 ID:KhVfRdVK9
6/17(月) 5:47配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240617-00010000-fullcount-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800
Full-Count
本拠地のロイヤルズ戦に「2番・指名打者」で出場
ドジャース・大谷翔平【写真:荒川祐史】

■ドジャース ー ロイヤルズ(日本時間17日・ロサンゼルス)

 ドジャースの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地のロイヤルズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。3回の第2打席で4試合ぶりとなる18号ソロを放った。飛距離451フィート(約137.5メートル)の特大アーチで、リーグトップのマルセル・オズナ外野手(ブレーブス)に2本差に迫った。

【実際の映像】大谷翔平の特大18号 打った瞬間確信弾…本拠地大興奮

 初回、1死走者なしで迎えた第1打席では四球を選び、3回の第2打席で相手先発・シンガーから豪快なアーチをかけた。バックスクリーン左へ運んだあたりは、打球速度114.3マイル(約183.9キロ)、451フィート(約137.5メートル)の特大弾だった。

 前日15日(同16日)の同カードでは3打数無安打だったが、これで直近6試合で3本目の本塁打。ロイヤルズ戦では通算10本目のアーチで、ベンチでは笑顔を見せた。

 6月の月間成績は試合前時点で打率.216(51打数11安打)、3本塁打。しかし、昨年の6月は打率.394(104打数41安打)、15本塁打29打点、OPS1.444と打ちまくり、月間MVPに輝いていた。ここからの巻き返しに期待がかかる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e0e363d924f889876d732478cbd458f4e7a12a3

【ドジャース・大谷翔平、137m特大18号ソロ 4試合ぶり一発!リーグトップに2本差、6戦3発に本拠地熱狂】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/16(日) 19:57:06.80 ID:QOp8RpJz9
https://news.yahoo.co.jp/articles/e592623e8dfe7b887673cb10aab08e7ad142ba5d
6/16(日) 18:16配信

ドジャースが日本テレビとフジテレビのメディア資格を取り消したと米メディア「ドジャース・ネーション」が15日(日本時間16日)、報じた。

両メディアは大谷翔平投手(29)が785万ドル(同約12億円)で購入したロサンゼルスの邸宅の詳細を報道。その中には物件の航空写真や近隣住人へのインタビューもあり「大谷とドジャースは、これはプライバシーの侵害であり、スーパースターを危険にさらすのものと同意した」(同メディア)という。

米国では有名人の自宅が強盗に遭い、家族が誘拐されて身代金を要求されるケースもある。同メディアは「彼の安全が危険にさらされたため、ドジャースは両メディアのメディア資格を取り消した」と伝えた。

詳細
https://dodgersnation.com/dodgers-revoke-two-outlets-media-credentials-amid-shohei-ohtani-privacy-concerns/2024/06/15/

【大谷翔平所属のドジャース 日本テレビとフジテレビのメディア資格はく奪「スーパースターを危険にさらす」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/17(月) 00:40:55.94 ID:GgQ2sve+9
 6月12日、MLBのロサンゼルス・ドジャースに所属する大谷翔平を巡って、『週刊現代』が報じた“出禁処分”は大きな話題となった。

「記事によれば、フジテレビと日本テレビがドジャースから貸与されている“取材パス”を凍結され、大谷選手の過去の映像や写真を使用しないよう通達されたとのことでした。その理由として指摘されていたのは、大谷選手の“豪邸取材”。

 5月に12億円の新居を購入したと米メディアに報じられると、この2社は現地取材を行い、近隣住民に話を聞き、自宅を空から撮影するなどしていましたが、どうやらこれが大谷選手の怒りに触れてしまったようなんです」(スポーツ紙記者、以下同)

 フジと日テレによる現地取材は、放送当時からプライバシーの侵害だと非難する声も数多く寄せられていた。それが大谷の耳に入ったということなのだろうか。

 両社にとって大谷への直接取材ができないこと、過去素材を使えないことが大きな痛手であることは間違いない。民放では、朝から夜まであらゆる情報番組で大谷のニュースを取り上げており、“大谷ハラスメント”と揶揄されてしまうほど欠かせない存在であった。

『週刊現代』の取材に対してフジと日テレは明言を避けたものの、これからしばらく大谷の名前が登場することはなくなる……かと思われたが、

「報道では、6月9日に日テレで放送されたスポーツ特番で大谷選手に関する映像の差し替えがあったとされていました。しかし、この日以降の『めざましテレビ』『Live News イット!』『news every.』『ミヤネ屋』などで、大谷選手の試合結果を“映像付き”で取り上げられていたことが確認されています」

 “出禁報道”を目にしていた視聴者は、

《出禁とか嘘かよ》
《映像使用禁止っていうのは何だったのか》

 などと、困惑している様子。ただ、これには理由があるという。

「情報番組などでのMLBの試合映像はテレビ局が金銭を支払って放送しているもので、これは大谷選手の一存で使用を止めることは難しいと思われます。使用中止を求めているのは過去素材、つまりフジや日テレが自前のカメラマンなどで撮影したものでしょう。

 実際、2社のウェブニュースサイトを見ると、報道以降も大谷選手の試合結果が、ほかの会社のクレジットが記された写真付きで記事になっています。これらの写真も購入したのでしょうし、大谷選手のニュースを放送できなくなったわけではないと考えられます」(民放ワイドショースタッフ、以下同)

 最悪の事態には至らなかったわけだが、『日テレNEWS』のYouTubeチャンネルから近隣住民を取材した動画が削除されていることからもわかるように、トラブルが発生していたことは間違いないのだろう。

「フジと日テレにとっては、試合映像は使用できても、“大谷に嫌われた局”というイメージが付いたままの状態は避けたいはず。本人との和解は急ぐべきですが、視聴者に対して不適切な取材を行ってしまったことの説明と謝罪も必要となるでしょうね」

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d3b683de593edd82bd670be0d395581478a831f
6/16(日) 週刊女性PRIME

【「出禁とか嘘かよ」 大谷翔平“激怒”報道後、フジと日テレは通常運転も…消されたトラブルの元凶動画】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/13(木) 06:48:05.23 ID:Pi3Fhyzd9
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240612-00010001-kantele-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=360&exp=10800

6/12(水) 19:19配信

関西テレビ
解説の古田敦也氏と野茂英雄氏

カンテレ(関西テレビ)で生中継しているセ・パ交流戦 オリックスvs阪神。解説は古田敦也氏と野茂英雄氏が務めている。

今日16号ホームランを放った大谷翔平(ドジャース)に関して、かつてドジャースでプレーした野茂氏は「すごいっていうか、これで打つだけじゃなくてまた投げられるようになったら楽しみ。本当にすごい体力だと思う。自分との比較なんてできない」と語った。

また山本由伸(ドジャース)に関しては、「この前のヤンキース戦の投球はNPBで見せていた投球のようで素晴らしかった。ドジャースはプレーオフで戦うことを見据えているチーム。まだまだシーズンは長いから頑張って欲しい」MLBで123勝を挙げた日本人メジャーリーガーのパイオニアは、ドジャースの後輩たちにエールを送った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a902ecd6ea8e6e37c63e5f26f5d6585a5024fe59

【野茂英雄氏が語るドジャース・大谷翔平&山本由伸】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/11(火) 18:26:13.42 ID:usYcGQtv9
サンスポ2024/06/11 05:00
https://www.sanspo.com/article/20240611-BTDP55JU6NIUBOSBGDBUGDCCNQ/?outputType=theme_mlb

来年3月19、20日に予定されている米大リーグの日本開幕戦(東京ドーム)に大谷翔平(29)、山本由伸(25)両投手が所属するドジャースが来日しない方向であることが10日、明らかになった。ドジャースが今季の韓国・ソウルに続いて2年連続で米国以外で開幕戦を迎えることが最大のネックとなったもよう。一方で今永昇太投手(30)、鈴木誠也外野手(29)を擁するカブスの来日が「内定」段階にあることも分かった。

ドジャース・大谷の凱旋(がいせん)は夢と消えることになりそうだ。来年のメジャー日本開幕戦について、日米球界関係者はこの日までに「ドジャースの来日は無理だと聞いている。2年連続で特定のチームが米国以外で開幕戦というのは難しかったようだ」と明かした。

昨年9月にプロ野球の榊原定征コミッショナー(81)が大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッドコミッショナー(65)と米国で会談。2025年の日本でのMLB開幕戦開催の強い要請を受けた。その後、今年3月に榊原コミッショナーが韓国で行われたドジャース-パドレスの開幕戦を視察した際の会談で日程面で正式合意。3月19、20日に東京ドーム開催、その前にエスコンフィールド北海道で2試合のオープン戦を実施することも確認されていた。

ただ、来日チームについて榊原コミッショナーは「全くの白紙。『日本のファンの期待は大変大きい。そういったものを踏まえて、チームを選んでいただきたい』とのお願いはした」と話していた。

【大谷翔平は2025年のMLB日本開幕戦で来日せず? ド軍が候補リストから外される方向】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/15(土) 20:09:35.31 ID:N9e5eCB79
6/15(土) 17:10配信

https://nishispo-static.nishinippon.co.jp/files/article/files/202406/14/other/otani2.jpg
西スポWEB OTTO!
ドジャースの大谷

 ドジャースの専属カメラマン、ジョン・スーフーさんが自身のインスタグラムを更新。ピッチングの練習をする大谷翔平の写真を公開した。

■ついに投球再開 久々に投球フォーム披露【写真複数】

 スーフーさんは「The SooHoo Scrapbook”6/13/24-LAD 1,TEX 3」と、練習風景や試合の様子をスライドショーで紹介。練習着姿の大谷が振りかぶって投球する様子や、かなり力を込めてピッチング練習を行っている様子を投稿した。

 大谷の投球練習に「この姿を待ってた。今季は投げられない分、HR爆発頼みます」「確実に投球できる元の状態に戻ってきてるの嬉しいな」「遠くてもわかる大谷くんの形(フォーム)」「やっぱりキャリア最後の時まで二刀流であれ」などの声が上がっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f76e85a3fb754f1ddec93481eff828715589cd89

【ドジャース・大谷翔平、二刀流復活へ!!ついに投球再開 久々の投球フォーム披露に大反響!!「この姿を待ってた」「元の状態に戻ってきてる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/16(日) 13:37:29.17 ID:g9LLIF1v9
6/16(日) 13:18配信
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240616-00431585-baseballk-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800
ベースボールキング
2回28球で降板した山本由伸

● ドジャース 2-7 ロイヤルズ ○
<現地時間6月15日 ドジャー・スタジアム>

 ロサンゼルス・ドジャースが逆転負け。先発した山本由伸投手(25)は2回28球で負傷降板。大谷翔平選手(29)は「2番・指名打者」でフル出場するも、ノーヒットに終わった。

 山本は初回、2回と走者を出しながら無失点に抑えるも、3回表から2番手マイケル・グローブに急遽交代。2イニング、打者8人に対し28球を投げて1安打、1四球、1奪三振、無失点という内容。『右上腕三頭筋の張り』により降板したことが球団から発表された。

 その後ドジャースは4回表に先制を許すも、4回裏にギャビン・ラックスの2点適時打ですぐさま逆転に成功。しかし6回表、4番手ブレーク・トライネンが3つの四球を与え二死満塁のピンチを招くと、7番メレンデスに12球粘られた末に8号グランドスラムを被弾。再びリードを許し、続く7回表にも2失点。リリーフ陣の失点が重なり、逆転負けを喫した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4f319908f492f49678e76f6b938648a0b8e26ca9

【ドジャース、痛恨の満塁被弾で逆転負け 山本由伸が右上腕の張りで緊急降板&大谷翔平はノーヒット】の続きを読む

このページのトップヘ