SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ドジャース

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/13(金) 13:31:06.92 ID:9iwEGchk9
1/13(金) 8:48配信 デイリースポーツ

 米大リーグ、ドジャースは12日(日本時間13日)、ドメスティックバイオレンス(DV)などの規定に違反し、194試合の出場停止処分を受けたトレバー・バウアー投手(31)を自由契約にしたと発表した。

 チームは6日に同投手をメジャー40人枠から外し、ウエーバー公示したが、他球団とのトレードは成立しなかった。MLBの処分により今季の年俸3200万ドル(約41億6000万円)から無給の対象となる50試合分の給料を差し引いた2250万ドル(約29億2000万円)はドジャースが負担。他球団はメジャー最低保証年俸の72万ドル(約9400万円)で同投手と契約を結ぶことができる。

 バウアーは11年ドラフト1巡目、全体3位でダイヤモンドバックス入りし、翌年6月にメジャーデビュー。13年から19年途中までガーディアンズに所属した。レッズ時代の20年にサイ・ヤング賞(最優秀投手)を受賞し、同年オフにドジャースと3年1億200万ドル(約132億6000万円)の契約で合意。しかし、契約1年目の21年シーズン開幕後に女性から性交渉の際に首を絞められるなどの暴力を受けたと訴えられ、MLBから休職勧告が出されて制限リスト入り。昨年4月にMLBから2シーズン分に相当する324試合の出場停止と処分期間中の無給を発表されたが、MLBと同選手会が選出した仲裁人が再調査した結果、出場停止試合数は194に軽減されたため、今季開幕から復帰することが可能となった。

 メジャー10年で83勝69敗、防御率3・79の実績を持つバウアー。20年オフにFAになった際には日本球団も移籍先の選択肢に挙げていた右腕の新天地に注目が集まる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/170e17fd41aa65ec95947645c90cc010069992ec

【ドジャース、性的暴行処分バウアーを自由契約 年俸29億円負担 3年前は日本球団も選択肢】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/08(日) 12:55:01.16 ID:eT8K8ldN9
ESPNが球団首脳や代理人にアンケート「誰も彼にはノータッチだろう」

ドジャースから事実上の戦力外「DFA」となったトレバー・バウアー投手は、再起へ茨の道を歩むことになりそうだ。

米スポーツ局「ESPN」では、今後の去就について展望。
アンケートをとったメジャー球団首脳や代理人からは厳しい声が多数を占めた。

バウアーはレッズ時代の2020年にサイ・ヤング賞を獲得。 翌年にドジャースに加入し「2021年夏の時点では、バウアーはキャリアの絶頂期を迎えていたかに思えた」とESPNは振り返る。
ただ、直後に暗転。
女性から性的暴行の被害を訴えられ、事件に発展。
2022年4月に324試合の出場停止処分を科された。同年12月には処分が194試合に軽減されたが、結局昨季は全休。
ドジャースからも放出されることになった。
ESPNのアンケートによると、ある球団GMは「誰も彼とは契約しないと思う」と断言。代理人のひとりも「誰も彼にはノータッチだろう」とみる。
「あのタイプのお荷物と契約する場合、更生したことを周囲に説得して回らなくてはいけないだろう。彼はそうするよう指導できるタイプではない」という声もあった。
その一方で「興味を持つチームはいくつかあると思う」と見据える代理人の存在も。
球団幹部のひとりは 「彼をピッチングだけで評価するチームはあるだろう。
周囲の批判には後で対処するとしてね」との希望的観測を述べたという。 ただ、いずれにしろメジャーでの選択肢が多くないのは事実。そんな中、ワシントン・ポスト紙は
「バウアーは海外で、例えば日本や韓国で契約を模索することもできる」と指摘。
メジャーで路頭に迷い、海を渡る決断をするのか。バウアーの去就に注目が集まっている。

1/8(日) 12:19配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/12b70104cb2db837edb58a2547461f839d7b6a73

https://nipponbaseball.web.fc2.com/personal/mpitcher/trevor_bauer.html
成績

【ドジャース“戦力外”バウアーは「日本で契約模索することも」 厳しい再起…メジャーで「お荷物」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/07(土) 17:32:40.28 ID:qSDf7hhM9
2023.01.07

昨年4月に性的暴行を理由に324試合の出場停止処分→その後194試合に軽減

 ドジャースは6日(日本時間7日)、ドメスティックバイオレンス(DV)の規定違反で出場停止処分を科されていたトレバー・バウアー投手に対し、事実上の戦力外となる「DFA」の措置をとったと発表した。

 米スポーツ局「ESPN」のジェフ・パッサン記者は「ドジャースは2250万ドル(約29億7200万円)を負担し、バウアーを希望するチームはMLB最低保障年俸の72万ドル(約9500万円)で獲得できる」と伝えた。

 ドジャースは公式ツイッターで発表した声明で「性的暴行やDV疑惑に対して徹底的に調査すべきだと信じている。初めの段階から、我々はMLBの調査に対して全面的に協力しており、MLBが定めるDV、性的暴行、幼児虐待の規約を遵守してきた」と経緯を説明。その上で「処分が決定し、慎重に考慮した結果、我々はバウアーを放出することを決定した」と理由を述べた。

 バウアーは2022年4月、女性に対する性的暴行を理由に324試合の出場停止処分を科された。その後、異議申し立ての調停をへて、メジャーリーグ機構(MLB)は同年12月に処分を194試合に軽減したと発表していた。2021年7月以降の制限リスト入り期間を含めると出場停止の試合数は満たしており、今季の開幕戦からプレーできる状況だったが、新天地を見つけることになった。(Full-Count編集部)

https://full-count.jp/2023/01/07/post1324976/

【性的暴行処分のバウアー、事実上の戦力外 ド軍「放出を決定」…格安での獲得可能に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/20(火) 07:32:11.77 ID:R6aEyCuk9
ドジャースのクレイトン・カーショー投手(34)が19日(日本時間20日)、
来年3月に行われる第5回WBCの米国代表に入ると、
WBC公式ツイッターなどで発表した。

カーショーは通算197勝を誇る現役NO1の呼び声高い左腕。
独特のフォームから繰り出される大きく曲がるカーブが最大の持ち味で、今季も12勝3敗、防御率2・28の成績を残すなど、34歳で迎えた今季も全く衰えた姿は見せなかった。
これまでサイ・ヤング賞3度、MVP1度、最多勝3度、最優秀防御率5度、最多奪三振3度、オールスター選出9度。
通算401登板で197勝87敗、防御率2・48と輝かしい成績を残している。

米国代表はすでに先発では通算195勝の41歳・ウェインライト(カージナルス)、18年最多勝で元巨人のマイコラス(カージナルス)、今季12勝の左腕コルテス(ヤンキース)、今季15勝のウェブ(ジャイアンツ)らが出場見込み。
大物投手がそろう中に、強力な左腕がまたしても加わることになった。

野手ではトラウト(エンゼルス)、ベッツ(ドジャース)、リアルミュート(フィリーズ)、ゴールドシュミット(カージナルス)、アレナド(カージナルス)らが出場予定。
出場の意思を示した選手は、すでに登録選手と見込まれる30人を超えた。
侍ジャパンは、準決勝以降で対戦の可能性があり、第3回大会以来3大会ぶりの頂点へ高い壁になりそうだ。

https://i.imgur.com/g1yTsIe.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e0975a3828212961a2a88dd61a1b74ff4620bab
12/20(火) 6:48

https://baseball.yahoo.co.jp/mlb/player/2100191/year
通算成績

【通算197勝でサイ・ヤング賞3度の左腕・カーショーがWBC米国代表入り 投打で最強軍団結成へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/19(月) 07:44:07.77 ID:XreNTmEh9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221218-01318590-fullcount-000-9-view.jpg
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

【MLB】ドジャース、来オフの大谷翔平獲りシフトか 10年700億円の準備、二刀流スポット用意
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221218-01318590-fullcount-base

豊富な資金力も今オフは無風…米記者断言「狙いにいく」

 ドジャースが来オフにFAを迎えるエンゼルス・大谷翔平投手の争奪戦に乗り出す準備を整えつつあるようだ。潤沢な資金力で例年ストーブリーグの主役となっていたが、ここまで“無風”。補強策でも大谷獲りを想定しているかのような動きを見せている。

 大谷翔平、ラフな姿で束の間のオフ満喫  この日、ドジャースが獲得を目指していると伝えられていたダンスビー・スワンソン内野手が、7年1億7700万ドル(約242億円)でカブスと合意。今オフの補強らしい補強といえば、クレイトン・カーショー投手との1年2000万ドル(約27億3500万円)での再契約とノア・シンダーガード投手との1年1300万ドル(約17億8000万円)のみだ。

 ドジャースは今季まで2年連続でぜいたく税の基準額を超えていた。1年でも基準額を下回ればリセットされるが、超過を続ければ徴収額が大きくなる。米メディアでは10年700億円級と莫大な資金を要する来オフの大谷獲りへ1度リセットさせたい狙いがあるとも指摘されている。

 また、レッドソックスからFAとなっていたJD・マルティネス外野手を獲得した。通算282本塁打を誇る強打の指名打者だが、年俸1000ドル(約13億7000万円)の1年契約だった。2024年はまたDHスポットを空けて待ってます――。こんなメッセージに見えないでもない。

 先発ローテーションでは1年契約のカーショー、シンダーガードだけでなく、フリオ・ウリアスが来オフにFAとなる。今年8月に右肘のトミー・ジョン手術を受けた剛腕ウォーカー・ビューラーは来季中の復帰が見込まれるが、それでも先発枠は空いている。

 ドジャースは今季10年連続ポストシーズン進出と毎年ワールドシリーズ制覇を狙える位置にいる。米ロサンゼルス・タイムズ紙のディラン・ヘルナンデス記者は「来年ドジャースは狙いにいくと思います」と語っていたが、二刀流・大谷の獲得へ動かないわけがなさそうだ。

小谷真弥 / Masaya Kotani

【ドジャース、来オフの大谷翔平獲りシフトか 10年700億円の準備、二刀流スポット用意】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/13(日) 07:58:52.60 ID:bZNjyjds9
2022年11月13日 02:30
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/11/13/kiji/20221112s00001007722000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/11/13/jpeg/20221112s00001007718000p_view.jpg

 ソフトバンクから海外FA権を行使して大リーグ移籍を目指す千賀滉大投手(29)の獲得に、ドジャースが動く見通しであることが11日(日本時間12日)、分かった。ド軍は3年ぶりのワールドシリーズ制覇に向け、さらなる先発投手陣の強化が不可欠。移籍情報サイトでは、契約額は総額100億円以上と予想されており、争奪戦は今後ヒートアップしそうだ。 

 まさに、千賀が望む「大都市の強豪球団」だ。大リーグ専門局「MLBネットワーク」のジョン・モロシ記者が、自身のツイッターで「ドジャースは、現在MLB球団との交渉が可能な千賀に興味を示している球団の一つ」と伝えた。

 前日に全球団との交渉が解禁となり、千賀は既に米国入り。ジョエル・ウルフ代理人は8日、移籍先について「大都市に行き、強いチームに行きたがっている」と代弁していた。全米第2の都市ロサンゼルスに本拠を置き、今季レギュラーシーズンで両リーグ最多の111勝を挙げたド軍は条件に合致する。

 ド軍は直近の10シーズンで9度のナ・リーグ西地区優勝と3度のリーグ優勝を遂げたものの、この間ワールドシリーズ制覇は20年の一度だけ。今季は地区シリーズでダルビッシュを擁する同地区のパドレスに1勝3敗で屈した。米球界関係者は、チームの課題について「ポストシーズンで相手のエースと投げ合って勝ち切ることができる、高いレベルの投手が必要」と指摘。最速164キロの直球と「お化けフォーク」を駆使して相手打線を圧倒する千賀は、ド軍にとっても喉から手が出るほど欲しい存在だ。

 米移籍情報サイト「トレード・ルーマーズ」は、今オフ移籍市場の大物選手の契約額を予想し、千賀は5年総額7500万ドル(約105億7500万円)と分析。投手では18、19年サイ・ヤング賞のデグロム(メッツからFA)、今季3度目のサイ・ヤング賞が有力視されるバーランダー(アストロズからFA)らに次ぐ4番目の大型契約と予想された。

 千賀は17年WBCの米国との準決勝で、大リーガー相手に2回を投げて5奪三振。1失点して敗戦投手になったものの、その名を米球界に知らしめた舞台が、ド軍の本拠ドジャースタジアムだった。17~20年にソフトバンクを4年連続日本一に導いた右腕が、ド軍の3年ぶり世界一の使者となるか。

 ≪ドジャースの今季投手陣 4投手2桁勝利もPSでは1勝のみ≫ドジャースは今季、17勝で勝ち頭の左腕ウリアスを筆頭に4人が2桁勝利をマーク。しかし、ポストシーズンで白星を挙げたのはウリアスのみで、それも5回3失点と苦しい内容だった。4人のうちFAとなったカーショー=写真(AP)=は年俸2000万ドル(約28億2000万円)の1年契約で再契約に合意間近と米メディアで伝えられており、アンダーソンも1年契約での残留が予想されている。

 ≪ジャイアンツなど複数球団興味示す≫千賀についてはドジャース以外にも多くの球団が興味を示している。ジャイアンツの地元紙サンフランシスコ・クロニクルは、ジ軍が自チームからFAとなった今季14勝の左腕ロドンの再契約を目指すとともに、千賀を獲得候補に挙げていると伝えた。他にもマリナーズ、ブルージェイズ、メッツ、パドレス、カブス、レンジャーズなどが争奪戦に参戦する見通しが報じられている。

【ドジャース ソフトバンク・千賀獲りへ!希望条件合致 5年総額106億円も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/15(土) 16:37:18.32 ID:CAP_USER9
2022年10月15日 14時55分

大リーグのプレーオフは、14日、地区シリーズの3試合が行われ、ダルビッシュ有投手が所属するパドレスは2対1でドジャースに連勝しリーグ優勝決定シリーズ進出まであと1勝としました。

地区シリーズは5試合制で3勝したチームがリーグ優勝決定シリーズに進みます。

ナショナルリーグのパドレスは12日の地区シリーズ第2戦でダルビッシュ投手が先発して粘りのピッチングで勝ち投手になり、ドジャースとの対戦成績を1勝1敗のタイにしました。

14日は本拠地のサンディエゴにドジャースを迎えて第3戦が行われました。

パドレスは1回、今シーズン16勝1敗のゴンソリン投手の立ち上がりをとらえて1点を先制し、4回にソロホームランで1点を加えて2対0とリードしました。

先発したスネル投手は6回途中まで1失点と好投し、その後も阪神から移籍したスアレス投手ら強力なリリーフ陣がドジャースの反撃を断ちました。

パドレスは2対1で連勝し対戦成績を2勝1敗としてリーグ優勝決定シリーズ進出に王手をかけました。

同じナショナルリーグのフィリーズ対ブレーブスの第3戦はフィリーズが9対1で勝ちました。

フィリーズは3回にスリーランとツーランの2本のホームランなどで6点を奪い、7回にも3点を加えて快勝しました。

フィリーズは2勝1敗として、リーグ優勝決定シリーズ進出まであと1勝としました。

アメリカンリーグは雨のため順延されたヤンキース対ガーディアンズの地区シリーズ第2戦が行われ、ガーディアンズが延長10回、4対2で勝ち1勝1敗としました。

ガーディアンズは2対2の延長10回に2本のタイムリーヒットで2点を勝ち越しました。

ヤンキースは1回にスタントン選手のツーランで先制しましたが、今シーズン、アリーグ新記録の62本のホームランを打ったジャッジ選手が5打数ノーヒット4三振とブレーキになり、2回以降得点できませんでした。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221015/k10013859791000.html

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221015/K10013859791_2210151453_1015145504_01_02.jpg

【大リーグ プレーオフ地区シリーズ ダルビッシュ所属のパドレス連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/13(木) 13:17:53.26 ID:CAP_USER9
<ドジャース3-5パドレス>◇12日(日本時間13日)◇ナ・リーグ地区シリーズ第2戦(5試合制)◇ドジャースタジアム

 パドレスのダルビッシュ有投手(36)が、5回0/3、7安打3失点で勝利した。7回1失点で通算201勝のシャーザーに投げ勝った7日(日本時間8日)、ワイルドカードシリーズ・メッツ戦に続き、このプレーオフ2連勝。

 この日は1回にフリーマン、2回はマンシー、3回にT・ターナーに本塁打を浴び、3イニング連続で被弾したが、粘りの投球を見せた。5回にはバッテリーを組むノラの盗塁刺にも助けられた。

 1点リードの6回、スミス、マンシーに連打を浴びて無死一、三塁としたところで降板。2番手の元阪神スアレスが、ターナーを空振り三振、続くラックスを二ゴロ併殺の“神救援”で切り抜けた。

 相手のサイ・ヤング賞投手、ドジャースのカーショーは5回6安打3失点で降板し、勝敗はつかなかった。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/d582b9548da0a307810c428b64ec4503aa9e7f39

【パドレス・ダルビッシュ 6回途中3失点粘投でドジャース・カーショーに投げ勝つ 元阪神スアレス“神救援”】の続きを読む

このページのトップヘ