SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ドジャース

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/17(日) 14:28:39.68 ID:CAP_USER9
7/17(日) 14:17配信 MLB.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/025daddc7d9602dfc2e5b69c826c1efa23df149c

【ドジャース7-1エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

 ドジャースは初回からトレイ・ターナーの13号ソロで先制すると、5回までに計4本のホームラン攻勢で7得点。援護をもらった先発のフリオ・ウリアスも7回被安打5、与四球0、奪三振8、失点1の好投でエンゼルス打線を寄せ付けず、7対1でドジャースが快勝し、4連勝で今季成績を60勝30敗、貯金30として前半戦を終えた。ウリアスは8勝目(6敗)をマークし、エンゼルス先発のホセ・スアレスに4敗目(1勝)が記録されている。

 初回に1点を先制したドジャースは3回に猛攻を見せる。先頭のギャビン・ラックスが四球で出塁すると、一死後にトレイ・ターナーが2打席連発となる14号2ラン。さらに二死1・2塁とすると、マックス・マンシーの9号3ランでこの回5得点。5回表には先頭のフレディ・フリーマンが13号ソロを放ち、7対0とエンゼルスを大きく突き放した。エンゼルスの反撃はブランドン・マーシュの2試合連続となる8号ソロのみ。ドジャース相手に2試合連続での力負けとなり、39勝53敗の成績でオールスター休みに入る。

 エンゼルスの大谷翔平は「2番・DH」でスタメン出場し、ショートフライ、ファーストフライ失策、ライト前ヒット、ライト前ヒットで4打数2安打。打率.258、19本塁打、56打点、OPS.834の打撃成績で前半戦を終えている。

【エンゼルス・大谷翔平、4打数2安打 ドジャースに連敗で前半戦終了】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/16(土) 14:55:15.46 ID:CAP_USER9
7/16(土) 14:00配信 MLB.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/cd18430b931882f033bb41a04c155a599806b158

【ドジャース9-1エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

 ドジャースは初回から2点を先制すると、中盤にも追加点を挙げリードを広げる。ドジャース先発のクレイトン・カーショウは立ち上がりから安定した投球を見せると、7回まで一人のランナーも許さない好投。完全試合は逃したものの8回無失点とエンゼルス打線を封じ、投打が噛み合ったドジャースが9対1で勝利した。カーショウは7勝目(2敗)をマークし、エンゼルス先発のパトリック・サンドバルに5敗目(3勝)が記録されている。

 ドジャースは1回表にフレディ・フリーマンのタイムリーと内野ゴロ間の得点で2点を先制すると、5回表にはハンサー・アルベルトの2点タイムリー三塁打、6回表には無死満塁から犠牲フライと連続タイムリーで8対0とリードを広げた。援護をもらったカーショウは快調にアウトを積み重ね、味方の好守もあり7回をわずか71球で終える省エネ投球。8回裏先頭のルイス・レンヒーフォに二塁打を浴び完全試合こそ逃したが、後続を断ち8回89球、被安打1、与四球0、奪三振6、無失点の好投でマウンドを降りる。エンゼルスも9回裏にブランドン・マーシュの7号ソロで意地を見せたが、ナショナル・リーグ勝率1位のドジャースの前に力負けとなった。

 エンゼルスの大谷翔平は「2番・DH」でスタメン出場し、見逃し三振、ファーストゴロ、空振り三振、サードゴロで4打数ノーヒット。難敵カーショウ攻略とはならず、今季の成績を打率.255、OPS.833としている。

【エンゼルス・大谷翔平は4打数ノーヒット カーショウが7回まで完全投球でドジャース3連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/10(日) 14:40:32.45 ID:CAP_USER9
7/10(日) 14:11配信 ベースボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/dea84d2a91e8cc7b3a94b8e1727bc762c72e5ff0

○ ドジャース 4 - 2 カブス ●
<現地時間7月9日 ドジャー・スタジアム>

 カブスの鈴木誠也外野手(27)が9日(日本時間10日)、敵地でのドジャース戦に「4番・右翼」で先発出場。4打数2安打でチーム唯一の複数安打を記録したが、チームは2戦連続の逆転負けでドジャースに3連敗を喫した。

 相手先発はサイ・ヤング賞3回のカーショー。鈴木は2回の第1打席、イニング先頭で左腕の初球91マイル(約147キロ)の直球を弾き返すと、打球は守備シフトの逆を突く中前打となった。

 0-0で迎えた5回の第2打席は、再びイニング先頭でカウント1-1後の内角直球をスイング。詰まったハーフライナーはシフトの真ん中へ飛んだが、これを遊撃のT.ターナーが後逸し記録は内野安打となった。続くホーナーの右越えエンタイトル二塁打で三塁へ進塁。一死後、7番・ゴームズの中犠飛で先制のホームを踏んだ。

 7回の第3打席は二死二塁の好機だったが、今度はT.ターナーの好守に阻まれ遊ゴロ。2点を追う9回は無死一塁で抑え右腕のキンブレルと対戦したが、ナックルカーブにタイミングが合わず空振り三振に倒れた。この日は4打数2安打、1得点1三振の結果。複数安打は今季8度目となり、打率は.256にアップした。

【カブス・鈴木誠也、カーショーからマルチ安打 チームは2戦連続の逆転負けで3連敗】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/03(日) 13:05:11.19 ID:CAP_USER9
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202207030000120.html

<ドジャース-パドレス>◇2日(日本時間3日)◇ドジャースタジアム

パドレスのダルビッシュ有投手(35)が、6回8安打5失点で今季4敗目を喫した。防御率は3・53となった。

レギュラーシーズンでは初の1イニング3被弾を食らうなど、序盤でナ・リーグ西地区の首位を争うドジャース打線につかまった。1回1死走者なしからフリーマンに右翼席に先制ソロを献上。続く3番スミスにも右翼席に運ばれた。4番マンシーは中飛に打ち取ったが、5番ターナーに内角高め直球を左翼席にたたき込まれ、この回3発で3点を失った。

2回には2死から9番ラックスに右越え二塁打を浴び、1番ターナーに左前適時打を許して、リードを4点に広げられた。

3回は2死二塁から7番ラムに適時二塁打を浴びて5失点目。3回まで毎回長打を許す苦しい投球で、64球を要した。

それでも、4回以降はリズムを取り戻した。左打者の内角ボールゾーンからストライクゾーンに入ってくるツーシーム(フロントドア)や低めの変化球を有効に使い、6回までの3イニングを無安打無失点。6回で101球を投げ、今季最多、毎回の10奪三振をマークした。

4月23日のド軍戦は6回を1安打無失点に抑えたが、この日は序盤の5失点が響いて4敗目。チームはドジャースとの4連戦で3連敗を喫した。

【パドレス・ダルビッシュ有、初回3被弾など6回8安打5失点で4敗目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/16(木) 14:43:09.30 ID:CAP_USER9
■ドジャース 4ー1 エンゼルス(日本時間16日・ロサンゼルス)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地でのドジャース戦に「3番・DH」で先発出場。3打席無安打で迎えた9回の第4打席で三塁打を放ち、無安打無得点まであと2死と迫っていたドジャースの先発左腕タイラー・アンダーソンの快挙を止めた。今季自己最長を更新する10試合連続安打も記録。ただ、チームは1-4で敗れ、3連敗を喫した。

【実際の映像】大谷翔平、あと2死からノーノー阻止の三塁打! 土壇場での一打に敵地大騒然

 過去の対戦で3打数3安打1本塁打3打点と打ちまくっていたアンダーソンに対し、初回1死一塁の第1打席は見逃し三振。手が出ず天を仰いだ。4回先頭の第2打席は、チェンジアップに空振り三振に倒れ、7回先頭の第3打席も力ない遊ゴロに倒れていた。しかし土壇場9回1死で右翼線へ鋭い一打。快足を飛ばして三塁に達し、その後、1点を返すホームを踏んだ。

 2日間リフレッシュして迎えた前日14日(同15日)のドジャース戦では2試合ぶりにスタメン復帰し、2試合連続のマルチ安打。ただ、チームはゼロ封負けを喫し、2連敗で借金5まで膨らんでいた。前日に負傷交代したレンドンが欠場する中、チームは3連敗で借金6。二刀流の奮起が欠かせない。
Full-Count編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba5f852821d2ace769c3b60773a9d2eb5614ba50

【エンゼルス・大谷翔平、“ノーノー阻止”で今季最長10戦連続安打 土壇場で意地もエ軍3連敗で借金6】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/15(水) 14:55:02.55 ID:CAP_USER9
○ ドジャース 2 - 0 エンゼルス ●
<現地6月14日 ドジャー・スタジアム>

 ロサンゼルスの名を冠する両チームによる「フリーウェイシリーズ」初戦は、エンゼルスが3安打完封負け。大谷翔平は「3番・指名打者」で先発出場し4打数2安打だった。

 エンゼルスは先発のシンダーガードが4回に制球を乱し、押し出し四球で先制点を献上。なかなか打線が援護できないなか、8回には3番手・ワンツがベッツに17号ソロを浴びて突き放された。

 打線は4回に大谷がチーム初安打となる右安打を放つも、直後に今季メジャー最多5度目の盗塁失敗で憤死。ドジャース投手陣に8回まで1安打と抑え込まれた。

 それでも9回に上位打線が奮起した。一死から2番・トラウトがバットを折られながらも二塁手の頭上を超える安打を放つと、このときに折れたバットが球審の顔面に直撃するアクシデント。審判の治療と交代による数分の中断明けで打席に入った大谷も右中間への二塁打を放ち、抑え投手・キンブレルの前に一打同点のチャンスを作った。しかし、最後はウォルシュとスタッシが連続三振に打ち取られ完封負け。最後までホームが遠かった。

 大谷は先発右腕のゴンソリンと3度対戦し、左飛、右安打、三ゴロで9試合連続安打。9回の第4打席はキンブレルが投じた初球のカーブをとらえ、3安打を放った12日のメッツ戦に続く2試合連続のマルチ安打とした。
BASEBALL KING

https://news.yahoo.co.jp/articles/f7a8de6aa259bffab2b52d18548163c99ddeae32

【エンゼルス・大谷翔平が2戦連続マルチで打率.260 9回に好機演出もドジャースに完封負け】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 10:40:23.12 ID:CAP_USER9
【MLB】ドジャース・カーショウが仙腸関節の炎症で故障者リスト入り 今季は開幕4連勝の好スタート

 日本時間5月14日、ドジャースは先発左腕クレイトン・カーショウを仙腸関節の炎症で15日間の故障者リストに登録したことを発表した。サイ・ヤング賞3度の実績を誇るカーショウは、今季ここまで4勝0敗、防御率1.80の好スタートを切っていたが、過去6シーズンに続いて今季も故障で戦列を離れることに。カーショウが先発予定だった日本時間5月14日のフィリーズ戦は、翌日先発予定だったウォーカー・ビューラーがスライドし、中4日で先発する。

 現在34歳のカーショウは、開幕投手の座こそビューラーに譲ったものの、今季ここまで5試合に先発して30イニングを投げ、4勝0敗、防御率1.80、32奪三振の好成績をマーク。四球はわずか3つしか与えていない。今季初登板のツインズ戦では7イニングをパーフェクトに抑えながらも降板するなど、健康管理を最優先に考えてプレーしていたが、それでも故障を避けることはできなかった。カーショウは2016年から毎年故障離脱しており、故障者リスト入りするのはこれで7年連続となる。

 カーショウがMRI検査を受けた結果、特に異常は見つからず、構造的なダメージはなかった。いつ頃から仙腸関節の異変を感じていたかについて、カーショウ自身は言及を避けたものの、現時点での状態はあまりよくないという。ただし、最短の離脱期間(要するに15日間)で復帰できることを望んでいるようだ。

 開幕30試合で20勝10敗という好スタートを切ったドジャースは、安定感抜群の先発投手陣が快進撃の原動力となっており、4勝7敗、防御率3.03の救援陣に対して先発陣は16勝3敗、防御率2.11を記録。この先発防御率はもちろんメジャートップの数字である。カーショウの離脱が痛手であることは間違いないが、ドジャースはマイナーも含めて球界屈指の選手層を誇っており、マイナーに控える有望株たちを活用しながらカーショウの穴を埋めていくことになりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e25071306884022d2016fbcae787af27702a13b

【ドジャース・カーショウが仙腸関節の炎症で故障者リスト入り 今季は開幕4連勝の好スタート】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 13:20:44.90 ID:CAP_USER9
5/8(日) 12:00配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/5af9097c9f04bcaaa1663e596da55469fb341bff

<カブス2-6ドジャース>◇第2試合◇7日(日本時間8日)◇リグリーフィールド

カブス鈴木誠也外野手(27)がドジャースとのダブルヘッダー第2試合に「2番右翼」で出場し、3回の第2打席でメジャー初の三塁打を放った。

3点ビハインドの3回1死走者なし。先発左腕アンダーソンと対戦し、2ストライクから甘めに入ったカットボールを捉え、逆方向の右翼線に転がした。右翼手ベッツが打球判断を誤ったのを見た鈴木は快足を飛ばし、悠々と三塁に到達した。第1、3打席は空振り三振、第4打席は内野ゴロに倒れ4打数1安打だった。

第1試合は同じく「2番右翼」で出場し、ドジャースの左腕カーショーと初対戦。第1打席はフルカウントから四球、第2打席はカウント0-2から高めのスライダーを左前打とし3打数1安打1四球だった。2試合連続安打は4月22~24日のパイレーツ戦以来。

ダブルヘッダー2試合で計7打数2安打1四球で、今季打率.253、4本塁打、15打点とした。

チームは第1試合を0-7、第2試合を2-6で落とし4連敗。首位ブルワーズとは9ゲーム差となった。鈴木は「長いシーズンを見ればこういう時期もあると思う。辛抱して頑張るしかない」と話した。

【カブス・鈴木誠也メジャー初三塁打、4打数1安打 ダブルヘッダー2連敗で首位と9差「辛抱して頑張るしかない」】の続きを読む

このページのトップヘ