SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ドルトムント

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/19(金) 14:02:17.88 ID:CAP_USER9
8/19(金) 12:22
日刊スポーツ

欧州CL出場クラブへの移籍求めるC・ロナウド、ドルトムントに売り込みと独メディア報道

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)に出場するクラブへの移籍を求めているとされているポルトガル代表FWクリスティアノ・ロナウド(37)が、今度はブンデスリーガのドルトムントに売り込みをかけた。独ビルト紙など複数の海外メディアが報じた。

 ロナウドについてはすでにバイエルン・ミュンヘン、アトレチコ・マドリードなど複数の強豪が獲得を否定している。ビルト紙によると、ドルトムントもロナウド獲得には興味を示していないという。

 古巣スポルティングに戻る可能性を指摘する報道もあるが、現時点でロナウドは同クラブへ戻るつもりはないもよう。いよいよ行き先がなくなりつつある。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220819-38190304-nksports-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d43b75d4a09fa1a2c55d59fdc7835ac864682c21

【欧州CL出場クラブへの移籍求めるC・ロナウド、ドルトムントに売り込みと独メディア報道】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/18(金) 10:24:31.91 ID:CAP_USER9
3/18(金) 10:17配信
東スポWeb

南野のドルトムント移籍はあるか(ロイター)

 ドイツ1部ドルトムントが来季に向けてイングランド・プレミアリーグのリバプールに所属する日本代表MF南野拓実(27)の獲得に動く可能性が出てきた。

【写真】人種差別騒動に巻き込まれた南野

 ドルトムントでスポーツディレクターを務めるセバスチャン・ケール氏は、今夏に向けてエースのノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(21)の退団が確実視されていることから、新シーズンに向けて攻撃陣の補強に取り組む方針を語っている。

 地元メディア「DER WESTEN」によると、ケール氏は元指揮官でリバプールのユルゲン・クロップ監督の発言に注目。英「スカイスポーツ」のインタビューでクロップ監督が、オランダ代表FWディボック・オリジ(26)と南野について「この夏に、これらのプレーヤーにとって間違いなく良い解決策が見つかるでしょう」と今夏に退団する方針を語ったからだという。

 特に南野については移籍金850万ユーロ(約11億1000万円)が必要になることが、同メディアは「ドルトムントはこの金額を支払うことをいとわない」と報道。その上でかつて所属したMF香川真司がドルトムントで2度のリーグ制覇に貢献したことを付記しており、スターの再来との期待もあるようだ。

 南野をめぐっては冬の移籍市場でもオファーを出したイングランド・プレミアリーグのリーズが再び獲得に乗り出す方針で、イタリア1部ユベントスも負傷したイタリア代表MFフェデリコ・キエーザの代役として獲得に興味を示している中、ドルトムントの参戦で今夏の争奪戦は激しくなりそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220318-04069634-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/7707c5161c940b8b59eaffa5965afd894f625021

【ドルトムントがリバプール・南野拓実の獲得に興味! ハーランド移籍確実で戦力ダウンの攻撃陣を強化へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/17(木) 05:48:16.18 ID:CAP_USER9
レアル・マドリードが、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)獲得に向けて本格的に動きだすと、スペイン紙マルカが16日に報じた。

もともとRマドリードはハーランドに対する興味を示していた。その上でクラブ首脳陣が現在の経済状況やチーム状況、今後10年間で欧州サッカー界に与える影響力を分析した結果、今夏の獲得に踏み切る決断をしたという。

契約にかかる約1億3000万ユーロ(約169億円)と、6年分の年俸を加えると総額で3億5000万ユーロ(約455億円)に達する可能性もある。

Rマドリードは費用を捻出するため、重要な戦力とはみられていないアザール、セバージョス、ヨビッチらの売却を検討中。加えてベール、マルセロ、イスコの契約も今年6月30日で満了する。

加入濃厚とみられているパリ・サンジェルマンFWエムバペにかかる費用を差し引いても、財政面に余裕をもたらせることができるもようだ。

現在、ハーランド獲得のライバルとしてマンチェスター・シティーとバルセロナが挙がっている。最終的にはハーランドの父親がかつて所属していたマンチェスターCとの一騎打ちになると見られており、今後3~4週間のうちに全てが決まる可能性があるという。(高橋智行通信員)

日刊スポーツ 3/17(木) 0:27
https://news.yahoo.co.jp/articles/03b539e48bb46e4ec235613e0143d44d2338697a

【<レアル・マドリード>ノルウェー代表FWハーランド獲得へ本腰!「総額455億円の可能性」スペイン紙報じる】の続きを読む

このページのトップヘ