SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ナダル

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 23:11:34.40 ID:CAP_USER9

【第110回全豪オープンテニス・男子シングルス決勝 ラファエル・ナダルが優勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/15(土) 13:32:14.89 ID:CAP_USER9
1/15(土) 13:17
日刊スポーツ

ナダル「歴史上、大会より大事な選手などいない」ジョコビッチ問題に苦言

17日に開幕するテニスの4大大会今季開幕戦の全豪オープン(メルボルン)で、男子シングルス4大大会単独最多21度目の優勝に挑む世界6位のラファエル・ナダル(スペイン)は15日、ジョコビッチ査証取り消し問題について「歴史上、大会より大事な選手などいない」と言い切った。

まず「ジョコビッチは、歴史上最高の選手の1人であるのは疑いがない」とした上で、「ロジャー(フェデラー)も、ノバク(ジョコビッチ)、私自身、ビヨン・ボルグも、その時、その時には素晴らしかった」と、自分を含む選手が歩んできた歴史の偉大さに敬意を払った。

しかし「選手は、その場で戦い、(時代から)去り、(新しい)他の選手が登場するもの」と、選手は永遠ではないことを強調。対して「全豪オープン(という大会)は、どんな選手よりも重要で大切」と、世界の大舞台の重要性を説いた。

ジョコビッチの出場には「彼がプレーするなら、するでいい。もし彼が出場しなくても、素晴らしい全豪オープンになる」と前を向いた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220115-31150340-nksports-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/2efe149feab9599cf3cdee557e85114e97cf8a8c

【「歴史上、大会より大事な選手などいない」男子テニス世界6位・ナダル、ジョコビッチ問題に苦言】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/11(火) 11:48:17.81 ID:CAP_USER9
ワクチン接種免除の書類不備を理由に豪州への入国ビザを取り取され、異議を申し立てていたテニスの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ(34、セルビア)の入国を認める判断を10日、豪州連邦裁判所が下した。ジョコビッチはツイッターで「全豪オープンに集中する」と表明。海外メディアやテニス界、そして家族などの反応は様々だが、豪州移民大臣には再び入国ビザを取り消す権限があり、17日から始まる4連覇がかかった全豪オープンに出場できるかどうかはまだ最終決定していない。

豪州移民大臣が2度目の入国拒否を命じる可能性も

 ジョコビッチの異議申し立てが認められた。全豪オープン出場のために大会主催者から特別にワクチン接種免除の許可を得てメルボルンに降り立ったジョコビッチが、国境警備隊に、その書類不備を理由に入国ビザを取り消され、国外退去を命じられたのが6日。ジョコビッチは、ただちに連邦裁判所に異議を申し立て、メルボルンの施設に留まったまま最終審理を待っていた。裁判所は、この日、その訴えを認めて一転入国が許可された。

 当初、ジョコビッチはオンライン会見を行う予定だったが、コメント発表に変わりツイッターにて「このような出来事があっても(ここに)留まって全豪オープンで戦いたい。そのことに集中する。私は素晴らしいファンがいる最も重要な大会でプレーするためにここにやってきた」との声明を発表した。

 ジョコビッチはただちに隔離ホテルを出てトレーニングを再開。ロッド・レーバー・アリーナのコート上で、コーチのゴラン・イバニセビッチ氏を含めたチームで撮影した写真も掲載した。

 だが、今日11日にも豪州の移民大臣が2度目の入国ビザの取り消しを命じる可能性が残っており、英BBCなど海外メディアは「まだ世界1位(のジョコビッチ)はリラックスできない」と全豪オープン出場が最終決定したわけではない厳しい現状を伝えた。

 さらに昨年12月に新型コロナの陽性反応が判明した翌日に、ベオグラード市内で行われたテニスのイベントに出席していた問題に関して「表彰式で子供たちとの写真になぜ入ったのかを弁明する必要があるだろう」と問題視した

THE PAGES 1/11(火) 5:53
https://news.yahoo.co.jp/articles/705cb6f73cfb254a091e0f9b984eb53ab2d2776c

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220111-00010000-wordleafs-000-2-view.jpg?pri=l&w=475&h=640&exp=10800

【テニス世界ランク1位・ジョコビッチ、急転全豪OP出場可能もナダル、ナブラチロワらは批判「出場しない方がよかった」「ワクチン接種を願う」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/06(木) 17:54:37.93 ID:CAP_USER9
1月6日、世界ランク6位のラファエル・ナダル(スペイン)は、オーストラリアに入国できないジョコビッチについて、「ワクチン接種すればプレーできるということは明確」と自身の考えを述べた。

今シーズン開幕戦のひとつである「メルボルン・サマー・セット」(オーストラリア・メルボルン/ATP250)に出場中のナダル。6日に行われた試合後の会見で、オーストラリアに入国に際して必要な書類を提示できず、入国ビザを取り消されたジョコビッチについての質問を受けた。

詳細がわからないため明確な意見を述べることができないとしながらも、多くの人々がこの2年間で大変な思いをしてきたとし、「オーストラリアの人々がこのことに不満を持つのは当然のこと」と回答。

続けて「僕の立場から言えるのは、医学に詳しい人たちの言うことを信じることだけだ。僕はコロナ陽性になったし、2度のワクチン接種も受けた。そうすれば、ここでプレーするのに何の問題もない。これが唯一明確なことだ。それ以外のことは、何も情報がないのに意見は言えない」と自身の考えを示した。

だが、ワクチン接種を勧めているというわけではなく、「ルールがあるからワクチンを受けたくない場合は、いくつかの問題が発生することになるだけ」だとコメント。ジョコビッチが置かれている状況に同情しつつも、「彼は何ヵ月も前からこの状況になることをわかっていて、自分で決断した」とした。
Tennis Classic 編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/28556516b35cc87ec2bab60146074ae30148fd1f

【男子テニス世界ランク6位・ナダル、ジョコビッチの入国問題に意見「唯一明確なことはワクチン接種すればプレーできる」】の続きを読む

このページのトップヘ