SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ニュージーランド

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/06(土) 15:24:13.16 ID:zFtxfrUy9
https://basketballking.jp/news/japan/wnational/20240706/495520.html
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2024/07/0706_wn_00-768x576.jpg

 7月6日に有明アリーナで「三井不動産カップ2024(東京大会)」が行われ、女子日本代表(FIBAランキング9位)がニュージーランド代表(同26位)との第2戦に臨んだ。

 4日に行われた第1戦で25本の3ポイントシュートを決めるなどして125-57と快勝した日本は、宮崎早織(ENEOSサンフラワーズ)、山本麻衣(トヨタ自動車 アンテロープス)、林咲希(富士通レッドウェーブ)、馬瓜ステファニー(カサデモント サラゴサ/スペイン)、髙田真希が先発に名を連ねた。

 宮崎が連続してドライブを決めてスタートした日本だが、初戦よりも意識を高めたニュージーランドのディフェンスに手を焼く展開に。それでも残り4分2秒に宮澤夕貴(富士通)がこの試合で初の3ポイントを決めると、本橋菜子(東京羽田ヴィッキーズ)が2本、東藤なな子(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)と続きリードを広げ、24-13とリードを奪った。

 第2クォーターはニュージーランドのエース、ローレン・ウィッティカーの内外の得点でなどで0-10のランを許すと、恩塚亨ヘッドコーチがタイムアウトを請求して立て直しを図る。すると、馬瓜エブリン(デンソー)が決めるなどして7-0のランで対抗。終盤は高田の3ポイント、バスカンで得点を重ねて47-29で折り返した。

 前半で21本のターンオーバーを誘発させたディフェンスは後半に入っても継続、イージーシュートを許さない。攻防のペースを上げた日本は山本のフローター、馬瓜エブリンのレイアップ、林の3ポイントなどで58-36と20点ものリードを奪った。相手の得点を9に抑えた70-38で最後の10分間へ。

 第4クォーターは高田の3本目の3ポイントでスタートしたすると、先発、ベンチスタートに関わらず、自身の持ち味を発揮していく。最後までディフェンスの強度を緩めなかった日本が92-50で勝利。ヨーロッパへ出発する前、日本で最後の試合を勝利で締めくくった女子日本代表が、パリの本番に向けて順調な仕上がりをファンの前で披露したと言えるだろう。

◾「三井不動産カップ2024(東京大会)」第2戦 試合結果
日本 92-50 ニュージーランド
JPN|24|23|23|22|=92
NZL|13|16|9|12|=50

【バスケ女子日本代表がパリ五輪前、国内最終戦を勝利で飾る 高田23得点、宮澤16得点、エブリン13得点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/04(木) 21:33:28.98 ID:PWSOJxjS9
https://basketballking.jp/news/japan/wnational/20240704/495292.html
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2024/07/0A2A5797-768x576.jpg

 7月4日に有明アリーナで「三井不動産カップ2024(東京大会)」が行われ、女子日本代表(FIBAランキング9位)がニュージーランド代表(同26位)との初戦に臨んだ。

 日本は宮崎早織(ENEOSサンフラワーズ)、山本麻衣(トヨタ自動車 アンテロープス)、林咲希(富士通レッドウェーブ)、馬瓜ステファニー(カサデモント サラゴサ/スペイン)、髙田真希が先発に名を連ねた。

 同点で迎えた第1クォーター開始55秒から山本、林が連続で3ポイントシュートを沈めると、宮崎と山本の激しいプレッシャーで相手のターンオーバーを誘発。ディフェンスも機能すると、馬瓜ステファニー、山本、髙田の得点で第1クォーター残り4分58秒に19-6と13点のリードを奪った。ベンチから出場した町田瑠唯(富士通)が赤穂ひまわり(デンソー)と山本の3ポイントをお膳立てすれば、東藤なな子(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)のスティールから馬瓜エブリン(デンソーアイリス)が速攻で加点。メンバー入りした12名全員が第1クォーターからコートに立ち、8本の3ポイントなどで39得点を奪った。

 第2クォーター序盤は静かな展開になったが、開始4分16秒から山本、町田、馬瓜エブリンの得点で8-0のラン。宮澤夕貴(富士通)、東藤も長距離砲を沈め、67-34とリードを33点に広げた。前半を終えて、山本と東藤がともに4本の3ポイントを成功。赤穂が2本、林、馬瓜エブリン、宮澤がいずれも1本を射抜いた。

 馬瓜ステファニーの得点で始まった第3クォーターは、開始4分36秒から山本、髙田の連続3ポイントで80-38。積極的にメンバーを入れ替えながら試合を進めると、残り2分21秒から本橋菜子(東京羽田ヴィッキーズ)、東藤、馬瓜エブリンの得点もあり、92-49とさらにリードを広げた。

 第4クォーターは序盤から林1人で8-0のランを作り、開始1分35秒の時点で100-49。宮崎、町田にも3ポイントが生まれ、的を絞らせない多彩なオフェンスを披露した。攻守ともに最後まで手を緩めず、最終スコア125-57で圧勝。山本の6本を筆頭に、チーム全体で25本の3ポイントを沈めた。

 なお、日本は6日13時30分からニュージーランドと再戦。国内最後の強化試合を終えると、ヨーロッパ遠征で19日にフランス代表(同7位)、21日にベルギー代表(同6位)と対戦し、金メダル獲得を目標に掲げる「第33回オリンピック競技大会(2024/パリ)」に挑む。

◾「三井不動産カップ2024(東京大会)」第1戦 試合結果
日本 125-57 ニュージーランド
JPN|39|28|25|33|=125
NZL|15|19|15|8|=57

【バスケ女子日本代表が125得点を奪ってニュージーランドに圧勝…チーム全体で25本の3Pを成功】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/01(土) 01:12:03.82 ID:WKrMIiwZ9
 なでしこジャパン(日本女子代表)は31日、国際親善試合でニュージーランド女子代表と対戦した。

 2大会連続6度目のオリンピックを目前に控えるなでしこジャパン。今回のスペイン遠征ではメンバー発表前最後の強化試合が行われ、同じくパリオリンピック2024に出場するニュージーランド女子代表との2連戦が予定されている。本大会に向けた重要な試金石となる初戦に、南萌華(ローマ)や宮澤ひなた(マンチェスター・ユナイテッド)、Wリーグ得点王の清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)などが先発に名を連ねた。

 試合は、「3-4-3」のシステムを採用したなでしこジャパンが、序盤から幅を生かしたポゼッションでゲームを支配する。20分には、ハーフラインで縦パスを受けた田中美南がターンから左サイドに展開。フリーとなった北川ひかるが早いタイミングでクロスを送ると、ボックス内に駆け上がってきた清家がマーカーを引き連れながらシュートに持ち込むが、惜しくも枠の右に外れてしまった。

 以降は、徐々になでしこジャパンのミスが目立ち始め、ニュージーランド女子代表のゴールに迫れない時間が続いたが、前半アディショナルタイムにスコアが動く。林穂之香の大きな展開から右サイドの守屋都弥にボールが渡り、ボランチの長野風花がポケットに向けてスプリント。ワンタッチでマイナスの折り返しを送ると、ニアサイドで待ち受けていた清家が田中に繋ぎ、左足でネットを揺らして先制に成功した。

 迎えた後半開始直後にも、なでしこジャパンがゴールを奪う。右サイドでコーナーキックを獲得し、キッカーを務めた北川が左足でストレート系のボールを供給。大外でフリーとなっていた古賀塔子が倒れ込みながら頭で合わせ、なでしこジャパンがリードを2点に広げた。なお、古賀にとっては嬉しいA代表初ゴールとなっている。

 84分には左サイドの浅い位置でフリーキックを得ると、素早いリスタートから北川が林にスルーパス。左足でゴール前に送ったボールが枠に向かったものの、GKに弾かれてクロスバーに直撃した。結局、そのまま試合は2-0で終了してなでしこジャパンが勝利。ニュージーランド女子代表との2試合目は、6月3日(月)に行われる。

【スコア】
なでしこジャパン 2-0 ニュージーランド女子代表

【得点者】
1-0 45+2分 田中美南(なでしこジャパン)
2-0 47分 古賀塔子(なでしこジャパン)

【スターティングメンバー】
なでしこジャパン(3-4-3)
GK:平尾知佳(HT 大場朱羽)
DF:石川璃音、南萌華(61分 高橋はな)、古賀塔子
MF:守屋都弥(HT 浜野まいか)、林穂之香、長野風花(73分 長谷川唯)、北川ひかる
FW:清家貴子、田中美南(78分 千葉玲海菜)、宮澤ひなた(61分 植木理子)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c69c62821eaa0f4e351f32bb9145e4c591cd48d3

【なでしこ、ニュージーランドとの2連戦は白星スタート! 田中美南&古賀塔子の得点で2-0勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/29(日) 06:03:38.79 ID:nwxD8lCJ9
決勝
10月29日(日)4:00
スタッド・ド・フランス

ニュージーランド 11-12 南アフリカ

https://sports.yahoo.co.jp/rugby/wcup/game/119

【ラグビーW杯・決勝 荒れた決勝戦は南アフリカが12-11でニュージーランドを下し連覇達成!2大会連続4回目の優勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/21(土) 09:34:30.86 ID:leD1gBRD9
スポーツ報知
後半33分、この日自身3本目のトライを決めるニュージーランド代表WTBウィル・ジョーダン(ロイター)

◆ラグビーW杯フランス大会 ▽準決勝 ニュージーランド44―6アルゼンチン(20日・サンドニ)

 準決勝が行われ、世界ランク2位の王国ニュージーランド(NZ)と、同7位のアルゼンチンが対決。NZが44―6で完勝し、史上最多4度目の優勝に王手をかけた。

 先制はアルゼンチン。前半5分、WTBボフェリが右中間約25メートルのPGを決めて3―0。NZは11分、敵陣左サイド深くのラインアウトから右に展開しWTBジョーダンが逆転トライを挙げた。17分にはNZが敵陣での10次攻撃から、右で受けたCTBのJ・バレットがトライ。15―6の42分には、敵陣左サイドのラインアウトを起点にフランカーのフリゼルが左に沈め、20―6として前半を折り返した。

 後半もNZが強さを見せる。2分、敵陣右サイド22メートルライン付近のマイボールスクラムから、ボールを持ったSHスミスが1人で走りきってトライ。9分には18次の猛攻でフリゼルが右中間に沈め、キックも決めて34―6とした。22分はWTBジョーダンが、トライランクトップの7トライ目で39―6。トライ王へまっしぐらのジョーダンは34分、自陣22メートルライン付近でボールを持つと、70メートル以上を独走してハットトリックを決めた。1大会通算8トライはオールブラックスの先輩、ロムー(99年)、ハバナ(07年)、サベア(15年)に並ぶ史上最多タイ記録となった。

 NZは計7トライ、アルゼンチンをノートライに抑える圧勝で、2015年大会以来となる2大会ぶり5度目のファイナル進出を決めた。決勝(日本時間29日午前4時・サンドニ)はイングランド―南アフリカの勝者と戦う。敗れたアルゼンチンは3位決定戦(日本時間28日午前4時・サンドニ)に回る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7099033efa8ea0cec7295b9f546d1e857c771e34

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20231021-10211030-sph-000-4-view.jpg?pri=l

【ラグビーW杯・準決勝 王国NZ、史上最多V4に王手! アルゼンチンに7トライ、44―6の圧勝で決勝進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/15(日) 05:58:06.58 ID:m5+d2kd/9
ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は14日(日本時間15日)、準々決勝第2試合で史上最多4度目の優勝を目指すニュージーランドが
世界ランク1位アイルランドを28-24で下し、4強進出。同第1試合でウェールズを29-17で下したアルゼンチンと20日(同21日)の準決勝で
対戦することが決まった。

ニュージーランドが伝統のハカを披露し、アイルランドが同国のレジェンド、故アンソニー・フォーリーを偲んだ「8」の字の陣形で対抗するという
印象的なシーンから始まった試合。主導権を握ったのはニュージーランドだった。

前半8、14分にペナルティゴールで6点を先行すると、同19分にはレスター・ファインガアヌクのトライで13-0まで突き放した。しかし、互いにトライを
1つずつ奪い合うなどして18-10で迎えた同37分にアーロン・スミスがシンビンで10分間退場。直後にアイルランドのジャミソン・ギブソンパークにトライを
奪われ、18-17という接戦で前半を折り返した。

後半の立ち上がりは拮抗した展開だったが、同14分にニュージーランドのウィル・ジョーダンがトライを決めて25-17と突き放した。同24分にコディー・
テーラーがシンビンとなり、ペナルティトライで25-24の1点差まで詰め寄られた。しかし、同29分のジョーディー・バレットのPGで辛くも逃げ切った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec91b65df117234455c06a5ab91ed063ffafcd5a

【ラグビーW杯・準々決勝 ニュージーランドがアイルランドの30フェーズを越える大猛攻凌ぎ切って28-24で勝利し準決勝進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/06(金) 11:57:26.98 ID:ODXJ4JGO9
◇ラグビーW杯フランス大会1次リーグA組 ニュージーランド73―0ウルグアイ(2023年10月5日 リヨン)

世界ランキング4位のニュージーランドが同22位のウルグアイから計11トライを奪い、73―0で完封勝利。1次リーグを3勝1敗、総勝ち点15で終え、
A組一番乗りで決勝トーナメント進出を決めた。1位か2位かの順位は、7日のフランス―イタリア戦の結果を受けて確定する。

開始から20分間はハンドリングエラーを重ね、ウルグアイの抵抗もあってスコアできない状態が続いたオールブラックス。しかし前半20分、スクラムを
起点にFBマッケンジーが先制トライを奪うと、5分後にもSOモウンガがスクラムを起点にチーム2トライ目。前半だけで4トライを奪って折り返すと、
後半は一方的に攻め続けて7トライを追加。WTBファインガアヌクはハットトリックを達成した。

開幕戦では開催国フランスに1次リーグでは史上初の黒星を喫したニュージーランドだが、その後は本来の攻撃力を発揮し、3試合連続の
70得点以上で10大会連続10度目の決勝トーナメント進出が決定。準々決勝では「死のB組」を勝ち上がってくるアイルランド、南アフリカ、
スコットランドのいずれかとの対戦が決まっている。4度目の世界一へ、ノックアウトステージの初戦から、かつてないいばらの道が待ち受けている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cf53764994005e9dacfda040d968bf6e8497f3b0

【ラグビーW杯・プールA ニュージーランドがウルグアイから11トライ奪い73-0で完封勝利 決勝トーナメント進出決める】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/30(土) 06:20:08.23 ID:2RkWkQpW9
◆ラグビーW杯フランス大会 1次リーグA組 ニュージーランド96―17イタリア(29日・リヨン)

1次リーグ(L)A組の第3戦が行われ、ニュージーランド(NZ)は、イタリアに96―17の大勝を収めた。NZは勝ち点を10に伸ばし、同組2位につけた。

NZは前半からトライを量産。6分、敵陣22メートル外中央から、FBバレットが右へ絶妙なキックパス。WTBジョーダンがキャッチし、右隅に沈めた。7―3の17分には、
敵陣右サイド深くからのラインアウトモールでSHスミスがトライ。19分に追加点、そして22分には敵陣右サイドのラインアウトからボールを受けたNO8サベアが走り抜いて
トライを挙げるなど、前半だけで7トライを挙げた。

後半も攻撃の手を緩めないNZ。6分にNO8サベアがこの日2トライ目を挙げると、68―10の同27分には、22年にリーグワン1部の東京SGでプレーしたBKマッケンジーが
約20メートルを走って追加点。蹴る前にほほ笑むしぐさから“微笑みの貴公子”の異名を取るマッケンジーは、キックも4本成功。計14トライの猛攻で、8月に日本に42―21で
勝利したイタリアを、一蹴した。

NZは開幕戦でフランスにアウェーで敗れたが、その後2連勝。1次リーグ最終戦は、ウルグアイとの一戦を控えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/17683308308d64814aed2794915589c440d367db

【ラグビーW杯・プールA 止まらないニュージーランドが14トライの猛攻でイタリアを一蹴、96-17の圧勝劇】の続きを読む

このページのトップヘ