SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ニュージーランド代表

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/29(土) 17:43:47.23 ID:hbREeg3l9
10/29(土) 16:50配信 THE DIGEST
https://news.yahoo.co.jp/articles/71be990d89b3a2da4577673404151d4877a6de1c

 ラグビーのリポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表対ニュージーランド代表が10月29日、東京・国立競技場で行なわれ、日本は31対38で敗れた。

 過去6回の対戦で一度も勝っていない日本は、開始11分のLOブロディー・レタリックの先制トライを皮切りに3トライを許し、前半30分すぎまでに3-21と大きくリードされる苦しい展開となる。

 しかし徐々にニュージーランドのプレッシャーが弱まり連続攻撃が見られるようになると、37分には相手のミスに付け込み、キックで持ち込んだSO山沢拓也がトライ。コンバージョンキックも決まり10‐21と追撃を開始する。さらに日本は左への展開からタイミングよくサポートに入ったSH流大がトライを奪い、ゴールも決まって17-21に。残り3分からの反撃で4点差と迫って前半を終えた。

 後半立ち上がり、先制攻撃を見せたのはオールブラックス。開始3分、左WTBケイレブ・クラークが豪快な単独突破を見せてインゴール中央に飛び込んだ。NZが28-17と日本を突き放す。

 だが、この日の日本は簡単には引き下がらない。後半10分すぎの自陣でのピンチをFL姫野和樹のジャッカルで相手の反則を誘って凌ぐと、同16分にはLOワーナー・ディアンズが相手のキックをブロックして、こぼれ球をそのまま拾って持ち込みトライ。ゴールも決まって再び4点差とした。

 日本は同21分にトライを献上し、24対35で再び11点差とされるが、同26分に先制トライのレタリックが危険なプレーで退場に。日本は残り15分をひとり多い状況で戦う展開となる。日本は再三敵陣に入り、相手を押し込んでいくが、NZも粘り強いディフェンスで防戦。それでも、残り2分、日本は相手の反則から押し込み、FL姫野がトライを奪い、ゴールも決まって35ー31とみたび4点差に迫る。

 しかし、最後はNZを捉えきれず、31-38で敗れた。

【ラグビー日本代表、オールブラックスに大善戦も及ばず… 4トライ奪い、一時4点差まで迫るも31-38で敗戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/17(水) 13:17:35.09 ID:CAP_USER9
■10月29日にテストマッチ
日本ラグビー協会は10月29日にラグビーニュージーランド代表(以下オールブラックス)と日本代表(以下ジャパン)がテストマッチを行うと発表した。2018年11月(69-31でオールブラックスの勝利)以来4年ぶりとなる今回は、ジャパンが2019年のW杯で8強入りしてティア1と認められてから初の対戦となる。

■現在のオールブラックスは低迷期?
世界各国のチームにすべて勝ち越し、圧倒的な戦績を誇ってきたオールブラックスだが、近年は低迷期と言える状態が続いている。2019年にイアン・フォスター氏がヘッドコーチに就任してから、W杯で優勝を逃したのがケチのつき始め。2020年にはトライネーションズでアルゼンチンに初勝利を献上し、2021年には秋の北半球遠征でアイルランド・フランスに連敗した。

そして今年7月に行われた対アイルランド3連戦では、相手をホームに迎えての有利な条件下で、初戦こそ勝って2021年からの連敗を2で止めたが、その後2連敗して1勝2敗と負け越した。なお、アイルランドには2016年に初勝利を許して以降、3勝5敗と負け越している。この2連敗で、ニュージーランドは世界ランキングを同国史上ワーストタイとなる4位に落とした。

8月6日には敵地南アフリカに乗り込んで、同国代表スプリングボクスとの「ザ・ラグビー・チャンピオンシップ」開幕戦に臨んだが、FW陣がスクラムで完全に劣勢に回るなど、まったくいいところがなかった。

浅いフェイズの際にFWが固まって前進しようという試みが、従来のオールブラックスでは考えられないような速さでことごとく止められた。フィジカルバトルでも後手に回ったオールブラックスは、体のでかい第一列、第二列の選手にパスした後、ボールを受けた選手がそのまま突っ込まずに、ほぼ真後ろにいるBKの選手にパスして、その後の展開を図るという策に出たが、そもそもこの策はFWが前に出てきても互角以上に戦えるからこそ効くのだ。

FWが力負けしたこの試合は、勢いのついたスプリングボクスディフェンス陣のタックルにBK陣も面白いようにつかまり続けたし、キャッチミスによるノックオンも多発した。点差こそ10-26と大きくはなかったが、内容的には完敗と言っていい試合だった。

この試合に負けたオールブラックスは1988年に5連敗を喫して以来24年ぶりの3連敗となり、世界ランキングも同国史上ワースト更新となる5位に転落。ラグビーが「国技」であるニュージーランドではイアン・フォスター氏の更迭を求める声が日に日に高くなった。

■やられっぱなしでは終わらないところが王国の懐の深さ
8月6日の試合の出来ならば、10月のテストマッチで素早いディフェンスが身上のジャパンが勝つ可能性は十分にあるかに思えた。しかし、8月13日の試合、オールブラックスは3連敗中のチームとはまるで別物のチームに変化していた。

浅いフェイズでFWがきちんとバトルを仕掛けて、しかも力負けしていなかったのだ。スプリングボクスのディフェンスは、フィジカルの強い個々のプレーヤーが規律を守った上で、相手の突進を何度でも止め続けることが特色で、別名「緑の壁」と呼ばれる。

オールブラックスはそれこそ、数十センチ単位で相手が一番力を出せるポイントをずらし続け、それを持続することで、「緑の壁」を正面から突破するのではなく、その力をそらすことに成功した。

「絶対に負けられない」という気迫と、それこそ真横で見ていないとわからないような数十センチのずらしをチームとして継続する技術、そしてそのずらしをフォローするスピードが最後まで落ちなかった。1週間でそこまでチームを変えてしまえる指導力は王国ならではのものである。

後半、残り15分というところで、ボーデン・バレットが自陣ゴール前で反則を犯し、イエローカードで10分間のシンビン(一時的退場)を宣告された上に、PGで逆転され、この試合初めてのリードを許した。3連敗中という悪いチーム状況なら、ここで「負け」を予期して士気が落ちてもおかしくなかったが、この日のオールブラックスの勝利への執念は恐ろしいばかりだった。

一人少ない状況にもかかわらず、果敢にバトルしてボールを保持したオールブラックスは、前半のFWの頑張りに報いる、とばかりにCTBリーコ・イオアネのビッグゲインから、フォローの選手に次々とパスがつながり、再逆転のトライを挙げたのである。結局終了間際にもトドメのトライを奪ったオールブラックスが35-23で勝利し、連敗を3でストップさせた。

やはり「王国」の底力は侮れない。8月13日のようなプレーをされたら、世界中でオールブラックスにかなうチームはないだろう。

SPAIA2022 8/17 11:00
https://spaia.jp/column/rugby/18952

【ラグビー日本代表が対戦するオールブラックスは「王国」の誇りを取り戻せるか?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/31(木) 11:51:50.84 ID:CAP_USER9
カタールW杯オセアニア最終予選の決勝が30日に開催され、ニュージーランド代表がソロモン諸島代表に5-0で快勝した。オセアニア1位として6月の大陸間プレーオフに進出し、北中米カリブ海4位チームと中立地で対戦する。

 オセアニア予選は4チームずつ2組に分かれて総当たりのリーグ戦が行われ、2チームの参加辞退があったグループAをソロモン諸島とタヒチ代表が通過。グループBはニュージーランドとパプアニューギニア代表が突破した。

 準決勝ではソロモン諸島がパプアニューギニアに3-2、ニュージーランドがタヒチに1-0でそれぞれ勝利。迎えた決勝でニュージーランドがソロモン諸島を相手に5-0の大勝を飾り、大陸間プレーオフ進出を果たした。

 北中米カリブ海予選の最終節は31日に開催。その結果によってニュージーランドと対決する4位チームが決まる。

ゲキサカ 3/31(木) 11:20
https://news.yahoo.co.jp/articles/625113de672304b165320a519f4ec4c26bacd760

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220331-45877719-gekisaka-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=480&exp=10800

【W杯オセアニア最終予選・決勝 ニュージーランドがソロモン諸島を5-0撃破!北中米カリブ海4位と対決する大陸間PO進出】の続きを読む

このページのトップヘ