SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ノニト・ドネア

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/16(木) 21:16:15.11 ID:CAP_USER9
2022.06.15

 ボクシングのバンタム級世界3団体統一王者の井上尚弥(29)=大橋=と5階級制覇王者、ノニト・ドネア(39)=フィリピン=の一戦。元WBCバンタム級王者、辰吉丈一郎(52)が心を寄せたのは、39歳で敵地に乗り込んだドネアの思いと、垣間見せた人間性だった。

  ◇  ◇

 オンライン配信に映り込んだ、試合後のドネアのある行動は、辰吉の目にも止まった。
 「リングを降りて控室に帰って行くところで、ドネアが転んだスタッフに思わず駆け寄った。条件反射やったけど、普段からああいう人なんやと思う。異国であれだけの試合で全力尽くして息も絶え絶えの状況で。改めてボクサーとして、人としての大きさを、オレも学んだよ」
 今も現役としてジムワークを続ける辰吉。39歳で若き強豪との戦いを望み、敵地へ乗り込んだドネアには深い共感がある。
 「フィリピンからベルトを持ってきて守るために戦った。でも、獲られた以上は敬意を持って渡す。ボクサーくらいやで、笑顔で渡せるなんて。誰からも故意にやれと言われたわけじゃない。自然にやれるのは、殴り合ったからかもしれんね」
 自身も3選手と再戦。ラバナレス、サラゴサ、ウィラポンと死闘を繰り広げた。

https://www.daily.co.jp/ring/2022/06/15/0015387265.shtml

【ドネアに心寄せた辰吉丈一郎 人としての大きさを学んだよ、テレビで子供たちに見せたかった】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/11(土) 20:43:05.48 ID:CAP_USER9
2022年06月11日 19:44 芸能
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/11/kiji/20220611s00041000612000c.html
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/11/jpeg/20220611s00041000608000p_view.jpg

 元プロボクサーで、漫才コンビ「トミーズ」の雅(62)が11日、MBSテレビの情報バラエティー「せやねん!」(関西ローカル、土曜前9・30)に生出演。7日にWBAスーパー&IBF同級王者の井上尚弥(29=大橋)がWBC同級王者ノニト・ドネア(39=フィリピン)を2回1分24秒TKOで下して、日本人初の3団体統一王者となったことについて語った。

 雅は試合を振り返って、「彼、何戦もやってますけどベストの試合。完ぺき。一発も撃たれてへん」と井上を絶賛。「過去、日本には凄いチャンピオンがいらっしゃいました。白井義男さんから始まって、ファイティング原田さん、ガッツ石松さん、長谷川穂積…。いっぱいいましたけど、全員彼が出てきたことによって霞んでしまいました。それぐらい凄いことをやっちゃいました。歴代1位です」と断言した。

 その上で、この試合の地上波放送がなかったことに言及し、「ボクシングの世界戦は民放ではやらない時代がきたな。ペイテレビで見たい人はナンボでも払うから」と指摘。「それの方がファイトマネーが上がるんやったら、そっちのシステムの方が…」と口にしたが、実は歓迎ではない様子だ。その理由について、「拳四朗が言うとったけど、道を歩いてても顔がささへんようになるねん。これがちょっと怖いねん」と説明。「お金は入るねんけども。やっぱり民放でおじちゃんもおばちゃんも小さい子もタダで見られるというところを残しといてあげんと」と持論を展開した。

 ここで山中真アナウンサーが「子どもが憧れて、僕もボクサーになりたいとか、裾野を広げるという意味で…」と口にすると、雅は「そうそう!」と同意。するとトミーズ健が「サッカーもそうや。日本代表、どんどん若手のええスターが出てるのに、地上波でせえへんから…」と少し残念そうに語った。

【“有料ネット配信のみ”のボクシング世界戦、井上vsドネア トミーズ雅「お金は入るねんけども…」 地上波放送を希望】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/07(火) 23:22:44.00 ID:CAP_USER9
 プロボクシングの世界バンタム級3団体王座統一戦は7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー&IBF同級王者の井上尚弥(29=大橋)がWBC同級王者ノニト・ドネア(39=フィリピン)に2回1分24秒KO勝ちし、日本人初の3団体統一王者となった。

 この“世紀の一戦”は地上波中継がなく、映像配信サービス「Amazon プライム・ビデオ」でライブ配信だったこともありネット上では「なぜこの試合が地上波で中継されないんだ」「地上波で観たかった」「井上選手おめでとうございます!でも地上波でテレビ中継がなかったのが残念」「なんで視聴率も取れて格闘技が広まるような試合を地上波で流さんの」「もし地上波だったら、視聴率凄かっただろうな」と落胆の声が続々。

 その一方で衝撃の264秒決着に「地上波でやってたらテレビ局泣いてたな」「地上波でやらないのも納得ですわ…1時間番組成立しねえもんwww」「地上波だったら時間余りすぎてましたねwww」「井上VSドネア戦見て確信した!格闘技って地上波向いてない」といった声も。

 無事にライブ配信を観戦できたファンからは「井上×ドネア戦凄かったなー。アマプラ入っててよかった」「井上尚弥×ドネア戦。日本の地上波テレビならCM入りまくるだろうけど、Amazon primeは観ていてほんと快適だった。顧客ニーズにあってるよね。天心×武尊もAmazonでやってほしいわ!」「Amazon primeの井上ドネア戦は地上波なんかがやるより、全然見やすくて良かった」「今日の試合が地上波じゃなくて良かったよ~」「アマプラはCMも最小限で好印象」と喜びの声が多く上がっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9d1adc8e2f14aa72f0d194af8198acb7eca7b8b7

【「もし地上波だったら、視聴率凄かっただろうな」尚弥VSドネア戦 衝撃の264秒決着も地上派中継なしに落胆の声が続々】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/07(火) 21:39:29.86 ID:CAP_USER9
井上尚弥、ドネア倒し日本人初の3団体統一王座獲得! バンタム級史上初の4団体王座統一へ“王手”

6/7(火) 21:25
配信
スポーツ報知

◆プロボクシング ▽WBA、IBF、WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)王座統一戦(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(29)=大橋=と、WBC世界同級王者ノニト・ドネア(39)=フィリピン=の王座統一戦が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、井上が勝利を収めた。井上は、日本人初の3団体統一王座獲得となった。戦績は井上が23戦全勝、ドネアが42勝(28KO)7敗。

 両者は2019年11月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来、2年7か月ぶりの対戦。前回は井上が2回にドネアの左フックで右まぶたを切られて、プロ初の流血。8回には鼻血を出して追い込まれたが、11回に左ボディーでダウンを奪うなどして3―0の判定勝ちを収めていた。

 強敵を“連勝”で退けてWBAは7度目、IBFは5度目の防衛成功。WBCのベルトは初奪取となった。自身の持つ日本人世界戦連勝記録を18に伸ばした井上は、WBO王者ポール・バトラー(英国)との統一戦を希望しており、バンタム級史上初の4団体王座統一の夢へと突き進む。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/b05cb1672841c0f6c34527919d966b6a6a3892de

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1654604685/

【WBA・WBC・IBF世界バンタム級王座統一戦 井上尚弥がドネアに2RKO勝ち!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/07(火) 06:16:08.18 ID:CAP_USER9
6/6(月) 16:00配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/34f67f0f1e1074c3e4234ee60ad7dd458f9310e1

<スポーツの動画配信:1 アマゾン・ジャパン>

スポーツを有料で見る。90年代から始まった、お金を払って好みのスポーツを見る文化は、国際的企業の上陸に伴い、地上波無料放送という従来の枠組みから大きく変化を遂げている。配信会社の日本市場の分析、戦略から、変革期に普及を模索する国内競技団体まで。その動向に迫る。第1回は7日に開催されるボクシングの世界戦、井上尚弥(29=帝拳)-ノニト・ドネア(39=フィリピン)を配信するアマゾンジャパンに聞く。

   ◇   ◇

「プライム・ビデオで独占ライブ配信」「月500円で見放題」

ボクシング、井上尚弥対ノニト・ドネアの世界戦が迫り、その広告を見かける機会も多くなってきた。

その言葉の後に表示される、ニッコリした口元を表すロゴ。米国の主要IT企業GAFAの一角を占めるアマゾン、その日本支社であるアマゾンジャパンにとって、スポーツ配信は2度目の機会となる。

1度目は4月、同じくボクシングのミドル級王座決定戦、村田諒太対ゴロフキン戦だった。

ジャパンカントリーマネージャーの児玉隆志氏は、「社内的な評価は大成功でした」と具体的な数字は伏せながらも、手応えをみせる。総視聴数では、映画、アニメなどの作品配信を含めても、日本の配信初日の視聴者数が歴代1位。新規会員獲得でも「つま先立ち」の高い目標をほぼ達成したという。

ただ、同時に「場が温まってない」とも感じたとする。「プライム・ビデオでこのカードをやると認知していた方は約25%でした」。メディアを通じた宣伝などにも力を入れ、目標値は満たしたが、十分でないと分析する。

そもそも、アマゾンは既存スポーツ動画配信会社とは、出自が異なる。企業の成長を築いたのは書籍のオンライン販売。月額制のプライム会員になれば、配送料無料などの優遇を受けられる。そして、そのサービスのもう1つの軸がデジタル特典であり、その中に動画配信がある。

日本でのプライム会員数は公表していない。ただ、20年には創業者のジェフ・ベソスが世界の会員数が2億人を突破したと発表している。圧倒的な既存会員の力に、スポーツでの新規会員にシェア拡大をもくろむ。

これまでは映画、アニメが主。「スポーツを見るためにプライム・ビデオのアプリを開く習慣がない。1発目だからこそ、村田さんみたいなスペシャルカードが必要でした」と日本での好機とにらんだ。その国での人気スポーツに狙いを定める。米国はアメフト、英国はサッカー、フランスはテニス、インドはクリケットなど。

では日本は?

「ボクシングは人気調査をすれば10位以下かもしれませんが、対戦者でその価値が変わる」

時には野球、サッカーと国内での人気競技を上回ると見定めた。3年ほど前からコンテンツを探し、勝負をかけたのが村田戦だった。そして二の矢が井上戦となる。

課題は認知度の向上。村田戦では、会場のさいたまスーパーアリーナに「どうやったらプライム・ビデオって見られるのか?」と電話をかける人もいたという。ネット配信に馴染みがない高齢者などにどう届けるか。「そこは伸びしろだと思っています」と改善を図る。

逆に、前向きな声もあった。「たまたまボクシングを見て興味を持ちました」。配送サービス目当ての会員が、「たまたま」目にできること。これはスポーツ専門ではありえない。

児玉氏は強調する。

「地上波で無料でやるのは一番良いと思う。フォーマット、タイミングが合わない状況となった時、DAZNさんなどが担う。ただ、何千円払ってても見るコアファンはそれで良いですが、新しいライトファン、ユーザーが育ちにくい。その間にプライム・ビデオみたいなものが出てきて、何百万の方が見る、ビジネスとしても選手に還元できるとなれば。ファンの創出と、ビジネスとしての成立、このバランスがちょうど良いところを担い、お客さまにも喜んでもらい、スポーツの発展にも協力できればいい」

他会社では4ケタの月額費が主の中で、500円という“安値”は際立つ。放映権の高騰などで地上波が放送を断念する中で、安価を支えに普及まで行えると説く。村田のファイトマネーは約6億円だったともされる。確かに、競技の普及、魅力に貢献してる事実はあるだろう。

今後も、恒常性より瞬間性を重視していくという。「PPVも含めて、その都度のイベントでニーズを探りたい」。後発組だからこそ、二分化したと見る配信環境の架け橋に勝機を見いだす。【阿部健吾】

【井上尚弥vsドネア戦がアマゾンプライム第2弾 月500円安価支えに普及まで/スポーツの動画配信】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/04(土) 09:22:21.23 ID:CAP_USER9
6/4(土) 6:39配信
スポーツ報知

 フリーアナウンサーの徳光和夫さんが4日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(土曜・午前5時)に生出演した。

 番組では、プロボクシングWBA、IBF、WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)王座統一戦12回戦(7日、さいたまスーパーアリーナ)で対戦するWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥とWBC王者ノニト・ドネアが3日、公式記者会見に臨んだことを報じた。

 試合はAmazonのプライムビデオでライブ配信されるが「この一戦へ井上選手のファイトマネーは軽量級では破格ですよ、2億円だそうです」とした上で「でも、とにかくこういう試合を地上波のちゃんとテレビでやってもらいたいよ、中継ね」と嘆いていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4f8c31012f81944d5db4a52633685efa564cdc41

【徳光和夫さん、井上尚弥対ドネア戦に嘆き・・・「地上波のテレビでやってもらいたいよ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/31(木) 05:30:26.71 ID:CAP_USER9
3/31(木) 5:15
東スポWeb

モンスター井上尚弥の有利揺るがず 解説者が指摘するドネアの〝警戒ポイント〟
KO決着を予告した井上尚弥(東スポWeb)
 勝負の行方は――。WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)がWBC同級王者ノニト・ドネア(39=フィリピン)と3団体統一戦(6月7日、さいたまスーパーアリーナ)を行うことが30日に発表された。2019年11月のWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)決勝で下したドネアとの再戦は、どのような展開になるのか。元世界ランカーでボクシング解説者の亀海喜寛氏は井上有利を予想した上で、唯一の〝警戒ポイント〟を挙げた。

 5階級制覇王者ドネアとの再戦が決まった井上は「一度決着はついてますが、決まったからには必ず(判定勝ちした)前回以上の内容で勝つことを約束します」と闘志を燃やした。日本人が3団体統一戦に臨むのは史上初だが「このベルトを取ったとしても、次は階級を上げたりとか、そういうところに目標を持っていくので。今はドネアを倒すだけ。そこだけを集中して考えている」と言い切った。

 プロのリングで同じ相手との再戦は初めて。それでも井上は「自分の方が有利」と自信をのぞかせる。前回の対戦では11ラウンド(R)に井上がボディーでダウンを奪った。ドネアが立ち上がるまでに10カウントが経過していたのではないかと指摘する声もあるだけに「WBSSの決勝では〝幻の10カウント〟がありましたから。次はそうはいかないぞと。キッチリと10カウント取ってみせます」と、KO決着を予告した。

「モンスター」の名をほしいままにするその圧倒的な強さは揺るぎなく、亀海氏も「リマッチはクレバーな方が有利と、よく言います。2人とも好戦的な部分はありますが、井上君の方が引き出しは多いし、ディフェンス能力は高いので。井上君が有利でしょうね」と予想する。ドネアは井上に敗れてからの2戦で2KO勝利と復活を証明しているが「ハッキリした形、大差で勝つんじゃないかなと」と返り討ちの可能性は高いと見ている。

 では、井上が敗れることがあるとすればどのようなケースか。亀海氏は「ドネアがプレッシャーをかけるにしても、井上君はカウンターが得意ですし、シャープな一発を狙うでしょうね。(井上が)詰める際のカウンターとかは怖い。ドネアは追い詰められた時とか、体の入れ替えざまにカウンターを強く打ち込むのが得意ですから」と指摘した。

 井上は前戦の2Rに左フックで右目眼窩底骨折。大苦戦を強いられただけに、一瞬たりとも気は抜けない。「強引にいくことはやっぱりリスクがあります。WBSSでも、倒しにいく時にガードも結構開いた状態で打ちにいくこともあったので。テンションが上がりすぎて、チャンスになった時にいきすぎてカウンター(をもらうの)は気をつけたいと思ってるんじゃないですかね」(亀海氏)

 歴史的名勝負との高評価を得た前戦から約2年半。「井上VSドネア2」も、まばたき厳禁の展開になることは必至だ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220331-04097972-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5338fccfd5b761f947eb4c10ff0eb65984fdc2aa

【モンスター井上尚弥の有利揺るがず 解説者が指摘するドネアの〝警戒ポイント〟】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/30(水) 17:04:26.55 ID:CAP_USER9
3/30(水) 16:01配信
東スポWeb

VTRでコメントを発表したドネア(東スポWeb)

 ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)との3団体統一戦(6月7日、さいたまスーパーアリーナ)に臨むWBC同級王者ノニト・ドネア(39=フィリピン)が雪辱に自信をのぞかせた。

 ドネアは2019年11月のWBSS同級決勝戦で井上に敗戦。だが21年5月の再起戦でKO勝利を収めWBC王座を奪取すると、同年12月の初防衛戦でもKO勝利と2連勝を飾っている。30日の会見では井上との再戦決定を受けVTRでコメントを発表した。

 ドネアは「とてもワクワクしている。お互いこれまでより強くなっているから興奮度も増している。もう一度やりたいと思っていたから本当に楽しみだ」と目を輝かせた。井上戦での敗戦によりハングリー精神とモチベーションが復活したといい「大きな学びになった。あの試合が僕を生き返らせてくれた。あの試合で『戻ってきた』という気持ちになれた」と振り返った。

 39歳にしてなお進化を続ける〝フィリピンの閃光〟は「狩りにいくだけだよ。モンスターを狩るにはワナを仕掛けて仕留めるんだ。どんな戦略であれ、モンスターを捕獲し倒すことができれば任務完了だ」と、無敗の井上に土をつけることを予告。悲願の4団体統一のためにも、モンスター狩りを誓っていた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220330-04096403-tospoweb-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/0b8af23d30389da10ab79d62058032b34faf85a1

【WBC世界バンタム級王者・ドネア(39)は井上尚弥への雪辱に自信「〝モンスター〟を狩るにはワナを仕掛けて仕留めるんだ」】の続きを読む

このページのトップヘ