SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ノバク・ジョコビッチ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/16(木) 19:05:50.22 ID:CAP_USER9
テニスの全米オープンの主催者である全米テニス協会は、ロシアとベラルーシの選手が、国旗や国歌を使用しない個人としての立場で、出場することを認める方針を明らかにしました。

しかし、ワクチン接種について否定的な姿勢を続ける、ノバク・ジョコビッチ選手は、アメリカの入国規制のために、出場できない可能性があることが分かっています。

在日アメリカ大使館のホームページによりますと、今月13日現在でアメリカ市民、永住者、移民ビザ所持者をのぞくすべてのアメリカへの渡航者は、飛行機に搭乗する前に、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した証明を提出することが必要となっています。

ジョコビッチ選手はこれまでに入国の際に、ワクチン接種の証明書を必要としない大会に出場しています。四大大会では、全仏オープンに出場を果たし、今月末から始まるウィンブルドンに出場する予定です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f1da35fc1c36fa2de224eecd47aff88ffa4a1eb1

【テニス全米オープン ロシア国籍の選手は出場可能もジョコビッチはワクチン接種の有無で出場できない可能性】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/10(木) 05:30:36.83 ID:CAP_USER9
3/10(木) 5:15配信
東スポWeb

痛恨のジョコビッチ(ロイター)

 テニス男子世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ(34=セルビア)が、大型スポンサーのアパレル大手「ラコステ」から契約を解除される見込みとなった。

 ジョコビッチは新型コロナウイルスのワクチン接種を拒否して1月の全豪オープンを欠場。その際にオーストラリア政府と対立して大騒動に発展した。今後は4大大会への出場も流動的な中、セルビア紙「ブリック」は最大のスポンサーが離れると報道。「ラコステは2025年まで契約を結んでいたが、セルビアのテニス選手との契約を打ち切る話が進んでいる。ラコステはジョコビッチがオーストラリアから強制退去を命じられたころから別れを考えていた」と伝えている。

 同紙によると、同社は17年、ジョコビッチの誕生日にあたる5月22日に契約を締結。当初は今年までの契約だったが、昨年8月に25年まで延長された。しかし、ワクチン拒否騒動をきっかけにラコステの態度が一変。「強制退去もあり、否定的な報道が相次いだため、宣伝を新しい顔に頼りたい」と〝広告塔〟の変更を検討しているという。

 さらに、同紙は「契約料は年間940万ユーロ(約12億円)、(残り3年の)合計で2820万ユーロ(約36億円)を失うことになるだろう」と指摘。実際に契約解除となれば、手にするはずだった巨額のスポンサー料が消滅することになる。

 ジョコビッチのスポンサーを巡っては、自動車大手「プジョー」が契約打ち切りの方針を表明したばかり。その契約料は「数百万ユーロの価値があると考えられている」(同紙)というだけに、最強王者が起こした騒動による〝代償〟はとてつもなく大きい。

 ジョコビッチは9日に開幕したBNPパリバ・オープン(米インディアンウェルズ)にエントリーしているが、出場は未定。いずれにせよ、今後もコート内外で厳しい状況が続きそうな雲行きだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220310-04051958-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/36797dc6c3baddfa5da789d6637ee195439f0a04

【ジョコビッチに大きすぎる〝代償〟 最大スポンサー「ラコステ」が契約解除へ・・・】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/19(土) 12:51:38.48 ID:CAP_USER9
2/19(土) 12:20配信 テニスマガジンONLINE
https://news.yahoo.co.jp/articles/82f953647fbef8d2a0428b7029f5e567ad4af977

 オーストラリアン・オープンへの出場が叶わず、セルビアへ強制送還されたノバク・ジョコビッチ(セルビア)が沈黙を破った。セルビアの首都ベオグラードにある『ノバク・テニスセンター』でBBCのインタビューに応じ、オーストラリアでホテルに拘束されていた時期に大会コートで練習したこと、家族と決勝戦を観戦したときのことを語った。

君に同情する訳ではないが、オーストラリアでホテルに拘束されたのはいい心地がしなかったはずだ。実際どんなものだった?

「当然、心地よくはなかった。だが、ここに座ってあの拘置所についての不平を言いたくはない。僕は7日間くらい滞在したけど、何年もあそこに閉じ込められている人もいる。メルボルンの拘置所にいる人たちが経験していることを考えると、僕の心は激しく揺れてしまう。僕の苦労など、これらの人々に比べたら何でもないことだ」

無力に感じた?

「ああ、無力に感じた。到着後は3〜4時間携帯の使用を禁止された。夜中1時から朝9時頃まで30分ごとに尋問を受け、寝られなかった。最初の公判が行われるまで4〜5日滞在した。いい結果を待ち望んでいた。ビザは再度有効とされ、4日間は自由になって練習することができた。でも、グランドスラム大会で普段やっているような練習とは程遠いものだった。ロッド・レーバー・アリーナで行われたすべての練習で上空にはヘリコプターが飛び、あらゆるところにカメラが構えられ、レンズが僕や仲間たちに向けられていた。物凄く傷ついたよ。テニスコートやその周辺で僕らに向けられた視線、エネルギーが物凄く感じられたからだ。メディアで報じられていることから、彼らがどんな目で僕のことを見ていたのかはわかっていた。でもオーストラリアの裁判所の決断、オーストラリアン・オープンの邪魔をしたくなかったから、メディアの前に出て自分の意見を発信しなかった。本当は皆の前に出て状況を説明したかったんだ。僕は人々との関係をとても大切にしている。特に今後何年もの間、関係のある人たち、選手、自分の家族よりも頻繁に顔を合わせる人たちとは話したかった。その頃の気持ちは凄く心地悪く、苦しかった」

新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチンが自分の体にどんな影響を及ぼすか、透明さが足りないと言った。もしワクチンについての新たな情報が出て、君が嫌がっているような悪い影響が体にないことが判明したら、自分の今の考えを変えることはある?

「先々に変化する可能性は常にある。今はツアーを回らないことに決めているが、状況が変わることを望んでいるし、そのときのために自分の考えは常にオープンにしておくつもりだ。今後何が起こるか見てみよう」

長いスパンで見て、ツアーを回るための国際的なルールが変わり、大会にも出場できるようになることを願っている?

「強くそう願っている。僕は本当にテニスがしたいんだ。僕はプロのテニス選手なんだ」

だが、君はフレンチ・オープンを欠場する。それが君が払う代償なのか?

「ああ、その代償を払うつもりだ。でも、状況が変わることを祈っている。それと同時にあと何年もプレーを続けられることを願っている。だからこそ、体のケアは何よりも重要なことと捉えてきた。それが長くプレーを続けられることに繋がるんだ。テニスに対する情熱や炎が燃え続ける限り、体をしっかりケアしておけば今欠場している大会にもたくさん出られるようになると信じている」

ということは、ウインブルドンも欠場するという代償も払う?

「そういうことだ」

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

関連スレ
【テニス】ジョコビッチは今後もコロナワクチン拒否 4大大会への不参加も辞さず=英BBC報道 [爆笑ゴリラ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1644916814/

【ジョコビッチ、オーストラリアで拘束時のことを明かす「夜中1時から午前9時まで尋問された」】の続きを読む

このページのトップヘ