1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/16(水) 12:13:28.49 ID:CAP_USER9
2/16(水) 11:48配信
日刊スポーツ

北京オリンピック(五輪)のフィギュアスケートで、15日に首都体育館で行われた女子ショートプログラム(SP)でドーピング違反となりながらもスポーツ仲裁裁判所(CAS)から個人戦出場を認める裁定が下ったカミラ・ワリエワ(15、ロシア・オリンピック委員会=ROC)が82・16点で首位発進した。

そのワリエワについて、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が15日、検出された禁止物質トリメタジジンに加え、もう2種類の物質が検出されていたと報じた。ともに、禁止薬物ではないというが、心臓疾患の治療に使用されることもあるものだという。

「ハイポキセン」と「L-カルニチン」。CASに提出された文書から、明らかになったとしている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220216-32160304-nksports-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/92825ad07c104f38bb746c9208271572d60e393a

【ワリエワから計3種類の心臓疾患治療薬物検出 禁止指定外の物質も 米NYタイムズ紙報道】の続きを読む