SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

バイエルン

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/06(土) 20:03:36.71 ID:CAP_USER9
「どの選手がバイエルンに対峙しようが関係ない」

現地時間8月5日に行なわれたブンデスリーガの開幕戦で、鎌田大地と長谷部誠が所属するフランクフルトが、絶対王者バイエルンと対戦。ホームで1-6の衝撃的な惨敗を喫した。

開始5分にヨシュア・キミッヒにFKを叩き込まれると、その後も次々にゴールを奪われ、前半だけで5失点。64分に1点を返したものの、もはや焼け石に水で、83分に6点目を奪われている。

 この試合で、長谷部が81分から途中出場を果たした一方、1日に行なわれたDFBポカール1回戦のマクデブルク戦で本職の2列目ではなくボランチで出場し、2ゴールを叩き込んだ鎌田は出番すら訪れず。ボランチの一角には、セバスティアン・ローデが起用された。

ドイツ・メディア『SPORTBUZZER』は「オリバー・グラスナー監督は、DFB ポカールで4-0の勝利を収めた後、より守備的な方向性を選択した。キャプテンのローデがカマダのいた中盤の位置に入った」と報道。
「だが、前半はどの選手がバイエルンに対峙しようが、ほとんど関係ないように見えた」とこき下ろし、効果をもたらさなかったと指摘している。

また、地元紙『Frankfurter Rundschau』 も「カマダはトップフォームだったが、攻撃的MFで(ボランチでは)大胆すぎて、
国内最高のチームと対戦することはできなかった」との見解。こちらも「(鎌田とローデの入れ替えは)関係なかった」と綴っている。

 スタメンはともかく、途中投入はできたはずだが、前半で5失点ではもはや打つ手がなかったか。

ヨーロッパリーグ王者のフランクフルトは、10日にチャンピオンズ・リーグを制したレアル・マドリーとの欧州スーパーカップが控えている。バイエルン戦で出番がなかった鎌田に、この大一番でチャンスが回ってくるはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/871d7bb2c33635f1606092a49e83aeccce6f4f0d

【衝撃的惨敗のフランクフルト、4日前に2ゴールの鎌田大地はなぜ起用されなかったのか?「トップフォームだったが…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/26(火) 13:11:37.68 ID:CAP_USER9
 ドイツ代表の守護神マヌエル・ノイアーが巻き込まれたトラブルに進展があった。

 ドイツの全国紙『Bild』やミュンヘンの日刊紙『tz』によれば、騒動はバイエルンの主将が、タクシーの中に財布を置き忘れたところから始まった。

 車内清掃中にその財布を発見した運転手のハジルさんは、中身を確認し、ノイアーの名前と住所が記載されたIDカードから忘れ物だと気付き、そのスーパースターを降ろしたエリア(ミュンヘンの高級住宅街)へと向かった。

 そこでは会うことはできなかったハジルさんは、ノイアーが保有している不動産がある地区(そこから54キロほど離れた場所)へと出発。そこで、通行人から「ノイアーの代理人が近くに住んでいる」という情報を得て、それを頼りに代理人と接触し、現金800ユーロ(約11万円)とクレジットカードなどが入った財布と自身の連絡先を手渡したという。

 それから約2週間後、ハジルさんの元にノイアーから“お礼”として届いたのは、本人の直筆サイン入りユニホーム。だが、それに納得がいかず、バイエルンのクラブハウスに向かうも取り次いでもらえなかった。

『Bild』紙によると、ハジルさんはノイアーの財布を送り届けるために約400ユーロ(約5万6000円)を要しており、「このお礼はバカにしている! 俺には4人も子供がいるっていうのに。ユニホームじゃ何もできない」と怒りを露わにしたようだ。
 
『Bild』の情報として『tz』が7月24日に伝えた続報によれば、そこで“救いの手”を差し伸べた人物がいた。ドイツ代表とバイエルンのレジェンドであるローター・マテウスだ。ノイアーが贈ったそのユニホームを1000ユーロ(約14万円)で買い取ったのだ。マテウスはこのユニホームをオークションにかける予定だと記事は伝えている。

 買い取った理由について、このドイツ・サッカー界の重鎮は次のように述べている。

「私は自分の経験から財布を失うということがどのようなものかを知っている。問題はその後の労力だ。クレジットカードをブロックし、新しいカードを入手し、IDを申請する。マヌエルのトラブルを救うためにやった、ハジルさんの献身はもっと価値があると思う」

 100%善意からなのか、打算があったのか。マテウスの真意は不明だが、いずれにしてもハジルさんにとっては嬉しい申し出だっただろう。さて、オークションの結果はいかに……。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d783c67a3d7fdd701d3520b20918a5d3d24e6f6

関連スレ
【サッカー】「バカにしている!」ノイアーの財布を拾ったタクシー運転手が“お礼”に憤慨!「俺には4人も子供がいるっていうのに」 [ゴアマガラ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1658446846/

【ノイアーの「財布忘れ事件」に新展開!守護神が贈ったユニを約14万円で買い取ると申し出たのは、なんと…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/22(金) 08:40:46.88 ID:CAP_USER9
ドイツ代表のスーパースター、マヌエル・ノイアーがとんだトラブルに巻き込まれている。そのバイエルン主将に対して「バカにしている!」と憤慨するのはタクシー運転手だ。

 ドイツ紙『ビルト』のウェブ版(21日付け)による事の顛末はこうだ。

ある日のシフト後、タクシー運転手は車内を清掃していた。すると見知らぬ財布を発見。中身を見てみると、ノイアーの名前と住所が記載されたIDカードが。
すぐに忘れ物と気付いた運転手は、そのスーパースターを降ろしたエリア(ミュンヘンの高級住宅街)へと向かった。しかし、すんなりと会うには至らず……。

ここで諦めなかった運転手は、ノイアーが保有している不動産がある地区(そこから54キロほど離れた場所)へと出発。しかし、そこでもスーパースターを見つけられずにいたが、通行人から「ノイアーの代理人が近くに住んでいる」という情報を得る。
それを頼りに代理人と接触し、財布とその中身であるIDカード、Visaプラチナカード、マスターカード(ブラック)、現金800ユーロ、そして自身の連絡先を手渡したという。

それから約2週間が過ぎ、タクシー運転手の元にノイアーからの"お礼"が届く。それが本人の直筆サイン入りユニホームだったようで……。納得がいかない運転手は、バイエルンのクラブハウスに向かうも取り次いでもらえなかったという。

ビルトによると、タクシー運転手がノイアーの財布を送り届けるために要した費用は400ユーロ(約5万6000円)ほど。親切心だけでポンっと支払える額ではないだろう。実際、下心が働いていた様子の運転手は『ビルト』でこう訴えている。

「このお礼はバカにしている! 俺には4人も子供がいるっていうのに。ユニホームじゃ、何もできない」

 おそらく全く予期していない難癖をつけられてしまったノイアーは現在、バイエルンのプレシーズンツアー(アウディ・サマーツアー)でアメリカを訪問中。ドイツ帰国後、改めて"太っ腹"なところを見せるのか。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=113512
https://soccerdigestweb.thedigestweb.com/v=1658441418/files/topics/113512_ext_04_0.jpg

【「バカにしている!」ノイアーの財布を拾ったタクシー運転手が“お礼”に憤慨!「俺には4人も子供がいるっていうのに」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/24(金) 10:15:33.78 ID:CAP_USER9
今夏の移籍市場で予想外の大きな動きが起こるのかもしれない。

すでにオフに入っているヨーロッパの各リーグ。移籍市場も活発に動いており、すでにいくつかの目玉移籍が成立している状況だ。


現在大きな注目を集めているのは、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの移籍。本人がバイエルンからの退団を希望している一方で、クラブは残り1年の契約を全うさせようとしている状況だ。

そのバイエルンはリバプールからセネガル代表FWサディオ・マネを獲得。新たな点取り屋を迎えたわけだが、もう1人ストライカーを手にするかもしれない。それが、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)だ。

昨夏ユベントスを電撃退団し、古巣のユナイテッドに復帰したC・ロナウド。チームの成績は芳しくない一方で、個人としてはプレミアリーグ30試合に出場し18ゴール3アシストと奮闘。チャンピオンズリーグでも7試合で6ゴールとしっかりと結果を残していた。

しかし、そのC・ロナウドはユナイテッドでの時間を終えたいと考えいると報じられており、エリク・テン・ハグ新監督の下でのプレーを望んでいないとされていた。

スペイン『アス』によれば、C・ロナウドはユナイテッドにとどまってもタイトルの可能性が低いと考えているとのこと。ライバルであるマンチェスター・シティがドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを獲得。またリバプールもマネは去ったものの、ベンフィカのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを獲得するなど、確実に戦力を充実させている。

しかし、ユナイテッドはここまで余剰戦力の退団こそ発表しているが、補強はゼロ。移籍市場がこれから活発になるとはいえ、アーセナル、トッテナムも選手の補強をすでに行っており、完全に出遅れている状況と言える。

C・ロナウドも自身の残りキャリアが短いことは理解しており、その貴重な時間を無駄に使いたくないと考えているとされ、残り1年契約があるものの今夏で退団。4大リーグ制覇という偉業に向けても魅力的な移籍となる可能性がある。

レヴァンドフスキの退団希望を覆すことはかなり難易度の高いミッションだが、C・ロナウドが加入するとなれば一気に問題は解決するだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d60d7f1ea589fac73d183189eaa4ed3186df3202

【C・ロナウドが電撃移籍!? 補強しないクラブに嫌気、レヴァンドフスキの後釜としてバイエルン行きが浮上】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/22(水) 20:44:06.68 ID:CAP_USER9
バイエルンは22日、リヴァプールからセネガル代表FWサディオ・マネを獲得したことを発表した。契約期間は3年となっている。

2016年夏にサウサンプトンからリヴァプール入りしたマネは、その後の6シーズンにわたって主力として活躍。ここまで公式戦269試合で120ゴールをマークするなど、隆盛を極めるチームの中でチャンピオンズリーグやプレミアリーグ優勝を経験してきた。

クラブとの契約が2023年6月までとなっていた中、マネは新たな挑戦に出るための移籍を希望。その中で30歳アタッカーへの関心を継続してきたバイエルンは、これまで3度のオファーを提示してきた。最終的には基本の移籍金3200万ユーロ(約45億円)に、出場数に応じたボーナス600万ユーロ(約8億円)、個人とチームの成績に応じたボーナス300万ユーロ(約4億円)の合計4100万ユーロ(約58億円)で交渉がまとまった。

マネはクラブ公式サイトを通じて「FCバイエルンに来ることができて、本当にうれしい。たくさん話をしたし、最初からこの偉大なクラブからの大きな関心を感じていたので、僕にとって迷いはなかった。今がこのチャレンジにふさわしい時期だと思う。このクラブで、ヨーロッパでも多くのことを成し遂げたい」と意気込みを語った。

また、マネ獲得で重要な役割を果たしたハサン・サリハミジッチSDは「彼をミュンヘンに連れてこれたことを誇りに思う。サディオは、話し合いの最初の瞬間から、FCバイエルンでプレーすることを望んでいることをはっきりと示してくれた。彼の卓越した技術的な資質と素晴らしいメンタリティは誰もが知っている。彼は多くの貢献をし、素晴らしい構造を持つ我々のチームをリードするのに役立つだろう」と喜びを語った。

バイエルンは2021-22シーズンに史上初のブンデスリーガ10連覇を達成。ドイツの絶対王者は、今オフシーズンにもアヤックスからDFヌサイル・マズラウィとMFライアン・グラフェンベルフを獲得するなど、着々と来季に向けた補強を続けている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e422305f846b9984254326462369ef9dabf32ba5

【FCバイエルン、マネの獲得を発表! 移籍金58億円でリヴァプールから大物を補強】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/24(日) 09:59:10.35 ID:CAP_USER9
 ブンデスリーガ第31節が23日に行われ、バイエルンとドルトムントが対戦した。

 首位に立つホームのバイエルンと2位ドルトムントの直接対決。バイエルンは勝利すると3試合を残してのリーグ優勝が決まり、前人未到の10連覇を達成する。引き分けでも得失点差の関係で、ほぼバイエルンの優勝が決まるだけに、ドルトムントは勝利を手にして眼前での決定を阻止したいところ。

 試合が動いたのは15分。右CKを手にしたバイエルンはゴール前へのボールをレオン・ゴレツカがヘディングで落とし、ゴール正面ペナルティエリアのライン上付近でセルジュ・ニャブリがワントラップからボレーシュートを叩き込み、早々に先行する。

 優位に立ったバイエルンは34分にも、相手陣で激しくプレッシャーをかけると、奪いきってトーマス・ミュラーからロベルト・レヴァンドフスキへ。冷静にGKとの1vs1を制して、リードを広げて前半を終えた。

 まずは1点を返したいドルトムントは後半の立ち上がり、ペナルティエリア内でマルコ・ロイスがジョシュア・キミッヒに倒されてPKを獲得。これをエムレ・ジャンが決めて、1点差とする。このまま同点としたいドルトムントだったが、次の1点はなかなか奪えず。すると83分、後半途中から出場のジャマル・ムシアラがバイエルンの勝利を呼び込む3点目を獲得。

 試合はこのまま終了。3-1で勝利したバイエルンがホームで10連覇を達成し、ブンデスリーガ創設の1963年以降で31度目の栄冠に輝いた。

【スコア】
バイエルン 3-1 ドルトムント

【得点者】
1-0 15分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
2-0 34分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
2-1 52分 エムレ・ジャン(PK)(ドルトムント)
3-1 83分 ジャマル・ムシアラ(バイエルン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/62d0252efe5f2723a36cf332f6c893a51d12f105

【バイエルン、ブンデスリーガ10連覇達成! 2位ドルトムントとの直接対決制す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/18(火) 12:09:04.41 ID:CAP_USER9
国際サッカー連盟(FIFA)が個人賞を発表する「ザ・ベストFIFAフットボールアウォーズ2021」の表彰式が現地時間1月17日に行われ、バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが2年連続で最優秀選手を受賞した。

■昨季更新した大記録

 レバンドフスキは2021年に69ゴールを記録。昨季のリーグ戦ではなんと43ゴールを決め、爆撃機の異名を持つ元西ドイツ代表・ゲルト・ミュラー氏の1シーズンにおけるブンデスリーガ最多得点記録を更新。昨季の活躍を見れば、2年連続の受賞は当然かもしれない。2位にはリオネル・メッシ、3位にはモハメド・サラーが入った。

■吉田と森保監督が投票したのは?
 各賞は各国代表の主将と監督の投票で行われる。FIFAはその内訳を公式サイトで公表している。最優秀選手において、日本代表の主将である吉田麻也は1位にレバンドフスキ、2位にマンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ、3位にサラーを投票。一方、森保監督は1位にチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ、2位にサラー、3位にレバンドフスキを投票している。

■その他の賞は?
 その他では、男子最優秀監督はチェルシーを率いるトーマス・トゥヘル監督、最優秀GKはチェルシーのセネガル代表GKエドゥアール・メンディが受賞。さらにはFIFA男子特別賞をマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが受賞した。

 女子最優秀選手はバルセロナのスペイン女子代表アレクシア・プテラス、最優秀監督はチェルシー女子を率いるエマ・ヘイズ監督、最優秀GKはパリ・サンジェルマン(PSG)のチリ女子代表GKクリスティアネ・エンドレルが受賞した。

サッカー批評 1/18(火) 12:03
https://news.yahoo.co.jp/articles/54565b7737327fbbeaf30b85f0930a7d448aae91

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220118-00091981-soccerh-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=465&exp=10800

【バイエルンFWレバンドフスキ、2年連続の「FIFA年間最優秀選手」を受賞!2021年に69ゴールを記録。】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 12:33:10.09 ID:CAP_USER9
ブンデスリーガの2021ー22年シーズン後半戦が7日に再開する。再開後の初戦となる7日は、バイエルン対ボルシアMGの1試合のみが行われる予定だ。
試合前日の6日、バイエルンのナーゲルスマン監督が会見を行い、バイエルンは、選手10人が新型コロナウイルスの陽性反応を示していることを明かした。

ツヴァイテ(2軍)などから補充し、試合出場可能な16人を確保できたようだが、
試合開催についてはDFL(ブンデスリーガ機構)が判断するという。地元紙TZやキッカー誌などが伝えた。


ボルシアMG戦でワクチン未接種でコロナに感染し、肺炎も引き起こす重い症状を患ったドイツ代表MFジョシュア・キミッヒが復帰する模様だ。

ナーゲルスマン監督は「ジョー(キミッヒ)は素晴らしい印象。彼がワクチンを接種したかは話したくもないしプライバシーだ」と擁護した。
キミッヒのワクチン未接種はラウターバッハ保健大臣が言及するなど国民の関心事となっていた。だが、ひとまずは試合に復帰できることになりそうだ。

プロ選手10人の陽性については、ツヴァイテやユースチームの選手で埋めることが決まっている。
イブラヒモビッチとワナーの16歳の2人と、17歳のコバド、18歳のムビ、20歳のブース、
そしてツヴァイテのキャプテン35歳のフェルトハーンもベンチ入りの候補だとTZ紙は伝えている。

リーグの判断によってはまだ試合延期の可能性もあるそうだが、開催されることになればコロナによって
思わぬチャンスが転がってきた彼らがバイエルンの窮地を救うかもしれない。
https://hochi.news/articles/20220107-OHT1T51001.html?page=1

【バイエルン・ミュンヘン、選手10人がコロナ陽性】の続きを読む

このページのトップヘ